最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« ギド退任でどうなるんだ、浦和レッズ!? | トップページ | 休みなしの1週間。 »

2006年11月19日 (日)

moguraの転職は…間違っていなかった。

今日は個人的な話をしよう。

2ヶ月前、moguraは札幌で第2の人生をスタートさせた。

第2の人生というのは格好のいい言葉…のはずだが、仕事内容が前職とあまりにもかけ離れていたため、毎日不安ばかりが募っていた。

受注サービスにしても、原材料の発注にしても。

…まあこういったことは日々勉強を重ねて徐々にやっていけばいいのだが。

しかし当初の会社の雰囲気は、どこかどんよりとしていて、オレは明るく元気に振舞えなかった。

どうも原因は、「○○しないとダメ」とか、「○○しないと怒られる」とかいったような、否定が先行した指導方法のような気がするのだ。

これでどうやって、職場の雰囲気が明るくなるのだろうか?

ダメダメ言ってたら、知らぬ間にみんなダメになるんじゃないのか??

怒られたくないから、仕方なくやっている、そんな悲観的な会社なのか?

当初は、そんな消極的な雰囲気が伝染したかのように、オレも暗くなっていた。

だから、電話にしても接客にしても暗い対応で、周囲は「mogura(自分の苗字ね)、もっと明るく元気よく!!」と発破をかけられる毎日だった。

首都圏に移ってからも、システムでひともめしたり、電話回線とFAX回線が切れたりするなど何かとトラブル続きで、思うように仕事は進んでいない。

そして極めつけは、先日会合があったのだが、ここでオレはまたつまずいた。

スリッパの買出しに出かけるが(当日になって買うのもどうかと思うが)、会社がド田舎にあるためか、最寄のホームセンターに行くまで時間をかけすぎてしまった。

帰ってくれば列を成したお客さんたちが玄関で大混雑。

おまけに、お客さんの1人が不手際さに愛想をつかして帰ってしまう始末。

オレはもうおしまいだと思って、終了後にクビ覚悟で役員たちに謝った。

…しかし、役員たちは意外にも寛大だった。

今回は会合について未経験の社員ばかりだったから、失敗して当然だった、と。

この失敗を次に生かして、同じ失敗を繰り返さないようにすればいい、と。

なんかオレはその一言で、自分自身が救われたような気がしたのだ。

やっぱりオレは、会社に必要な人材だったのである。

業務内容を見ても社会に大いに貢献できそうな会社であり、オレの選択は間違っていなかったということが、ここに来てようやく認識できた。

あとはいろいろな仕事の処理能力を少しでもスピードアップできれば、さらにいいと思う。

明日から、健康に留意しつつ、また頑張りますぞっ!!

« ギド退任でどうなるんだ、浦和レッズ!? | トップページ | 休みなしの1週間。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/12737762

この記事へのトラックバック一覧です: moguraの転職は…間違っていなかった。:

« ギド退任でどうなるんだ、浦和レッズ!? | トップページ | 休みなしの1週間。 »