最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

「どん底を生き抜く法」…今のmoguraにぴったりな本…。

昨日、東京都内を何気に歩いていた時に、神田駅前の本屋でこんな本を見つけた。

堀之内九一郎著「どん底を生き抜く法」。

著者は言うまでもない、日テレの「マネーの虎」にも出演したことのある、本当にどん底に落ちた経験のある起業家である。

今のmoguraにぴったりな本だ…。

こういう人からのアドバイスは、意外と説得力がある。

起業と倒産を繰り返し、ホームレス生活をしながら、いまや日本全国に190店舗以上のリサイクル店・生活創庫館を運営しているわけだから。

最近マスメディアに出ずっぱりの、どっかのママ社長(約2名いたか、名前はいちいち挙げないけど)にどうこう言われても反発心さえ生まれてくるが、この本は今の自分に様々な問題を投げつけていて心に響く。

だいたい、中途採用者に向けて「落ちこぼれ」とか「失敗者」とか言っているが、著者自身も「落ちこぼれ」や「失敗者」を経験して這い上がってきた上で言っているわけだから、どっかの印刷会社の面接官のように決して勝ち組視点で語っているわけではない。

ま、もちろんこんな不透明な時代だから保証というものはないが、1つの成功例として、moguraはこの本をおすすめしたい。

倒産解雇やリストラで転職活動もままならない皆さん、だまされたと思って読んでみてはいかがでしょうか。

アマゾンとmogu‐LIBRARYにリンク貼っておきましょう。

2009年4月23日 (木)

ツヨシ、しっかりしなさい!!

さて、mogura、久々に物申しましょうか。

かつてテレビドラマやアニメにも使われた、「ツヨシしっかりしなさい」という漫画がある。

家事無能の母と3姉妹に代わって、末っ子のツヨシが家事に奮闘する…といった内容は関係なくて。

まさに、「ツヨシ、しっかりしなさい!!」と言いたくなるような事件が起こった。

SMAPの草彅剛(くさなぎつよし)が公然わいせつで逮捕。

公園で酔っ払って、素っ裸になっていたらしい。

実はmoguraと同い年なのだが、もし身内だったら、いい大人が何やっているんだと怒鳴りつけてやりたい。

当然、テレビ番組「ぷっすま」「いいとも」「SMAP×SMAP」などは自粛だろう。

CMにしても、地デジをはじめ、他のCM(AC、トヨタレンタリース、P&G、ヤマサ醤油、あとNTTもそうか?)も放映中止だろう。

失うものが多すぎるな。

あと、韓国でもチョナン・カンで知られてたよな。

外国にまで悪影響だよな。

もったいないったらありゃしない。

だいたい、名の知られている芸能人が、違法行為を起こせばどうなるのか、わかっているのか。

ましてや、SMAPは全国的なアイドルグループ、なんだろ?

一般の人間なら、官公庁・企業では犯罪を犯せば即刻懲戒解雇である。

そうなれば、再就職は非常に難しい。

芸能界だって、どんなに罪が軽くても最低でも1年は活動を禁止させるべきだろう。

再犯の可能性があるだろうから。

殺人や強盗などの凶悪犯罪を起こせば当然、永久追放になるだろう。

大麻や覚せい剤などの薬物使用で、芸能界引退に追い込まれた元芸能人もいる。

逮捕歴のある芸能人で現役もいるけど、ダーティーなイメージを払拭するには相当な時間がかかることだろう。

だから言いたい。

ジャニーズ事務所など各プロダクションも、犯罪や不祥事には厳正な対処をしていただきたい。

復帰などそういう甘ったるいことはマスメディアを通じてコメントしてほしくない。

これは視聴率がどうのの問題ではなく、芸能人の、いやそれ以前に人間としての品格の問題なのだから。

もう1度言おう。

剛、しっかりしなさい!!

<5/4 追記>

おことわりしておきますが。

これの関係トラックバックで、不適切なアイドルコラージュの載っている”イタイ”ブログがありました。

(裸に葉っぱつけて…というやつ)

これをトラックバックのリンクとして残すのは、人権の問題に関わる恐れのあるものと判断し、削除させていただきました。

このように、場合によっては洒落にならなくなる可能性もありますので、こういうトラックバックはおやめいただきますようお願いいたします。

なお、草彅は結局不起訴処分となったとのことですが、他の芸能人にも有名人たる自覚を持って行動してほしいと苦言を呈します。

世間もマスメディアも甘やかしてばかりではなく、勧善懲悪の姿勢で見守ってほしいと思います。

この件に関しては、これ以上の言及はしないつもりです。

従いまして、この記事のトラックバックもコメントも締め切りますのであしからず。

m(v  v)m

昨日の面接は…?

えーと、荒川沿いにある、ランプ製造の会社を訪問・面接した。

どうやら、株式公開準備などで、増員を検討している模様である。

管理機能は埼玉にあるが、メインバンクは東京都内にあるため、当面は週4日東京通勤になりそうである。

自分の経歴と転職理由、あとは経理の細かいところを聞かれたぐらい。

もはやどこにも相手にされなくなったmogura。

既に打ち切られた転職エージェントの求人も含めて53社に応募(うち、自分から転職サイトで応募した会社は28社)。

面接の連絡が来たのは、53社中、この面接も含めて15社。

目下、全敗中である。

昨日のは好意的な面接に感じた。

もう、淋しい通知は聞きたくない。

<4/27 追記>

親展の郵便が届いていて、採用書類か、と思ったら…。

またもや、見たくもない通知が、応募書類とともに…。

淋しい通知は聞きたくないと言ったのに…。

面接に行かせておいて、いい感じで進めておいて、結局門前払いでぬか喜びばかりなんて、バカみたい!!

もう、この手の記事は書きたくない!!!!!!

2009年4月15日 (水)

宇都宮で収穫あり!?

Sany0050宇都宮まで3時間掛けて、住宅会社へ面接に出かけた。

今までも、北は前橋とか太田とかはあったけど、まさか宇都宮まで行くことになるとはねえ…。

宇都宮まで行くにも苦労したが、そこからさらにバスで20分ほど。

バス停、探しちゃったよ。

最寄に弁当屋はあったけどコンビニとかはないし。

記念受験のつもりが、意外にとんとん拍子だった。

簿記のモンダイは時間いっぱいかかったが帳尻を合わせた。

面接は2:1。

自分の経歴(詳細含む)と、転職理由、志望動機はもちのろん、経理に対する考え方、これまでの活動状況、転勤の可否などを聞かれた。

今までのと違って、ここは意地の悪いことをしてこなかった。

モデルハウスも事前に見ておくともっと違っていたかもしれないが、過去のタラレバは置いておこう。

税務申告まで求めているのかどうかが気になるが、まあ手応えはあったものと思いたい。

もしうまくいけば、宇都宮に引っ越すことになるかも。

宇都宮餃子も食ったし(土産も餃子せんべい)。

一昨日の面接も含め、いい結果を待ちたい。

Sany0048Sany0051

<4/21 追記>

今日、エージェントから淋しい連絡が来た。

簿記の試験結果が他の受験者より悪かったので不採用。

さらに、登録から半年経ってしまったため、サービスを一旦打ち切り。

再登録すればまた受けられると言うが、面接に至るまでの確率が著しく低いから、もうやめる。

まったく、オレにとってはダブルショックでしかない。

オレはそんなに社会に必要とされてないのか!?

もう、どこもかしこもこの結果じゃ、誰も信じられなくなってきたよ…。

2009年4月13日 (月)

アルバイトでも契約社員でも、いずれ正社員に登用してくれるのなら…。

ふーっ、なんか随分ご無沙汰してしまいましたね。

このところ、花粉症による?慢性鼻炎でぐったりしておりました。

鼻には来るし、のどもやられるし…もう散々でしたわ。

寒暖の差の烈しさ、埃の多さに加え、フォークリフトに4日間も無理して頑張った疲れがどっと出たこともあるのかもしれません。

やっぱり人生、程ほどに頑張らないとダメですね。

えっ、その後転職活動の成果は出たかって?

いまだ、何もありません。

ちょこちょこ出してはいるんですけど。

今日、某アイスクリーム屋のアルバイト面接をネクタイ締めて受けました。

面接内容は、正社員のと同じで、今までの経歴とか志望動機とか転職理由とか。

かなり流暢に回答していった。

一応、社員登用制度を密かに狙っているので、その辺の質問はしておいた。

男女とも制服はオリジナルのもので、女子の方はパンツルックで意外と萌え~な感じ!?でしょうか(笑)。

もう1社、エージェントの求人で面接の依頼が来ました。

誰もが知っている住宅関係の会社で、本社が栃木県宇都宮市。

経理担当の契約社員。

これも、3ヶ月欠勤なく働けば正社員に登用されるという。

ここも一か八か受けてみましょう。

この際だから、もうハードルは低く設定してもいいと思う。

アルバイトでも契約社員でも、いずれ正社員として登用されれば何でもいい。

いずれ身を固めたとしても、それでやっていく自信はmoguraにはある。

早くいい知らせ、来ないかなあ。

<4/17 追記>

そのアイスクリーム屋、結局梨のつぶて。

近所に工場ができるというのに、何を考えてるんだか。

そんな仕打ちをするなら、不買運動しようかな。

2009年4月 7日 (火)

mogura的フォークリフト運転技能講習④~条件付きで修了!?

どうも、moguraです。

Sany0044

Sany0045shori  まずは、ご報告しましょう。

本日、フォークリフト運転技能講習修了!!

写真は、ヘルメットに貼るステッカーと、技術講習修了証の裏面です(本当は表面も出したいが、個人情報ばかりなので裏面でご勘弁ください)。

いやあ、実技は悪戦苦闘しましたわ。

だいたい、フォークリフトに乗った経験もないばかりか、フォークリフトのフォの字も知らないど素人のmoguraが、実技試験に合格したのである。

試験ではタイムも計っていて、8分34秒だった。

熟練者は3分台、4分台というところだろうか。

実技試験について説明しますと。

100点満点で、基本動作を誤ると2~3点マイナス、5分以上経つと30秒ごとに3点マイナス。

積荷をガタンと音立てて下ろしたり、脱輪、コースアウトなど危険なミスは5点マイナスとなるのだ。

70点未満は不合格となる。

ちなみにmoguraは71点、ギリギリ合格だった。

時間がかかりすぎたのと、右手を通常膝の上においてないとか、バックの際に1回無駄な切り返しを行なったので。

今朝の練習ではレバー操作を誤って積荷をガタンと落としたり、脱輪したりしたが、あまり危険なミスは試験ではしなかった。

規定上は合格となったが、試験官からは「職場でフォークリフトを乗る際にはバックの練習など大いにやるように」とのこと。

要するに、条件付きの合格である。

恐れ入りました。

職場で使う機会があったら大いに練習したいと思います。

とりあえず、今日受験した皆さんは、実技試験合格となった。

1人だけ学科で補講が必要な人もいたけどね。

ま、条件付きの合格とはいえ、これである程度自信は持っていいかな、と素直に喜びたい。

これで転職活動が好転すればなお嬉しいのだが。

明日は花見して、転職活動再開かな。

2009年4月 6日 (月)

mogura的フォークリフト運転技能講習③…明日は実技の修了検定だが…。

ハイ、北朝鮮のミサイル発射問題で世界が大騒ぎしている中、今日も行ってきました。

フォークリフト運転技能講習。

今朝はまず、点検の後、moguraだけ蛇行運転の練習。

そして、クランク、積み取り・積み下ろしの練習。

どうもmoguraは、クルマと同じ感覚でハンドルノブを切りすぎる癖がついてしまった。

いろいろ原因を考えてみたが、ハンドルを力を入れて握りすぎるからだと思う。

クランクでの前進と後進、せっかくコツはつかんできたのに。

また積み取り、積み下ろしという新しいことが入ってくると混乱しちゃって、今までできたものができなくなってしまうのが痛い。

明日に向けて、不安が残ってしまった。

今日は途中から調子が悪くなった、これが本番でなくてよかった、そう思うことにしよう。

明日は、いよいよ実技の修了検定である。

あとは自分との戦いである。

コツはつかんでいるのだから、あとは慌てないことだ。

要は、これから仕事で安全にフォークリフトを使用するための技能講習なのだから、こうなってしまうと減点とか、マイナスなことは考えないことにしよう。

こういうときは…。

今までに感動するほど嬉しかった体験を思い出してみよう。

例えば、東京の小学校時代になかなかできなかった鉄棒の逆上がりが、親付き添いでようやくできた時。

また、学生時代に運転技能教習でさんざん大苦戦しながら、普通自動車免許をようやく取った時。

この2つは、本当に忘れられない体験である。

他にも、自衛消防隊の貴重な体験とか、簿記2級とかもある。

明日は、是が非でも技能講習を修了させ、いい報告を伝えられるようにしたい。

(実は補足したい所も沢山あるが、今日は一旦ここまで!!)

2009年4月 5日 (日)

mogura的フォークリフト運転技能講習②。

昨日から4日間にわたって、moguraのフォークリフト運転技能講習をレポートしている。

今日は、晴れた中での実技講習である。

その前に、学科試験があって、こちらは全員無事合格点だった模様。

あれは、合計点の6割以上で、かつ設問の4割以上取れていることが合格条件だったわけで、まずは第一関門を突破した、という感じか。

で、実技講習。

まずは、発車と降車の手順を備忘録として残しておきたい(教習所によって違うかもしれないので、これは一例と思っていただきたい)。

【発車手順】

1)「前方よし」、「後方よし」、「車両後部よし」と指差呼称する。

2)フォークリフトの左側から、左手でアシストグリップを握り、右手で運転席の背当てを持って、乗降ステップに足をかけて乗車。

3)シートベルトを締める。

4)リフトレバー、チルトレバー、ハンドルノブ、前・後進レバー、駐車ブレーキの確認。

5)エンジンをかける。

6)「メーターよし」と指差呼称する。

7)リフトレバーを引いて、フォークを所定の位置(地上から5cm程度)まで上げる。

8)アクセルペダルを踏みながらチルトレバーを引いて、マストを一杯後ろに倒す。

9)前・後進レバーを中立から前進にする。

10)ブレーキペダルを踏みながら駐車ブレーキを前に倒して開放。

11)ハンドルノブに右手を添え、左の前を見て「前方よし」、後ろを見て「後方よし」と指差呼称する。

12)ハンドルノブに左手を添え、右の前を見て「前方よし」、後ろを見て「後方よし」と指差呼称する。

13)最後に「前方よし」と指差呼称してクラクションを鳴らし、前進。

【降車手順】

1)ブレーキペダルを踏み込む。

2)そのまま駐車ブレーキレバーを引いて駐車ブレーキをかける。

3)前後進レバーを中立にする。

4)アクセルペダルを踏みながらチルトレバーを前に倒して、フォークを地面スレスレまで降ろす。

5)チルトレバーを2秒ほどそっと引く。

6)リフトレバーを前に倒し、フォークを地面に静かに降ろす。

7)エンジンを止める。

8)シートベルトを外す。

9)左から「前方よし」「後方よし」と指差呼称する。

10)フォークリフトの左側から、左手でアシストグリップを握り、右手で運転席の背当てを持って、後ろ向きで降りる。

あ、ついでに、後進の手順も記しておこう。

【後進手順】

1)ブレーキペダルを踏んだまま、前後進レバーを後進にする。

2)左の後ろを向いて、「後方よし」と指差呼称。

3)右の後ろを向いて、「後方よし」と指差呼称。

…と、以上のような手順が、当初はなかなか覚えられなかった。

なんか忘れていたりする。

降車時にリフトレバーでフォークを音立てて落としたり。

静かにやらないと、修了検定でマイナスになってしまう。

moguraが特に苦労したのは、ハンドル操作だ。

普通、フォークリフトのハンドル操作は1回転ちょっと回せばよくて、左回りだったらノブが6時あたり、右回りだったら12時あたりにする感じで回転させればいいのかな。

これはmoguraが描いたイメージだけどさ。

それを、2回転も回して変な方向に行ってしまったり。

教官は、この混乱気味のmoguraを、ピコピコハンマーではなく、叱責で叩きまくった。

「ハンドル回しすぎだっ!!」

「どこ見てるんだっ!!」

など。

…だってさあ、ハンドル簡単に2回転回っちまうし…。

…って言い訳しても致し方なし。

煩いぐらいに注意されても、こういうのは身体で覚えないと。

頭で理解していてもすぐ忘れてしまうのだから。

今日は10回乗ったが、まず、乗り降りの手順を覚えられただけでもよしとするか。

前進・後進、蛇行運転、クランクとやったが、イメージトレーニングが必要だな…。

明日はどうなることやら。

2009年4月 4日 (土)

mogura的フォークリフト運転技能講習①。

どうも、桜咲く季節ながら、自分自身の桜はちっとも咲いてないmoguraです。

突然ですが、ワタクシ、フォークリフト運転技能講習を受けることにしました。

思い切って4万幾ら支払って、免許を取っておこうと思ったのだよ。

動機?

そりゃ、転職活動がちっとも好転しないこともあったりさ。

物流関係の求人で、免許もっていれば保証はされなくも、若干有利にはなるだろうし。

何より、以前受けた面接先は必須条件で挙げていたからな。

どこの教習所かって?

白いTシャツとブルージーンズがチャーミングなお嬢さんがモデルのポスターの教習所、とだけ言っておこう(笑)。

で、今日は早起きして、8時に受付。

8時半から、男(というかオッサン)ばかりの20数名の教室で学科教習。

まず、前々職で耳にタコができるほど聞いた、安全衛生に関すること・法令。

フォークリフトの知識、操作方法、点検整備のこと。

あと、力学のこと。

…moguraは理科、特に物理が苦手だったので、力学のことはさっぱりわからん…。

まあでも、学科試験でポイントとなるところは教えてくれたので、ちょこちょこやれば学科試験は問題ないと思う。

問題は、明日から3日間の実技講習だ。

今日の学科教習を聞いて、軽い気持ちでフォークリフトは運転できないなと悟った。

操作方法を誤れば、死傷者を出しかねない重大な労働災害につながってしまう。

積荷の散乱で怪我をさせることもある。

フォークリフトの転倒・転落で死んでしまうこともある。

それだけフォークリフトは奥の深い、危険な車両運搬具なのである。

実はmogura、16年前の普通自動車一種免許の技能講習で、規定を大幅にオーバーした苦い経験がある。

あの頃は、教官に怒られてばかりだった。

運転教本をろくに読んでなかったから、というのもあるけど。

今回も、ひと苦労ふた苦労しそうだが、度重なる転職活動の惨敗で失いかけた自信を取り戻す第一歩として、この講習は避けては通れない。

何とかスムーズに修了したいね。

というわけで、今日から4日間にわたるmogura的フォークリフト運転技能講習、明日もレポートしよう。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »