最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« '09 WBCラウンド1 日本 4-0 中国…勝ったけど、どうしたサムライ? | トップページ | ’09 WBCラウンド1決勝 日本 0-1 韓国…この落差は何なんだ? »

2009年3月 8日 (日)

’09 WBC ラウンド1 日本 14-2 韓国…サムライが宿敵に歴史的コールド勝ち!!

ハイ、何とも予想外の展開でした。

「絶対に負けられない戦いが、そこにはある」というフレーズでおなじみの六本木のテレビ朝日による、絶対に負けられない日韓戦のLIVE中継を見ていたわけですが。

結果は、14-2、北京五輪で全勝優勝した韓国相手に、日本の歴史的な圧勝でした!!

サムライが見事、北京の本選での雪辱を果たしました!!

…って台詞はまだ早いかな?(笑)

しかし、今日の試合では、何より打線が爆発したのがいい。

今日の打順は、イチロー、中島裕之、青木宣親、村田修一、小笠原道大、内川聖一、福留孝介、城島健司、岩村明憲。

初回から、北京五輪で散々苦しめられたキム・グアンヒョン(顔はよく覚えてるぞ)を打ち崩した。

まず、イチロー、中島と攻めて、青木がタイムリー打ってまず1点。

そして内川が2塁打を打って2得点、1回で3点先行。

今日の日本の先発は松坂大輔。

初回にキム・テギュンに2ランを打たれたときは大丈夫なのか?と心配した。

2回は、フォアボールによる押し出しと、青木のゴロによる1点と、村田の3ランで一挙5点!!

この回は、イチローのセーフティバントが利いた。

やっぱりねえ、こういうクレーバーなプレーも織り込んでいかないと、この先戦えないだろう。

キム・グアンヒョンが8失点で降板したのに対し、松坂は1回に2失点した以外は2回・3回・4回と得点を許さなかった。

日本は3回は凡退したものの、4回に中島の2塁打で、盗塁を奪ったイチローが生還して1点追加。

5回にも、またも中島の2塁打に、青木の犠牲フライで計2点。

6回には城島の2ランで2点追加。

そして7回には小笠原のゴロの間に、またまた2塁打を打った中島が生還してダメ押しの1点。

投手陣は、松坂の後は、渡辺俊介、杉内俊哉と5回、6回を1回ずつ投げ、7回は岩田稔が不慣れに見えたがなんとか抑えた。

ハイ、韓国相手に14安打14得点、歴史的圧勝でした。

欲を言うなら、ここまで無安打の岩村もそろそろ本領発揮してほしいところかな。

ま、これでサムライのサンディエゴ行きが確定したわけだが、これで終わったわけではない。

喜んでばかりもいられない。

アメリカでの中継権を得ている赤坂のTBSは喜んでいるかもしれないけど(笑)。

明後日は、ラウンド1の順位決定戦となり、サンディエゴでの2次ラウンドの相手が決まるのだが、このときにまた韓国と戦うことになるだろう。

もしかしたら中国が相手になるかもしれない。

サンディエゴに行ったら、おそらくキューバかメキシコ、可能性は低いがオーストラリアや南アフリカ、ということもあるかもしれない。

ここの1位はキューバが確実だろうからねえ…。

いずれにしてもここは1つ、1位通過を目指しましょう!!

<3/9 追記>

視聴率3割以上、日本ではだいぶWBCも注目されてますね。

昨日は韓国が中国に14-0の完封コールド勝ち。

したがって、今日は二たび日韓戦。

ここは1位通過をお願いします!!

« '09 WBCラウンド1 日本 4-0 中国…勝ったけど、どうしたサムライ? | トップページ | ’09 WBCラウンド1決勝 日本 0-1 韓国…この落差は何なんだ? »

スポーツ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/44275421

この記事へのトラックバック一覧です: ’09 WBC ラウンド1 日本 14-2 韓国…サムライが宿敵に歴史的コールド勝ち!!:

« '09 WBCラウンド1 日本 4-0 中国…勝ったけど、どうしたサムライ? | トップページ | ’09 WBCラウンド1決勝 日本 0-1 韓国…この落差は何なんだ? »