最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月26日 (金)

「あ、そう」内閣と、「自己陶酔」元総理の引退…日本という国も、住みづらくなったものだ。

麻生さんが総理になった。

「麻生さん?あ、そう」ってオヤジギャグを飛ばしたくなるほど、今の自民党政治への関心は冷ややかである。

麻生さんで何が変わるのかな?

失業とか、年金とか、税金とか、医療とか、「改悪」ではなくて、「改善」してくれないかなあ?

誰だかみたいに1年足らずで辞める、空気の読めない内閣にならなきゃいいが。

閣僚の中に、郵政民営化に一度反対して自民党を除名されながら、いつの間にか復党してちゃっかり大臣やっているオバサンがいるのも解せねえなあ。

早速失言こいた大臣もいるしな。

あ、そうそう、小泉さんが政界引退するそうだね。

いろんなマスメディアでのアンケートを見聞していると、在任当時は内閣支持率が高かったにも関わらず、評価はマイナスという所が多かったね。

moguraの評価?

はっきり言って、マイナスであり、説教部屋に呼んで問いたい。

靖国神社への参拝。

…毎年終戦記念日に参拝していたっけ?任期満了の年だけだったような…。

わがまま選挙で郵政民営化を実現。

…これを強引に実現したいが為にJFAの某前会長みたくイエスマンばかり揃えてたよな。

…これで大都市だけ便利にさせて、地方の町村は不便になるって、いったいどういうつもりなんだ?

日朝首脳会談。

…北朝鮮の拉致被害者は、何人かは戻ったけれども、まだいるというのじゃ中途半端じゃないのか?

医療制度改革。

…負担1割増しだがその負担は大きいと思うし、医療費を減らせば医者の負担は増えるばかり。

…あんた、医者にかかったことないのか?

などなど、どれもこれも「自己陶酔」な改革で終わっており、国民生活は「改悪」されただけだろう。

そして、「勝ち組」「負け組」という醜い格差社会の構造が出来上がり、それに伴って凶悪犯罪も増えてしまったような気がするのだ。

弱者は生活するなと言うのか。

全体的には、自分のことしか頭にない、身勝手な元総理だったと判断せざるを得ない。

それでも、支持者の皆さんは小泉さんを支持しますか?

議席の世襲は大事にするような、自民党ではどうしようもない。

選挙のときだけ積極的にPRするような政治ではダメだ。

どなたか、一般国民の立場に立った、政治家はいませんかね?

東京での8年後の五輪開催だとか一過性のイベント誘致に躍起になるのではなく、国民生活のレベルでもっと日本を住みよい国にしてもらいたいものだ。

2008年9月24日 (水)

失業認定の日に。

ハイ、ご無沙汰しております、mogu-LIVE!です。

一週間も経ってしまい、何をしていたんだと聞かれそうだが、相変わらず何の進捗もない。

何人かは既に働いている人はいれど、オレの転職活動はまだ全然終わってないのだ。

今朝、一番最初に面接をしたところへ電話し、入社希望を伝えた。

…工場長とも相談し、結果は郵送するというが、大丈夫なのか?

先月末に履歴書データを送信した化学メーカーから未だに連絡がきていないが、もうどうでもいい。

なんとか働き口は確保したい。

今日失業認定を済ませたが、こんな惨めな状況からは早く脱却したい。

最悪の場合のことは、今は考えたくない。

いい加減、拾う神が現れてほしいと思う今日この頃なのだ。

<9/26 追記>

各会社の人事に、どうしても言いたいことがあります。

応募書類を送っておきながら、まさか、不採用者にはなしのつぶてと言う会社、ないでしょうか?

不採用者から言わせていただきますが、そんな会社はいかなる理由があろうと極めて不誠実な会社と判断せざるを得ません。

こんな会社があるから、日本の完全失業率が改善されないのだよ。

不採用通知なんかいらないという人もいるだろうけど、それがないと判断がつかないのです。

こんなこと言っても痛くもかゆくもないだろうが、応募にもかかわらず音信不通になるような会社とは、お客様になるつもりも毛頭ありません。

2008年9月17日 (水)

書類選考で半月かかって落とすような会社は…。

書類を出して半月経ってから、面接もせずに落とす会社。

こういう会社は、その程度の会社だ。

人をさんざん待たせておいて、今頃になって「ご縁がなかったことで…」なんて言われても困るんだよ。

絶対に後悔させてやるからな、某大手工作機械メーカーよ。

2008年9月16日 (火)

リーマン・ブラザーズ経営破綻…いよいよ大倒産時代到来?

この倒産のニュースは、他人事ではないな。

サブプライム損失が重くのしかかった、アメリカのリーマン・ブラザーズの経営破綻。

ライブドアの資金調達に協力した、全米4番手の証券会社だ。

負債総額は、凡そ6100億ドル、日本円にすれば63兆円にもなる。

日本法人も民事再生法を適用。

負債総額は、関連会社も合わせると4兆1000億円!!

本当に、気が遠くなるような金額だ。

それもあって、アメリカのNYダウやナスダック、さらに日本も含めて世界各地で大幅な株安。

ブッシュはもとより、マケインやオバマも大きな難題に直面したに違いない。

こういうのを見ていると、いくら大企業でも、一歩間違えれば倒産するんだな、と。

それは、11年前の北海道拓殖銀行(たくぎん)や山一證券などの例を見ても明らかだろう。

そして多くの人が失業し、また新しい勤め先を探さざるを得なくなる…。

moguraも企業倒産に巻き込まれた労働者の1人なので、倒産で解雇された人たちの気持ちはわかる。

1社一筋で働いている人たちにぜひお聞きしたいのだが、その会社がもし財政破綻して倒産したら、どうするつもりなんだろ?

別にやっかみのつもりはないし、転職を勧めるつもりもない。

しかし、長年黒字続きだからといって、これからも安泰、とは思わない。

新聞やマスメディア等で不祥事や大事故が報道されれば、信用はガタ落ちし、取引停止なんてこともありうるわけで。

上場企業であれば、株式は売り注文が殺到し、大幅安となり…。

そうならないためにも、利益を上げるだけでなく、不祥事や事故を起こさない努力も同時にしていかなければならない。

それゆえ、前の前の会社は上場しているから後戻りはできず大変だな。

ま、できればmoguraは、上場していない、財務基盤の堅い会社で働きたいと思うけど。

それにしても、2社からの連絡、まだかなあ。

2008年9月14日 (日)

悲愴感、そして「格差社会」への怒り。

はじめにお断りしておくと、今回の記事は、コメントを一切お断りしたい。

最近ただでさえ悲愴感を抱いている中で、「お前は間違っている」などと批判でもこようものならますます情緒不安定になっちまうだろうから。

悲愴感といっても、「はねトび」のユニットのことではない。

今の自分のことを言いたいのである。

今日は真面目にカタルシスしたいのだが…

職なし、彼女なし…。

こんな状況で、知人に堂々と会えるとは思えない。

職なし。

会社倒産で転職活動を余儀なくされたオレ。

当然、高い住民税(9万円!!)や国民年金保険料も払わなければならない。

会社倒産が判明した日こそ敢えて平然としていたが、今となっては、その会社の経営者、そしてなんだかんだでプロジェクトを頓挫させて倒産に追い込んだ某上場食品メーカー(○○○○)を恨んでいる。

もうそのメーカーの商品類は、2度と買わないことにしている。

彼女なし。

この春から3度ほどお会いしてお付き合いしていた彼女に、結局ふられた。

まあ別に彼女は悪くないんだけどさ。

職のない人間に、彼女が寄り付くとは到底思えない。

今オレは、外部からの情報をできるだけ遮断している。

誰々さんが結婚したとかという話は、オレより年上ならともかく、同い年や年下なら聞きたくないし、知りたくない。

自分が惨めになるだけだ。

そういう理由から、随分前から同窓会などは参加していない。

あそうそう、オレはこんな状況だから言わせてもらうが、「勝ち組」「負け組」という言葉がものすごく気に入らない。

やたらに「勝ち組」「負け組」を強調していた某FM局のラジオドラマ番組ですら、胸くそ悪くて今は聴いていない。

「格差社会」なんて、誰が生み出したんだ。

誰が、「勝ち組」とか「負け組」とか、そんなくだらない基準を生み出したのかなっ!?

あのライオン面した元総理か?

それとも、現在執行猶予中の、あの太ったIT企業の元経営者か?

説教部屋に呼び出して、叱り飛ばしてやりたいね。

先日、とあるブログの記事を見て、物凄い怒りを覚えた。

その内容というのが…

「働いてない人間が、政府に年金や税金を何とかしてほしいとか言うのはおかしい」

…って、おかしいのはあんただろがっ!!!!!

オレのような突発的な失業者だって、ちゃんと国民年金や住民税は払っているんだ。

年金や税金の問題について何とも思わない方がおかしいだろう。

見れば、その記事を書いたのはとあるベンチャー企業の起業家ではないか(…しかも、あのIT企業の元経営者と同い年)。

これはいわゆる「勝ち組」視点で語られている失業者への偏見で、見ていて反吐が出る。

怒りのあまり、そのブログに猛烈に抗議しておいた。

いわゆる「勝ち組」視点で語られているブログには、今後も真っ向から抗議したい。

それにしても、言いたいことも言えない、生きにくい世の中になっちまったものだ。

転職活動も一向に進まないままだし…。

ああ、オレは一体どうすればいいんだよっ…!?

2008年9月13日 (土)

9/10 ワールドカップ予選メモ。

まずアジア。

ウズベキスタン 0:1 オーストラリア

カタール 1:1 バーレーン

北朝鮮 1:1 韓国

UAE 1:2 サウジアラビア

…2連敗中のウズベク、次の日本戦は死に物狂いでかかってくるだろうから、油断は禁物だぞ…。

あと、ヨーロッパと南米は、おやおや、というところだけピックアップ。

クロアチア 1:4 イングランド

ポルトガル 2:3 デンマーク

ウォルコットのハットトリックで、イングランドが圧勝。

EURO予選敗退に追い込んだクロアチアに、アウェーゲームでリベンジ。

ポルトガルは…ホームゲームでデンマークに逆転負け。

ブラジル 0:0 ボリビア

予選絶不調のボリビアとスコアレスドローに終わったブラジル、大丈夫かな…。

1つ言えるのは、ホームゲームで勝てなければ、その相手にどこで勝つのかな、ということ。

2008年9月11日 (木)

お堅い会社の面接。

昨日面接に行ってきたが、面接会場にたどり着くまでが疲れた。

今回、東武線で川越市まで行き、そこから本川越まで歩いて西武線だ。

そして最寄駅からまた歩く。

どこ行ったかって、最寄駅を言うと会社がばれるので教えない(^ ^;)。

都市対抗野球で有名な会社。

年輩の人事担当が出てきた。

話を聞いているとどうもお堅い。

面接官の総務部長さんも経理部長さんも堅そうだな。

面接は非常に緊張した。

志望動機はもちろんのこと、職務経歴の内容をかなり細かく聞かれた。

前々職のことはあまり覚えてないし、退職理由も非常に曖昧なものだからなあ。

ちなみに、次があれば役員面接なのだが、ないだろうな〜。

何でって、会社の人数間違えちまったし。

言うことは言ったけど、ここであまり働きたくない気持ちが出ちゃったしなあ…。

正直、東京23区内では働きたくないのだ。

ラッシュアワーが嫌だし、それによって起こるトラブルも心配だし。

ここは無理かもな。

<9/14 追記>

昨日、履歴書が返送されてきた。

残念ながらご縁がなかったものと判断した、という、ご丁寧な書面つきで。

今回は仕方ないとは思うが、残りの2社は、いつになったら返事をよこすのだろうか…。

2008年9月 8日 (月)

大量アクセス御礼&W杯予選を見渡してみる。

おはようございます、moguraです。

いやあ、昨日は大量アクセス、ありがとうございました。

なんか見たところ、サッカーと日本代表で、昨日最もアクセスが多かったようです。

実は、バーレーンでの最終予選の試合のメモは、スポーツナビの日本代表関係のブログにリンクを貼っているんです。

その効果もあったのですが。

そのほかに今回、ニフティの「日刊ココログガイド」でおすすめ記事に選ばれました。

アクセス数が1548というのは、過去のmogu-LIVE!の記事を見ても例がありません。

今までの最高が、大阪で開催された世界陸上の女子マラソンで、土佐礼子が銅メダルを勝ち取った、昨年の9月2日。

その日のアクセスは608だったからね。

当然それ以外の記事を見ていた分も含まれますが、今回初めて1000以上いきましたねえ。

もちのろん、上地雄輔のブログには到底及びませんが(1日20万以上!!アクセスいったこともあるし)。

これからも、皆さんに見てもらえるような記事を書こうと思います。

あ、そうそう、アジアのそのほかの結果も書いておきましょうか。

サウジアラビア 1:1 イラン

UAE 1:2 北朝鮮

サウジとイランは互角で、北朝鮮が意外に燃えてますね。

さて、南米やアジアなどはとっくですが、ヨーロッパ各地でもワールドカップ予選が行なわれています。

ちょっと気になることを書いてみましょう。

スペイン、ドイツ、トルコ、イタリア、ポルトガル、クロアチア、イングランドは初戦に勝っています。

しかし、ルーマニアが痛いですね。

ホームゲームで0:3とリトアニアに惨敗って、どうしちゃったんでしょうか。

ムトゥとか出ていなかったんでしょうか。

さらに痛いのはフランスですね。

オーストリア 3:1 フランス。

先のEUROで1勝もできなかったチーム同士の試合だったのですがね。

Youtubeでハイライトをちょこっと見たんですが、オーストリアはセットプレーを上手く利用してフランスに勝ちましたね。

ブリュックナー率いるオーストリアはこの調子で予選を戦っていただきたいのですが。

一方で惨敗したフランスは…あの占いで選手起用する眼鏡のフランス人が監督やっている限り予選突破は微妙だろうな。

EURO惨敗の時点で解任されているはずなんだけど。

まだオーストラリア、韓国、ロシア、オランダは予選に入っていないが、こういった強豪国が果たしていけるのかは非常に興味深いですね。

ほかの記事と織り交ぜながら紹介したいと思います。

2008年9月 7日 (日)

南アフリカW杯アジア最終予選① バーレーン 2:3 日本…勝ったけど微妙…。

いよいよ、南アフリカW杯に向けての、アジアの最終予選ということで。

バーレーンVS日本というアウェーゲームを、3時半に早起きして見てましたが…

おいおいおいおいおい!!!!!

勝つには勝ったけど、何なんだよこの試合は!!!

…と、現地まで応援に行った皆さんは、こんな後味の悪い思いをしていたに違いない。

前半18分、中村俊輔の地を這うようなFKで先制!!

前半44分、遠藤保仁のコロコロPKで追加点!!

後半40分、中村憲剛のミドルシュートでダメ押し!!

…と、ここまでは良かった。

でもさあ、3点リードして、油断しただろ?

後半5分間の、退場者出している10人のバーレーンに2失点は、余計にもったいなすぎるぞ…!!

1点目は、守備の隙をつかれてゴール。

そこは、長谷部誠に代わって入った今野泰幸が、フォローするべきところだっただろうに!!

2失点目はどういうことだよ!?

田中マルクス闘莉王!!

バックパスしてオウンゴールなんて、後味悪いぞ!!

9年前の、加茂さんの時と似たような展開だな…。

もう1つ苦言。

後半30分、長谷部に田中達也!

2人してシュートをクロスバーに当てて、格好悪いぞ…!

浦和レッズを見ている人間としては…あまり喜べない勝利に思う…。

カタールも3:0でウズベキスタンに勝ったしね。

後半終盤に得失点差を減らされた(+3→+1)のが、後々響かなければいいが。

次のウズベク戦、ホームゲームなんだから、松井大輔は累積警告で出られなくなったが、後味のいい試合で勝ち点3取ってよ!!

2008年9月 6日 (土)

ある日の面接にて…仕事って、サービス業でしょ?

先日、面接に行ってきたので、その報告をしようと思う。

ちなみにタイトルの台詞は、面接のアンケートシートで「仕事に対する考え方を書いてください」とあったので、moguraはこう答えた。

この台詞、mogu-LIVE!語録にでも登録しておこうか(笑)。

えっ、どこの面接に行ったかって?

北京五輪や柔道の世界選手権などでしきりにCM流していた、あの不動産会社の子会社の、とある工場の面接。

実は本社は名古屋市にあるのだが、どの会社かは、ご想像にお任せする。

さて。

まず、PCのテスト。

フォルダを設ける。

ワードで文書を作成する。

エクセルで関数を使って表計算し、営業実績表のサンプルを完成させる。

あとは、面接のアンケートに答える。

工場長さんが来て、履歴書・職務経歴書に沿って自己PRを説明。

まあ一応、自己PRのほかにも、前の2社の退職理由とか、会社の志望動機とかにも淡々と答えたけど。

こんなまったりした面接でいいの?と思ったけど。

向こうは、入社の意思さえあれば採用する方向らしい。

だけどね…。

やっぱり買収されて5年、という会社だからねえ。

工場の経理のパッケージソフトは導入されてないし、全部PCで手入力での表計算な訳で。

それどころか、原価計算の社内規程もなければ、きちんとした経理担当リーダーもいないらしい。

つまりみんな手探りでやってるとの事で、なんか微妙…。

ちょっと遠慮しとこうかな…。

さて来週は、もう1社、面接がある。

都市対抗野球で有名なメーカーである。

今度は東京都内での面接、ラッシュ覚悟で行くようである。

<9/30 追記>

この会社は、結局相手にしてくれなかった。

採る気がないなら最初から待つな!!!!!

2008年9月 2日 (火)

福田総理辞任について、一言。

mogura、政治のことは詳しくわからんが。

福田さんの昨日の辞任劇は、やっぱりな、と思った。

安倍さんのときもそうだった。

結局、2人とも在任期間は1年に満たなかった。

説教部屋に呼んで、質問したいことがある。

あのさあ、いつから総理大臣は期間限定のアルバイトになったんだ?

解決すべき問題が山積みしているというのに、小泉さん以前からそうだけど、無責任じゃないのか?

記者への「あなた、他人事とか言うけどね、私は客観的に物事を見ることができるのです」という台詞も許せない。

じゃあ客観的に聞くが、年金や税金のこととか、国家予算のこととか、北朝鮮拉致被害者の問題解決とか…の総理大臣の仕事は、そんなに軽いものなのか?

他人事としか思えないんだよっ。

今の自民党では、誰がやっても同じ結果になるだろうね。

かと言って、こないだお家騒動のあった民主党などその他の党もあまり期待してないけど。

今の日本は、肝心なことがすべて投げ捨てられているような気がして、本当に怖い。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »