最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 株式反発、転職活動は…。 | トップページ | 第1回「mogu-LIVE!」反省会。 »

2008年10月15日 (水)

南アフリカW杯アジア最終予選② 日本 1:1 ウズベキスタン…頭の痛いドロー。

あーつまらん…。

しかも頭痛い。

埼玉スタジアムに観戦に行っていた方々、お疲れ様でした。

今日の試合、消化不良で苛立っていることでしょう。

何がって、最終予選のウズベキスタン戦のことだよ。

ホームでウズベク相手なら、2連敗中で死に物狂いでかかってきても、きちんと勝って勝ち点3を確保してほしい試合なのだが。

前半28分、ウズベクのシャツキフに失点。

これは明らかに、田中マルクス闘莉王のミスからの失点だな。

ミスからボールを拾われて、チャンスを掴んでゴールされたわけだ。

だいたい、先週のACLでも満足に出場できてない選手を、何で使うのかな。

前半40分、玉田圭司、同点ゴール。

中村俊輔の斜めパス→大久保嘉人の滑り出し→玉田…というプロセスだった。

これは、歓喜ではなく、安堵のゴールだった。

さて、後半、どっちにゴールが入るかと思いきや…。

その後、岡崎慎二、稲本潤一、興梠慎三と交代選手を送り出すも、ゴールは生まれず。

そのまま、ドロー、勝ち点1。

はーあ…。

負けなかっただけ…と言うかもしれないが、アウェーでのドローならまだしも、ホームでのドローというのは、なんか微妙だ。

単純計算になるが、最終予選を勝ち抜くのに、アウェーゲームで勝ち点3+ホームゲーム全勝で勝ち点12=勝ち点合計15点取れれば、まあ予選突破は堅いかな、と思っていたが。

最終予選が簡単なものではないことはわかるのだが、これでわからなくなった。

最終節までもつれそうな予感がしてきた。

オーストラリアはカタールから4点取って、無失点でホームで勝っているんだ。

できるのか、今の日本に?

アジアの勢力地図が、この予選で塗り替えられそうな気がする。

まあ予選は、他のアウェーゲームで勝つこともあるだろうから、最後の最後までわからないだろうけどさ。

岡田さん、次のカタールとのアウェーゲーム、どうするんだ?

くれぐれも、「ドーハの悲劇」という試合結果にならないように。

« 株式反発、転職活動は…。 | トップページ | 第1回「mogu-LIVE!」反省会。 »

サッカー」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/42800888

この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカW杯アジア最終予選② 日本 1:1 ウズベキスタン…頭の痛いドロー。:

» 成竹 [ネイルサロン]
話題の成竹。 [続きを読む]

« 株式反発、転職活動は…。 | トップページ | 第1回「mogu-LIVE!」反省会。 »