最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

いささか花冷えの隅田公園。

今日は年度末。

棚卸だ決算だで忙しい方も多いでしょうが…。

かく言うmoguraは、かつての教室仲間に誘われ、東京・隅田公園の花見へ。

電車の遅れもあり、10分遅れで到着。

もう第一陣は始めていたらしい…あた。

写真は、隅田公園の桜である。

Sany0256 Sany0257

Sany0259

いやあ、今日は寒かったなー。

一昨日、所用で横浜に出かけたときは長袖1枚でも十分だったのに。

今日はちょっと厚めのジャンパーが必要だったみたい。

それでも花見客は多かったようだ。

この日が一番のお花見のチャンスだったりして…。

ただやっぱり俺って、影薄いのかなあ?

これといって目立ったことしてないし。

話すより聞くほうにばかり神経いってるし。

天然の人を見ると、なんかうらやましく思えるのだがねえ。

2007年3月29日 (木)

北京五輪男子蹴球・シリア戦を簡単に振り返る。

北京五輪男子サッカー2次予選の3戦目。

相手は2次予選で一番ライバルと目されているシリア。

初っ端はあわや失点というところもあったが、終わってみれば日本の完勝だった。

ガンバ大阪の家永昭博は、1点目を豪快に決めた。

FC東京の平山相太、2点目はFKからのヘディングで、3点目はうまく抜け出して豪快に決めた。

今日の試合は、今までの予選の試合の中では一番いい出来だったのでは、と思う。

もちろん、決定力の問題も改善していかなければならないけど。

真価が問われるのは、来月のシリアとのアウェーゲームだろうね。

2007年3月26日 (月)

「あ、安部礼司」、4月以降も番組続行決定!!

やった~!!

TFM系「あ、安部礼司」、今日で最終回かと思ったら。

4月以降も続くというのだ!!

まったく、どうなるかと思ったぜ。

「ご当地ナビ」の納品作業完了で、いよいよこの番組も本当に終わっちまうのか…と思っていたが。

蛍の光まで流れて。

安部礼司がFM各局の紹介までして。

オフコースの「さよなら」まで流れて。

なんか唐突な終わり方のような気がしたな…。

と思っていたら…。

飯野平太から、「番組続行」のお知らせ。

その名も「あ、安部礼司 シーズン2」!?

いやあ、よかったよかった。

楽しみだな、来週以降も日曜日の夕方。

2007年3月25日 (日)

能登半島で大地震、お見舞い申し上げます。

また大地震である。

moguraが随分前に訪れたことのある能登半島で起こったらしい。

午前9時42分、輪島市、七尾市で震度6強を観測。

新潟は別として、北陸エリアはあまり地震がないと思っていたのだが。

お寺は倒壊。

県道では地割れが発生。

死傷者も出ているらしい。

被害がさらに拡大しそうで、心配である。

被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

スポーツ三昧…世界フィギュアをちょこっと総括。

スポーツ三昧のラストは、フィギュアスケートの世界選手権。

正直フィギュアの詳細はよく知らないmoguraであるが、今回は世界選手権ということで鑑賞した。

お目当ては、日本の上位勢(安藤美姫、浅田真央)VS韓国(キム・ヨナ)である。

フィギュアに限らずどんなスポーツにも言えるが、世界選手権は何が起こるかわからないものだ。

今日の女子フリープログラム。

韓国のキム・ヨナ。

ショートプログラムでは完璧な演技(イナバウアーのまねもあったが)を見せ、女子史上最高得点をマークして断トツトップ。

しかしフリーでは途中までは完璧だったものの、腰痛の影響もあってかジャンプ時に2度も転倒して総合3位。

準優勝の浅田真央。

ショートプログラムでは3-3回転のコンビネーションジャンプに失敗したのが響いて5位。

それでも、フリーではそれを取り戻す会心の演技で高得点をマーク。

彼女は演技が終わってから泣いていた。

そして、最終滑走の安藤美姫。

昨年、トリノ五輪では15位と散々な結果に終わり、さらに年末の全日本選手権では肩を故障してしまった。

スケートをやめようかと思ったこともあったとか。

そんな彼女は今回、ショートプログラムでもフリーでも完璧な演技を見せた。

4回転ジャンプはなかったけどね。

見事、自己ベストを更新し、優勝!!

素晴らしい!!

あっぱれ!!

男子で2位に入った高橋大輔も含めて、これこそまさに、感動をありがとう!!である。

<追記>

余談だが、世界フィギュアのナレーション。

どこかで聞いたことのある声かと思ったら、増田晋さんが務めていた。

「あ、安部礼司」の大場嘉門の声もこの方である。

2007年3月24日 (土)

スポーツ三昧…日本 2:0 ペルー。

今日はスポーツいくつもあって忙しかった。

その中から、moguraは、サッカー、フィギュアスケートを取り上げたい。

スポーツ三昧、まずはサッカー。

久々のオシムJAPANの試合。

横浜で行われたペルー戦は、初めて欧州クラブから選手を呼び寄せた。

UEFA CLベスト16まで上り詰めたセルティックの中村俊輔、フランクフルトでゴールを量産している高原直泰。

結果は、日本の完勝。

日本 2:0 ペルー

得点:巻誠一郎(前半19分、1-0)

   高原直泰(後半9分、2-0)

いずれも中村俊輔のFKからのセットプレー。

巻はヘッドで、高原はトラップして振り向きざまシュートで決めた。

ペルーは欧州クラブの選手を連れてこなかったせいもあってか、チームとしては迫力がなかった感じだった。

これで欧州クラブの選手がいたら、もっと違う展開になっていたかもな。

今日の試合は完勝であったが、それでもあえて注文をつけておきたい。

流れからもシュートを決めろ!

リスクの高いバックパスをするな!

パスミスをするな!

以上。

世界の強豪に上り詰めるには、まだまだ改善すべきことがたくさんあるな。

2007年3月23日 (金)

春の訪れとともに…。

いよいよ春が訪れる。

春といえば。

桜が咲く。

うぐいすが鳴く。

白のボトムスをはく女性が増える。

春は何かと、いいこと尽くめである。

以前は4月が近づくたびに暗い気分になった。

本決算の繁忙期だったから、深夜まで残業していたしね。

mogura自身、今は経理から離れたので、決算という概念はなくなった。

あ、でも在庫担当だから棚卸はやっているけどね。

しかし、mogura自身が危惧していることがある。

それは、次回で「あ、安部礼司」が最終回になってしまうのでは…ということである。

毎週日曜日の夕方に楽しみに聴いていたが、まさかこれで終わり?

だいたい、ホームページ見たけど、「ご当地NAVI」未完成じゃないか?

あれで納期というのは、ちょっと唐突な気がする。

もしそうなったら…なんか淋しい気がするな。

もし俺が大日本ジェネラルの社長だったら、出来具合からして、もう1年やり直せと言うだろうな、きっと(爆)。

2007年3月18日 (日)

ナイタースキー体験。

いやあ、真冬の風が身にしみる今日この頃なのだ。

さて、moguraはまたも友人たちとスキーへ。

今度は新幹線ではなく、車である。

関越トンネルを抜けると、そこは文字通りの雪国。

チェーンを巻かないといけないんだよねえ。

寒い寒い。

その後、新潟名物のへぎそばを食い、前回と同じく岩原スキー場へ。

今回は雪が舞っていて視界は良くなかった。

手はかじかんだし。

寒い寒い。

ボーゲンしかできないオレ。

少し足をそろえて…というのが第2ステップ、かな?

練習しなきゃなあ。

ま、32歳ですがまだまだ発展途上のmoguraです。

2007年3月15日 (木)

サッカーがつまらない。

…自称「サッカー好き」のmoguraの、正直な感想である。

理由はというと、地上波での生中継をしてくれないからである。

先日の北京五輪世代のマレーシアとのアウェーゲーム。

2-1と勝つには勝ったが、内容はやっぱり大味な結果だったとか。

スコールでサッカーどころではないとはいうけど、マレーシアに得点を入れさせるようじゃ、たるんどる!

得点とって満足してちゃいけない。

それよりフジテレビよ、何で生中継じゃなくて録画なんだ?

視聴率優先でテレビ中継を編成しないでいただきたい。

2007年3月11日 (日)

こんな風の日には…。

あ、どうも、moguraであります。

今週は、ブログ更新をせずに、ブログパーツをいくつか組み入れてみました。

世界時計と、全国10都市の天気予報です。

本当は、全国47都道府県の天気予報!!を組み入れたいのですが、見づらくなるとねえ…。

それはさておき。

今日は風が思いっきり強かった。

こういう日は、なかなか外に出たくない気分だ。

風でオレ自身がぶっ飛ばされるんじゃないか?という懸念もあるが。

もう1つ懸案事項がある。

花粉が飛んでいるんじゃないか?

生まれつき鼻炎気味のオレは、スギ花粉も敵なのである。

自分は花粉症と思い込まなきゃいいじゃんという意見もあるけど、そうやってもなっちゃうんだよなあ。

今日はそれでも買い物行っていたので外には出たけど、花粉症の人にとっては、今が辛抱の時だよねえ…。

2007年3月 5日 (月)

K-1 WORLD GP 2007 横浜大会。

いやあ、久々に楽しいK-1だった。

マイティ・モーが巨漢チェ・ホンマンをKO!!

まさかあのホンマンがフックで倒されるとはな!

新顔・澤屋敷純一がジェロム・レ・バンナから2度もダウンを奪って勝利!!

澤屋敷という男、伊達じゃないな。

武蔵VS藤本祐介は、延長戦に入る前に角田信朗Pから檄を飛ばされ、なんと藤本が武蔵をKO!!

武蔵の時代は終わってしまったのか?

いよいよ世代交代か?

ルスラン・カラエフVSバタ・ハリは、激しい打ち合い。

カラエフがダウンを奪ったが、その後すぐバタ・ハリが右ストレートでKO!

こんな劇的な展開、かつてあったかあ!?

そしてスーパーヘビー級、セーム・シュルトVSレイ・セフォー。

なんとセフォーが1ラウンド終盤で左フックをお見舞いして、シュルトをダウンさせたのだ!!

しかし喜びもつかの間、2ラウンド早々に今度はシュルトがストレートでセフォーをKO。

結局、シュルトが強すぎたってことか。

まあでも、この横浜大会は久々に面白い大会だったな。

2007年3月 4日 (日)

浦和 2:1 横浜FC…J1昇格組に辛勝。

さあ、J1が始まったぞ。

TV観戦が主になりますが、moguraは今年も浦和レッズに肩入れしていきますぞ!!

さて、今日の試合は前半途中までテレビ観戦し、途中からラジオで聴いていたのだが、レッズにとっての開幕戦はあんまり相性よくないんだなあ。

昨年は、ガンバとのアウェーで1-1のドロー。

一昨年は、鹿島とのホームゲームで0-1で敗戦。

3年前は、横浜Fマリノスとのアウェーゲームで1-1のドロー。

4年前は、鹿島とのアウェーで1-3で完敗。

…とこのように、最近開幕戦で勝ってないのである。

今年もこのジンクスが続くのか…という予感はしていた。

前半25分、相手のオウンゴールで何とか先制。

しかし前半44分、あの久保竜彦に欧州顔負けのスーパーシュートをお見舞いされて同点。

…あとでVTRで確認したが、あの失点シーンは誰かを責めるより、久保を讃えるしかないなあ。

山岸や都築はおろか、カーンでもジダでもブッフォンでも止められないだろう、きっと。

後半40分、相手のクリアミスからの永井の勝ち越しゴールで決着したが、まさに薄氷の勝利。

開幕からの勝ち点3は大きい。

この勢いで、アジア制覇も狙っていってほしいね。

で、今年がJ1初年度の横浜FC。

GKはこの試合への思い入れが強く、レッズのシュートをことごとく弾いていた。

今回カズの登場はなかった。

このチームは守備をベースにしているが、果たしてJ1でどこまで通用するやら。

今後戦うチームにとっては、なかなか手強い相手にうつったに違いない。

2007年3月 2日 (金)

今週の朝の声。

久しぶりの朝の声。

聞いたことのある、朝の声。

mogura自身、J-WAVEの「GOOD MORNING TOKYO」を通勤のお供に聴いているが、今週はいつもの別所哲也氏ではなく、聞き覚えのある女性の声…。

今週は、手島里華さんがナビゲートしていた。

…えっ、手島さん!?

4年ぐらい前までやっていたTFM「MORNING FREEWAY」のリスナーとしては、手島さんの声が懐かしく聞こえた。

J-WAVEのブログを見たりもするが、TFM時代から変わってないところがいいね。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »