最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« ’09 WBC ラウンド1 日本 14-2 韓国…サムライが宿敵に歴史的コールド勝ち!! | トップページ | 転職活動、いったいいつまで続けなければならないんだ? »

2009年3月10日 (火)

’09 WBCラウンド1決勝 日本 0-1 韓国…この落差は何なんだ?

ハイ、今日は韓国に一昨日のリベンジをされましたので、ため息からつかせてください。

ふーっ。

コールド勝ちの一昨日から一転、今日は1点差の完敗。

韓国がいつも勝てる相手とは思わないが、このあまりの落差は何なのかな?

モチベーションの差かな?

投手陣は、順に、岩隈久志、杉内俊哉、馬原孝浩、ダルビッシュ有、山口鉄也(…9回、1アウトも獲れず)、藤川球児。

岩隈が先頭打者のフォアボールから1失点した4回を除けば、ファインプレーもあって失点なし。

その一方で肝心の打線は援護がなく、この2日間のうちに元に戻ってしまった感がある。

今日は、一昨日のスタメンのうち、小笠原道大が稲葉篤紀に代わっただけ。

スタメン以外の選手を試す工夫も見られず、これといった見所はなく、いつも誰かがチャンスを潰している感じであった。

まさにため息の連続だった。

今日の試合、投手だけを責めるのは酷な話だろう。

本当に打線の方は、工夫をしてもらいたい。

0-1という、あたかもサッカーの日韓戦のような僅差の試合が、渡米したら続くと思う。

個人的には、メジャーリーガーをスタメン要員としてこだわる必要もないと思う。

ここは一つ、打率不振の選手を思い切って代打要員にもっていったらいかがか。

特に打率ゼロと大ブレーキの岩村明憲とか。

その方が生き返るかもしれないよ。

そういう細かいことをしていかないと、ロサンゼルスでの決勝トーナメントにはとてもたどり着けないだろうね。

今回のWBCは、サプライズが多い。

オランダが、メジャーリーガー勢揃いのドミニカ共和国に3-2で完勝したり。

オーストラリアが、メキシコとのアウェーゲームで7-17と逆転コールド勝ちしたり。

サッカーのFIFAワールドカップを髣髴させる、こういうサプライズは面白いのですが…。

ディフェンディングチャンピオンの日本もサプライズに巻き込まれないように、サムライたち、渡米しても頼みますよ!!

<3/13 追記>

2次ラウンドの初戦は、キューバに決定。

ラウンド1での決勝では、地元メキシコに16-4で圧勝・コールド勝ちしている。

サムライにとっては、正念場だね。

しかしいきなりキューバが相手だと、朝5時からLIVE中継するTBSの視聴率が跳ね上がるのではないだろうか。

前回の決勝の再現だからね。

TBSも、日本戦の本選ぐらい、ちゃんと放送してよ!!

« ’09 WBC ラウンド1 日本 14-2 韓国…サムライが宿敵に歴史的コールド勝ち!! | トップページ | 転職活動、いったいいつまで続けなければならないんだ? »

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/44297562

この記事へのトラックバック一覧です: ’09 WBCラウンド1決勝 日本 0-1 韓国…この落差は何なんだ?:

« ’09 WBC ラウンド1 日本 14-2 韓国…サムライが宿敵に歴史的コールド勝ち!! | トップページ | 転職活動、いったいいつまで続けなければならないんだ? »