最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 3位決定戦。 | トップページ | 日本、18位→49位へ急転落、協会の代表優先の姿勢は相変わらず…。 »

2006年7月10日 (月)

W杯決勝 イタリア 1-1(PK 5-3) フランス…イタリア24年ぶり4度目の世界一!!、プラス総括。

今日は3時に起きてフジテレビにチャンネルを合わせ、ベルリンでのワールドカップ決勝戦・イタリアVSフランスを観戦した。
かたやセリエAの不祥事の汚名返上に燃えるイタリア。
かたやジダンの引退を輝かしく決めたいフランス。
今回に限ってだが、俺はホスト国・ドイツにも勝っているイタリアを応援した。
ホスト国に勝つぐらいなら優勝できるだろう、と思ってのことだが。

イタリア 1−1(PK 5−3) フランス

試合経過:

ジダン(前半7分PK、0−1)
マセラッツィ(前半19分、1−1)

PK戦:

1人目 ピルロ(伊)→○、ヴィルトール(仏)→○
2人目 マセラッツィ(伊)→○、トレゼゲ(仏)→クロスバーに当たり×
3人目 デ・ロッシ(伊)→○、アビダル(仏)→○
4人目 デルピエロ(伊)→○、サニョル(仏)→○
5人目 グロッソ(伊)→○      

前半から点を取り合う感じだったので、最初の展開は面白く見た。
前半、マセラッツィが献上したPKをジダンが決めた。
しかし10分後に今度はマセラッツィがヘッドで同点とした。
しかし以後は、お互い守備のお堅いチームだからか、徐々に眠気が襲ってきた…。
一進一退で前半後半で決着がつかず、延長戦に突入。
それにしても延長後半5分、肝心のジダンの退場劇は余計だった。
マセラッツィの挑発にジダンが乗って頭突き。
おいおいジダン、今回が本当に最後の試合なんだぞ!
よほどむかついたか知れないけど、ああいう形で現役を終えるのは非常にもったいないと思ったね。
結局、延長戦でも決着がつかずにPK戦へ。
トレゼゲが外した時点でもう決まったようなものだった。
ジダンが退場した時点で終わったな、と思った。
結果、5人全員が決めたイタリアが、24年ぶり4回目の優勝!!
俺個人としては、なるべく120分のうちで決着をつけてほしかったとは思うが、強豪同士だからこれもありかな。
どちらかというと攻撃サッカーの方が好きな俺は、良くも悪くもマセラッツィが今日の主役だったと思う。

以下は、前の記事と重複するが、今大会の総括もしておこう。
①今大会は番狂わせが少なかった。
ほぼ順当に強豪国が勝ち上がってきて、ハイレベルな試合を展開していたね。
強いて番狂わせのチームを言うなら、やっぱりガーナかな。
初出場にして、イタリアは仕方ないにしても、チェコやアメリカに勝って決勝トーナメントに進出したのはインパクトがあった。
同じアフリカの初出場国でも、強豪といわれたコートジボワールは勝ち点3がやっとだった。
しかし勝ち点6をあげたガーナには「がんばったで賞」を俺から勝手に表彰したいものである。
②ホスト国・ドイツは優勝は逃したものの、3位とまあ上出来。
前哨戦で日本と引き分けるなど不安もあって、あまり期待はしていなかった。
しかし、それでもグループリーグでコスタリカ・ポーランド・エクアドルと全勝。
決勝トーナメントではスウェーデンに快勝し、アルゼンチンとはPK戦を制するなど、持ち前の勝負強さで見事3位。
期待されなかった分、自国開催で目いっぱいやれたんじゃないかな。
③アジア勢は今大会決勝トーナメントに1チームも上がれず、不振だった。
イランやサウジアラビアはまだまだ国際経験に乏しかった。
韓国はフランスやスイスとハイレベルなグループにいたためか1勝では足りなかった。
FIFA理事の小倉さんがアジア枠5枠を求める方向らしい(つまり今回4.5枠+0.5枠)が、期待はできない。
オーストラリアが決勝トーナメントに残ったから?
今回オーストラリアはオセアニア枠での出場だ。
今年アジアに加盟したからと言って、それをそのまま求めても一蹴されるんじゃないかと思うが。
④そして日本は期待されていたものの、結局1分け2敗と期待外れ。
アメリカの新聞でも、日本は4番目に弱いと揶揄される始末。
親善試合は随分とこなしながら、肝心の世界大会でちっとも勝てない。
これまで敗戦試合を受容れてこなかったジーコは、いつも行き当たりばったりで選手
を選別し、監督の采配能力のなさを露呈した。
中田英寿は意欲を示したものの、結局力を発揮できないまま現役引退。
前回大会はホームゲームでのベスト16とはいえ、残念ながら日本のサッカーは後退していると思う。
日本は本当に弱かったということが、世界中に知れ渡ったようなものだ。
現時点で海外クラブからのオファーは…来てないだろうな。

ここからは日本の話になるが、改めて日本サッカー協会や選手たちに猛省を促したい。
これで単に「代表優先」でエキシビションマッチを増やせばいいのではないことが、川淵さんも含め協会幹部の方はお分かりだろうか。
これからは、Jリーグからやり直せと言いたい。
オシムのように、日頃から選手1人1人を責任を持って育ててやらないと、代表でも活躍できない。
南アフリカでは予選すら勝てなくなるかもしれない。
ただ親善試合を増やす策は、代表でだけ頑張ろうという甘ったれた選手が現れるだろうから、得策とは思わない。
それではダメだ。
UEFAチャンピオンズリーグのような真剣勝負の場を、クラブでももっと作るべきではないか。
そして、選手たちももっと緊張感を持ってやってほしい。
ブラジル戦終了後、今の現役選手で悔し泣きしていた選手は何人いたのか。
いなかったような気がするが。
世界のサッカー選手は誰であれ、ワールドカップを勝ち取ることが目標であるはずだ。
ベッカムにしても、バラックにしても、クリスティアーノ・ロナウドにしても、勝ち取れなかったから悔し泣きしてたんじゃないか。
日本はまだまだ全力を尽くしているようには見えない。
もっと日本代表も悔しがれ。

さあ日本サッカーも、今大会のイタリアを夢見て、今日から出直しだ。

« 3位決定戦。 | トップページ | 日本、18位→49位へ急転落、協会の代表優先の姿勢は相変わらず…。 »

サッカー」カテゴリの記事

サッカーW杯」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/10867138

この記事へのトラックバック一覧です: W杯決勝 イタリア 1-1(PK 5-3) フランス…イタリア24年ぶり4度目の世界一!!、プラス総括。:

« 3位決定戦。 | トップページ | 日本、18位→49位へ急転落、協会の代表優先の姿勢は相変わらず…。 »