最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

女子フィギュアフリー…………………………。

どうも、moguraです。

皆さん、今日の女子フィギュアのフリー、どんな思いで見ていたのでしょうか?

moguraはリアルタイムで見てなくて、自宅でNHKのLIVE中継の録画をチェックしました。

でもやっぱり気になったので職場でもヤフーの速報サイト見てました(…仕事しろよって)。

感想はというと、職場ではこれは致し方ないな、と軽い気持ちでした。

しかし、いざ動画を見ているとねえ…。

やっぱり浅田真央の場面では、泣きそうになった。

受け入れがたい現実を見ているようで…言葉を失った。

だから、タイトルは、…だらけである。

今回の競技、どうしても浅田真央VSキム・ヨナという日韓対決の構図になってしまうが、他の人の演技も忘れずに書いておこう。

12:20頃、鈴木明子(SP11位)。

トリプルサルコウの失敗はあったが、自分のもてる力を出し切った。

フリー120.42ポイント、トータル181.44ポイント、8位。

12:27頃、イタリアのカロリーナ・コストナー。

「G線上のアリア」。

失敗、失敗、また失敗…。

うーむ、ポイントは敢えて書かないでおこう。

12:36頃、ヨーロッパ王者、フィンランドのラウラ・レピスト。

音楽の出だしでハプニングがあったものの、3回転の連続ジャンプを決めるなど攻めてきた。

フリー126.61ポイント、トータル187.97ポイント、6位。

13:06頃、全米王者、アメリカのレイチェル・フラット(SP5位)。

3回転のコンビネーションジャンプを決めてきた。

フリー117.85ポイント、トータル182.49ポイント、7位。

13:12頃、安藤美姫(SP4位)。

クレオパトラ。

ジャンプはノーミスで、ショートプログラムの取り返してきた。

フリー124.10ポイント、トータル188.86ポイント、5位。

13:21頃、その直後に出てきた韓国のキム・ヨナ(SP1位)。

ノーミス、パーフェクト、スタンディングオベーション…。

うわあ、悔しいけどキム・ヨナはやっぱりキム・ヨナだった…。

フリー150.06ポイント、トータル228.56ポイント。

な、何なのこの格差的スコア…。

男子と間違えられそうなとんでもないスコアをたたき出し、トップに立った。

13:29頃、その直後に登場した浅田真央(SP2位)は、やっぱりどこかやりにくかったに違いない。

なんか表情が硬そうだった。

トリプルアクセルは決めるなど、前半は好調だった。

しかし、後半のコンビネーションジャンプの失敗、さらにブレードが引っかかって飛べず、失敗ジャンプ…と目を疑う場面も。

ど、どうしたんだ…!?

フリー131.72ポイント、トータル205.50ポイント、2位。

シーズンベストであるが、やっぱり異次元クラスのキム・ヨナには及ばず…。

13:37頃、地元カナダのジョアニー・ロシェット(SP3位)。

さまざまな思いもあっただろう。

いきなり3連続ジャンプ、しかし次のジャンプはステッピンアウト。

それでも地元の声援を受け、安藤美姫を上回るスコアを出した。

フリー131.28ポイント、トータル202.64ポイント、3位。

13:45頃、大トリは、アメリカ国籍の長洲未来(SP6位)、いやここではミライ・ナガスとしておこう。

カルメン。

大トリにふさわしく、ノーミスで決めてきた。

フリー126.39ポイント、トータル190.15ポイント、4位。

結果は、キム・ヨナがダントツで金メダル、浅田真央は銀メダル、ジョアニー・ロシェットが銅メダル。

スピードスケート同様、またしても、韓国人に金メダルを獲られてしまった…。

なんと言うか、キム・ヨナが異次元すぎたんだろうな…。

個人的には、5年前のグランプリファイナル以降注目してきた浅田真央を応援してきたが、今日の結果はどう受け止めようか。

仮に自分がレポーターとなって声をかけるとしても、銀メダルおめでとう…とは言いにくいな。

やっぱり、お疲れ様でした…だろうな。

まあでも、浅田真央も安藤美姫も鈴木明子も、よく頑張ったと思う。

確かに、勝負の世界というのは、1人の勝者とその他大勢の敗者が存在する厳しい世界である。

しかし、そんな中で3人とも入賞したのだ。

これはなかなかできることではない。

メダルばかりに目が行きがちだが、こういったところも評価していいんじゃないのかな。

そんなことを考えさせられた女子フィギュアであった。

2010年2月25日 (木)

女子フィギュアショートプログラム…やっぱり事実上日韓対決。

どうも、moguraです。

昨日のうちにUPしたいこの記事が、諸事情によりこの時間のUPとなってしまいました…。

昨日は朝からオリンピック三昧でしてねえ。

通勤途中でノルディック複合団体のクロスカントリーを途中まで見て。

会社の食堂で女子フィギュアの浅田真央の演技だけをLIVE中継(フジテレビ)で見て拍手を送って。

…って、仕事してねーじゃん、オレ(笑)。

さておき、今までジャンプもカーリングもノルディック複合団体も結局メダルに届かなかった中で、昨日はmoguraが一番楽しみにしていた女子フィギュアであった。

だって、あとメダル取れそうな競技はこれでしょ?

そりゃ、意外な競技でメダル取れればそれはそれで嬉しいけどね。

ということで、HDDに録画しておいたフジテレビのLIVE中継映像を見ながら、知っている選手を中心に、簡単にレビューを書いてみよう。

まずは、アメリカ国籍の長洲未来。

いや、ここは違和感があるし、なんか顔とか見ても日本人に見えないから、敢えてミライ・ナガスにしたほうがいいな。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」。

イナバウアーらしきブリッジをするなど、全米選手権2番手の実力を見せた。

鼻血が出てたけど、大丈夫だったか?

63.76ポイント。6位。

さて随分飛んで、13時前ごろだったかな、お待ちかね、浅田真央。

さっきも書いたけど、LIVEで見たのはこれだけ。

転ばずに、空振りせずに、うまくいって欲しいと願いながら見ていた。

いつもの仮面舞踏会。

なかなか成功しなかったトリプルアクセルをこのカナダの大舞台で決め、その後は迫真の演技を魅せた。

真央も表情がよかった。

一昨年の世界王者にふさわしい滑りを魅せた。

73.78ポイント。

この時点でトップ(結果的には2位)。

思わず拍手!!(その後moguraは仕事場へ…一 一)

しかし…敵もさるもの。

その直後に出てきた、昨年の世界王者、韓国のキム・ヨナ。

テーマ曲は007。

いきなり3回転2回のコンビネーション。

うーむ、なかなかやるな。

78.50ポイント、とんでもない点数を出してトップに躍り出た。

その直後に鈴木明子が登場。

初っ端のジャンプから手をついてしまった…。

61.02ポイント、11位。

最終グループ。

地元カナダのジョアニー・ロシェット。

ノーミス。

演技後に号泣する姿を見ていて、亡き母に捧げたものだなと感じた。

71.36ポイント、3位。

全米王者のレイチェル・フラット。

3回転2回を決めてきた。

しかし、その後のジャンプはステッピンアウト…。

64.64ポイント、5位。

ヨーロッパ王者、イタリアのカロリーナ・コストナー。

2回目のジャンプで両手をついてしまった…。

63.02ポイント、7位。

トリは、3年前の世界選手権(東京開催)で優勝した安藤美姫。

3回転+3回転のコンビネーションジャンプ!

だがなんか足が落ちてしまって、動きが止まったかに見えた。

64.76ポイント、4位。

かくして、女子フィギュアの第1ラウンド、ショートプログラムはキム・ヨナの勝利。

キム・ヨナVS浅田真央、やっぱり事実上は日韓対決だな。

しかしどうだろう。

ショートプログラムでトップであっても、フリーはまた別問題。

前回トリノのときのスルツカヤのように、ショートでいい演技しても、フリーで力を出し切れずに終わる時もある。

別に苛めるつもりはないけど、そういう意味ではキム・ヨナにプレッシャーがかかるかもしれない。

第2ラウンド、どうなりますやら。

まあ、フジの中継は前半に余計な場面が多くて見づらかったのが正直な感想であるが、明日のフリーは、NHKが中継する。

おそらくクライマックスはキム・ヨナや真央が出てくる13時以降になりそうだな。

勝つのはキム・ヨナか、真央か、それとも…。

2010年2月23日 (火)

今はカーリングがチェック項目。

どうも、moguraです。

あれ、バンクーバー五輪のレビューは?と気になった方も多いでしょう。

いくつか録画しているのですが、レビューを書いてる暇がないのです…。

ジャンプとかスノーボードとかショートトラックとかも見ているんだけどさ。

スノーボードクロスやスキークロスは確かにモトクロスみたいで面白いけど、怪我しやすいヒヤリハットな競技というのがねえ…。

今気になっているのはカーリングかな。

現時点で3勝3敗。

これまでのところ、アメリカに勝ち、カナダに敗れ、中国に敗れ、イギリスに勝ち、ロシアに勝ち、ドイツに敗れている。

アメリカとはメジャーで測って勝利。

イギリスとは第9エンドで5点取っちゃって勝利。

ロシアとは0-6と前半は散々ながら、延長戦にまで持ち込んで12-9で大逆転勝利。

勝つときは派手に勝っているな。

明日以降はスイス戦、スウェーデン戦、デンマーク戦と続く。

全部勝てばベスト4も見えてくるが、果たして…!?

明日のチェック項目は、ジャンプのラージヒル団体(日テレ)と、カーリングのスイス戦(フジ)かな。

2010年2月19日 (金)

ハプニングの男子フィギュアフリー、高橋大輔が銅メダル獲得!!

どうも、moguraです。

いやあ、競技見る前に結果を知っちゃうというのはつらいですな。

もちろん、今日の男子フィギュアのフリーのこと。

会社で、こっそりとウェブで速報を見ていた人がいて、靴紐切れたとか、こけたとか、経過をどんどん流していました(一 一;;)。

日本時間の12:30ぐらいから出てくるのかなと思って、moguraはそのときを見計らって食堂でワンセグ見てたけど、空振り…orz。

今日の競技、なぜか日テレがLIVE中継。

個人的にはフィギュアに力を入れてるテレ朝の方がよかったと思うけど、日テレはこういうときしかフィギュア中継する機会がないからねえ。

ここからは、ベスト8を疑似LIVEで追っかけてみたい(時刻はちょっと怪しいけど)。

12:15頃、小塚崇彦(SP8位)。

いきなり、4回転のトゥーループを決める!!

その後、トリプルアクセルは失敗したものの、それ以外のジャンプは決めた。

フリー151.60ポイント、トータル231.19ポイントで8位。

12:50頃、地元カナダのパトリック・チャン(SP7位)。

地元開催でプレッシャーを感じたか、ステッピングアウトや転倒も。

フリー160.30ポイント、トータル241.42ポイントで5位。

13:15頃、エバン・ライサチェック(USA、SP2位)。

4回転こそなかったが、3回転のジャンプはパーフェクトに決めてきた。

もちろん、スタンディングオベーション。

フリー167.37ポイント、トータル257.67ポイント、トップに躍り出た。

13:23頃、織田信成(SP4位)。

普段のフィギュアのスーツより、タキシードの方が見栄えはいいと個人的に思う。

後半、ジャンプ失敗直後、靴紐が切れるハプニング(これで3ポイント減点)。

それでも会場の観客は温かかった。

最後まで滑りきった。

フリー153.69ポイント、トータル238.54ポイント、7位。

13:30過ぎ、ステファン・ランビエール(SUI、SP5位)。

手をついたり、ジャンプもいっぱいいっぱいだった気がしたなあ。

フリー162.09ポイント、トータル246.72ポイント、4位。

13:40過ぎ、高橋大輔(SP3位)。

いきなり4回転ジャンプに失敗して出鼻をくじかれたが、それ以後のジャンプはすべて決めた。

言葉では表現できない、会心の演技だった。

トリノではあまりいいところがなかったが、今日は終了後にガッツポーズ。

フリー156.98ポイント、トータル247.23ポイント、3位。

13:50頃、ジョニー・ウィアー(SP6位)。

ジャンプは手堅く決め、完璧な演技を見せたが。

フリー156.77ポイント、トータル238.87ポイント、6位。

13:58頃、エフゲニー・プルシェンコ(RUS、SP1位)。

4回転ジャンプは決めたが、ちょっと不安定なところもあったかな。

フリーポイント165.51ポイント、トータル256.36ポイント、2位。

ってことで、金メダルがライサチェック、銀メダルがプルシェンコ。

金と銀の差は、わずか1.31ポイント差だった。

そして銅メダルが、高橋。

大怪我を乗り越えての銅メダル、おめでとう!!

拍手!!

いやあ、凄いね。

今日視聴率どれぐらいいっただろう?

男子が20%以上いっているのなら、女子はさらに高いんじゃないか?

女子は安藤美姫、浅田真央、鈴木明子が参戦。

女子も続いてほしい!!

2010年2月18日 (木)

スピードスケートにカーリングに男子フィギュア…勝敗はほんのわずかなところ…。

今日は実はお休み。

おかげで、バンクーバー三昧…と言いたいところだが。

早朝からLIVE中継していたスピードスケート女子500mを見逃してしまった…orz。

ま、HDDレコーダーに残しておいたけど。

で、スピードスケート女子500m(TBS)。

前回のトリノでは、なんと0.05秒という本当にわずかな差でメダルを逃した岡崎朋美。

5度目のオリンピック、今回は16位。

…やっぱり体力的に限界があったのかな。

日本勢は、吉井小百合の5位入賞が最高。

吉井と、この競技の金メダルの韓国選手との差はわずか0.9秒…。

いやあ、メダルの境界線は紙一重だな。

途中からカーリング(NHK)。

moguraはカーリングのルールよく知らないんだけど、最後の最後でメジャー判定が入ったんだよね。

本当にわずかな差でアメリカに勝った。

カーリングって奥が深そうだな、って思った。

次は、男子フィギュアのショートプログラム(NHK)。

世界フィギュアなどチェックしていたので、有名どころの何人かの名前はわかる。

まず、トリノからの連覇を目指すロシアのプルシェンコ。

いきなり4回転を決めてきた。

90.85ポイントでトップ。

うわあ、悔しいけどやっぱりプルシェンコ強いわ…。

高橋大輔。

トリノでの苦い経験を生かし、ジャンプはすべて転ばずに決めた。

90.25ポイント。

世界フィギュアの歴代覇者、スイスのランビエール。

4回転は決めたけど、勢いがありすぎて次のジャンプが2回転になったのが痛かったな。

84.63ポイント。

織田信成。

ジャンプはすべて決めたが、高橋と比べると…。

84.85ポイント。

フランスのジュベール。

ジュベールらしからぬミスを連発。

プレッシャーに負けてたな。

68.00ポイント。

小塚崇彦。

ジャンプで転ばなかったが、トリプルアクセルの減点が…。

79.59ポイント。

アメリカのライサチェック。

カラスのような!?真っ黒な格好で、ジャンプを完璧に決めてきたよ…。

スタンディングオベーションも起こるし。

90.30ポイント。

高橋をわずか0.05P上回った。

そして、全米フィギュア覇者のアボット。

気持ちが空回りした感じ。

69.40ポイント。

全選手の競技を終え、プルシェンコと高橋との差はわずか0.6ポイント。

これはやり方によっては、頂点を狙えるかもしれない。

日本勢3人とも、何も残さずに、明後日のフリーに臨んでちょうだいな。

明日は、スピードスケートの男子1000m、スノーボードのハープパイプをチェックしたい。

あと、服装問題でいろいろ物議を醸した、あの男も登場(…moguraはあえて名前は書きません)。

<2/19 追記>

昼間見ていたけど、ダブルコークの着地に失敗したときにあーあ、という感じだった。

まあこんなもんだろう。

スピードスケートは不運だったな…。

2010年2月17日 (水)

遂にメダル獲得…スピードスケート男子500m。

今日のメインディッシュは、やっぱりスピードスケート男子500m(NHK)。

moguraは、会社の食堂でこっそりとワンセグでLIVE中継見てました(ちなみに、食堂のテレビは笑っていいともだった… 一 一;)。

競技は違えど、ここでも日韓対決でした…。

整氷機が壊れ、1時間以上も中断したこの競技。

優勝したのは1回目も2回目も34秒台を叩き出した韓国人のモ・テボム。

そして、2回目に「転んででも攻めに行った」長島圭一郎が銀メダル。

競技が終わって、勢いのあまりもんどり打って倒れてたな。

で、結果が出て喜んでいた。

とはいえ、金じゃなくてすいません、って…。

と、とんでもないよ!!

確かに、タイム的には凄い韓国人には及ばなかったけれども、実力を出し切ってこの結果なら、銀メダルでも十分価値は高いと思う。

加藤条治もご苦労さんであった。

長島にも及ばず銅メダルという結果で悔いを残したところもあるだろう。

ソチも狙ってみるか?

ともかく、メダルという結果が出て、日本国民はほっとしていることだろう。

欲を言えば金メダルが一番いいんだけどね(笑)。

そのほか、フィギュアのペアのフリーもあった。

(これはTBSでLIVE中継していたが、スピードスケートと見事に被ってしまった)

ロシア国籍の川口悠子(いや、ユウコ・カワグチの方が自然かな)、表彰台に届かず。

うーむ。

直前になってプログラムを変えたのはまずかったかもなあ。

明日は、スピードスケート女子500m(TBS)、フィギュアの男子ショートプログラム(NHK)をチェックしたい。

2010年2月16日 (火)

ノルディック個人と男子モーグル、そしてペアのフィギュアに思うこと。

どうも、moguraです。

今日は、早朝出勤だったためバンクーバーのLIVE中継は見ていません。

今、HDDの録画を見てるところです。

今回は、ノルディック複合個人(テレ朝)、男子モーグル(テレ朝)、フィギュアのペアフリー(NHK、一部)を録画。

メダルには届かずとも、意気込みはメダルものの日本勢をいくつかピックアップしてみよう。

かつて団体戦で勝利して日本中を沸かせたこともある、ノルディック複合の個人。

これは日本時間の朝からやってた。

クロスカントリーに強い小林範仁が、スパートをかけて一時はトップに立って、これはもしかしたら…と思ったが、その後6人に抜かれて7位。

団体はもしかしたら…があるかも。

男子モーグル。

男子はスピードも速い。

大技もすごい。

日本で最も目立ったのは遠藤尚。

ディースピン(って言うのかな)、高いバックフリップで7位入賞。

地元カナダにもっと凄い選手もいたけどね。

まだ19歳、ソチも狙いにいくか!?

あとこれは、と思ったのが、フィギュアスケートのペアのショートプログラム。

これはたまたま、会社の食堂でいくつか見た。

ペアは2人の呼吸が合ってないと、悲劇or修羅場になりかねない(爆)。

で、川口悠子のペアが3位(トップは中国)。

おっ、日本人かと思ったら、ロシア国籍かあ…。

なんか複雑。

余談だが、moguraの個人的見解として、外国籍ならやっぱりそれなりの名前表記の方が自然だと思うなあ。

米国籍の井上怜奈もレナ・イノウエ。

川口悠子もユウコ・カワグチ。

押し付ける気はないけど、moguraだったらこの方が自然だと思います。

さて明日の録画の準備もしなくちゃだな。

明日のメインはスピードスケート男子500m(NHK)かな。

出勤前に考えておこう。

2010年2月14日 (日)

東アジア選手権 日本 1:3 韓国…惨敗!!!!

前にも書いたが、バンクーバーの日本代表には期待しているのだが、サッカーの日本代表には期待が持てずにいる。

今日は女子モーグルでおなかいっぱいになっていて、サッカーの日韓戦は全部は見なかった。

結果は、遠藤保仁のPKで先制したものの、その後はPKでお返しされ、さらに2失点し1-3。

ホームの国立競技場で、韓国相手に惨敗である。

レビューは全部見ていないから書かない。

PKで同点にされた時点で嫌な予感がし、チャンネルを変えた。

田中マルクス闘莉王の退場が響いたのかもしれないんだけどさ。

これじゃ、期待はできない。

サッカー好きのmoguraが、ややもするとワールドカップを境にサッカー離れしそうな感じ。

ワールドカップを前にして、本当に何も手をつけずにこのまま終わるのか?

残り4ヶ月足らずの間に、どうやってチーム作りをし直すのか。

岡田武史をはじめとする選手団だけでなく、協会にも言いたい。

本選で惨敗してファンにも見放される前に、もっと危機感を持て!!!!

<2/17 追記>

協会が、岡田武史の続投を決めたそうな。

世界4強が生半可なものでは勝ちとれないことは、競技は違えどバンクーバー五輪でも十分証明されているというのに。

会長の犬飼基昭も含め、協会は本当に危機感を感じているのか。

あと、岡田を代表監督に起用したの、オシムがどうのとかいった川渕三郎だよな?

これで本選で失敗したら、責任取れよ。

地上波中継される親善試合が始まるまで、サッカー日本代表からは離れます。

ガイドブックは買うかもしれませんが、今の日本代表への期待はゼロです。

女子モーグル、やっぱり上村愛子の上には上が…。

いやあ、メダルを取るのは難しいものだねえ…。

ジャンプのノーマルヒルもそうだけど、女子モーグル…。

雨?の降りしきる中での決勝。

上村愛子は本当によく頑張ったと思う。

でも、やっぱり上位3人がもっと頑張っていた。

上村の前の選手がタイム27秒台。

これが効いたなあ…。

最後のハンダ・カーニー(金メダル)が滑り終えたとき…。

これがオリンピックなんだな…と。

上村の涙ながらのインタビューを見ていても思ったね。

村田愛里咲はバランスを崩しながらも、8位入賞と健闘。

第2エアーが効いたのかな。

競技後はVサインまで出していた。

19歳とまだ若いし、ソチも狙えそう、かな。

伊藤みきは12位。

しかし、本人の笑顔を見て、悔いなく終えたな、と。

里谷多英は…第2エアーでの転倒が痛かった…。

競技にはアクシデントがつきものだな…。

全体的には、みんなよく頑張ったと思う。

表彰台は…夢のまた夢、だったけど。

それにしても、日テレの中継は見にくかったな。

民放だからどこかでCMを入れざるを得ない難点はあるけど、間が悪いんだよなあ…。

開幕!バンクーバー五輪2010。

いよいよ開幕しましたね、バンクーバー五輪。

moguraは、(最近うつになりそうな)仕事の関係上、開会式をLIVEで見てません。

ですが、NHKの録画放送を見てます。

開会式の選手入場。

例によってギリシャから始まって、あとはアルファベット順。

ジャマイカの次に日本が入場。

その後終盤に来て、アメリカ、ウズベキスタンと来て、最後は開催国のカナダ。

実はカナダって、モントリオールの時も、カルガリーの時も、自国開催で金メダルとってことないらしいんだよね。

今回は取れるかな。

その後、カナダ生まれのアーティスト、ブライアン・アダムスとネリー・ファータドの熱唱。

そして聖火リレーの結末。

なんと、アンカーは4人もいて、4人で点火。

ほほう、そう来たか…。

そんな中、グルジアにとっては非常につらい状況下で開会式を迎えたわけで。

公式練習中に亡くなった選手の分も頑張ってほしいものだ。

うーむ、合掌。

さて、明日はジャンプのノーマルヒル決勝(→NHK)と、女子モーグル(→日テレ)をチェックしておこう。

あまり過度な期待は、持たないで見たいと思う。

2010年2月12日 (金)

テレビ備忘録…Mステ1000回スペシャルにあのアーティストが…。

最近の音楽番組は滅多に見ないmoguraだが、この日にテレ朝でやっていた「ミュージックステーション1000回スペシャル」はHDDレコーダーに録画した。

1000組の初登場シーンが登場するということで、もしかしたらあのアーティストも?と思って念のため録画しておいたのだ。

まあSMAPやドリカムやSuperflyなどもあったけどね。

自分の思春期にはまっていた、渡辺美里や谷村有美の初登場シーンも出ていて、感動。

しかし、美里の方が業界デビュー早いはずなのに、Mステのデビューは谷村の方が早かったのは意外だった。

ちなみに、谷村が89年9月(「明日の恋に投げKISS」)、美里は91年4月(「卒業」)だった。

これ、永久保存版にしておこう。

2010年2月11日 (木)

東アジア選手権 日本 3:0 香港…これで満足してはいけない!!

バンクーバーの日本代表への期待が高まる一方で、いまひとつ期待が高まらないサッカーの日本代表。

moguraも中国戦のあまりの不出来にがっかりして、今日はHDDレコーダーへの録画をしなかったんだけどね。

今日の雨中の国立競技場での香港戦、3-0。

スコアレスドローという不名誉な結果にならなかっただけマシというところか。

ただ、香港相手に3ゴールという結果で満足するな、と言いたいね。

もう2点、もう3点は取らなきゃな、という試合だった。

それは岡田武史もわかっているとは思うけど。

韓国は香港相手に5-0。

先日スコアレスドローで終わった中国は、初対決から32年間全然勝てなかった韓国相手に、なんと3-0で完勝…。

南アフリカW杯には出場しない中国だが、次の(というか来年早々の)アジアカップではきっと日本には脅威になっているはずだ。

敗れた韓国ではあるが、侮ってはいけない。

五輪の各競技や野球もそうだが、サッカーにおいても特別な感情、特別な態度で臨んでくるはずである。

「日本にだけは負けたくない」

簡単な相手とは思わないが、次の韓国戦も1-0でも2-0でもきちんと勝利して締めくくっていただきたい。

結果を残せばファンは戻ってくるはずだろうから…そうでもないかな?

バンクーバー五輪を個人的に予測する。

いよいよ日本時間で明後日からですか、バンクーバー五輪。

カナダとの時差の関係もあって、ゴールデンな時間は朝から昼にかけてになってしまうのだが…。

ブログネタ: バンクーバー五輪でメダルが最も期待できる種目は?

moguraが注目しているのは、やっぱり女子モーグルと女子フィギュアかな。

女子モーグルは、上村愛子。

女子フィギュアは、浅田真央、安藤美姫…。

この2つはメダルが狙えそうだ。

最も、というなら女子フィギュアかな。

あとは…メダルが出てくれば嬉しい。

仕事をしているとLIVE中継を見るのは困難であるが、HDDレコーダーにうまく録画して見たいと思う。

周囲の情報は遮断して(笑)、少しでもLIVE感覚を味わおうか、と。

2010年2月 6日 (土)

東アジア選手権 日本 0:0 中国…日本代表はもっと危機感を持て!!

えーと、相も変わらず今の日本代表に熱気を感じないmoguraです。

今日は、某日系人解説者のごとく、かなり怒っています。

何でかって、今の日本に勝ちに行く姿勢がまったく見られないから。

ワールドカップに出場しない中国ごときにスコアレスドローって…。

見所は楢崎正剛のPKセーブだけって…。

まったくイライラさせやがって…。

こんな試合やってたんじゃ、客足がますます遠のくだろ。

ワールドカップイヤーだと言うに、視聴者がどんどん離れるばかりだろ。

岡田武史よ、というか日本代表よ、いつまでこんな歯がゆい試合をしているんだ。

まだイライラするようなサッカーをやっているのか?

何でカウンターサッカーができないんだ?

日本にはアタッカーがいないのか?

岡田武史よ、これでも目標ベスト4を目指すと?

笑わせるな。

東アジア選手権がすべてとは言わないが。

このまま本選を迎えたところで、グループリーグでの勝ち点1すら取れるとは思えない。

岡田だけじゃない、選手も、協会も、もっと危機感を持て!!

以上、感情的なことばかり記したが、今日の試合を見てワールドカップ本選の盛り下がりが早くも心配になってきたmoguraである…。

2010年2月 5日 (金)

崖の上のポニョ。

ハイ、なんだかんだ言って、日テレにチャンネル合わせて見てしまいました。

「崖の上のポニョ」。

所詮子供向けの映画だろと思って、映画は敬遠してきたんだけどね。

感動したとまでは言わないが、ある意味、ファンタジーを感じた。

それが感想。

…そういえば、半魚人化したポニョが、となりのトトロでいうメイにそっくりに見えたのは、moguraだけか?

2010年2月 4日 (木)

ニュース備忘録 朝青龍引退。

相撲の世界は随分前から騒がしくなっていたが、遂にここまできたか。

朝青龍、現役引退。

…まあ、仕方ないな。

wikipediaによると、幕内での通算成績は

幕内優勝25回。

成績的には申し分ないが、土俵の内外で横綱らしからぬ行動も目立った。

髷をつかむ反則行為。

勝利のあとのガッツポーズ。

蹴りなどのダメ押し。

土俵の外でも、仮病使ってサッカーやったり、さらには一般人への暴力疑惑も起こしたり。

こんな問題ばかり起こしていては、引退勧告はおろか、解雇もやむなし。

かつてのボクシングを思い出すが、強ければ何をやってもいいのか、とも聞きたくなったものだ。

ま、mogura的には、今後の相撲界の盛り上がりがどうなるかが心配だが。

2010年2月 3日 (水)

サッカー備忘録 日本 0:0 ベネズエラ。

日本×ベネズエラ。

アジア以外のチームとの久々の試合。

南米の野球の国相手に0-0。

うーむ。

仕事の都合で最初から見てなかったけど、録画するまでもなかったかな。

誰かゴール決めろよ…。

本当にスコアレスドローの試合は…。

むしろ自分の興味は、料理の鉄人や愛のエプロンをほうふつとさせる、裏番組の料理王、だったわけで…(笑)。

東アジア選手権はちゃんと結果出せよ…。

2010年2月 1日 (月)

雪と恵方巻。

今日は2月1日。

小江戸の外は雪…。

明日は積もるのかな。

昔、2月1日という日は雪が降りやすかった。

自分の入試のときは必ずといっていいほど降っていた。

特に、高校入試のときは大雪の中で受験したことを覚えている。

今日の夕飯は…恵方巻。

それも、セブンイレブンで売っていた、グッチ裕三監修の恵方巻。

Sany0126 中身は、牛肉のしぐれ煮。

有明産の海苔、玉子焼きにきんぴらごぼう、柚子がブレンドされている。

美味しかったので、moguraからもおすすめしたい。

あと2日間の間にぜひチェックを!

最近の悩み事。

ブログのネタにしたいことがないこと。

仕事で思いっきり疲れている上に、今は家庭の事情もあってねえ…。

それにしても、上層部の一方的な残業禁止令には…。

仕事に直結する資格取得に本気で挑戦しようと思う。

何に挑戦するかについては…今はまだ言わないでおこう。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »