最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 日本のメダル、それ以上に凄いこと。 | トップページ | オリンピックの意義を考えてみる。 »

2008年8月19日 (火)

野球に陸上に女子サッカー、世界との差を考える。

ども、moguraです。

今日はちょっと志向を変えて、競技を通じて世界との差を測ってみようと思う。

まず、野球。

カナダに1-0で紙一重の勝利。

その1点とは、稲葉篤紀のソロホーマーのみで、たった1点差である。

成瀬善久、藤川球児、上原浩治といった投手陣が踏ん張ったから勝てたのである。

監督が「オレを殺す気か」と言ったほどだ。

勝つには勝ったけど、大勝したアテネの時とメンバーがらりと変えてないかな?

そうであれば、世界との差、いや日本とカナダとの差は縮められた気がする。

ま、拙攻が目立ったこともあったけどね。

次の相手は中国。

地元の大声援もあって、そう簡単に勝たせてくれそうもないが、なんとか勝ち抜いてほしい。

次、陸上。

これは、世界との格差がありすぎると感じた。

400mハードルの久保倉里美も準決勝で敗れた。

200mの末續慎吾も、高平慎士も、予選で敗れた。

200mであのボルトに勝てる相手は、現時点では日本にいないだろうね。

棒高跳びであのイシンバエワに勝てる相手は、現時点では日本にいないだろうね。

いたら教えてください。

そして、世界との格差を大いに実感したのが今日の女子サッカー準決勝。

なでしこJAPANとアメリカ女子代表。

アメリカ女子代表は現時点で世界№1のチーム。

男子でいえば、日本とアルゼンチンぐらいの格差があると感じた。

前半、大野忍が先制点。

しかし、前半のうちに速攻と個人技でやられ、2失点で逆転される。

後半もループシュート2発でで2失点。

終盤に荒川恵理子が一矢報いたが、2-4でうーむ、力負け。

いやあ、今大会で男子には見られなかった意地は見せたけど、メダルを勝ち取るのはそう簡単なものではないな。

この格差は1日2日で埋められるものではないので、まあ致し方ない。

なでしこは3位決定戦に回ることになったが、メダルへの道はさらに険しいだろうね。

だって、相手が世界№2のドイツだもの。

昨年の女子W杯はなんと失点ゼロで優勝したんだもの。

今大会でも、準々決勝までは失点ゼロだったんだけど、準決勝はブラジルに4失点。

それでも、鉄壁より堅い守備を見ると、ゴールを奪うのは至難の業だろうね。

木曜日に3決がありますが、mogura、最後まで応援します!!

<追記>

そうそう、世界との格差を大きく感じたものとして、男子バレーボールも付け加えておこう。

イタリア、ブルガリア、中国、ベネズエラ、アメリカと5戦全敗。

うーむ、植田JAPANは、オリンピックに出場するだけで手一杯だったようだ。

男子バレーも、ロンドンまでにせめて1勝できるように頑張ってもらいたいなあ。

« 日本のメダル、それ以上に凄いこと。 | トップページ | オリンピックの意義を考えてみる。 »

スポーツ」カテゴリの記事

北京五輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/42209052

この記事へのトラックバック一覧です: 野球に陸上に女子サッカー、世界との差を考える。:

« 日本のメダル、それ以上に凄いこと。 | トップページ | オリンピックの意義を考えてみる。 »