最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月28日 (月)

2009年の回想、2010年の展望。

2009年もいよいよ終わりに近づいた。

今年のmoguraは、失意の倒産解雇から丸1年の苦闘の末、夏場にようやく職場が決まり、今はこうして、3ヶ月前に移住した小江戸でブログを更新している。

その間に、苦難の末にフォークリフトの免許も取った。

時系列順に、日本の出来事を振り返ってみよう。

野球のWBCは2連覇を果たし、北京五輪では見られなかった日本野球の底力を再確認した。

春以降に猛威を振るった新型インフルエンザ、自分もかかっているかどうかの検査を受けた。

サッカーの日本代表は、ウズベキスタンで出場を決めたが、世界の強豪と戦うにはまだまだ力不足であることを認識させた。

そういえば皆既日食も(ブラウン管を通してだが)見たな。

芸能界の薬物汚染は、ついにあの女優、あの俳優にまで及んでしまった。

自民党から民主党への政権交代は必然的だったが、内閣組閣後はどうも誰かさんのご機嫌取りに走っている気がしてならない。

鳩山さんで本当に大丈夫なのか?

イチローの200本安打、ワールドシリーズMVP・松井秀喜の赤ヘル。

ボクシングも最近ついに政権交代!?

そんな中、忌野清志郎、マイケル・ジャクソン、三遊亭園楽、南田洋子、…のこの世の別れ…。

そして、今。

自分は…非常に混乱している。

何を血迷ったか、ブログに変な記事を載せたりした。

原因は…会社が余計に多忙にさせているからである。

この会社、購買社員が最も厳しい職場だった。

月60時間の残業も珍しくない。

この年末年始は、今までと違ってゆっくり休むことはできない。

在庫予測や大量納品で長時間残業も珍しくなくなり、大晦日は棚卸のため午前中出勤の予定である。

棚卸が、末日だけでなく、なぜか15日にもあるという。

しかも、その日は4時起きである。

もう勘弁してほしいと言いたいが、もう少し資金を作るため、辛抱しなければならぬ。

今の会社は、軍隊のような食品会社。

個人的には、軍人上がりの上層部が部下を罵倒する、戦場のような雰囲気もあって、こういう会社はどうも好きになれない。

しかしながら、現時点(というか11月時点)で5.2%という完全失業率のもとで、また転職活動するのもねえ…。

2010年。

自分はいったいどこへ進むのだろう。

どんな人と出会うのだろう。

期待と不安が入り混じる中、moguraは生涯で初めて、会社で元日を過ごすこととなる…。

最近、雇用契約書と身分保証書を提出したが、いつまで会社に奉仕するかは不透明である。

ピンと来る個性が見当たらない上、なかなか休めない殺伐とした雰囲気の会社に、いつまでも在籍しようとは思わない。

この会社は、調理や加工、さらには夜勤にも飛ばされる可能性がある。

それは絶対にごめんだ。

やっぱり自分は、経理か、出荷管理ぐらいしか考えられない。

土・日休みであればなおいいのだが、そういう会社があるのかどうか…。

自分自身が活躍するには、給料等も大事だろうが、働くためのそれなりの環境も必要である。

来年は、世界的なスポーツイベントが2つある。

1つは、バンクーバー五輪。

フィギュアの代表も決まったが、やっぱり浅田真央の大舞台を見てみたいね。

あとはモーグルとか。

もう1つは、言わずもがな、サッカーのワールドカップ・南アフリカ大会。

日本はカメルーン、オランダ、デンマークと戦うことになるが、この肝心な年に、まだオシム時代の負の遺産…すなわちアジア杯予選を戦わなければならない現実…を引きずっている。

2月には東アジア選手権も戦うことになるが、韓国以外は本選出場しないからねえ…。

岡田JAPANは前途多難である。

本選での興味は、ブラジル、ポルトガル、コートジボワールのいる激戦区のグループGである。

現地の治安とかが懸案事項であるが、どんな大会になることやら。

と言うことで、早仕舞いになりますが、今年2009年の「mogu-LIVE!」は、今日をもって終了させていただきます。

あの、休業はしません。

来年も、時間の許す限り、言いたいことを言ってやろうと思います。

そして、来年は、本当の意味での縁結びの年にしたいと思う。

転職は叶えられたものの、前述の通り、長居をしたい会社とは思っていない。

そして今年は恋愛どころではなかった。

急ぎはしないが、いずれは結婚も考えてみようかと思う。

さあ、皆さんの2010年は、どんな年を想像しますか?

皆様、よいお年を…。

2009年12月20日 (日)

手一杯なこの頃。

どうも、moguraです。

最近はスポーツイベントのネタばかりで、周辺のことはほとんど書いていませんねえ。

理由は、会社に拘束されているから。

まあ、お金は稼げるんだけど、休んでる暇がなさ過ぎるんだよ。

レジャーらしきことも最近は全くしていない。

本当は気休めにどこか行って「いつもと違う風景」な画像を撮っておきたいんだけどね。

休日はいつも寝ているか買出しに出かけるかのどっちか。

それでは本当にもったいない。

来年こそは旅らしい旅、しないとな。

今日は、年末ジャンボ宝くじを買ってきた。

バラ2つ。

当たるといいな…。

クラブW杯2009決勝…バルサ、逆転優勝。

しまった…途中で眠ってしまって、一番おいしいところを見逃してしまった。

FIFAクラブワールドカップ決勝。

41年ぶりの世界一を目指すアルゼンチンの古豪エストゥディアンテスと、意外にも世界一経験のまだないスペインの名門バルセロナ。

前半にエストゥディアンテスが先制してから、バルサが攻めあぐねているのを見て、眠ってしまった。

その後試合は動き、後半も終盤になってバルサのペドロが同点ゴール!

そして延長の後半に、メッシが身体でボールをゴールに押し込んで逆転!!

恐れ入りました。

試合は下駄を履くまでわからなかった。

これがサッカーなんだと、つくづく感じた。

バルサ、世界一おめでとう。

2009年12月14日 (月)

南アフリカW杯中継局決定…NHK、テレ朝、日テレ!?

ハイ、サッカーのワールドカップ・南アフリカ大会の日本戦の中継局が決定しました。

mogura個人としては、どこの局で中継するのかというのも興味があるわけで、ちょっと突っ込んでみたい。

フランス大会は全部NHKでやってた。

日韓大会は、ベルギー戦とベスト16(トルコ戦)はNHK、ロシア戦はフジテレビ、チュニジア戦はテレビ朝日だった。

ドイツ大会は、オーストラリア戦とブラジル戦がNHKで、クロアチア戦がテレビ朝日だった。

ここまでは、なんとなくわかる。

ちょっと振り返ってみよう。

NHKは31年前のワールドカップ・アルゼンチン大会から毎回いくつかの試合を中継していた。

フジは、日韓大会の前年にコンフェデレーションズカップを(日本戦5試合)中継してきた実績もあってか、日韓大会では運よくロシア戦を引いて60%以上(正確に言うと66.1%)の視聴率を上げた。

テレ朝は、日韓大会より前にAFC(アジアサッカー連盟)からW杯最終予選やアジア杯などAFC主催大会の放映権を何億円も払って中継してきたわけで、その勢いでドイツ大会では運よくクロアチア戦を引いて50%以上(正確に言うと52.7%)の視聴率を上げた。

で、南アフリカ大会はというと。

第1戦、カメルーン戦は6/14(月) 23:00~、NHK。

第2戦、オランダ戦は6/19(土) 20:30~、テレビ朝日。

第3戦、デンマーク戦は6/25(木) 3:30~、日本テレビ。

NHKは落ち着いて見られるのでいいんだけど・・・。

過去、NHKが中継した日本戦のW杯対戦成績、1分け6敗…。

もうちょっと勝率がよければねえ…。

で、第2戦はスポーツイベント大好きなテレ朝が、またゴールデンな試合を取ってしまいましたね。

半年前のウズベキスタン戦で、岡崎慎司を大久保嘉人と勘違いするなど、解説の質の方は相変わらずですが。

第1戦と第2戦は、今年で言えば内藤×亀田長男(43.1%、関東地区)のようなお化け視聴率を上げるのだろうね。

まあ、最終予選を実況しているNHKやテレ朝なら、まあわからなくもないけど。

第3戦が日テレ??

日テレって何かサッカーの独占中継権持ってたっけ?

あ、今やってるFIFAクラブワールドカップ?

そういえばそうだよな…。

かつては浦和レッズやガンバ大阪も(開催国枠ではなく)アジアチャンピオンズリーグ覇者として出場していたしね。

ただ、この局では最近日本代表の中継とか見てないし、(例えばぐるナイや行列のように)今も視聴率操作を行なっているところがねえ…。

正直なところ、あまり歓迎してない。

どうせなら第3戦は、フジやテレ東の方がよかったな…。

(TBSは最近地上波でJリーグ中継をやらなくなったのがねえ…。)

あと、開幕戦(南アフリカ×メキシコ)と決勝戦はNHKが中継することになっている。

また、激戦区のグループGの2試合(ポルトガル×北朝鮮、ポルトガル×ブラジル)はフジテレビが中継。

TBSはというと、またもベスト16の可能性のあるところに中継権を持ってきたようで、また外れそうな気がするなあ…。

さあ、どうなりますかな。

<追記>

参考までに、過去のW杯の日本戦の視聴率を調べたので挙げておく。

なお、前半と後半に分けたものは、加重平均で割り出した。

数字は関東地区、ビデオリサーチのHPより。

<1998年・フランス大会>

6/14(日) 日本×アルゼンチン 60.5%

6/20(土) 日本×クロアチア 60.9%

6/26(金) 日本×ジャマイカ 52.3%

<2002年・日韓共催大会>

6/4(火) 日本×ベルギー 47.3%(加重平均)

6/9(日) 日本×ロシア 66.1%

6/14(金) 日本×チュニジア 45.5%(15時30分~)

6/18(火) 日本×トルコ 47.1%(加重平均、15時30分~)

<2006年・ドイツ大会>

6/12(月) 日本×オーストラリア 49.0%

6/18(日) 日本×クロアチア 52.7%

6/23(金) 日本×ブラジル 28.5%(加重平均、早朝4時~)

2009年12月 5日 (土)

南アフリカW杯対戦国決定…カメルーン、オランダ、デンマーク!?

まず、moguraの予想(スペイン、ナイジェリア、フランス)は大外れ。

外れてよかったのかどうかわからんけど(笑)。

その代わり、ヨーロッパ2カ国、そしてアフリカという構図は当たった。

日本はグループE、オランダ、カメルーン、デンマークと同じ組に入った。

Photo_2 PhotoPhoto_3

まず、初戦がカメルーンか。

大分県中津江村を思い出しますなあ。

過去の対戦成績では、日本はカメルーンに負けたことがない。

7年前のコンフェデで勝っているし、その後の親善試合でも1勝1分けだったかな。

相性はいいとは思うけど、過去と現在は切り離して考えた方がいいかもしれない。

メンバーも違ってくるしね。

2戦目が、オランダ…。

予選無敗で勝ちあがってきた、ヨーロッパの優勝候補だろう。

過去の対戦成績は1敗。

今年の9月に0:3と惨敗している相手である…。

ちなみに、昨年の北京五輪の男子サッカーでも0:1で敗戦。

つまり、各世代で勝ったことがないのである。

うーむ、どうやって戦いますかな。

3戦目、デンマーク。

対戦成績は1敗。

なんと今をさかのぼること38年前に、デンマークまで遠征に行って、2:3で敗戦という記録が残されている。

ポルトガルやスウェーデンといった激戦区の予選で勝ちあがっているわけで、強敵には間違いない。

他のグループ見てみよう。

A、南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス。

開催国南アフリカは厳しい組み合わせになっちゃったかも。

メキシコもウルグアイも、意外と侮れないところなんだよ。

B、アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ。

韓国も、アルゼンチンとナイジェリアという厳しいところに入っちゃったな。

ギリシャには親善試合等で勝っているかもしれないけど。

C、イングランド、アメリカ、アルジェリア、スロベニア。

ここはイングランドとアメリカかな。

D、ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ。

ここは読みにくい。

ドイツを除けば、セルビアとガーナとオーストラリア、実力が拮抗している気がするなあ…。

F、イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア。

ここは順当に3強かな。

G、ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル。

なんか、北朝鮮が最も厳しいところに入った気がする。

ブラジルにポルトガルにコートジボワール、3強に入っちゃったなあ。

H、スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ。

スペインは無難なところかな。

以前から言っているけど、日本は目標ベスト4と言う前に、まずどうやってグループリーグを勝ち抜くかを考えるべきだと思うね。

勝ち抜くためには、カメルーン、オランダ、デンマークから最低でも合計勝ち点4は挙げないと。

つまり、1勝1分けがノルマだと思う。

今の日本に、そんな実力があるのかな。

世界を驚かすには、並大抵のことでは実現しない。

今後もサッカー日本代表を厳しい目で見守っていきたい。

2009年12月 3日 (木)

南アフリカW杯、対戦国を勝手に予想する。

サッカーのワールドカップ南アフリカ大会の組み合わせ抽選会も近いことだし、moguraが勝手に対戦国を予想してみましょう。

あくまでもmoguraの主観ですから。

ポット1:南アフリカ、ブラジル、スペイン、オランダ、ドイツ、イタリア、イングランド、アルゼンチン。

ポット2:日本、オーストラリア、韓国、北朝鮮、ニュージーランド、メキシコ、アメリカ、ホンジュラス。

ポット3:ガーナ、コートジボワール、カメルーン、ナイジェリア、アルジェリア、チリ、パラグアイ、ウルグアイ。

ポット4:ポルトガル、フランス、スイス、ギリシャ、デンマーク、セルビア、スロバキア、スロベニア。

ポット1は、開催国の南アフリカ以外はいかにも優勝候補という感じ。

ポット2はアジア・オセアニア・北中米、ポット3はアフリカ・南米、ポット4はヨーロッパである。

これだったら…という組み合わせ。

南アフリカ、ギリシャ、チリ。

これは対戦成績を元にしました。

南アフリカとは、つい先日アウェーでやってスコアレスドロー。

ギリシャやチリは過去対戦あって、実は負けてない。

もちろん、過去と今では事情が違うので一概には言えないが、この組み合わせなら決勝トーナメントにはいけそうかな、と。

これは避けたいな…という組み合わせ。

アルゼンチン、ナイジェリア、ポルトガル。

何もアルゼンチンでなくても…という意見もあるかもしれませんが(笑)、個人的には特に対戦成績で全敗と非常に分が悪いアルゼンチンにしました。

そういう意味ではスペインやオランダもそうでしょうが、moguraはそれでもアルゼンチンを推します(笑)。

ナイジェリアはというと、各世代が身体能力に翻弄されているところがねえ…。

昨年の北京五輪の男子サッカーでも1:2と完敗しているし、一昨年のU-17も0:3と惨敗しているからなあ。

ポルトガルは対戦こそないけど、クリスティアーノ・ロナウドに翻弄されそうな気がするんだよなあ…。

この組み合わせになったら、1勝はおろか、最悪の3戦全敗に終わりそうな気がするなあ。

自分の予想。

スペイン、ナイジェリア、フランス。

あ、これも厳しいかな、真面目に(苦笑)。

日本は、今大会で目標ベスト4とか言ってますが、そのためにはまずグループリーグで1勝1分け以上の成績を上げなければいけない。

それだけに、組み合わせはかなり重要である。

あと、どのチームと、どういう時間帯で対戦するかも重要だろうね。

楽しみだな。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »