最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« グループGとグループH、アジア勢全滅。 | トップページ | 決勝トーナメント1回戦①。 »

2006年6月24日 (土)

何だったんだジーコJAPAN、どうなってるんだ協会!?

以下は、ジーコJAPANを総括する個人的見解である。

ジーコJAPANは1分け2敗でワールドカップを終えた。

昨年のワールドユース同様、無勝利の惨敗である。

以前、今回の日本代表に多くは期待できないと書いたが、まさにその通りとなってしまった。

その敗因は一言では語りつくせないが、大きな理由はジーコが日本のサッカーを把握できなかったことだ。

Jリーグはレベルの高いクラブリーグ(…実際はアジアチャンピオンズリーグさえまともに戦えないのだから高くはないが)とか言いながら、積極的に足を運ばなかった。

哲学とかあったのだろうが、何でも個々人の能力の高いブラジリアンサッカーに当てはめようとした。

だいたい、日本人にブラジリアンサッカーをやれというのが無理な話だ。

メンバーの特性も把握していなかった。

いつもいつもありきたりの固定メンバーで戦い、新しい選手を入れて刺激を与えようとしなかった。

競争原理とは名ばかりであって、若手がA代表に挑戦する機会はほとんどなかった。

コンディション調整も失敗した。

調整試合で、何でドイツ戦の後にマルタ戦をもってきたのか。

俺が監督ならデンマークとかオランダあたりを相手にしようと思っていたが。

大会期間中に体調を崩すという、代表として自覚のないメンバーもいた。

これも固定メンバーで戦ってきた弊害だろう。

結果的に、ジーコJAPANはアジアでは通用したが、世界では全く通用しなかった。

そして何より、ジーコ自身が敗戦試合を受け入れず、教訓を生かさなかったこと。

チームが敗れるたびに、審判、天候、選手…何かにつけて言い訳ばかりしていた。

自分の采配のどこがまずかったのかは棚に上げてだ。

つまり、自分で反省しようという気がないのである。

俺は個人の批判は好きではないが、そういう意味でジーコを人間として尊敬できないところがある。

もうどうでもいい。

そして何より、日本サッカー協会の首脳陣も責任を取っていただきたい。

特に、ジーコを代表監督にごり押しした自称「キャプテン」が会長に留任するという噂もあるが、俺は賛成できない。

今大会のほかにも、アテネ五輪サッカーのGL敗退、昨年のワールドユース・オランダ大会の無勝利ベスト16敗退。

こんなふがいない成績しか残せずに、まだ会長続ける気なのか。

日本サッカーを後退させた責任は大きいと思う。

川淵三郎さんよ、日本サッカーはあなただけのものではない。

サポーターみんなのものなのだ。

まずは首脳陣が、改革の一歩を踏み出すべきではないか。

そうでなければ、日本のサッカーファンは失望するばかりだ。

来年のワールドユース・カナダ大会、再来年の北京五輪サッカー、そして4年後のワールドカップ・南アフリカ大会まで、課題は山積みである。

ま、これからも俺は日本サッカーを影ながら見守っていくつもりだが、協会だけが間違った方向へ暴走するのだけはやめてくれと言いたい。

<6/25 追記>

自称「キャプテン」が昨日の会見で、次期監督にジェフ監督のオシムと交渉中と口を滑らせていた。

これまでも日本サッカー協会は、遠征や次期監督などの交渉で随分と損をしているというのに、全く教訓が生かされていないと俺は見た。

協会のトップが交渉の内密事項を平気で公言するのはいかがなものだろうか。

やっぱり自称「キャプテン」には会長を退任していただきたいのだが。

<7/7 追記>

中田英寿が引退したというが、マスメディアよ、彼はそんなに英雄なのか?

そりゃ、今までの公式大会(…といってもトルシエ時代以前)での活躍は認めるよ。

今大会より前(つまりボスニア・ヘルツェゴビナ戦以前)の、ゴールシーンもな。

しかし、最近はどうだったか。

フィオレンティナやボルトンといった所属クラブでレギュラーを奪えなかった。

今大会は、輝いていたのか?

孤軍奮闘…していたようにはオレには見えなかった。

チームで孤立していたように見えた。

にもかかわらず、生活面でも雲の上の人のようなわがままぶりだったとか。

ゴール1つ決められない選手に、他人事みたいなチーム批判をする資格などない。

サッカーは1人では戦えない、チームで戦うものなのだ。

もちろん、今大会のメンバー1人1人にも責任はある。

しかしむしろ、今大会の本当の戦犯は中田だったように思えるのだ。

ゆえにオレは、中田の引退には別に驚いていない。

引退を表明した時点で、もう「過去の人」なのである。

« グループGとグループH、アジア勢全滅。 | トップページ | 決勝トーナメント1回戦①。 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/10649617

この記事へのトラックバック一覧です: 何だったんだジーコJAPAN、どうなってるんだ協会!?:

« グループGとグループH、アジア勢全滅。 | トップページ | 決勝トーナメント1回戦①。 »