最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« リーダーシップとは何ぞや? | トップページ | moguraの独り言。 »

2007年10月 5日 (金)

医薬品のCMは怖い。

ども、鼻炎気味からようやく逃れつつある?moguraだす。

えーと、先日ドラッグストアで購入した鼻炎薬「パブロン鼻炎カプセルZ」が、偉く効いている。

先週ぐらいまで鼻風邪に悩まされていたのが、嘘のようである。

そのかわり、眠気も襲ってくる。

うーむ、医療用の抗アレルギー薬成分配合の鼻炎薬は、さすがに効くなあ…。

ところで。

最近になって風邪薬のCMが増えてきたが、医薬品のCMって、なんか怖い。

何が怖いかって、終わりのほうに出てくる「使用上の注意」の決まり文句である。

先の「パブロン鼻炎カプセルZ」にも出てきたっけ?

あれ、厚生労働省の指導で、医薬品の広告に「使用上の注意」を付すような取り決めが製薬会社各社でなされているわけで。

主に、風邪薬、頭痛薬、水虫薬、殺虫剤、点鼻薬がそう。

あと、コッコアポとか、リコリスとかの「使用上の注意」もなんかおっかない感じだった。

ガスター10とかのH2ブロッカー胃腸薬は、西村雅彦などナレーターが、ラジオCMの如くわざわざ読み上げているし。

で、「使用上の注意」の決まり文句を出す際は、必ず「ピンポン」という注意喚起音を鳴らす。

…ということを、先日の雑学王のクイズ番組でやっていました。

ちなみにmoguraは二昔前から、ほとんどの医薬品のCMで、その注意喚起音が鳴る前に、目を背けています。

« リーダーシップとは何ぞや? | トップページ | moguraの独り言。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/16671219

この記事へのトラックバック一覧です: 医薬品のCMは怖い。:

» アレルギー性鼻炎とは、アレルギ [アレルギー性鼻炎と花粉症]
アレルギー性鼻炎とは、アレルギーにより、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つの症状を特徴とする鼻過敏症で、症状の出るのが特定の時期に限定される季節性のもの(花粉症など)と、1年中の通年性(非季節性)のものがあります。国民の15%~20%がこの疾患に悩んでいるそうです。ほんの20年前までは考えられなかったこれらのアレルギー性鼻炎症状の原因となる抗原として、日本ではハウスダスト(ダニ)が最も多く、次にスギ花粉、その他にはカモガヤ花粉、ブタクサ花粉、カビ(真菌)等があります。これらが、鼻...... [続きを読む]

» ドットハックのリコリス [ドットハック ドットハックの攻略]
ドットハックのリコリスドットハックでは他の放浪AIとは明らかに違う仕様を持つ不思議なNPC。実はアウラを生み出すために作られた試作AIの一つであったが、人工知性としての明確な目的を持たされていなかった彼女はアウラの覚醒を促すため [続きを読む]

« リーダーシップとは何ぞや? | トップページ | moguraの独り言。 »