最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

今日実現!愛をこめて花束を。

別にSuperflyを意識したわけではない。

まあ、歌詞は好きだけどね。

♪愛をこめて花束を 大袈裟だけど受け取って…♪

そんなシチュエーションが、今日になって実現した。

実は今日、寿退社する人がいた。

彼女はmoguraの1週間前に入社しているので、いろんな意味でお世話になっていた。

ちなみにmoguraとは3歳年下である(ーー;;)。

会社を強引に辞めちまう輩が多い中、彼女の場合はきちんと送別会も開いたので、穏便に退職したのかな、と感じた。

ならばと思い、moguraは最終日に花束を贈ろうと決めたのだ。

実はmoguraも、3年前に前の会社を辞めたのだが、送別会の時に同僚の女性から花束を頂いたことがあるのだ。

「こんなオレに、花束…!?」と当時思った。

moguraは嬉しかった。

で、昼休みに花束を贈呈。

喜んでくれました。

うむ、自分がされて嬉しいと思ったことは、他の人にもしてあげると喜ばれるものなのだ。

ってことで、彼女の今後のご多幸をお祈りしよう。

2008年5月27日 (火)

キリン杯 日本 0:0 パラグアイ。

はい、南米の2軍相手にスコアレスドローの試合でした。

今回特筆すべきシーンは、残念ながらほとんどない。

さ、3次予選、まずはオマーンに2連勝することを考えましょうか。

2008年5月25日 (日)

キリン杯 日本 1:0 コートジボワール。

雨の降りしきる豊田スタジアムで、日本がアフリカの強豪コートジボワールに1-0で勝利。

日本は、今年に入って初めて海外メンバーである松井大輔(フランス・サンテティエンヌ)や長谷部誠(ドイツ・ウォルフスブルク)を使ってきた。

一方のコートジボワール、チェルシー所属のドログバはCL決勝の関係で来日しなかったが、アーセナル所属のエブエなど1.5軍クラスのメンバーで参戦。

コートジボワールは個々の選手の身体能力が高いうえに、組織的にまとまったサッカーをしてきた。

そんなコートジボワール相手に、名古屋グランパス所属の2選手が勝利に貢献した。

前半21分、長谷部誠のクロスを玉田圭司が滑り込んでゴールに蹴りいれた。

今日の試合は悪天候によるピッチ状態の悪さからミスパスが多くて、もう少しで失点、という場面も見られた。

それでも、ここはGK楢崎正剛が無失点で抑えた。

やっぱり豊田スタジアムは名古屋グランパスのホームスタジアムの1つだからねえ。

その他に印象に残った選手?

今日A代表デビューした、FC東京所属の長友佑都という選手。

攻撃のためボールを奪いに走りまくったり、隙あらばミドルシュートも打ってきたり。

あたかもミラン所属のガットゥーゾのような雰囲気で、なかなか趣ある選手だった。

さて、3次予選4連戦まで、あともう1試合、パラグアイとの準備試合がある。

次の試合で予選メンバーが固まるわけだが、果たして…??

2008年5月22日 (木)

UEFA CL決勝…モスクワ決戦は死闘の末にマンU制覇!!

いやあ、早朝からすさまじい試合を見せてもらった。

ロシアのモスクワで行なわれた、UEFAチャンピオンズリーグ決勝、マンチェスターユナイテッドVSチェルシー。

今シーズン、プレミアリーグで優勝を争った両雄なだけに、烈しい死闘となった。

前半戦。

マンUのペース。

前半28分、スローインからのブラウンのクロスを、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)がヘディング、ゴール!!

マンU先制!!

このまま前半終了かと思いきや…

前半44分、エッシェンのシュートが跳ね返った後、ランパード(イングランド代表)が詰め入れてゴール!!

後半戦。

途中でモスクワの日付が変わった(5/21→5/22)。

この間、逆にチェルシーがペースを握り、20本ものシュートを打つ。

なかなかゴールが生まれず、こう着状態が続く。

後半42分、マンU、スコールズがギグスと交代。

試合が動かないまま延長戦突入。

モスクワでは雨が降ってきた。

延長前半2分、チェルシー、マルダがカルーと交代。

延長前半9分、チェルシー、ジョー・コールがアネルカと交代。

延長前半12分、マンU、ルーニーがナニと交代。

延長後半。

雨はまだ止まない。

足がつる。

その後の小競り合いで、手を出したドログバが退場処分、バラックとテベスにイエローカード。

延長後半14分、チェルシー、マケレレがベレッチと交代。

同じ時間帯で、マンU、ブラウンがアンデルソンと交代。

まったく試合が動かないままPK戦へ。

先行はマンU。

1人目、テベス、○。

チェルシーの1人目、バラック、○。

2人目、キャリック、○。

ベレッチ、○。

3人目、クリスティアーノ・ロナウド、…はチェフに弾かれた。

ランパード、○。

4人目、ハーグリーブス、○。チェフも触っていたけど。

アシュリー・コール、○。ファンデルサールも触っていたけど。

5人目、ナニ、○。チェフも触っていたけど。

ジョン・テリー、…は滑って右にそれてしまった。

6人目、アンデルソン、○。

カルー、○。

7人目、ギグス、○。

そしてアネルカ、…はファンデルサールが弾いた!!

この瞬間、マンUが9年ぶりのCL制覇!!

プレミアリーグ制覇に続いて、2冠達成!!

ロナウドは、しばらく号泣していた。

チェルシーは…ドログバがもったいない退場劇をしちゃったからねえ…。

初優勝への運が逃げちゃった、という感じかな。

うーむ、これだけクラブチームは強いというのに、やっぱりイングランドがEUROに出てこないというのが非常に淋しい。

ともあれ、これでマンチェスターユナイテッドがFIFAクラブワールドカップで来日することになった。

楽しみに待つことにしよう。

2008年5月20日 (火)

もしも…。

会社の売上げが1億2500万、損益が2億7000万の赤字だとしたら、どうするか?

数ヶ月前から給料を支払うのがやっとと言うぐらい資金不足に窮しているとしたら、どうするか?

うーむ、さすがに給料の遅配ともなると…(ーー;;)。

また転職先を見つけなければならないのか、moguraは…。

2008年5月18日 (日)

中国・四川大地震に思うこと。

ふう、だいぶ時間が経っちゃったなあ…。

先週、中国・四川省で起きたM7.9の大地震は、大きな爪跡を残した。

犠牲者は5万人に昇るといわれ、18000人以上が生き埋めになり、学校など多くの家屋が倒壊した。

中国政府の対応については、首相の温家宝が即日、国家主席の胡錦濤も4日後に被災地に赴いて被災者を激励するなど、最低限のことは行なっているようだ。

一方で救援活動はなかなか進んでないようであり、被災地の住民の皆さんもいらだっている様子だろう。

支援物資も取り合いになっているようだ。

外務省は日本の救助隊の支援を地震発生から3日後になってようやく受け入れを表明。

交通事情とかいろいろな事情もあっただろうが、もっと早く表明してくれれば、これ以上の被害は出なかっただろうにと思う。

ま、サイクロン被害にもかかわらず国民投票を強行して救援活動には無策同然のミャンマーの軍事政権よりはまだましか。

この地震を機に、国外からの支援を積極的に受け入れるなど、今まで聖火リレーでこじれてきた外交関係を正常に戻してほしいものだ。

こうなると、やっぱり気になるコト。

こんなんで本当に北京五輪、大丈夫なのか?

建造物の安全面だけでなく、感染症の発症などの衛生面での心配もある。

随分前に起こったSARSの爆発的流行…なんてことにならなければいいが。

で、moguraとしても、何かできることはないかと考えた。

今回、状況が状況なので、義援金を寄付しようと思う。

被災者の皆様に、心よりお見舞い申し上げたい(…これを中国語で言いたいのだが)。

2008年5月11日 (日)

少林少女。

今日お誘いがあって、気温10℃前後と寒い中、ユナイテッドシネマ入間まで見に行ってきた。

「少林少女」。

その名の通り、少林寺拳法をベースに、ラクロスも絡めたアクション映画。

実は格闘技好きだという柴崎コウの他、仲村トオル、江口洋介、99の岡村隆史も出演していた。

「少林サッカー」の流れから、香港出身の役者も出演していた。

個人的な感想としては、うーむ、あまり感動しなかったなあ。

柴崎や岡村のアクションシーンのみが見所で、肝心の作りが「あ、安部礼司」同様無理があったような気がする…。

(…内容とか言うとこれから鑑賞するという方に失礼なので省略…)

余談だが、今月うちの会社を退社する女子事務員が、柴崎コウにちょっと似ている気がした。

2008年5月10日 (土)

mogura、春眠暁を覚えず?

どうも、moguraです。

最近は暑くなったり寒くなったりでたいへんな気候でございますが。

ブログがお留守になってしまいましたね…。

本当は書きたいこと、いっぱいあるんですがねえ…。

どうもこの頃は、日頃の仕事の疲れで1日中ぐったりしたり、話題にしたくないニュースばかり流れたり、また身近でもショッキングな出来事があったりしてねえ…。

なかなか記事を書けてません。

最近は、以前のようにじっくりまとまった記事にしていないので、ブログ書くの下手になったなあ、とつくづく反省しております。

それにしても、新車買ったために預貯金が半減してしまいました。

今年こそ、新しく株を買おうと思ったのですが、うーむ、予算が足りない…。

遠出しようと思っても、暫定税率復活とかいう悪法のせいでガソリン代がまた高騰しちまったし。

ソクラテスのように「悪法もまた法」…なんてオレは納得してねえよっ。

当面、満タンにはせず、30リッターで我慢しておこう。

あ、いかん、愚痴になってしまった…orz。

明日は、久々に映画を見に出かけようかな。

2008年5月 2日 (金)

UEFA チャンピオンズリーグ…モスクワ決戦はプレミア対決。

3年ぐらい前から、5月になると楽しみにしている決戦がある。

そう、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である。

毎年、ヨーロッパの一都市で一発勝負を行ない、勝ったチームが優勝というなかなかスリリングなものである。

で、今年はロシアのモスクワが決勝の舞台になるのだが。

その舞台に立つのは、マンチェスターユナイテッド(以下マンU)とチェルシー。

って、いずれもイングランドのプレミアリーグのチームじゃん…。

マンUというと、やっぱりクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)をイメージしてしまうが。

他にも、テベス(アルゼンチン代表)とか、ルーニー(イングランド代表)とか、パク・チソン(韓国代表)もいたよな?

昨年マンUは浦和レッズと交流試合をしていたので、もし優勝すればクラブW杯出場となって、2年連続の来日…となるのだろう。

チェルシーは、なんといってもオーナーのアブラモビッチがロシア出身ということで、ある意味凱旋試合とも言えよう。

選手も、ランパード(イングランド代表)、ドログバ(コートジボワール代表)、バラック(ドイツ代表)、エッシェン(ガーナ代表)…とまさに多国籍軍。

言っとくけど、チェルシーは明治のキャンデーとは違うからね(笑)。

個人的には、浦和レッズを除けばひいきしているチームはないので、どちらを応援してもいいと思っている。

最後に笑うのはマンUか、それともチェルシーか。

5月22日は3時半ごろに起きて、テレビ観戦しようと思う。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »