最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 転職活動は、自分に何が足りないのかを認識させる場。 | トップページ | 本気モードで簿記1級を目指して。 »

2008年11月10日 (月)

日本一の西武には粘りがあった。

皆様もご存知の通り、今年の日本シリーズは、埼玉西武ライオンズが4勝3敗で4年ぶりに優勝した。

渡辺さんは、監督就任初年度にして日本一を成し遂げた。

西武にあって、巨人になかったのは何か、と考えてみた。

粘りかな。

東京ドームにて。

1戦目、2-1で西武。

2戦目、3-2で巨人(ラミレスの一撃でサヨナラ勝ち)。

西武ドームに移って。

3戦目、6-4で巨人。

4戦目、5-0で西武。

5戦目、7-3で巨人が王手。

しかし西武はこのままでは終わらず、東京ドームに移って。

6戦目、4-1で西武が逆王手。

そして7戦目、3-2で西武が勝利。

特に印象的だったのは、岸孝之と片岡易之かな。

岸は、4戦目は全イニングで、6戦目は4回途中から9回まで巨人の打線を見事に封じた。

まさしく「岸回生」、もとい、「起死回生」(笑)。

片岡は、7戦目でデッドボールを喰らいながら、盗塁し、自分の足でホームベースを踏んだ。

これは、日本一を取りたいという執念が勝ったものだと思う。

あ、あと平尾博嗣も当たっていたね。

特に、6戦目は1回にタイムリー2塁打で3点、5回にソロホーマーで1点、1人で全得点取っちゃったし。

7戦目は勝ち越しとなるタイムリーヒットを打って、西武の優勝を決定づけてたし。

今回、岸や片岡や平尾以外にも、北京五輪に出た中島裕之や涌井秀章、「おかわり君」こと中村剛也、元ヤクルトの石井一久など、印象に残った選手はいた。

何より、デーブ大久保がコーチを務めていたのには驚いたけど。

とにかく、日本一おめでとうございました。

で、逆に巨人は、なんか見ていてあっさりと負けたかなーと。

(おことわり:実はmogura、今回はほとんどラジオで聴いていたので、映像とかはあまり見てないのです、ゴメンナサイ)

« 転職活動は、自分に何が足りないのかを認識させる場。 | トップページ | 本気モードで簿記1級を目指して。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/43068131

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一の西武には粘りがあった。:

« 転職活動は、自分に何が足りないのかを認識させる場。 | トップページ | 本気モードで簿記1級を目指して。 »