最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 悲愴感、そして「格差社会」への怒り。 | トップページ | 書類選考で半月かかって落とすような会社は…。 »

2008年9月16日 (火)

リーマン・ブラザーズ経営破綻…いよいよ大倒産時代到来?

この倒産のニュースは、他人事ではないな。

サブプライム損失が重くのしかかった、アメリカのリーマン・ブラザーズの経営破綻。

ライブドアの資金調達に協力した、全米4番手の証券会社だ。

負債総額は、凡そ6100億ドル、日本円にすれば63兆円にもなる。

日本法人も民事再生法を適用。

負債総額は、関連会社も合わせると4兆1000億円!!

本当に、気が遠くなるような金額だ。

それもあって、アメリカのNYダウやナスダック、さらに日本も含めて世界各地で大幅な株安。

ブッシュはもとより、マケインやオバマも大きな難題に直面したに違いない。

こういうのを見ていると、いくら大企業でも、一歩間違えれば倒産するんだな、と。

それは、11年前の北海道拓殖銀行(たくぎん)や山一證券などの例を見ても明らかだろう。

そして多くの人が失業し、また新しい勤め先を探さざるを得なくなる…。

moguraも企業倒産に巻き込まれた労働者の1人なので、倒産で解雇された人たちの気持ちはわかる。

1社一筋で働いている人たちにぜひお聞きしたいのだが、その会社がもし財政破綻して倒産したら、どうするつもりなんだろ?

別にやっかみのつもりはないし、転職を勧めるつもりもない。

しかし、長年黒字続きだからといって、これからも安泰、とは思わない。

新聞やマスメディア等で不祥事や大事故が報道されれば、信用はガタ落ちし、取引停止なんてこともありうるわけで。

上場企業であれば、株式は売り注文が殺到し、大幅安となり…。

そうならないためにも、利益を上げるだけでなく、不祥事や事故を起こさない努力も同時にしていかなければならない。

それゆえ、前の前の会社は上場しているから後戻りはできず大変だな。

ま、できればmoguraは、上場していない、財務基盤の堅い会社で働きたいと思うけど。

それにしても、2社からの連絡、まだかなあ。

« 悲愴感、そして「格差社会」への怒り。 | トップページ | 書類選考で半月かかって落とすような会社は…。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/42500309

この記事へのトラックバック一覧です: リーマン・ブラザーズ経営破綻…いよいよ大倒産時代到来?:

« 悲愴感、そして「格差社会」への怒り。 | トップページ | 書類選考で半月かかって落とすような会社は…。 »