最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

求人企業のあれこれ。

今日になって初めて、本格的な転職活動をした。

俺が訪れたのは合同面接会だったのだが、主に貿易事務と経理を募集しているところをあたってみた。

5社ほど話を聴いてみたが、例えば経理と言っても条件はさまざまである。

税務申告、給与計算や社会保険の実務の経験まで求める企業もあって、そうなると決算業務の一部しか経験していない俺はお手上げ。

また、近距離通勤の人求むというところもあった。こういうところは微妙だな。

窓口の人の印象が暗いところもあった。ここの会社って…。

株式公開を目指している企業。こういうところは業績がよろしかろう。

まあ俺から見て2社ぐらいは受験してもいいかな、とは思う。

実際に就職するかどうかは別にしてだが。

自分でも納得のいくような転職活動をしていきたい。

こんなはずじゃなかった…と悔いが残らないように。

2005年11月29日 (火)

11月29日。

鼻風邪である。

コンビニでゼナを買って飲んでしのぐ。

…そういえば今年は、素敵な女性に会ってないなあ…。

.…話は変わるが、今日国会に出ていた重要参考人たちに、言いたいこと。

欠席した建築士も含めて、口からは自己弁護ばかりで、見苦しいったらありゃしない。

「記憶がない」「わかりません」?はあ?

そんな都合のいい話が通るかっ!!

あんたたちみたいなのがいるから、不可解な犯罪が起こるんだよっ!!

大の大人がこれでは、正しくないことがまかり通るばかりである。

どこかの党の幹事長も含めて、軽率な責任回避ともとれる発言はやめろと言いたい。

…かく言う俺も気をつけなきゃだな。

2005年11月28日 (月)

カズの豪州進出に思うこと。

カズこと三浦知良が、オーストラリアのサッカーリーグ「Aリーグ」で活躍している。

期限付きでシドニーFCに移籍し、昨日は敵地でアデレードと対戦。

試合は2-3で惜しくも敗れたものの、2ゴールをあげる活躍を見せた。

カズといえば、日本以外にも、ブラジル、イタリア、クロアチアでもプレーして国際経験は豊富。

ワールドカップの出場経験はないが、世界クラブ選手権には出たいという気持ちもあったのだろう。

もう功労者と呼ばれそうな年齢ではあるが、いつまでも夢を持ってプレーできるというのは素晴らしいことだと思う。

来月の世界クラブ選手権でも、いいプレーを見せてもらいたいものだ。

ところで、そのほかの海外組は、どうだろう。

病気でも怪我でもないのに試合に出ていない選手がいるというのは…いかがなものか?

名前はあえて言わないけど。

2005年11月26日 (土)

J1第33節 レッズ 1-0 磐田…も含め、今日のあらまあ②。

ごめんなさい。下に書いたとおり、レッズについては生中継見られなかったので結果だけm(u u)m。

レッズ 1-0 磐田

GKがあの川口能活だっただけに苦戦は予想しましたが…。

得点はオウンゴールですか?

あらまあ、なんかワールドカップ予選のバーレーン戦みたいだな。

しかしまあ、他力本願とはいえレッズが優勝戦線に残れたことは望ましいこと。

それより、優勝の行方がますますわからなくなった。

ガンバ 1-2 千葉

…あらまあ、ガンバはついに息切れですか。

やっぱり、大黒とアラウージョあってのガンバって感じですかねえ。

そのガンバと入れ替わりで首位に躍り出たのがセレッソ。

横浜 1-1 セレッソ。

セレッソのGKの顔を見た限り、今日はアウェーでも集中を切らさないような試合をしていたようだが。

集中力が切れた後半ロスタイムに失点。

ここ2試合勝ちきれてないセレッソではあるが、FWの切り札として森島や西澤と言った面々は代表に呼んでもいいと思う。

逆に横浜は、久保がまたもや負傷欠場し、やっぱり苦戦。

キープレイヤーがいないとこんなにも違うのか。

それでも後半ロスタイムに勝負強さを見せてはいたけど(松田、ナイスアシスト!)。

ジーコよ、久保よりセレッソの面々に目を向けたほうがいいんじゃない?

なんかこうして書くと、ワールドカップのアフリカ地区予選みたいになってきたな。

最終節は、セレッソがホームでFC東京(相手が相手なだけにどうだかな)。ガンバはアウェーで川崎(チーム状況を見る限り微妙)。

まあこの試合は、FC東京と川崎に頑張ってもらうこととしよう。

セレッソ、ガンバ以外にも、他力本願ながら鹿島や千葉にもまだチャンスはある。

もちろんレッズにもある。

レッズの最終ラウンドは新潟とのアウェーゲーム…レッズは勝って締めくくりましょう!!

そして、快くWE ARE REDS!!と叫べるように!!

逆に東京Vは、柏に1-5で惨敗してJ2降格。

あらまあ、天皇杯での優勝、レアルに圧勝したあのヴェルディはどこへ?

これでダービーが1つ減ったな。

Jリーグ元年、ヴェルディのラモスとビスマルクにボールをお手玉にされ、完全にレッズがなめられていた時期があった。

やがて、経営母体が読売から日テレに、本拠地が川崎から東京に変わって、今では目立つ選手はほとんどいない。

ま、J2でもまれて戻ってきてちょうだい。

偶然…今日のあらまあ①。

近場のヤマダ電機で、ちょっと大き目のテレビを探す。

到着したのは15時ごろ…J1が始まる時間帯ではないか!!

テレビのコーナーに行ったが、テレビ埼玉が映っていない!!

おいおい、レッズVS磐田が見られねえじゃねえかっ…!!

仕方なく、BS(ガンバVS千葉)とBS-i(横浜VSセレッソ)で試合やっていたのでそれを観戦。

試合結果は次の記事に譲るとして、Jリーグ速報を見ていた最中に、偶然知人に会ってしまった…。

派遣社員で、俺がかつて勤めていた会社でも一緒に仕事をした経験があった。

今どうしているの?とか俺に対する話がほとんどであった。

うまく答えられなかった。

そろそろ、会社でも俺の目撃情報が噂されているかもしれない。

就職活動を始めなきゃだな…。

2005年11月25日 (金)

耐震強度の偽装問題に思う…Part2。

俺自身、偽装マンションのことでいくつか補足しておきたいことがあるので、素人目でまとめておこう。

まず、偽装マンションを販売していた開発会社。

昨日と今日のテレビ番組に、その開発会社社長が生出演していた。

見ていて思ったが、この社長は、番組で発言するたびに、自分の首を絞めているような気がする。

社員が住んでいるから安全だいうニュアンスのことを言っていたが、そんな保障がどこにあるのか。

昨日のTBSの「朝ズバ」で、みのもんたがそのことで大激怒したのも無理もない。

今日のTBSの「きょう発プラス」でも、出演中に偽装関連の速報が入って、突っ込まれていたし。

責任がなんだかんだ言っているが、偽装マンションを販売した責任は逃れられないだろう。

次に、そのマンションを建てた建設会社。

この問題が発覚して、手形が不渡りになったというが、取引銀行サイドの発言と矛盾している点から、明らかに計画倒産とも取れる。

責任は建築士にあるとして告訴する、と言う。

ちょっと待てよ、計画倒産すれば済む問題なのか?

そして建築士については、問題外。

問題の物件に関して、記憶にない、の繰り返し。

鉄筋を減らせと支持されたなどと言っているが、建築士としてのプライドはなかったのかよ?

取材の時の誠意のない対応を見ていて、この人間は建築士に向いていないと思った。

本当に、もういい加減にしてくれっ!!

この件の最大の被害者は、そんな不安全なマンションに住んでいた住民の皆さんなんだから、このマンションの建築・販売に関与した面々はきちんと責任を取れってのっ!!

こんな不安全マンションの問題が2度と起こらないことを祈りたい。

コストダウンを美学とする会社に言いたい。

安全性の認められないコストダウンでは意味がない。

2005年11月23日 (水)

J1第32節 千葉 1-0 レッズ…(><)。

今日の試合は、ニッポン放送の実況をリアルタイムで聴いていた。

俺の感想だが、正直あまり書きたくないのだが、事実なので書いておく。

レッズよ、何でここぞと言うときに勝てない?得点できない?

9月にシャムスカ采配で大化けした大分に力負けしたり、

10月にセレッソになすすべなく惨敗したり、

そしてつい先日はあのガンバに気迫負け…。

…それにしても、エスクデロ…。

後半41分にイエローもらって、1分も経たないうちに2枚目もらって退場。

おいおい…。

あまり言うと愚痴になるので、今日はスポーツニュースを見ないことにしよう。

とにかく、次の磐田戦に切り替えるしかあるまい。

ガンバやセレッソや鹿島や千葉のことは考えずに、集中して戦うしかない!!

WE ARE REDS!!!!(ちょっとやけ気味)

2005年11月22日 (火)

耐震強度の偽装問題に思う。

もしも、今住んでいる建物が、大地震で倒壊してしまったら…。

これはもう、その家族の財産だけでなく、人の命の尊厳に関わる問題である。

俺の知人で、つい最近引っ越したと言う人がいるが、なんか心配である。

最近勃発した、某建築設計事務所の一級建築士が、マンションの構造計算書の耐震強度を偽造した問題。

結果的に、そのマンションに暮らす人を欺き、恐怖と不安に陥れた。

これはもう建築士の信用問題であり、絶対に許されない問題だ。

何千万円もかかるそのマンションを購入した人たちを考えると、本当に気の毒に思う。

また、引っ越さなければならないし、その購入代金は誰が補償するのだろう。

その事務所は、相当の天罰を受けることだろう。

資格剥奪や損害賠償だけではすまされないだろう。

しかし、このケースは氷山の一角だと思う。

国土交通省は取締りを強化してほしい。

国民が安全に暮らせるようにするのは、建築士の使命である。

それを忘れるようでは失格である。

資格だけ一級建築士とかいって、やりたい放題にやられては困る。

ちなみに一級建築士の試験要項を見てみたが、なぜか面接試験がないのだ。

人々の生活にかかわることだから、面接試験も入れるべきでは?

2005年11月21日 (月)

この頃の、俺の近況。

寒い。先週あたりから一気に寒くなってきた。
最近は、履歴書を書いては間違えて破棄、また書き直しては破棄、という生活である。
捺印もまっすぐに押せないと破棄している。
はあ、今までのいい加減な生活がツケになってきているようだな、俺って。

気分転換に、昨日の現地観戦の裏話。
東川口駅、拡幅できないか?
昨日、埼玉スタジアムに出かけたときのこと。
俺は今回、浦和→南浦和→東川口→浦和美園というルートで行ったのだが、
武蔵野線の東川口駅のホームは、どういうわけか狭い。
あれは何とかしてほしいなあ。
俺も何度か足を運んでいるが、特に代表戦とかレッズ戦とかでは、出口付近で必ずと言っていいほどパンク状態。
地下鉄に乗り換える時はスムーズに行くが、武蔵野線沿線を使う人は、いつも苦労しているはずだろう。
JRも出口をもう1箇所作るとか、考えた方がいいんじゃないかな。

それもあって、帰りは浦和駅西口方面のシャトルバスを使った。
渋滞とかもあって1時間ほどかかるが、浦和駅周辺で帰りに一杯、と言う意味ではいいかもしれない。
最も、今はなるべく節約生活しているが…。

話を現実に戻そう。
お恥ずかしながら、企業型確定拠出年金の移管手続きも、まだ終わってないんだよね…。
いつ転職生活が始まるのかもわからないし、そのまま塩漬けにしようかとも思ったけど、
そろそろ動かないとそのまま年を越してしまって、気がついたら運用指図不能にもなりかねない。
脱退一時金の請求という手も想定しないとだし、今週中に何とかしよう。

さて、履歴書を書くか…。
判が真っ直ぐになるように、誤字がないように…。

2005年11月20日 (日)

J1第31節 レッズ 4-1 東京V!!

今日俺は埼玉スタジアムに現地観戦に行ってきた。

SANY0160

SANY0164

レッズ 4-1 東京V

得点者:ポンテ(前半14分)、小林慶行(V・後半25分)、マリッチ(後半34分)、ポンテ(後半42分)、田中マルクス闘莉王(後半44分)。

ヤッホー!!レッズ勝利!!(^o^)/~♪

いや、確かにヴェルディも燃えていたよ。こっちが2点目を取って勝ち越すまでは、降格してたまるかと言わんばかりの勢いもあった。

しかし、勝ったのはレッズだった。特にヴェルディは退場者が出てから一気にトーンダウン。

岡野のアシストからポンテ!!

マリッチの難しい角度からの勝ち越し弾!!

ポンテの技ありループシュート!!

そして、闘莉王のPKで駄目押し!!(…但し何で闘莉王が?とも思ったけど)

なんか、久々にすっきり勝った、そんな感じかな。

次はナビスコの覇者・ジェフ千葉とのアウェーゲームですか。

こうなったら、残り全部の試合も勝ってしまいましょう!!

何、ガンバが負けた?鹿島がドロー?セレッソが絶好調中?そんなのは関係ないっ!!

まずレッズは自分たちでやれることをやって、あとは天命を待てばいいのだ。

We are REDS!!!!

<追記>

神戸のJ2降格が決定したそうな。

三浦アツなど主力が負傷に泣かされたということもあるだろうけど。

監督をコロコロ変えたり、フロント陣もコロコロ変えたりして現場が混乱したのも原因とも言える。

野球もそうだけど、やっぱりTVの方に目の行っているあのオーナーじゃ、選手がかわいそうに思うな…。

今年のK−1は…。

昨日、K−1ワールドGP決勝戦が東京ドームで行なわれた。
余談だが、俺自身はキン肉マンの影響からか、格闘技は随分前から関心があった。
小学校高学年から3年ほど、空手を習っていた時期もあった。
その後は長らく格闘技から離れていたが、学生時代、ゲームセンターで「バーチャ・ファイター」にはまった。
以来、プロレスを見ては技を覚え、K−1を見て興奮するようになった。
俺自身のサッカー好きも、元はといえばサッカーが格闘技のような球技だったからかもしれない。

但し、今年のK−1に限って言えば、つまらなかったと言うのが正直な感想だ。
なんか台頭してくるのは、チェ・ホンマンのような巨人ばかりだったし。
日本人選手で孤軍奮闘していたのは、やっぱり武蔵だったのだが、
準々決勝でルスランに延長戦まで及ぶ大苦戦の末勝利したものの、
準決勝では負傷のアーツに代わって登場したフェイトーザに2度もダウンを取られて敗れた。
で、優勝したのはオランダ人の新星、セーム・シュルトだった(こいつも巨人)。
ベスト8こそ、サンドバッグ状態のセフォーがなかなか倒れないのを見てやきもきしていたのが垣間見えて少しは見どころあったが、
準決勝で目下2連覇中のボンヤスキーに圧勝し、決勝でもフェイトーザに余裕勝ち。
なんか、例年の準決勝や決勝に見られるようなスリルとかわくわく感が、今年はなかったんだよな。
どうせなら、シュルトとチェとの巨人対決を見たかったねえ。
新鮮な意味ではいいけど、まあ来年、シュルトを打倒する相手が登場することを願う。

…こう考えるとやっぱり俺は、最初から強すぎる武道家よりも、何年も下積みしてようやく勝った武道家の方に魅力を感じるんだよな。
そんなK−1を来年は期待したい。

さーて、浦和レッズの応援に行ってこよっと。

相手はあとがない東京V。タフな試合になるだろう。頑張れレッズ!!

2005年11月19日 (土)

久々に、辛口記事。

今日はカタルシスの意味で、どうしても書いておきたいことがある。

最近は新聞とか読んでいても、やれ凶悪犯罪だ、やれNHK社員の放火だ、やれ偽装マンションだ、ときりがないぐらい不可解な事件が多い。

もちろん俺は、こういう非人間的な事件は絶対に許さない。

しかし、こういう事件の背景には、携帯電話やITの普及によって、日本全体が閉塞的な環境になったことも理由の1つではないかと思う。

俺自身も人のことは言えないが、携帯電話やインターネットにはまったことで、普通の人間的なお付き合いができなくなっているのではないか、と危惧する。

当ブログだって、俺は許容範囲で言いたいことを言っているが、誰に読まれているかもわからないし、中には何様のつもりだと言う人間もいるかもしれない。

顔が全く見えないから、何をしてもいいと言う錯覚に陥ってしまうのである。

その象徴が(以下本題)、最近で言う、楽天によるTBSの経営統合問題である。

TBSが楽天との交渉を拒否しているため、楽天は今後もTBS株を買い増すつもりらしい。

まったく、もういい加減にしようぜ。六本木なんとかのIT企業も、投資ファンドもよ。

株の売買をするな、と言うわけではない。

インターネットで証券取引をするな、と言うわけではない。

会社をモノ扱いするなっ!!、と言うことなんだよ。

向こうの意思も考えずに、株を大量に買って、これだけ買ったんだから俺の指示に従って経営統合だと?

はあ?何それっ?偉そうにっ。見苦しいんだよっ。

俺が社長だったら断固拒否しているよ。

そんなことを平気でしていれば、あんたたちの会社が買収されることだってあるんだよ。

だいたい、多角化経営して、うまく言ったのかっ?

ヴィッセルはどうなんだよっ?ゴールデンイーグルスはどうなんだよっ?

成績不振どころか、経営自体が混乱しているじゃないかっ。

TBSの中間決算のことをどうこう言う前に、自分のところの足元をよく見てみろよっ!!

以上、言いたいことを言わせてもらう。

本当に、日本も住みにくい世の中になったな…。

2005年11月18日 (金)

今年も残り約6週間…。

たまにはサッカー以外の話題を。

もうやれクリスマスだ、やれ年賀状だ、の季節になった。

俺はクリスマスのことはどうでもいいのだが、年賀状については頭を悩ませる問題である。

今までは、会社の人やスクール仲間に出していたが、会社は辞めちゃったし、スクール仲間とはもうずいぶん会ってないからなあ…。

それで年明けになって、いきなり結婚報告葉書がくると思うと、ゾッとする。

今年は後出しにしようかな。

考え中。

2005年11月17日 (木)

プレーオフ結果、そして日本代表に言いたいこと。

昨日も書いたとおり、オーストラリアがPK戦の末ウルグアイを破って32年ぶり2度目のワールドカップ出場を決めた!!
来年からAFCに加盟するため、オセアニアとして出場するのは今回が最後となる。
大いに楽しみにしたい。

そして、その他の試合も斬っておこう。
バーレーン 0−1 トリニダード・トバゴ
→ありゃ、アジアのバーレーンが破れてしまった(驚)。巨人DFのヘディング一発で沈んだ。結果、トータル2−1で、アウェーのトリニダード・トバゴが初出場決定!
トルコ 4−2 スイス
→残念!!(><)トルコはこの試合には勝ったがトータルは4−4のイーブン。アウェーゴール2点をものにしたスイスに出場権をもっていかれてしまった!!
→なんかこの試合、つい最近まで浦和レッズにいたあのアルパイが喧嘩したらしいね。暴力はいけないよ…。
スロバキア 1−1 スペイン
→まあこれはスペインには余裕の試合だったでしょう(トータル6−2)。ラウルはまたノーゴールだったらしいけど。
チェコ 1−0 ノルウエー
→チェコが悲願の出場を決めた(トータル2−0)。まああとは巨人コラーの回復次第だろうね。ノルウエーは次のEUROに期待しよう。

さて、来年こういった相手と戦うかもしれない、今年の日本代表に言いたいこと。
昨日の試合もそうだが、最終予選やコンフェデなどを見ていて思うのは、まだまだゴールが足りないということ。
FWはもちろんだが、MFもDFも遠慮せずにどんどん点を取りに行ってほしい。
そのためには、所属クラブでどんどん点を取りに行く姿勢を見せてほしい。
そうでなければ、本番でベスト4なんてとんでもない。
連携面については、変なパスミスは命取りである。それは今年のワールドユースやラトビア遠征でも明らかだろう。
本番でも同じことをすれば致命的な失点につながる。それをわきまえてほしい。
最後に、折角の来年のワールドカップを棒に振らないためにも、どうかご安全にプレーしてほしい。
今年はどうも小野の負傷欠場の多さが気になった。
体調管理は自己責任。どうか後悔することのないように!!
俺は来年も日本代表を見守っていきたい。

2005年11月16日 (水)

キリンチャレンジカップ…日本 1-0 アンゴラ!!

今年の日本代表の最終戦は、東京/国立競技場でアンゴラと対戦。

今日はテレビ(TBS)で観戦した。

日本 1-0 アンゴラ

得点:松井大輔(後半44分)

ふわあ、しかしこのチームはやきもきさせてくれるなあ。

俺自身、特にFW陣を心配していたが、予想通りになってしまった。

特に高原、柳沢、前半あれだけチャンスがあったのに、何で決められない?

この2人は今シーズン、クラブのリーグでゴールを決めていないらしい。

やっぱり試合勘が戻っていないと、本番でなかなか結果出せないんじゃないの?

FW陣の決定力不足は、相変わらず明らかである。

パスがうまく繋がらなかったのも気になった。

不用意なバックパスも相変わらずだ。

本番でもあんなプレーしたら、ジーコが目標に掲げるベスト4なんておぼつかないと思うよ。

その日本を救ったのは、松井。

後半終盤でのゴールで、俺も含めてサポーターの皆さんは安堵の表情だったと思う。

ル・マンでも得点を入れるなど活躍しているので、まあ期待はしていた。

まあ、試合内容は7割方不満であるが、今年最後の試合になんとか勝ったからよしとするか…。

ジーコさん、今後メンバーを固定化する前にもっとリーグ戦をチェックして下さい。

やっぱりリーグ戦で上向いているチームの選手のほうが、本番でもきちんと結果を出してますから。

余談だが、南米とオセアニアのプレーオフでオーストラリアがワールドカップ出場を決めたらしい。

オーストラリア 1-0(PSO 4-2) ウルグアイ 

俺はオーストラリアにぜひ、ワールドカップ出場を決めてもらいたかったので、これは嬉しい。おめでとう!!!

残りのプレーオフの結果は、明日にしよう。

2005年11月15日 (火)

きょうは何の日??

今日は、紀宮さまのご結婚の日。

そして、あの会社の決算発表の日でもあるらしい。

まず、ご結婚に関しては、お祝いの言葉にとどめる。

紀宮さま、東京都職員の黒田慶樹さん、ご結婚おめでとうございます。

末永くお幸せに。

次に、あの会社の中間決算発表について(証券取引法の関係もあり、会社名は公表しない)。

半期で売上高約215億、中間純利益で約23億円。まあ、配当が支払える成績なので、そういう意味では優秀だと思う。

しかしこの会社は鉄鋼がメインの会社。今後も利益が出続けるかどうかは?である。

今現在北京五輪の需要があるからいいけど、それがなくなったとしたら…。

まあこれぐらいにしておこう。

さて、あすは何の日?と言えば、日本VSアンゴラ!!

テレビ(TBS)で観戦だっ!!

途中離脱者が4人もいて正直不安だが、明日こそ俺たちに満足のいくような試合を見せてくれっ!!

2005年11月13日 (日)

プレーオフ1stレグ結果。

俺は結果しか見ていないが、プレーオフの結果をチェックしてみよう。

スペイン 5-1 スロバキア。

→スペインはアウェーで大量失点しない限り確実でしょう。

ノルウェー 0-1 チェコ。

→個人的にはノルウェーに期待していたが。アウェーで倍返ししないとだなあ。

スイス 2-0 トルコ。

→うーむ、この試合は読めない。スイスは3年後にEUROをオーストリアと共催するので、それのアピールのためになんとか決めたいところだが、トルコの若手も成長しているらしいからなあ。個人的には、元レッズのアルパイのいるトルコを応援しているが。

ウルグアイ 1-0 オーストラリア。

→これも読めない。次の試合で、オーストラリアが2点ビハインドで勝てばいい。オーストラリアにはぜひ出場してもらいたい。

トリニダードトバゴ 1-1 バーレーン。

→うーむ、このドローだとバーレーンがやや有利か。ただ、トリニダードトバゴもメキシコに勝っているチームなので、読めない。

いずれにしても、日本時間の11月17日の午前中には全部決まるので、目が離せない。

で、プレーオフとは関係ないが、今日は地上波(フジテレビ)でイングランドとアルゼンチンとの国際試合があるから、それでも録っておこうかな…。

2005年11月12日 (土)

J1第30節 ガンバ 2-1 レッズ…。 

残念・・・(TT)。
今日は浦和市内でテレビを見ていたが、やっぱりガンバの方が燃えていたか。
あーあ、これでセレッソにも抜かれてしまったか…(><)。
次戦はそのセレッソに惜敗したヴェルディですか。
降格圏内なだけに前みたいな簡単な試合にはならないでしょう。
それにしても、イエロー多すぎ…(××)。

次節は長谷部も永井もいないが、それでも勝ちに行くしかない!!

2005年11月11日 (金)

明日は、W杯プレーオフとガンバ戦!!

明日のサッカーは注目すべき試合が多い。

ワールドカップ予選のプレーオフ第1戦である。

スペインVSスロバキア。

スイスVSトルコ。

ノルウエーVSチェコ。

トリニダード・トバゴVSバーレーン。

ウルグアイVSオーストラリア。

個人的な願望だが、オーストラリアにワールドカップ出場を決めてもらいたいな。

オーストラリアはオセアニア地区として出場するのは今回が最後だし(来年以降はAFCに加盟する)。

他は…まあどこでもいいかな。

もう1つ、Jリーグ第30節。

俺が注目しているのは、ガンバVSレッズの直接対決!!

以前も書いたが、ナビスコカップを逃したガンバは、リーグ優勝に向けて総攻撃を仕掛けてくるはず。

宮本も遠藤も復帰するらしい。

しかし、レッズだって負けられない。

明日はたぶん浦和近辺でテレビ観戦する予定である。

頑張れ、レッズ!!

2005年11月 9日 (水)

アメージング・グレイス…。

アメージング・グレイス。

もともとはスコットランド民謡であるが、いろいろな人がカバーしている。

一昨年、ニュージーランド人歌手のヘイリーがカバーして、ドラマの主題歌で使われたこともあった。

先日亡くなった、本田美奈子さんも歌っていたそうな。

そういえば、俺が某コミュニケーションスクールに通っていたときもこの曲がかかっていた。

歌詞内容を見ると、なるほど、という感じである。

著作権のこともあるので細かい歌詞はCDを買ってそちらを参照していただきたいが、だいたい以下のような内容だ。

「神が堕落した私を救ってくれた。

神は私に怖れを教えたり、怖れから解放してくれたりもした。

神は、私たちに試練を与え、それを乗り越えた私たちを安全に導いてくれた。

私たちは1万年生きても、神を賞賛するだろう。」

ただ、今この曲を聴くとなんか切ない気分である。

本田美奈子さんの件もそうだが、何より今年は俺の周囲で不幸が多かった。

この記事を書いている間も聴いていたが、なんかいたたまれない気分だ。

この曲は俺にとって一生忘れられない歌になるだろう。

2005年11月 8日 (火)

アンゴラ戦のメンバー。

今日発表されたアンゴラ戦のメンバーを、早速モグラがチェックする。

GK:土肥洋一(FC東京)、川口能活(磐田)、楢崎正剛(名古屋)。

→不動のメンバーじゃねえか…。今のところ調子よさそうなのは土肥かな?

DF:田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、坪井慶介(浦和レッズ)、三都主アレサンドロ(浦和レッズ)、駒野友一(広島)、中澤佑二(横浜FM)、加地亮(FC東京)、茂庭照幸(FC東京)。

→宮本はナビスコにも途中出場していたから大丈夫なのかな?アレは今当たっているが、親善試合で要らぬイエローをもらうのだけはやめてくれって感じ。加地も負傷明けで天皇杯での動きが悪くなかったのかな?

MF:中田英寿(ENG/ボルトン)、中村俊輔(SCO/セルティック)、稲本潤一(ENG/WBA)、松井大輔(FRA/ル・マン)、遠藤保仁(G大阪)、小笠原満男(鹿島)、村井慎二(磐田)、阿部勇樹(千葉)。

→ナビスコカップの殊勲もあってか、阿部が選出されたのはうなずける。海外組はまあうなずける。稲本もリーグ戦に出ているし。村井の選出は何ゆえ?

FW:高原直泰(GER/HSV)、柳沢敦(ITA/メッシーナ)、大黒将志(G大阪)、玉田圭司(柏)。

→毎度毎度おなじみの顔ぶれのようだが…。俺が一番心配なのはFW陣の決定力不足だ。特にJリーグとか見ていても、大黒や玉田は最近ゴール決めたか?柳沢は負傷中だと聞いたが大丈夫なのか?

今回、強いてサプライズを言えば阿部だけだ。確かにナビスコカップでもいい動きしていた。

あとは、日本を、いや世界をあっと言わせる日本人ストライカーが出てきてほしい。

日本にも、例えばオーウェンとかファンニステルローイみたいな選手が出てくればいいのだが。

とにかく、先月のラトビア・ウクライナ遠征は見るに耐えなかったので、今回は必勝モードで戦ってほしい!!

<11/9 追記>

アンゴラ戦のメンバーだが、主力選手の1人であるマントーラス(POR/ベンフィカ)は召集されなかったらしい。

いったいどんなチームなんだろうね。

やっぱりポルトガル流のサッカーなのだろうか…。

当日は国立競技場ではなく、自宅でテレビ観戦の予定だ。

2005年11月 7日 (月)

自己啓発宣言―簿記編。

昨日、簿記2級・3級のワークブックを買った。

いよいよ妄想を振り払って現実に目覚めなければと思い、簿記の復習を始めた。

俺自身、実は経理を8年も務めていながら、簿記の検定を受験したことはない。

会社在籍時代は、簿記検定を取って何になるんだ、という反抗心があったからだ。

ただ今になって考えると、簿記検定は受験したほうがよかったと思う。

経理にいながら財務諸表アレルギーに陥っていたからだ。

俺自身、なるべく後悔はしないようにしているのだが、これだけははっきりと言える。

11月に検定があるらしいが、残念ながら申し込みに間に合わず…。

来年、1級までチャレンジする!!

2006年まで2ヶ月を切った。

俺のことをよく知っている人たちに「お前、変わったな」と言われるようにしたい。

それまではなるべく知人に会わないようにしたい。

簿記検定もそうだが、内面の改善も、だな。

2005年11月 6日 (日)

本田美奈子さん死去…。

享年38歳。急性骨髄性白血病らしい。

俺自身は、「1986年のマリリン」を歌っていたことぐらいしか覚えていない。

まだ30代でこれからだったのに。

ご冥福をお祈りします。

2005年11月 5日 (土)

ナビスコカップ決勝の感想。

今日はナビスコカップ決勝の日。
対戦カードはジェフ千葉×ガンバ大阪。
なお、レッズは準決勝でジェフに敗れている(1戦 1−3、2戦 2−2)。
レッズファンとしては、どちらが勝ってもいいのだが、
代表のコンディションも気になったので、所々見ていた。
宮本(G大阪)はベンチ入りして、途中出場していたようだ。

それにしても、退場者が出なかったことを除けば、去年と似たような展開。
(去年はレッズが数的優位に立ちながら、10人で必死に守りきったFC東京にPK戦を制された)
ガンバが攻めるとジェフが必死に守り、またジェフが攻めると今度はガンバが必死に守る。
双方ともシュートで終わるも、なかなかゴールを割れない。
これの繰り返しで、前半後半、延長戦、で120分が瞬く間に経過。
で、スコアレスドローのまま、PK戦。
1人目、遠藤(日本代表)…いきなり弾かれた。阿部(日本代表)…○。
2人目、アラウージョ…○。水野(ワールドユース出場)…○。
3人目、シジクレイ…○。工藤…○。
4人目、大黒(日本代表)…○。林…○。
5人目、山口…○。巻(日本代表)…○。
ジェフが初タイトルを決めた。ジェフ、悔しいけどおめでとう。
今年のチャンピオンズリーグもそうだが、一発勝負はものすごい試合が多いね。

うーむ、すると来週のガンバ×レッズは死闘になりそうだな…。
ガンバは必死でリーグタイトルを取りに行くことだろう。
レッズも心してかからないと。
来週はテレビ中継やるのかな?ぜひ放送してほしい。

<追記>

レッズは11/23にジェフとのガチンコ対決があるそうな。

アウェーゲームになるが、ナビスコカップの雪辱を願っている!

2005年11月 3日 (木)

文化の日の祭、祭。

11/3。文化の日である。

巷では秋祭り。大人たちが山車を引いている頃だろう。

俺の出身大学では文化祭らしい。毎年恒例の英語弁論大会でもやっているのだろうか。

以前俺が東京都内まで通っていた某スクールでも文化祭らしい。

「私の目指すもの」とか「私の感謝したいこと」という名目でスピーチコンテストでもやっているのだろう。

2002年、2003年とスピーチに参加したが、やっぱり大勢の前で話すというのは緊張するものであった。

俺自身は最近、祭と聞いてもわくわくしなくなった。

地元の祭は小学生の頃はよく出かけていたが、最近はほとんど行かなくなった。

高校の文化祭も、受験大学研究が中心でちっとも面白くなかった。

学生時代は英語弁論大会のマネージが中心だった。

確かフランス料理のシェフが来て、クレープの屋台をやっていたのを見た。

俺がかつて勤めていた某メーカーでは、感謝祭のマネージというのもやっていた。

これは隔年にやっているものだが、演歌歌手を招いて歌謡ショー。

確かお客さんの案内とかやっていたが、特に見るべきところはなかったなあ。

感謝祭って何に感謝するんだ?と不思議に思ったのだが。

某スクールの文化祭も、毎年恒例となっているらしいが、自宅から会場まで遠すぎるのがネックなんだよなあ…。

文化祭の内容もなんか人生哲学みたいで、とっつきにくく感じる。

ともかく、今日は祭の多い1日なのだが、俺はどこにも参加していない。

俺がわくわくするものと言ったら、ワールドカップとかオリンピックと言ったスポーツの祭典である。

こんな俺って、やっぱり変人かなあ?

2005年11月 1日 (火)

東証、朝から勘弁してくれない?

恐れていたことが起こった。

東証の売買システムに障害が発生し、1部・2部とマザーズの株式や転換社債など全2520銘柄の株式取引が、午前中からできなくなっているらしい。

せっかく吉野家の株が上がって、さあこれから、というときにこれだもんなー。

東証、しっかりしてくれよっ…。

<追記>

東証はシステムが13:30に復旧し、取引を開始したらしい。

年初来最高値を更新した(\13867.86)とはいえ、外国の投資家はどう見るんだろうな。

いずれにせよ、この件で日本の証券取引システムに不安を抱かざるを得ない。

それにしても、システムの不具合1つで大損害につながってしまうコンピューター社会って、なんか怖い。

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »