最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

当ブログのトラックバックとコメント投稿について。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

当ブログは一部の記事を除いてトラックバックやコメントも受付しております。
しかし最近、怪しいトラックバックやコメントも多く見受けられます。
例えば、個人情報の流出が懸念されるものとか、低俗な内容のものとか。
今朝も、記事内容に全く関係のない、低俗な内容のトラックバックが3通も届いておりました。
そのようなトラックバックやコメントはおやめください。
また、そういった内容のトラックバックやコメントにはくれぐれもアクセスしないようお願いいたします。

今後も、記事内容にそぐわないものは見つけ次第削除しますので、ご了承願います。

チェルシーのプレミア2連覇に思うこと。

イングランドのプレミアリーグで、チェルシーが優勝しちゃった。
ホームでマンチェスターユナイテッドを3−0で下して、プレミアリーグ2連覇である。
FWはクレスポ(アルゼンチン代表)、ドログバ(コートジボワール代表)、ロッベン(オランダ代表)。
MFはマケレレ(フランス代表)、エッシェン(ガーナ代表)、地元代表のランパード。
DFはリカルド・カルバーリョ(ポルトガル代表)、地元代表のジョン・テリー。
そしてGKはチェフ(チェコ代表)。
ワールドカップ出場国の代表選手がこれだけいるんだもの。
あのオーナーの資金力で選手を買い集めれば、リーグ優勝が義務になってくるよなあ。
正直俺はあまり資金力で物言わせるクラブチームは好きではない。
但し、ここは連覇と言うことで、素直におめでとうと言いたい。

そういえば、来シーズンはあのバラック(ドイツ代表)も買うようなこといっている。
ということは、リーグ3連覇の他に、チャンピオンズリーグの優勝も狙ってるの?
応援するつもりはないが、今後もチェルシーから目は離せない。

ところで、この試合でルーニーが骨折してしまったらしい。

この時期の怪我は痛い…。

ワールドカップ、間に合うのかな…。

2006年4月29日 (土)

J1第10節 浦和 2-0 大宮…2006年埼玉ダービー第1弾!

今年の埼玉ダービー、第1ラウンドはレッズに軍配!

浦和 2-0 大宮

得点:ワシントン(前半32分)、永井(後半ロスタイム) 

衛星放送すら見られない俺はニッポン放送の実況をチェック。

やっぱりダービーマッチというのは、お互いの意地と意地のぶつかり合いみたいなもので、燃える。

試合は、こう着状態ながらレッズが完勝。

守備面での活躍が目立ったようだ。

但し鈴木啓太が累積警告で退場…5/3の千葉とのアウェーマッチには出られない。

さて、今日ジーコは誰を観察していたのだろう?

ワシントンの先取点をアシストした小野伸二かな?

余談だが、今日のテレ玉の実況、いつもの上野さんではなく、倉敷さんだった。

NHKアナウンサーのように落ち着いていていいかも。

ただ絶叫するだけの民放アナウンサーも、少しは見習ったら?

これでいいのか、代表スケジュール!

ここで、書こう書こうと思ってなかなか書けなかった代表ネタ。
来月以降の日本代表スケジュールは以下の通りとなっている。
5/9(火) キリンカップ 日本VSブルガリア(大阪/長居スタジアム)
5/13(土) キリンカップ 日本VSスコットランド(埼玉スタジアム2002)
…2日後、ワールドカップ出場登録メンバー23名発表。
5/30(火) 国際親善試合 ドイツVS日本(ドイツ/レヴァークーゼン)
6/4(日) 国際親善試合 日本VSマルタ(ドイツ/デュッセルドルフ)

なんかスケジュール的に違和感を感じるのは俺だけだろうか?
理由①、ブルガリア戦の2日前が、J1の浦和VS鹿島である。
会場が埼スタなので大阪まで移動できなくはないが、これで調整できるのか?
理由②、5月の末になってドイツ戦の開催。
何で今頃ドイツ戦なんだ?
これって、オリバー・カーンとパートナーシップを結んだ六本木のとあるテレビ局の広告宣伝か?
どうせアウェーゲームをやるのなら、もっと早く組むべきだったのでは?
本選のスタメンはイエンス・レーマンに確定しているわけだし。
理由③、ワールドカップの直前試合が、マルタ戦。
はあ?マルタってどこだあ?
決定力対策の試合とはいうが、これで1点しか取れなかったらどうするんだ?

ジーコも今月は珍しくJ1の試合を見に回っているらしいが、お目当ての選手のチェックはできているのだろうか。
横浜の試合で代表選手2人が欠場したという。
おいおい大丈夫かよ。
今日はどこ行くんだ?

ジーコはベスト4を目標に挙げた。
目標を挙げるのは簡単なことだが、そこまで到達するのは現時点で不可能だと俺は思う。
過去の親善試合を見ていても、可能性を感じた試合は昨年のコンフェデ以降ないのだ。
特に、ワールドカップ出場国相手に苦戦しているのを見ると。
ウクライナ、アンゴラ、アメリカ、エクアドル…。
まあ俺の予想は良くてベスト16かな。
なんとか通過はしても、グループEの相手を考えるとねえ…。

今後も俺は、ただ日本代表を応援するだけでなく、時には批判的な視点で見ていきたい。

<5/2 追記>

ワールドカップ直前のドイツでの調整試合は、ドイツ戦がドイツ時間5/30 20:30(日本時間が翌日の3:30…)、マルタ戦がドイツ時間6/4 15:00(日本時間22:00)の予定。

あと今日、代表選考のラストマッチとなるキリンカップのメンバーが発表されるが、これの感想は別枠で述べることにしよう。

まあこの時期まで来てサプライズはないと思うけどね。

2006年4月27日 (木)

PET SHOP BOYS、いよいよ新曲来たか。

今朝J-WAVEの番組で、イギリスのアーティストデュオ・PET SHOP BOYSの新譜をたまたま耳にした。

新曲のタイトルは「I'm With Stupid」(プロモーションビデオも笑える)。

10年ほど前から、PET SHOP BOYSの歌にはまっていた俺には朗報である♪。

学生時代、テレビでたまたま「Go West」を耳にし、「VERY」以外にベスト盤「Discography」の曲に感動して、車内でヘビーローテーションしていた。

その後も、オリジナルで「BILINGUAL」、「NIGHTLIFE」、「Release」、そして2枚組ベスト盤「PopArt」も聴いた。

もちろん、DVD「PopArt」も見た。「West End Girls」のビデオが一番気に入った。

コンサートも行った。

2000年の東京公演(@東京国際フォーラム ホールA)。

実はこれが俺のコンサート初鑑賞。

確か、11曲目の「New York City Boy」あたりから盛り上がった(^ ^;)。

2002年のFUJI ROCK FESTIVAL(@苗場スキー場)も行った。

確か、いきなりその年の新曲「Home And Dry」からだったので感動した。

2004年も来日する予定だったのだが、ちょうどこの頃にプロモーターとのトラブルで突然中止になっちゃんたんだよね~(T T)。

ああ、また日本に来てくれないかな~。

ちなみに、4年ぶりの新作「Fundamental」のリリース予定は5/17。

…奇しくもUEFAチャンピオンズリーグ決勝の日じゃないか!

首を長くして待っていよう。

チャンピオンズリーグ準決勝④、決勝カードは!

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝、スペイン・バルセロナで行なわれた第2ラウンド。

バルセロナ 0-0 ミラン

結果、合計スコア1-0で、バルセロナが決勝進出を決めた!

ミランは直近のメッシーナとのアウェーゲームでけが人続出したらしいから、コンディションもあまりよくなかったのかな。

あとで試合内容の映像はチェックする。

ある意味、イタリア(セリエA)の世界選抜と、スペイン(リーガエスパニョーラ)の世界選抜は、僅差でスペインの世界選抜に軍配。

これでフランス・パリでの決勝戦は、バルセロナVSアーセナルとなった。

攻撃的なバルセロナか、守備的なアーセナルか。

ロナウジーニョにとっても(以前はフランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンに所属)、もちろんアンリにとっても(フランス代表)、凱旋試合となる。

決勝戦は地上波(フジテレビ)でもLIVE中継らしいので、こりゃ5/17が楽しみだな!!

2006年4月26日 (水)

チャンピオンズリーグ準決勝③…主演レーマン。

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝 第2ラウンド。

ビジャレアル 0-0 アーセナル

合計スコア1-0で、アーセナルが初めてチャンピオンズリーグの決勝に進むことになった。

アーセナルGKのレーマンが絶好調である。

この試合、ビジャレアルの放ったシュート10本のうち、枠内に入ったシュート5本。

アーセナルが思い通りの攻撃がなかなかできない中で、レーマンはことごとくシュートを弾き、後半終盤のリケルメのPKもブロック。

これで決勝戦も無失点で乗り切れれば、ドイツ代表のワールドカップへの不安も少しはなくなるか。

フランス・パリでの決勝は、どことやるんだろうね。

…そうそうフランスで思い出したが、ジダンがワールドカップ終了後に引退!?

寂しいな…。

2006年4月23日 (日)

J1第9節 清水 2-1 浦和、レッズ今季初黒星…orz。

レッズはこのところ無敗でいつかは負けると思っていたが、その相手は清水エスパルス。静岡スタジアムで天皇杯のリベンジを果たされてしまった。俺はBSに加入していないので、スパサカやスポーツ魂で映像チェックした。1失点目は相手の素早いリスタートから、2失点目は相手の韓国人選手にDF陣が翻弄されてから。前半終盤にワシントンがPKを決め、後半は怒涛の攻めに出たが結局ノーゴール。気持ちの面でも清水に完敗したような感じだな。

ちょっと気になったのは、この試合でレッズの警告が目立ったこと。あの審判、昨年川崎戦を裁いたあの国際主審は、ホーム寄りのジャッジしていたらしいからなー。なんか、ウクライナ遠征の時のラトビア人審判とか、WBCのアメリカ戦でのマイナーリーグ審判とかを思い出してしまうが。確かにこういうホーム寄りの曲者審判に試合を翻弄されるのも困ったものだが、今日のブッフバルトは公式会見でも結構冷静だったようだ。ならばあんな審判を見返してやるぜという闘争心を、審判への八つ当たりではなく、プレーで示してほしいものである。

次節は、累積警告で退場した坪井と、あとポンテも(何で試合終了後に退場なんだ?)出られないが、どうか今日の敗戦を引きずらないようにしてもらいたい。来週は、水曜日にナビスコ杯・福岡とのアウェーゲーム、そして土曜日は大宮との埼玉ダービーである。

2006年4月22日 (土)

ちょっとした外国語面接。

ウグイスの鳴く今日この頃である。
そんな中で、今週も行ってきましたよ、面接に。

埼玉県内にある某社を会社訪問。
履歴書と職務経歴書を提出し、そのまま人事担当者と面接に入った。
その中で「中国語3級」に目が留まったらしく、突然、
「ニージンニャンシュエハンユウ?」
と急に聞かれたので、何のことかと思ったが、「あなたは中国語を何年勉強していますか?」という中国語の質問だったのだ(漢字で書きたかったが文字化けしてしまうので…)。
「最近中国語はご無沙汰しています」…と言いたかったが、うーむ、なかなかとっさには出せないものだな…orz。
ちなみに中国語は学生時代の頃に勉強していたが、中国語の資格をもっていなかったことに気づき、4年前に中国語検定3級を取ったものである。
なお3級は、基本的な会話はできるというレベルである。
2年後は北京五輪もあるし、転職が済んだらもう少し勉強しようかな。

そういえば、俺がかつて勤めていた某社でも、ちょっとした英語面接があった。
面接官の1人が、「英検2級」に目が留まったらしく、
「あなた、英語できるの?じゃあ英語で自己紹介してみて」
と聞いてきたのだ。俺は
「My name is Mogura(俺の名前).I'm a student of (俺の出身大学).…」
とこんな風に答えた。
例えば大学でESSに所属していたという方は、普通の職業を望むのなら、これぐらい話せればいいんじゃないか?
もちろん、外資系など海外事業を志望する方は、英検準1級、いや1級はほしい。
そうでなければ、英語の飛び交うビジネスに、ついていくことなどできない。

語学のできる方は、ぜひとも自信をもって面接に臨んでもらいたいものである。
って、俺が言うことじゃないか…(笑)。

2006年4月20日 (木)

リスも登場の?、チャンピオンズリーグ準決勝②。

第1ラウンドはホームのアーセナルがビジャレアルに1-0で勝利。

トゥーレ(コートジボワール代表)が決勝ゴールを挙げたらしい。

アーセナルというとどうしても俺はアンリ(フランス代表)を思い出してしまうが、最近GKのレーマン(ドイツ代表)が絶好調で、ここまで9試合連続無失点。

その成果もあって、地元開催のワールドカップでは先発GKとしての活躍が見られそうである。

とはいえ、ビジャレアルにもまだ望みはある。

次戦のホームで2-0で勝てば、トータル2-1で逆転できる。

リケルメ(アルゼンチン代表)の出来がカギ。

でも個人的には、このスコアのままアーセナルに決勝に行ってもらって、バルセロナVSアーセナルというカードを見たいものだが。

<4/23 追記>

タイトルちょっとだけ変更。

チャンピオンズリーグのダイジェストをチェックしたところ、なんとこの試合でリスが登場したそうな。

リスと言っても選手ではなく、かわいい動物である。

そうか、イギリスにはリスがいるんだな、納得(笑)。

2006年4月19日 (水)

ワールドカップと、チャンピオンズリーグ準決勝①。

一昨日だか、近くの書店で買ってきたよ。

2006FIFAワールドカップドイツ大会公式ガイドブック」。

この時期までに、いろいろワールドカップの関連本が出ているが、やっぱり俺はFIFA公認のものが欲しくてついつい買った。

ワールドカップまであと50日。

代表候補の選手は、くれぐれも怪我のないよう、頑張って欲しいものだ。

ところで、昨日UEFAチャンピオンズリーグの準決勝第1試合で、ミランがホームでバルサ(バルセロナ)に0-1で負けたらしいね?

どうした、ミラン?である。

シェフチェンコ(ウクライナ代表)はかつてインタビューで、「ミランはセリエAとチャンピオンズリーグで絶対優勝しなければならないチーム」とか言っていた。

両方優勝して、ワールドカップに弾みをつけたいところだろう。

しかし、それが使命感ではなくかえって重圧になってないだろうか?

もちろん、まだ結果が出たわけではないが、バルサのホームで少なくとも2点以上取って勝たないと決勝進出はできない(チャンピオンズリーグではアウェーゴールが多い方が優勢である)。

逆にバルセロナは久々の決勝進出に向けて一歩前進したという感じだろうか。

何と言ってもバルセロナにはロナウジーニョ(ブラジル代表)という超人がいる。

あとで映像でチェックしてみるが、果たして彼を止められる選手はいるのだろうか?

何度も言うが、まだ決勝進出が決まったわけではない。

フランス・パリでの決勝戦にどのチームが行くかは、来週わかる。

えっ、moguraはどこを応援しているかって?

ミランとバルサだったら、俺はバルサだな。

俺はフェアなやり方で「ジャイアントキリング」が起こった方がエキサイティングだと思うからねー。

2006年4月17日 (月)

結婚パーティーの風景。

今朝、あるお手紙を見て驚いた。 俺がかつてお世話になっていたスクールの受付の方が結婚すると言うのである。 驚きの次は、ほう、ようやくあの人に春が来たか、と感心した。 その人は俺より年上の女性なのだが、旦那が俺と同い年、年の差7歳…。 随分ギャップがあるな、と思った。 結婚パーティーの会場は横浜だという。 出席するか、それともお手紙ぐらいは出しておくか…。

そういえば俺は、親族以外では1回だけ結婚パーティーに出席した。 7年前だったか、飯田橋で大学のサークルの先輩が結婚パーティーを企画したというので参加した。 パーティーでは、なんと当時FM群馬のパーソナリティー2人がMCを務めた。 そのうちの片方の女性は、俺の大学の後輩であった (その人は某地方局のレースガイドとかに出ていたが、今はどうしているだろうね?) 大手通信会社社員の結婚ということもあり、会社や大学のサークル関係など多数の参加者がいた。 それにしても、入場曲がモーニング娘。の「LOVEマシーン」とは驚いたな…。 そのあとはビンゴゲーム?やったり(俺は大当たりして帽子という景品をもらった)、適当におしゃべりするなどして、一次会のみで帰った。

その後、大学のサークルの同期からも5〜6年前に結婚の知らせは2枚ほど来た。 しかし、いずれも報告ハガキだけであった。 報告ハガキだけという扱いに、俺だけ蚊帳の外という感じで扱いに困ってしまったものである。 あのさあ、やっぱり結婚するというならさ、せめて電報ぐらいは打たせてくれない? 今さら何なんだよっ、とでも言いたくなった。 当時は俺もうぶだったので、祝福するよりもジェラシーの方が先行した。 余談だが、サークルの面々とはOB/OG会はおろか、メーリングリストにも参加していないので、音沙汰なし。

えっ、moguraの結婚はまだかって? そんな不確定な未来のことは聞くんじゃないよ…(冷汗)。

2006年4月15日 (土)

J1第8節、浦和 3-0 京都、と。

テレ玉のVTRを見た。

小野伸二は欠場したものの、後半に長谷部誠、ワシントン(×2)の合計3点とって完勝。

左サイドのアレックスがやりたい放題で、3アシストを記録。

このところのレッズは、個々の力が強く、控えメンバーもしっかり結果を出している。

水曜日のナビスコ杯の福岡戦も、小野伸二や主力を休ませながら3-1と逆転勝ち。

今のところ、レッズのチーム状態は安定していると思う。

で、テレ玉にお願い、ホームゲームはなるべくLIVEで放送して!

でも中央競馬中継とかあると難しいかなー。

BSデジタルなどに加入してない俺は、地上波を追っかけるのが精一杯。

どんな試合でもLIVEでないと、結果を知ってからでは面白くないんだよねー。

同じように、UEFAチャンピオンズリーグのLIVE中継も何とかお願いしたいのですがねえ、フジテレビさん!

2006年4月14日 (金)

会計監査の現場から。

うぐいすの鳴く今日この頃。 今3月決算で、経理人の労働時間はピークに達しているものと思われる。 かく言う俺も経験があるのでよくわかる。 上場会社になると中間決算、さらには四半期決算の呈示も求められている。そして、決算を行なう上で避けて通れないのが、監査法人による決算書類の会計監査。会計監査というと、何でもかんでも重箱の隅をつつくようなイメージがある。 だからと言って会計監査の拒否はできない。 なぜって、拒否をすれば粉飾決算などやりたい放題の嘘っぱちの決算書類が出来上 がってしまう。 そうするともはやその会社は会社でなくなってしまう。 だからこそ商法特例法で会計監査の規定があるのだ。

ところで、会計監査は不思議な面がある。 それは監査法人の社員の扱いである。 代表社員はなんとなくお偉いさんのイメージが沸いたが、社員ってそんなに偉いのか?と不思議に思っていた。 後で調べてみたら、監査法人の社員というのはいわゆる「出資者」を意味し、会社で いう「役員」さんである。 社員は監査報告書を承認する立場で、代表社員はこれに加え企業と監査契約を締結す る立場でもある。 もちろん代表社員も社員も公認会計士であり、長年の監査業務の経験はあるだろうけど。

しかし残念ながら、俺の会計監査へのイメージは悪い。 このところ大手の監査法人が、粉飾決算を容認するなどの不祥事を起こしていると聞く。 カネボウやライブドアなどのケースがまさにそれだ。 これだけ出てくると、きっと他所の監査法人もやっているだろうと白い目で見ざるを得ない。監査報酬、高すぎねえか?と時には思ったものだ。金融庁の業務改善命令により、監査法人もより厳格に監査を行なうようになった。 会計監査の複雑化により、経理人の負荷はさらに増しているような気がする。って、余計な心配かな?(冷汗)

2006年4月 9日 (日)

J1第7節 福岡 0-1 浦和。

この試合、電気屋で前半だけ見ていた。

チームバランスの悪さが気になった。

小野伸二は古傷の右足首を痛めて途中交代…ちょっと心配。

で、後半ロスタイムに決めたのは、…やっぱり闘莉王か。

いつも思うけど、DFじゃなくてFWに出た方がいい感じ。

2006年4月 8日 (土)

桜の嵐とともに、簿記に目覚める。

今日は風が思いっきり強い。 ここでは満開の桜も、一気に桜吹雪に変わることだろう。

…なんてロマンチックな話をしている場合ではない!! 最近オレは、簿記を本気で勉強している。 えっ、以前もそんな話しなかったっけ?と当ブログを端から読んでいる方は思うかも しれない。 確かに昨年秋頃にも簿記は勉強していた…と言いたいが、実は当時は将来のビジョン が見えなかったため、三日坊主で終わってしまった。 オレが本当に簿記を勉強するようになったのは、先日行ってきた某印刷会社の面接が きっかけである。

某求人サイトで経理担当を募集していて、経理なら経験が生かせるだろうと思い応 募。 初めて書類選考(経歴のレジュメを送信したもの)をパスし、面接に出かけた。 その会社というのは板橋本町駅近くにあるのだが、どうもアクセスが悪い。 乗り換え3回(高崎線→京浜東北線→山手線→都営三田線)。 そうそう、履歴書と職務経歴書は、当日持って行った。

会社の選考では、仕訳、適性検査、面接があった。 仕訳。これは簿記3級レベルみたいなもので、まあ解けた。 適性検査を経て、面接。おばさん経理課長と、30代近くの若手経理係長。 前職の職務内容、退職理由、会社の志望動機はもちろん問われた。 特に職務内容はこと細かく問われ、言葉に詰まってしまった。 他にも、簿記の資格は持っていますか、今スケジュールを立てて勉強しています か…。 オレ自身、実は簿記の資格がないので、この質問は耳が痛かった。 原価の3要素?ヒト・モノ・カネのことかあ? 「…いいえ、材料費、労務費、経費のことです」 帰り、最寄りの松屋で、牛めしをやけ食いした。 案の定、数日後に淋しい通知が、履歴書と職務経歴書とともに送られてきた。 またしても、オレのトホホな転職失敗談である…orz。

…しかしこれを機に、簿記を勉強することにした。 簿記のワークブックを慌てて買ってきて、2級レベルの問題を解いている。 転職するには、少なくとも2級レベルはマスターしなければならないようだ。 もっと言うなら法人税などの税務申告までの経験が必要らしい。

うーむ、オレは悔しい(><)。このままではどこにも相手にされない。 別にその会社に入社できなかったからではなく、経理の土台が全くできていなかった から悔しいのだ。 簿記2級、今度こそ取りに行くぞ!!

以下、近場の千本桜を撮影したのでUPしておこう。

Sany0237 Sany0241_1

Sany0244

2006年4月 6日 (木)

マリナーズVSエンゼルス…素人目から見たメジャーリーグ。

今朝、NHKでメジャーリーグの中継があった。 マリナーズVSエンゼルス。 今年マリナーズに入団した城島健司はなかなか良い。 開幕戦から2試合連続HRを打っている。 今日もレフト前ヒットを打った。 イチローも、今日はライトへの2塁打と、3試合連続でヒットを打っている。 試合はマリナーズが、ドミニカ共和国のコロンという投手に手を焼きながらも6-4で勝利。 エンゼルスとのホームゲームを2勝1敗とした。

俺は今年マリナーズを応援することにした。 俺自身、WBC以前の関心は

松井秀喜、井口資仁>>イチロー

だったのだが、WBC以後はこれが大逆転して

イチロー>>>>>>>>>>松井秀喜、井口資仁

となった。 かつてイチローは、マスコミを牽制するようなとっつきにくいイメージがあった。 しかしWBCで、どこか庶民的なイメージがあると知って感心した。 WBC優勝の勢いで、マリナーズでもワールドシリーズ制覇してほしいな、と応援したくもなった。

逆に、松井や井口は、どうも以前より孤高のイメージが強くなったような気がする。この2人が日本よりアメリカを選んだのがそう思う理由なのだが(それならフィギュアスケートの井上怜奈のようにアメリカ国籍でも取ったほうがいいだろう)、特に松井の場合、

巨人→日本シリーズ優勝→ヤンキース―…→ワールドシリーズ優勝?

というエリート街道を突っ走っているような感じがしてつまんない。 それもあってか、いくらこの2人が活躍しても、なんか訴えるものがない。 それゆえに、俺はヤンキースやホワイトソックスよりも、マリナーズを応援したいと思うのである。

今後もマリナーズの動向を、毎試合とは言わないが見守っていこうと思う。 もし時間が取れたら、渡米してシアトルまで行って応援に行こうかな?

2006年4月 3日 (月)

ジーコが入院…!?

今朝のニュースで、ジーコが緊急入院したと聞いて驚いた。

急性胃腸炎らしい。

今日退院したとは言うが、とうとうここまできてしまったか…。

俺は今後の日本代表の動向がとても心配である。

このところJと代表の日程が厳しすぎる点は昨日も書いた。

日本代表の変なエキシビションマッチが多過ぎる点も昨日書いた。

わざわざそれの為に、日本とブラジルのたびたびの往復に負荷がかかるということも考えられる。

どうもそれが原因の1つと思えてならない。

再度言う。JFAは代表日程を見直すべきでは?

今は、ジーコの一日も早い現場復帰を願ってやまない。

2006年4月 2日 (日)

J1第6節 浦和 0-0 名古屋、と。

浦和 0−0 名古屋

テレ玉(テレビ埼玉)で中継していたが、力を入れてみる試合でもなかった。 小野にしても、アレックスにしても、敵方の玉田にしても、疲れている感じだった。 今週はなぜかエクアドル戦もあって、代表選手の動向を心配して見ていた。

そもそも、ここ2〜3年、代表とJの日程がタイト過ぎるような気がする。 JFA(日本サッカー協会)が「月に1度の強化」を名目に、不可解な親善試合を組 んだり。 それで、果たして強化になっているのか? これで本番で、オーストラリア、クロアチア、ブラジルから勝ち点を上げられるのか ? 「ベスト8」が目標とは言うが、決勝トーナメントに進める保障はない。 JリーグもJリーグで、18チームに無理に拡大したり。 あのさあ、試合数増やせばいいってもんじゃないよ。 代表選手が偏って呼ばれたり、全く呼ばれなかったりするという落差が生じるし。 昨年ACL(アジアチャンピオンズリーグ)を戦って、代表が故障したなんてケース もあった。 選手だって人間なんだから、JFAやJリーグの幹部ももっと考えた方がいいよ。

そういう意味で、今日はJFAとJリーグに苦言を呈したい。

2006年4月 1日 (土)

靖国神社の桜の風景。

かつてのスクールの仲間に誘われ、東京・九段下の北の丸公園へ花見に出かける。

最近スクールには行っていないので、お会いしたことのない人もいた…。

写真は、左の2枚は今日の九段下駅(大混雑)。そして北の丸公園、一番右の写真が靖国神社の桜。

Sany0226 Sany0227_1

Sany0228 Sany0229

今日は絶好の花見日和のせいか、ラッシュアワー並みの大混雑。

九段下はすし詰め状態であった(ハアハア…)。

秩父エリアはまだだが、靖国神社の桜はほぼ満開。

まあ飲めや食えやの中で、合唱隊が歌を歌ったりするなど、結構盛り上がっていた。

それにしてもスクールの人たちは、軍人の帽子?らしきものをかぶっている人がいるなど、個性派が多い。

…ところで、俺は女性陣と話もしたが、うーむ、うまく話が続かない。

どちらかといえば俺は聞き役なのだが、話をリードするのは、まだまだというところ。

女性に限ったことではないが、どうも俺は久しぶりに会う人が苦手なのかもしれない。

今度会うときは、ちゃんと就職を決めてからにしたい。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »