最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« ガンバ大阪が優勝した今季のJ1。 | トップページ | 株価が上がってるじゃん…。 »

2005年12月 7日 (水)

ワールドカップのシード国を斬ってみよう。

どうも。しばらく冬眠していました。

さて、来年のワールドカップ・ドイツ大会のシード国がこのほど発表された。

第1シード(優勝候補?):ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランス、イタリア、イングランド、メキシコ、スペイン。

第2シード(南米・アフリカ・オセアニア):パラグアイ、エクアドル、チュニジア、コートジボワール、トーゴ、ガーナ、アンゴラ、オーストラリア。

第3シード(ヨーロッパ):クロアチア、オランダ、チェコ、ポルトガル、スウェーデン、ポーランド、スイス、ウクライナ。

第4シード(北中米・アジア・特別ポット):アメリカ、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、韓国、サウジアラビア、日本、イラン、セルビア・モンテネグロ。

第1シード、やっぱりツワモノばかりだね。

俺の記憶だと、ドイツとは昨年末の横浜での試合で0-3の惨敗(バラックなどベストメンバー)。

ブラジルは今年のコンフェデで2-2のドローに追い込んだ(ロナウジーニョやロビーニョなどほぼ1.5軍)。

アルゼンチンとは3戦3連敗(0-2、1-4、1-2)。

フランスは一昨年のコンフェデで1-2と惜敗(アンリなど主力抜きに等しい)。

イングランドは1年半前にアウェーで1-1のドロー(しかもベッカムやオーウェンなどベストメンバー)。

メキシコは今年のコンフェデで1-2と逆転負け(ほぼベストメンバーに等しい)。

なおイタリア・スペインは、ジーコ体制では対戦歴なし(トルシエ時代にはあったがドローか負け)。

一概には言えないが、この中ではイングランドあたりが与しやすいかな。

以下は、俺の希望的予測なので、あまり深刻に考えずに読み流してもらいたい。

俺個人が望む組み合わせは、フランス、コートジボワール、ポルトガル。

フランスはあのチーム状況なら必ず勝ちたいし、コートジボワールやポルトガルは、日本との親善試合をふいにしたことがある。

この3チームとぜひとも当たって、勝ち抜きたい。

逆に最も微妙なパターンが、ブラジル、コートジボワール、オランダ。

そりゃ、サッカーは何が起こるかわからないのだが、この組み合わせなら、できれば韓国あたりにチャレンジしてもらいたいものだ。

ワールドカップの本当の厳しさがわかるだろう。

韓国の場合は、コートジボワールの代わりにオーストラリアと顔をあわせるのも面白いかも。

なぜって、ヒディンクが率いているから。

まあいろいろ想像を述べたが、どのチームも侮れない相手であることは間違いない。

いずれにしても、日本時間の12/10(土)早朝には決まる。

楽しみである。

« ガンバ大阪が優勝した今季のJ1。 | トップページ | 株価が上がってるじゃん…。 »

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/7511647

この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップのシード国を斬ってみよう。:

« ガンバ大阪が優勝した今季のJ1。 | トップページ | 株価が上がってるじゃん…。 »