最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

ガリガリ君、新工場建てて増殖!?

既にご存知の方もいるかと思うけど、あのアイスキャンデー「ガリガリ君」でおなじみの赤城乳業が、新工場を新設するという。

新工場、比較的近場に新設されるらしい。

以下、日本経済新聞(NIKKEI NET)、9/25より:

「ガリガリ君」増産、赤城乳業が冷菓新工場

 アイスキャンデー「ガリガリ君」の売れ行きが好調な赤城乳業(埼玉県深谷市、井上秀樹社長)は埼玉県本庄市に、アイスクリームなど冷菓の新工場を建設する。約70億円を投じ、生産能力を現在の1.5倍に引き上げる計画だ。コンビニエンスストア向けなどの人気でフル操業が続いており、約30年ぶりに新たな生産拠点を設ける。

 本庄市内に約5万3000平方メートルの用地を取得。年明けに着工し、09年春の稼働を目指す。主力のコンビニやスーパー向けの「ガリガリ君」やアイスクリーム「旨(うま)ミルク」シリーズなどを生産する。(07:01)

mogura、「ガリガリ君」はたまに食うことあるんだけど、売れてるんだねえ。

地元に工場新設とは、嬉しいの一言。

上越新幹線の本庄早稲田駅ができた時もすごく喜んだ。

埼玉県本庄市はSATYなど駅前の大きなお店が撤退して淋しかったわけですが。

最近は郊外に大きなショッピングセンターや工場ができたりして、なかなかいい。

さて、mogura、最近、いいことがありました。

それはまた、後の記事にて…。

2007年9月26日 (水)

最近のニュース、一問一答。

やあ、皆さん、お久しぶり。

このところ体調が悪く、ブログの更新は暫くしていなかった。

ここで、最近のニュースについての、一問一答。

福田さんが総理になったことの感想?

当ブログでわざわざ述べることもない。

最近の有名人の結婚・出産についてのコメント?

オレには関係ねえ、オレには関係ねえ(…小島よしお風)。

ACL準々決勝で、前回覇者の韓国の全北現代を破った浦和レッズについての感想?

LIVEで見られなかったけど、自国開催のFIFAクラブW杯に自力で出場しようという意気込みがいい(PKで敗退した川崎フロンターレは残念だったな)。

あんな、集客目的で無理やり決めたとしか思えないJリーグ枠なんか、クラブ世界一を決めるクラブW杯にはいらないと思うんだよね。

あんな枠で出場するのなら、オレは興味ないので見ないつもりだ。

それにしても、最近のレッズは調子が上がってきたようで。

大宮に気迫負けしたダービーマッチを除いて、このところ負けてないのがいい。

横浜Fマリノスとのアウェーゲームにも勝ったしね。

あとは、ホームゲームでなるべく勝ち点を逃さないようにしてほしいものだな。

…てことで、やっぱりサッカーネタに走ってしまいましたね。

寝よう(爆)。

<9/28 追記>

浦和レッズは、ACL準決勝で韓国の城南一和と対決することになった。

先日のA3では、1-0で勝ったけれども、喧嘩のシーンすらあった因縁の相手。

またバトルになりそうだな。

2007年9月18日 (火)

なでしこ 0:2 ドイツ…世界で戦うにはまだまだ。

moguraは、このほどブラジルで行われた世界柔道より、女子サッカーのほうが興味ありました。

えーと、女子W杯第3戦、ドイツには1点も取れずに0-2で残念ながら完敗。

そのドイツとスコアレスドローであったイングランドが、アルゼンチンには6-1と圧勝。

これじゃあ、日本が決勝トーナメントに進めないのも無理はない。

技術の問題?

日本にそこまで求めるのは酷だろう。

やっぱり、気持ちとかのメンタルの問題かな。

男子にも言えるんだけど、絶対に勝つんだという意識さえあれば、ここぞというところで足が伸びたりしないかな。

勝てなくてもドローまではいけたんじゃないかな。

なでしこの今大会のベストゲーム?

イングランド戦と答えておきましょう。

最後の最後でよく勝ち点1を拾えたなあ、という感想だった。

さ、なでしこは北京五輪出場を決めているわけだし、今度は北京で結果を!!

2007年9月17日 (月)

愛と感謝。

J-WAVEで最近かかりまくっている歌のタイトル。

何だかんだ言って、moguraも転職して1年たつけど。

ほぼ同期とも話したが、うれしいとかそういう感情はない。

オレ最近、なんか足りないなあ、と思うね。

愛がね。

友人と最近全然会ってねえし、ましてや女には逃げられる一方だし。

ま、当然か。

久々に、あのスクール行こうかな。

給料全然上がらねえからお金も全然貯まんねえし。

はあ、来週末はまた善光寺参りだな。

2007年9月14日 (金)

なでしこ 1:0 アルゼンチン…これがドイツに11失点したチーム!?

女子W杯、なでしこJAPANのいるグループは、正直、読めない。

イングランド、アルゼンチン、ドイツ。

男子だと非常に強いチームばかりに思われるが、女子となると話が違ってくる。

特にアルゼンチン。

前の試合、ドイツに11失点して惨敗しているのである。

さて、フジテレビが珍しくリアルタイムで中継したこのアルゼンチン戦。

なでしこ、今日はアルゼンチン相手に何点取れたかというと…

1点。

たったの、1点、である。

アルゼンチンがうまく守備を修正したのか、それとも、なでしこがうまく機能しなかったのか…

はっきり言って、mogura、やきもきしていた。

それでも、後半ロスタイムの永里優季のゴール!!

次に進むには、どうしても勝たないと状況的に不利になるだけに、安堵。

さ、ドイツ戦は、相当厳しい相手になるが、全力を振り絞って臨んでほしいね。

2007年9月13日 (木)

五輪最終予選…カタール戦をかたーる。

なんか、タイトルがオヤジギャグになってしまいましたな…Orz。

さて、安倍さんが総理を辞任した今日、もう1つ、サッカーの試合がありましたね。

北京五輪の男子サッカー最終予選、VSカタール。

moguraは途中から見てました。

ですから、前半早々の梶山陽平の先制点のシーンは見られませんでした。

ま、退場者は出しましたが、あとは、勝ち点3をとるために最低限のことをした、という感じでしょうか。

1-0。

それにしてもねえ…

カタールはなんか迫力がなかった。

だって、選手同士が重なっていて、サイドへの展開以外はほとんど見るべきところがなかったんだもの。

日本は、U-20W杯・カナダ大会で活躍した選手が合流してから、少しは持ち直してきた感じではあるが、まだ上の世代がぱっとしていない感じがする。

ここまで勝ち点7。

しかし、大事なのはこれ以降だ。

仮に、この後のカタール、ベトナムでのアウェーゲームで勝ち点を確保できなかった場合、北京へいけなくなる可能性がある。

せっかく若手の頑張りも見られているのだから、まずは予選突破を目指していただこう。

2007年9月12日 (水)

なでしこ 2:2 イングランド、日本 4:3 スイス…ロスタイムの奇跡!?

日本時間の昨日から今朝にかけての、男女の日本代表の試合をいっぺんにまとめようか。

女子ワールドカップは、なでしこがイングランドに2-2のドローで、命拾いの勝ち点1。

オシムJAPANは、オーストリア遠征で、スイスに4-3、乱打戦の末に勝っちゃった!!

双方とも共通点は、ロスタイムに日本チームが勝負を左右する1点を決めたことだ。

勝負は後半のロスタイムが終わるまでわからないもので。

女子は宮間あやのFKで先制したもののイングランドに2得点されて逆転され、終盤の終盤に二たび宮間のFKで同点。

男子は前半にPKも含めてセットプレーからの失点で0-2とリードされたが、その後中村俊輔のPKに、FKからの巻誠一郎のヘッドで同点、さらに再び俊輔のPKで逆転。

その後セットプレーからまた失点して同点にされたが、最後の最後で矢野貴章がこぼれ球を押し込んで4-3と二たび勝ち越し。

もちろん、セットプレーからの得点がほとんどだったというところと、防げた失点もあったという課題は残ったけれども。

昨年のドイツ大会で無失点という実績のあるスイスに勝ったことは、自信になったのではないかな。

実はmoguraはいずれもリアルタイムで見てなかったので、ちょっとテンションは低めです(苦笑)。

ま、いずれにしても次に繋がる試合をしてくれたので、よしとしましょうか。

今日は、一番不安な世代、男子北京五輪代表のカタール戦。

先日のサウジとのアウェーゲームは、勝てた試合だったのだが。

このカタール戦の結果次第で、日本が北京五輪に行けるかどうかが決まるような気がする。

2007年9月11日 (火)

mogura的ブログ論。

moguraもいろいろなブログを見ております。

ためになりそうなブログ。

ついつい見入ってしまうブログ。

同感!と共感したくもなるブログ。

異論・反論・オブジェクションでもしたくなるようなブログ。

ブログによって、持つ意見は様々です。

しかしね、中には、怪しいブログもある。

新聞記事を寄せ集めただけで、どこにも主義主張の見られないブログ。

こんなブログを作るぐらいなら、新聞や雑誌を読んだ方がよいだろう。

中身のないブログ。

記事、消しちゃったの?と聞きたくなる。

更新が1ヶ月はおろか、2ヶ月以上も滞っているブログ。

いろいろ訳があるかもしれないが、こういうのは、あまり新鮮味がないね。

クリックすると成人向けの有料サイトに誘導されてしまうブログ。

これはもう論外。

どこぞの会社の悪口ばかり書いているブログ。

中には心当たりのある会社もあって、見ていて反吐が出そうになった。

そして、こんな要注意ブログもあった。

誘導記事で訪問者をおびき寄せ、続きを読んだら全然つまんなくてがっかりする内容のブログ。

これ、明らかにアクセス数集めという狙いが見え見え。

まるで、出演者に無理をさせて視聴率を稼ごうとするマスメディアのように。

ああいうのは、なんかつまんないし、淋しいね。

そんなに注目を集められなければ、ブログを続けていけないのかと問いたくもなる。

こういうブログとはリンクを貼りたくもないね。

リンクを貼る際は、ブログの中身も厳選したいと思います。

ま、とにかく、いろいろなブログがあるわけで。

ブログ、みんなが見ているからね。

当ブログの存在についてつべこべ言う人間もいるんでしょうが、mogu-LIVE!は周囲の雑音に関係なく、純粋な日記型ブログとして今後も続けていきますのでよろしくです。

2007年9月 8日 (土)

オーストリア 0:0 日本…得点力不足、いまだ改善されず。

来年EURO 2008の行われるオーストリアで行われた、オーストリアとのアウェーマッチ。

久々のヨーロッパ遠征、それもナイトゲームなので(ナイトゲームの方がエキサイティングな試合が多い!)、moguraはしっかり3:30に起きて見てましたが。

オーストリアの速いカウンターを前に失点ゼロに抑えたのはよかった。

しかし、得点力不足、アジアカップ以降も全然改善されてないねえ。

せっかく中村俊輔・稲本潤一・松井大輔といったヨーロッパ組が入っても。

ゴール前でもたついていたのもいれば。

田中達也よ、FKの跳ね返りを決められなくてどうする…。

えーと、終了後のPK戦の結果は度外視すると、やっぱりスコアレスドローという結果には、得点の多い試合を求めるmoguraからすると不満であります。

それにしても、カメラの位置取りが悪いせいか、試合全体、見にくかったな。

次の相手はスイス。

昨年のワールドカップではベスト16まで進んで失点ゼロというガードの堅いチームだ(ベスト16ではPK戦を1本も決められなかったのも珍記録だったが)。

4日後のスイス戦、得点は取れるのだろうか…?

2007年9月 2日 (日)

世界陸上大阪・女子マラソン…土佐礼子、堂々の銅メダル!!

いやあ、mogura、朝からいいものを見てしまいました~!!

世界陸上大阪大会・女子マラソン。

暑い大阪のロードレースで、土佐礼子選手、銅メダルですよ!!

世界陸上でなかなか結果が出ず、メダルまだあ?とやきもきしていた方、ほっとしたんじゃない?

優勝は、あの、キャサリン・ヌデレバ。

4年前のパリ大会でも優勝し、3年前のアテネでも野口みずきを追い詰めたケニア人だ。

35歳にして、まだまだ現役とは、なかなかやるじゃん。

準優勝は、昨年のアジア大会を制した中国人、周春秀。

最終的にはヌデレバに突き放されたが、それでも国際舞台で2番手だよ。

こりゃ、来年の北京五輪でも、最大のライバルになりそうだな。

で、銅メダルに入ったのが、土佐選手ですよ!!

序盤からずーっと先頭集団にいて、35~40kmあたりで一時はヌデレバと中国人2人に遅れを取りながら、40km過ぎの給水地点で中国人1人を抜いて3番手に入ったのだ。

で、ヌデレバ、周春秀に次ぐ3位!!

北京五輪の出場権も得た!!

やっぱりねえ、頑張った結果が表彰台というのが、本物の感動なんだよね。

そして、えっ、リディア・シモンも5位入賞!?

シドニーで高橋尚子とデッドヒートを繰り広げたルーマニア人のシモンが5位か。

シモンもまだまだ現役なんだな。

で、土佐選手以外に、嶋原清子、小崎まり、原裕美子、橋本康子の、以上の日本人選手もお疲れさんでした!

そして土佐選手には、改めて、本当におめでとう!!と言いたい。

北京五輪も頑張ってくれい!!

2007年9月 1日 (土)

世界陸上8日目…メダルより記録!?

えーと、moguraです。

世界陸上もあと1日となってしまったわけですが。

女子4×400mリレー。

別名マイルリレーと呼ばれる競技、日本からは青木沙弥佳、丹野麻美、久保倉里美、木田真有の4選手が出場。

なんと、みんな福島大学のOBか現役生なのだ。

結果は3分30秒17(日本新!)で予選6位。

残念ながら決勝進出はならなかったが、日本記録の更新に燃えていた彼女たちにとっては、有意義なレースになったんじゃないかな。

女子5000m。

決勝14位の福士佳代子選手にとっては、またも苦笑いの結果に終わった。

北京ではマラソンも視野?

あまり甘く見ないほうがいいと思うが…。

男子4×100mリレー。

塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治と予選と同じ4選手で臨んだ決勝は…。

5位とメダルは遠かった。

しかし、38秒01と、またも日本記録、アジア記録も更新。

うーむ、首位のアメリカを筆頭に、37秒台がメダル圏内とは、相当ハイレベルだね。

ところで…メダルまだあ?とやきもきしている方。

朝の女子マラソンが残っているじゃん。

これ、北京オリンピックの出場権がかかっているわけで。

男っぽい顔した(爆)、土佐礼子。

前のヘルシンキ大会で日本人トップ(とはいえメダルは取れず)だった、原裕美子。

スミマセン、mogura、この2人しか知らないんだ…。

その他の日本人選手も、頑張ってくれい。

世界陸上のこと、まとめて。

スミマセン、mogura、ここ数日は精神的に相当疲れていて、世界陸上をまともに見てません…。

いくつか、感想を述べさせてもらうと。

棒高跳びの澤野大地選手、本番に弱いねえ…。

以前のパリ大会でも、決勝には進出したけど、やはり飛べなかったんでしょ?

これじゃ、今後も心配だな。

男子のリレーは、ジャマイカ、アメリカに迫る予選3位に入った。

日本記録…というかアジア記録も更新したらしいね。

ようやく、表彰台が見えてきた、かな?

決勝でも印象を残してもらいたいものである。

しかし、見ましたかね、今朝の50km競歩。

山崎勇喜選手、本当にやりきれない思いだろうねえ…。

なんと、まだ1周残っている段階で競技場へ誘導するという大会運営者の「大失態」で、失格になってしまった。

おいおい…。

こんなのありかよ?

大会運営者に喝だあっ!!

この酷暑の中、山崎選手はよく頑張った(拍手)。

来年の北京でもその勇姿を見せてほしいね。

…しかし、実況の土井さんがあんなに感情をあらわにして絶叫しているの、はじめて見たな…。

moguraの夏の思い出は?

あ、どうも、moguraです。

今回は、この場をお借りして愚痴らせていただきたい。

恐ろしく暑い日もあった8月が終わっちまった。

今年も、ときめきを感じるような女性との出会いは、不本意ながらなかった。

この夏、目立った思い出はサマソニ大阪ぐらいかな。

PSBの5年ぶりの来日公演は、非常に楽しませてもらった。

それ以外は…といえば、ずーっと仕事。

まったく、さつまいもケーキだスライスパンだのお手伝いも入ったりで、疲れた。

ただでさえ出荷数多くてバタバタしているというのにさ。

このところオレは、発送漏れや、品物間違い…といった顔面蒼白状態になるような凡ミスを乱発。

あの会社には、ゆとりがないのか?

最近、辞めていく人間も増えており、ちょっとあの会社、心配だ。

はあ、オレの人生、今後どうなっちまうんだろうな…。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »