最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 高幡不動の墓場で。 | トップページ | 下半期初日の今日は…。 »

2009年6月29日 (月)

南アフリカのコンフェデの話②…ベスト4の「世界を驚かす」意味を考えてみた。

コンフェデが終わった。

大会を通して、「世界を驚かす覚悟」が感じられたのは、アメリカだった。

なんと準決勝で無敵艦隊スペインを2-0で撃沈!!

スペインは、結局別の意味で「世界を驚か」せてしまった。

準決勝で敗退し、さらに後述するが南アフリカとの3位決定戦も苦戦。

あの、世界№1のチームが、EURO優勝以降1敗もしていなかったチームが、である。

これが国際大会の恐ろしさである。

ホスト国の南アフリカも、結果は出せなかったが「世界を驚かす」試合内容にはなったかな。

準決勝はブラジルを後半終盤にダニエル・アウベスにFKを決められるまでスコアレスで抑えた。

スペインとの3位決定戦でも先制した上、逆転されるも後半終盤に追いつき、延長後半にシャビ・アロンソからFKを決められるまで奮闘していた。

結局ニュージーランドからの1勝に終わったが、決勝トーナメントでの戦いぶりから見て、南アフリカにも「世界を驚かす」潜在能力はあるな、と感じた。

そして決勝戦。

なんと「世界を驚か」せたカード、アメリカ×ブラジル。

前半は、アメリカがまさに「世界を驚か」せた。

デンプシーにドノバン。

あのサッカー王国ブラジルから2ゴールなんて、考えられたか?

後半、ルイス・ファビアーノ2発に、ルシオのヘディングで逆転。

結局ブラジルが3-2の勝利で優勝し、サッカー王国の面目は保ったが、ブラジルもアメリカに驚かされたはずだ。

何でmoguraがこんなに「世界を驚かす」ことにこだわるのか。

それは、日本のサッカー関係者にもこの意味を考えてほしいからである。

ウズベク戦でワールドカップ出場権を勝ち取った時に「世界を驚かす覚悟がある」なんてシャツを着ていたけど、仮に日本がコンフェデに出場した時に、このベスト4のメンバーのチームに勝てると思うか?

ベスト4に漏れたがイタリアやエジプトのメンバーのチームに勝てると思うか?

ああいうコンフェデの壮絶な試合を見ている限り、先日の豪日戦でころっと逆転負けするような日本には「世界を驚かす覚悟」は微塵も感じない。

日本は今までも、日韓共催のワールドカップでしか勝利を挙げていない。

フランス大会でもドイツ大会でも勝利を挙げていない、いわば内弁慶だ。

南アフリカでまず1勝を挙げてもらいたい。

本選開催まであと1年を切った。

くれぐれも、本選敗退第1号とか、3戦全戦逆転負け惨敗とか、別の意味で「世界を驚かす」結果にならないことを祈りたい。

« 高幡不動の墓場で。 | トップページ | 下半期初日の今日は…。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/45487257

この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカのコンフェデの話②…ベスト4の「世界を驚かす」意味を考えてみた。:

« 高幡不動の墓場で。 | トップページ | 下半期初日の今日は…。 »