最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 転職活動の停滞が、自分に希望を失わせる…。 | トップページ | 暑い中での面接…。 »

2009年7月13日 (月)

いつになく注目された都議選。

なんか、いつになく注目された今回の東京都議会議員選挙。

投票率、54.50%。

もっと投票率が上がってもよかったとは思うけど。

当ブログをご覧の皆さんの中にも、投票に行った方がいらっしゃるかもしれない。

moguraは生まれて8年間は東京都民だったけど、それ以降は埼玉に暮らしていたので直接関係のない話ではある。

もし自分が都民なら、やっぱり民主党の候補に投票するだろうね。

特別支持政党はないんだけど、今までの趨勢を見ていると、民主党に任せてみようかと思うわけで。

考え方の古い自民党には、どうも投票する気にはなれない。

公明党もなんだかなあ…。

投票結果見てみると、いま自由民主党は支持されてないんだな、とつくづく思った。

1人区は7箇所あったが、島しょを除いて6箇所が民主党。

千代田区や中央区では、大ベテランの自民党現職議員が落選。

新銀行東京の問題、築地市場移転の問題、さらに東京への五輪招致…。

国政と都政はリンクしていないとは言えど、結局扱う金額が超高額という意味では、リンクしていると思う。

東京都民の不満が、そのまま選挙結果に表れたのだと思う。

しかし、当選された議員の皆さんに、あえて言いたいことがあります。

今回の当選はゴールではなくて、スタートなのです。

議員になったからといって、好き放題やっていいというわけではありません。

これは特に公明党に言いたいのですが、候補者23人全員が当選したとのことですが、本当に全員にこれからの都政を任せていいのでしょうか。

あっちに行ったりこっちに行ったり、というのはもう受け入れられません。

民主党にしても、54議席も確保したわけだから、有権者の方を向いた行政を推進していってほしいものです。

都知事も、今回の結果には不本意でしょうが、これが現実なんだと受け入れるべきでしょう。

さて、この結果を受けて、当の総理大臣は、どうするつもりなのでしょうか。

« 転職活動の停滞が、自分に希望を失わせる…。 | トップページ | 暑い中での面接…。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/45619169

この記事へのトラックバック一覧です: いつになく注目された都議選。:

« 転職活動の停滞が、自分に希望を失わせる…。 | トップページ | 暑い中での面接…。 »