最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 「ガン宣告」に等しい抜歯予告…。 | トップページ | 結局ツボらなかった「あ、安部礼司」のスペシャル版。 »

2007年12月17日 (月)

FIFA CLUB WORLD CUP 2007、3決と決勝を振り返る。

いやあ、壮絶な試合だった。

今日の記事は、2つに分けようかと思ったが、まとめることにした。

まず、3決の浦和レッズVSエトワール・サヘル。

はっきり言って、序盤からサヘルに押されっぱなし。

前半早々からPKによる失点。

しかし、数少ないチャンスをワシントンが見事にヘディングで決めて同点。

後半、コーナーキックからまたもワシの頭!!

あれで勝ち越したが、都築龍太があまりにももったいないミスをやらかし、同点にされる。

このまま決着がつかず、PK戦へ。

浦和は、ワシ、阿部勇樹、永井雄一郎、細貝萌の4人全員が決めたが、サヘルは第1キッカーが外し、第2・第3は決めたが第4キッカーは都築の足に阻まれた。

全く最後まで冷や冷やしたが、ゲームセット後はほっとした。

浦和レッズが、クラブ世界大会の銅メダルに輝き、2007年の有終の美を飾った。

ワシ、Obrigado(ありがとな)!

次に、決勝のボカVSミラン。

こちらは、決勝にしては久々に点の入った試合だったのがよかった。

って言っても、ミランのほぼワンサイドゲームだったが。

前半、カカからインザーギ。

しかしボカもセットプレーからパラシオがヘディングで同点。

後半、セットプレーの流れからネスタが勝ち越しゴール。

カカが自分でドリブルで持ち込みそのまま追加点となるゴール。

ダメ押しは、またもカカ→インザーギのホットラインから生まれた。

ボカもオウンゴールを誘うが、得点差が開きすぎて反撃もここまで。

ミランが世界制覇を果たした。

やっぱりミランは、カカあっての世界一だったね。

カカが大会MVPと言うこともうなずける。

さ、次のクラブワールドカップは、どんなチームが出場するのだろうな!?

« 「ガン宣告」に等しい抜歯予告…。 | トップページ | 結局ツボらなかった「あ、安部礼司」のスペシャル版。 »

サッカー」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/17389734

この記事へのトラックバック一覧です: FIFA CLUB WORLD CUP 2007、3決と決勝を振り返る。:

« 「ガン宣告」に等しい抜歯予告…。 | トップページ | 結局ツボらなかった「あ、安部礼司」のスペシャル版。 »