最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 赤城山を登りつめる!! | トップページ | 来週は面接と、転職エージェントとの面談…いよいよ本気になるか!? »

2008年10月23日 (木)

浦和レッズ、ACL終戦に思うこと…。

サポーター数日本一のクラブの、世界挑戦が終わってしまった。

それも相手は、ガンバ大阪。

J1のリーグ優勝も、先週の神戸戦敗戦で一層難しくなった。

そもそも、今年の浦和レッズは、最初からつまづいていた。

高原直泰とエジミウソンと梅崎司の加入。

オジェック→エンゲルスという、シーズン序盤からの監督交代。

監督が代われば方針も変わるはずだ。

どういった選手が必要かも、監督によっては違うはずだ。

その辺、浦和のお偉いさんたちは、わかってらっしゃるのかな?

はっきり言うが、今の浦和レッズは応援する気になれない。

勝てないからとか、結果が出ないからとか、それが理由ではない。

どこかの球団みたいにカネにものを言わせた補強をして、どういうサッカーを目指したいのかが全く見えないからだ。

強力なストライカーを配置して攻撃的に行きたいのか、積極的なパスサッカーで攻撃的に行きたいのか、がっちり守ってカウンターを仕掛けたいのか。

せっかく、昨シーズンのCWC(クラブワールドカップ)で浦和レッズの存在を知った人も多いのに、その驕りが出てしまったのは残念に思う。

北京で大して活躍しなかった(というか足を引っ張った)オランダ・エールディビジの某を獲ろうとしたのもがっかりした。

フロント陣には猛省を促し、今後誰を監督にして、どういうサッカーをしたいのかを、もっと議論してほしい。

あとは天皇杯が残っているが、もう失うものはないはず。

昨年みたいにJ2に惨敗なんてことは、くれぐれもしないでほしいものだ。

« 赤城山を登りつめる!! | トップページ | 来週は面接と、転職エージェントとの面談…いよいよ本気になるか!? »

サッカー」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/42881976

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズ、ACL終戦に思うこと…。:

« 赤城山を登りつめる!! | トップページ | 来週は面接と、転職エージェントとの面談…いよいよ本気になるか!? »