最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

日本のサッカーが動き出した。

早いもので、1月も今日でおしまい。

明日から2月。今年はトリノ五輪にワールドベースボールクラシックと、国際的なスポーツイベントが目白押しである。

そうそう、FIFAワールドカップ・ドイツ大会も忘れてはいけない。

一昨日から宮崎合宿が始まった。

大黒将志はフランスのグルノーブルへ、鈴木隆行はセルビアのレッドスターへ、それぞれ新天地での挑戦。

代表の2月の予定は、公式戦も含めて4試合予定されている。

3月までの予定で、決まっているものだけ挙げておこう。

2/10 アメリカ VS 日本(アメリカ/サンフランシスコ)

→アメリカは国内組だけでもなかなか手強い相手だと思う。先日もノルウェーに5:0で圧勝したし。

2/18 日本 VS フィンランド(キリンチャレンジ杯、静岡スタジアム)

→この試合の意図って、ヒーピア(リヴァプール)のように身体が大きいのが多いからか?フィンランドも国内組だけだよな?

2/22 日本 VS インド(AFCアジア杯2007予選、日産スタジアム)

→ここでなぜアジア杯予選なのか不思議だが、怪我のないように戦っていただこう。

2/28 ボスニア・ヘルツェゴビナ VS 日本(ドイツ/ドルトムント)

→これはクロアチア対策だろう。実際にドイツの地で、欧州組も交えて戦う予定。

3/30 日本 VS エクアドル(キリンチャレンジ杯、大分ビッグアイ)

→これはブラジル対策だろう。予選もホームでは無敗だったらしいし。

あと、香港で行なわれたカールスバーグ杯で、クロアチアが韓国に0:2で完敗したらしい。

結果は当てにしないほうが良いだろうね。

クロアチアは主力選手がほとんどいなかったらしいし。

まあ一サッカーファンとして俺が願うのは、決定力不足の解消である。

今シーズンも、日本代表(と浦和レッズの)試合結果や感想をできるだけUPしていこうと思う。

できれば、生で観戦したいものだが。

<2/4 追記>

テレビ朝日が、先日のカールスバーグ杯の模様(韓国VSクロアチア)を録画中継していた。

3月には、クロアチアVSアルゼンチンも中継する予定という。

放送権持っているから、少しはクロアチアのことを予習しておこうという意向か。

まあ少しはニーズに応えている点は評価するが、あと欲を言えば実況とか番組の質だな…。

2006年1月28日 (土)

俺が帰りたい場所。

新幹線を使って横浜に出かけてきた。

今日、あるスクールの「恋愛講座」なるものに参加した。

俺自身、3~4年前からそのスクールにはお世話になっている。

3年前は東京、川崎、横浜まで新幹線を使うこともあった。

あの頃は必死になって話し方というものを勉強していた。

講師の方々の叱責を受けつつも、期待に答えようと必死になっていた。

で、「恋愛講座」を受講した理由。

周囲が身を固めている状況だから、俺も少しは女の心情を意識する必要があったのだ。

今まで恋愛に対して無縁だった俺も、そろそろ恋をしたいな、と感じている。

(↑って、転職活動が先だろっ!(爆))

…ところで、今日は大学某サークルのOB/OG会というのもあったらしい。

実は俺も在籍していたのだが、各大学主催の大会に顔を出した以外は、別に大したことしていない。

OB/OG会も、卒業して何度かは出席していたけれども、最近は出席していない。

今回も暮れにハガキが来たけれども、やっぱり不参加で返信した。

というか、俺はOB/OG会には正直魅力を感じてないんだよねー。

元々立食パーティーというのが苦手であるのに加え、いつもいつも同じような人が来ていて、俺の中では今ひとつ盛り上がらないのだ。

まあOB/OG会が好きで毎年来ている人もいるだろうけど、また俺のこと噂しているんだろうなー。

「モグラ(※俺の下の名前)はどこ行った!?」と。

今日も会場で「嗚呼愉快だね」を歌っているのだろうか(…何が「嗚呼愉快だね」だよ…)。

俺が帰りたい場所。

自分がいてほのぼのとするようなところがいい。

そう考えると、やっぱり横浜のあのスクールになるのだろうか。

今さら大学のOB/OG会に帰ろうとは思わない。

皆さんにとって、帰りたい場所はありますか?

2006年1月27日 (金)

東横インという会社は…。

最近俺はテレビ局のライブドアの異常な報道ぶりにうんざりしていた。

そんな中で、俺がびっくりしたニュース↓↓。

東横インが、法律や市の条例で義務付けられている身体障害者設備や駐車場を、完了検査が行なった直後に改造・撤去していたらしい。

俺もそこのホテルに泊まったことがあるので、この違法行為のニュースには驚いた。

それにしても、ここの社長は何を考えているんだろう。

悪気はなかったんだといわんばかりの謝罪会見。

呆れたね。

当面、ここのホテルの宿泊は見合わせることにしよう。

<1/29 追記>

念のため、この記事は「東急イン」ではないことをお断りしておきます。

「東急イン」と「東横イン」、似ているようで違います。

ここで話題にしているのは「東横イン」であって、「東急イン」ではありません。

誤解のないようにお願いします(もしこの記事で招いていたら、申し訳ございません…)。

2006年1月23日 (月)

確定申告と税の雑感。

自宅に所得税の確定申告の用紙が届く。

とうとうきたか。

俺は昨年の7月半ばに退職して以来無職。

年末調整はやっていない。

ということで今回は確定申告をやることに。

会社から給与所得の源泉徴収票は手配してあるし、社会保険料や生命保険料の払込証明書も手元にある。

しかし、配当所得とか、医療費控除とか、寄付金控除とか…などよくわからんものもある。

うーむ、手引きを読めば読むほど深みにはまっていく…。

ところで…手引きの最後のページに、国の歳出1,000円あたりの使い道が書いてあった。

ソースは平成17年度一般会計の当初予算で、実際の歳出額は約82兆円。

その中で気になったのは、「道路、住宅などの整備に92円」。

実際の公共事業費は7.5兆円というけれど、中には不可解な公共事業費もあるんじゃないのか?

政府は安易に増税云々を言うのではなく、明らかに不透明な予算を洗い出すことからはじめてもらいたい。

公的機関や官公庁は年度末での予算の使い切りはやめてもらいたい。

そんなことをいつまでもしていれば、国民は税金を払うのがバカバカしくなるだけだ。

テレビ局もただ視聴率目当ての番組ばかり意識するのではなく、税金の無駄遣いの実態を徹底追求すべきではないのか?

いつの間にか借金大国になった日本、政府はもう日本の仕組みを変えなければ借金は増え続けるばかりだ。

2006年1月20日 (金)

米国産牛肉、再び輸入禁止か!?

U.S.Beef Shock

今日、輸入された米国産牛肉の中に、BSEの病原体が発生しやすい危険部位(脊髄)が発見され、政府が輸入の全面禁止を決めたらしい。

予想はしていたが、アメリカの検査がいかにずさんかということが改めて思い知らされた。

アメリカ側は何を根拠に米国産牛肉は安全だというのか。

普通に食っているから大丈夫なんだとか、もうそんな発想の理屈だけではまかり通らない。

日本政府も、ただアメリカ側のごり押しの言いなりになるのではなくて、納得がいくまで輸入再開は絶対にしないと強硬姿勢を示すことも必要だろう。

いずれにせよ、吉野家の牛丼の販売再開を心待ちにしていた俺は、非常にガッカリした。

やれやれ、また牛丼が遠ざかってしまうのかよ…。

2006年1月18日 (水)

日経平均株価、想定外の続落。

本当は気にしたくなかったが、やっぱり書かずにはいられないこと。

日経平均株価が2日連続で大幅続落。

俺の持っている銘柄の株も落ちた…orz。

どうも原因はライブドアらしい。

1日で400円以上暴落というのが、2日も続くなるとおいおい大丈夫なのか?と聞きたくもなる。

おまけに東証がシステムのパンクを懸念して、終了20分前の14時40分に取引停止。

コンピューター第一主義の日本社会の限界を感じた。

うーむ、俺自身、確定拠出年金の個人型を申し込んだばかりだから、この暴落というのはなんか、微妙…orz。

この現象が一時的なものであってもらいたい。

それにしても、ライブドア。

以前から思っていたが、俺はこの会社の経営手法には疑問を感じていた。

ITという本業で稼いでいるわけではなく、企業買収を続け、社長自らテレビなどのメディアに露出することで株価を上げていた。

球団参入、ニッポン放送株大量買付け、社長の衆院選出馬。

IT以外の話題づくりには熱心であった。

しかしテレビで見ていたが、必要以上に株価を気にしていた社長は、どうよ?

金さえあれば何でもできるという発想はおかしいだろ?

株価うんぬん、というかお金の問題より、もっと大事な問題があるのではないか?

おまけに粉飾決算の疑惑も浮上したらしい。

俺自身、一時期経理を担当していた経験があるが、粉飾決算なんかやっていたらきりがない。

粉飾決算は、1年間の経営成績を偽って公開すること、つまり嘘の当期利益を公表することなのだ。

嘘つきは泥棒の始まりである。

とにかく言えることは、証券取引法うんぬん以前に、企業としてのモラルに欠けていたこということだ。

私利私欲のままにやりたい放題やってきたライブドアに猛省を促したい。

いや、それはライブドアのIT企業にも言えることかもしれないが…。

2006年1月17日 (火)

阪神大震災11周年。

11年前の1/17。

当時俺は、2日前に成人式を迎えたばかりの学生だった。

テレビを点けてみると、なんか火災の状況が映っていた。

何のことなのかわからずに大学に向かう。

ある大学教授が、「今日、神戸で大地震があって…」と言う。

改めてテレビを見たが、神戸で震度6以上の地震があった…という。

阪神高速道路や山陽新幹線線路の倒壊は、その地震の恐ろしさを物語っていた。

そして夜になっても、火災は治まらなかった。

ヘリコプターから消火剤を撒いたとしても、酸欠状態になるのでそれは不可能とテレビは報じていた。

俺はその映像をもどかしく見ていたのを覚えている。

あれから11年も…。

この記憶が、どんどん風化されつつあって怖い。

その象徴が、耐震強度データの偽装問題だろう。

阪神大震災の教訓が全く生かされていなかったことをあらわにしてしまった。

改めて、この問題を引き起こした関係者たちに猛省を促したい。

もし自分がそのマンションに住んでいたらどうなのか。

常にお客様の立場に立ったマンション建設をお願いしたい。

俺自身、阪神大震災や新潟県の中越地震のような、震度6以上の地震を経験したわけではないので、「うん、わかるよ」と簡単に言える立場ではない。

しかしこれだけは言える。

明日は、わが身にも大地震が起こるかもしれない、と。

2006年1月16日 (月)

ライブドアの想定外な疑惑。

相次ぐ企業買収。

野球球団の参入(楽天に持っていかれた)。

インターネットの時間外取引で、ある日突然ニッポン放送の筆頭株主(結局失敗)。

社長の衆院選出馬(結局落選)。

「開店、回転、かいてん、カイテン、ライブドアオート~♪」

…とまあ、一昨年あたりから話題づくりには事欠かなかったライブドア。

…正直俺は、この社長には親しみを感じなかった。

「金があれば何でもできる」なんて平気で言う点が気に入らない。

ネクタイ締めているところ、見たことないし。

あんた社長?それともテレビタレント?とでも聞きたかった。

そんなライブドアが、今、証券取引法違反容疑で東京地検に家宅捜索を受けている。

「偽計」「風説の流布」が要因と言われる。

うーむ、詳しいことはよくわからんが、ITではなく財テクで企業買収を図ってきたツケが回ってきたようだな。

…それにしても、本業以外で儲けている企業というのは、やっぱり怪しい。

俺、そういう会社には入社したくないな。

<1/23 追記>

今日、社長ら4人が逮捕された。あるテレビ局はこれごときのために何時間も生中継していた。

あのさあ、マスコミよ、他にやることないのかい?

マスコミだけじゃない。政治家も、その他社長を応援していた人間にもあえて言いたい。

あの社長の何を支持したのですか?と。

2006年1月15日 (日)

移籍、そして小野も古巣復帰。

年が明けてから、FC東京の加地がガンバに移籍したとか、昨年ガンバのリーグ優勝に貢献した大黒がフランスのグルノーブルへ移籍したとか、日本代表選手の新天地への挑戦がチラホラ。

昨年残念ながらJ2降格が決まった柏の玉田も、どこかのJ1のクラブに移籍することが濃厚らしい。

もちろん移籍したとしても、試合に出て結果を出してもらわないことにはどうしようもない。

今年はワールドカップイヤーなので、代表選手にはなるべく体調管理に注意の上、頑張ってもらいたい。

そして、最近故障がちでなかなかうまいプレーができないでいたオランダ/フェイエノールトの小野伸二が、古巣・浦和レッズに復帰することになった!!

レッズファンとしても、代表サポーターとしても喜ばしいことだと思う。

このところは戦列を離れていただけに、試合勘を取り戻すためにも環境面は良いと思う。

だからと言ってすぐ代表の宮崎合宿、というのではなく、レッズの環境に慣れさせてから代表に送り出すようにしてほしい。

ワシントンに相馬に黒部、そして小野。

レッズは「宝の持ち腐れ」と評論家たちに評されないように今年も頑張ってちょ。

2006年1月14日 (土)

青梅を行くのだ。

今日の天気、曇りのち雨(結構本降り)なのだ。

毎日寒くて動きの鈍い俺が、今日は青梅へお出かけドライブしたのだ。

とは言っても、高速道路は使わないのだ。国道と県道を通ったのだ。

所要時間、自宅から約2時間半ほどなのだ。

青梅へ何しに行ったか…赤塚不二夫会館へ行ったのだ。

SANY0208

SANY0200

俺の中では、「天才バカボン」と「おそ松くん」が日本一面白い漫画だと思うのだ。

中学・高校の頃、この2作品はテレビアニメをやっていて、結構面白く見たのだ。

世の中の常識が通じないバカボンパパ。決め台詞は「これでいいのだ」。

バカボンパパの血を引き継いでいそうなバカボン。

幼少期からレコーダーを造ってしまう天才・ハジメ。

毎日竹箒を持って掃除しているレレレのおじさん。決め台詞は「お出かけですか?」。

うなぎと犬が合体した非常に変わった生き物・ウナギイヌ。

いつもいつも普段着が同じ服の六つ子、おそ松6兄弟。

(お)フランスに憧れるも、何かとやることが腹黒い出っ歯のイヤミ。語尾は「ざんす」。

やんちゃな石頭のいたずらっ子・チビ太。

何でも出てくる「ふしぎなポッケ」ならぬ「ふしぎなトランクス」を穿くデカパン。語尾は「ダス」。

口の大きなおじさん・ダヨーン。語尾は「だよーん」。

いつも旗を頭に挿して動き回るハタ坊。語尾は「だじょー」。

うーむ、アニメをやっていた時期が懐かしいのだ。

後世に残そうと、DVD集がほしいのだが…うーむ、予算が…(v v;)。

帰り道は、本降りの雨だったのだ…。

シェーッ!!(イヤミのポーズ)

フロントガラスもあっという間に曇ってちょっと怖かったのだ…orz。

ちなみに、俺の携帯のストラップは、マラソンランナー姿のバカボンパパなのだ。

あれ、青梅限定らしいのだ。

2006年1月 8日 (日)

成人式の風景。

この頃は冬眠状態の俺。

今日、街中に車を走らせると、晴れ着姿の女子を何人か見かけた。

どうやら、成人式のようである。

そうか、明日1/9が成人の日か…。なんかしっくりこないなあ。

1/15に成人式を迎えていた俺としては。

俺は11年前、地元の町主催の成人式に出席した。

最初は気が進まなかったが、一生に1度しかない行事なので出席した。

当時は眼鏡をかけ、パーマもかけていた。

別にアウトロー面していたわけではないけど。

当時の会場は町民体育館という、ストーブを炊く必要のある寒いところで成人式だった。(現在は暖房の効いている町立総合文化会館が式会場らしい)

成人式の後すぐ祖母の家に直行、その後駅前のホテルで中学校の同窓会をやったのを覚えている。

あの頃、確かにアウトローらしき連中はいたけど、マナーは良かったんだよなあ…。

当時中学時代の担任にも会ってしまった。

俺自身は、あまり目立つような存在ではなかったので、ある担任からは名前を言ってもわからなかったみたい。

当時、中学時代の同級生に話を聞いたら、眼鏡かけていたから別人かと思った、という(中学時代は眼鏡をかけていない)。

今、その同級生たちは、どこで何をしているのだろうね…?

ところで最近、成人式のマナーは守られているのだろうか?

まさか、式典の最中にクラッカー鳴らしたりとか、お偉いさんのスピーチ中に大声でくっちゃべったりとか、携帯電話の電源を点けたまま式典に出席していないだろうね?

そういう人間は、成人になりきっていないので、成人式への出席をご遠慮いただきたいのだが。

また、成人の日は毎年1/15だったのに、2000年から毎年1月の第2月曜に変更になっている。

たかだか3連休の充実のために祝日法を改正したこと自体、日本の伝統というものが薄れつつあって怖い。

やっぱり成人式は1/15がいいよ、と今もぼやく俺である。

2006年1月 7日 (土)

浦和レッズの移籍ネタなど第2弾。

浦和レッズに新戦力が2人加入した。

①東京VからDF相馬崇人が完全移籍。

左サイドということで、三都主と同じポジションになるようだ。

②京都からFW黒部光昭が期限付き移籍(昨シーズンはセレッソにいた)。

黒部って、かつて天皇杯決勝でゴール決めた黒部のことかな?

…まあ加入したからには、結果を出していただこう!

2006年1月 4日 (水)

アジアカップ予選の組合せ。

今日はサッカー日本代表の話題を追加する。

来年の夏に東南アジア諸国(インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム)で行なわれる、AFCアジアカップ2007の予選の組合せが、今日決まった。

なお今回の予選で、オーストラリアはAFCデビューとなる。

グループA:日本、サウジアラビア、イエメン、インド。

グループB:イラン、韓国、シリア、台湾。

グループC:ヨルダン、オマーン、UAE、パキスタン。

グループD:バーレーン、クウェート、レバノン、オーストラリア。

グループE:中国、イラク、シンガポール、パレスチナ。

グループF:ウズベキスタン、カタール、香港、バングラデシュ。

日本の初戦は、2/22のインド戦(ホーム)。第2戦の相手はサウジアラビアとのアウェーゲームになるが、もしかしたら3/1から9/1にずれ込む可能性もある。

…というか、何でこんな時期にアジアカップの予選を?とも思った。

ワールドカップの準備で大事なときに、AFCはいったい何を考えているんだろう??

空気読めよっ。

ワールドカップ出場5か国の3/1の日程は、このまま行くと以下の通りになる。

サウジアラビアVS日本。

韓国VSイラン。

オーストラリアVSレバノン。

うーむ、オーストラリアはアジア杯初出場だし、日本は貴重なアウェーなので強化としては悪くないが、韓国とイランは去年もやらなかったか?

とにかく、この時期のアジアカップ予選開催は微妙である。

ジーコは、アジアカップ予選を主力メンバーで戦うとか言っていた。

ワールドカップに向けて張り切るのは良いが、くれぐれも、ご安全に。

以前のウクライナ遠征のように変な采配をして、選手を壊して、ワールドカップに向けてのプラン総崩れ、なんてことのないように。

<1/11 追記>

サウジアラビアは、3/1に日本以外の国と親善試合を組むつもりらしい(セルビア・モンテネグロか?)。

日本サッカー協会(JFA)はJリーグの日程の関係もあって、アジアカップ予選の3/1実施に固執しているようである。

しかし、今までの成り行きからしても(昨年11月の試合などの不手際のように)、このまま手をこまねいている場合ではないと思うが…。

<1/13 続報>

AFCの公式サイトで、サウジアラビアが無理やり日本とのアジアカップ予選を9/1に変更。

…こんなことだろうと思った。

それにしても、AFCは度重なる日程変更といい、いったい何を考えているんだ?

JFAも舐められたものである。

どうするつもりだ?

会長(俺はもうキャプテンとは呼ばないよ)、なんとかしてくださいっ!!

どうか、3/1という貴重な国際Aマッチデーを、つまらんことで無駄にしないでください。

(…って、俺が言うことかな?orz)

金讃神社初詣で、つくづく考えたこと。

今年は年賀状が例年になく少ない。

しかしこれは仕方のないこと。会社辞めたんだし。

個人名義のものは、なるべく返事を出すようにした。

さて今日俺は、国道462号沿いの金讃神社へ。

最近は近過ぎるのであまり行かないのだが、今年は行ってきた。

SANY0196 SANY0197

SANY0199

SANY0198 

俺自身、少年時代に結構金讃に行ったにもかかわらず、お寺と神社とに分かれていたなんて、この年になるまで知らなかった…(v v;)。

なお、写真、上の2枚が大光普照寺(元三大師)。

聖徳太子が創建したといわれる。

下の2枚が金讃神社。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が創建したといわれる。

余談だが、俺が金讃神社参拝中に、地元の中学生の野球部?の面々から、元気に「おはようございます」と挨拶された。

俺もつられて「おはようございます」と自然に言えた。

その姿を素晴らしいとは一瞬思ったが、別に美談でもなんでもなく、これこそが本来の人間たるべき姿だろうとも思った。

こういう挨拶の徹底は、俺も含めて日本人全員が見習うべきではないのかなあ?

某TV局の挨拶1つしないニュース番組を見ていて、つくづく思うのだが。

2006年1月 2日 (月)

昨年の紅白…年末のテレビ番組って。

紅白だレコ大だをまともに見なくなって何年経つだろう。

PRIDEやK-1などの格闘技の番組が台頭してきたのもあるが、何より紅白に魅力を感じなくなったこともある。

今年は両親はおろか、俺も知らない歌手が増えてきた。

で、昨年の紅白はというと、俺は渡辺美里ぐらいしか見ていない。

昨年コンサートに行ったので興味深く見たが、無難にシンプルに歌っていたようだ。

あとは夏川りみとか。これは母が好きらしい。

もちろん他にも知っている歌手(例えば森山良子とか川中美幸とか…)はいるが、結局今年はすすんで見なかった。

にもかかわらず、視聴率は前回よりも良かったらしい。

みのもんた効果か?

一方レコ大は、2001年以後はまともに見ていない。

というか、2001年以後の受賞曲は知らない。

ラジオで聴いたことのない曲ばかりである。

今後も見ないだろうな。

知っている歌手が受賞しない限りは。

2006年1月 1日 (日)

浦和レッズ、天皇杯優勝!!

2006年初日から、レッズファンとしては嬉しいニュース!!

浦和レッズが天皇杯で優勝したのだ!!

浦和 2-1 清水

正直、レッズの立ち上がりはあまりよくなかった。

守備や攻撃などゲームメイクは清水のほうが押していた。

しかしレッズは少ないチャンスを生かし、堀之内とマリッチが得点を挙げた。

清水も右サイドのFKから1点返したが、決定打に欠けた。

おまけに退場者を出すようではねえ…。

レッズは主力メンバーが怪我や家庭の事情などで不在の中、よくやったと思う。

さて、次はアジアという舞台で頑張ってもらおう。

そしてマリッチ、レッズを離れても元気でやってくれ!!

WE ARE REDS!!!

モグラ的「HUMAN ALIVE」。

あけましておめでとうございます。

トリノ五輪、さらにはワールドカップドイツ大会の開催される2006年を迎えました。

新年を迎えたということで、当ブログは日々進化の意味も込め、タイトルもモグラ的「HUMAN ALIVE」に変更しました。

今年2006年以降、より人間的な進化を求め、日々行動していきたいという意味も込めてつけたのであります。

今後ともよろしくです。

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »