最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

スポーツ備忘録…ボクシング、長谷川穂積TKO負け、王座陥落。

長谷川穂積。

内藤大助や亀田興毅ほどの派手さはなくも、地道にボクシング人生を歩んできた。

気がつけば11度目のWBCバンダム級防衛戦、だったが…。

メキシコ人のフェルナンド・モンティエルに4ラウンド終盤で畳み掛けられ、TKO負け…。

相手も別の協会の世界タイトルを持っていただけに、今までと様相が違うとは思っていたが…。

長谷川、あっという間だったな…。

2010年4月29日 (木)

サッカー備忘録…UEFA CL、マドリード決戦はバイエルン×インテル!!

どうも、moguraです。

どうやら、徹夜してでもLIVE中継を見たい、サッカーの国際大会のメインイベントが迫ってまいりました。

何かって、UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦でございますよ!!

決戦はスペイン時間で5/22(土)の夜だから、5/23(日)の早朝になるのかな。

スペインのマドリード決戦となる決勝のカードは、バイエルン×インテルとなりました。

いやあ、バイエルンは敵地でも元気だった。

退場者を出したこともあるが、なんとリヨンに3-0と圧勝。

それも、クロアチア代表のオリッチのハットトリック。

クロアチアがW杯出場を逃しているだけに、オリッチはこの大会に賭けているのかもしれないね。

あと、バイエルン所属というと…地元ではクローゼとかラームとか、フランス代表のリベリーとか。

あ、ロッベンやファン・ボメルといったオランダ代表もいたな!!

インテルは、ホームゲームでバルセロナに3-1で勝ったのが大きかったね。

逆に敵地では0-1で敗れたが、トータルは3-2。

バルサの連覇を阻止。

インテル所属は、ブラジル代表のルシオとかマイコンとか、アルゼンチン代表のミリートと火。

で、対戦相手となるオランダ代表のスナイデル、カメルーン代表のエトーもいるのか。

そうか、本田圭佑のCSKAモスクワは、こんなチームと戦っていたんだ…。

以上、先日購入した南アフリカW杯のガイドブックを見ながら、自分なりに盛り上げてみました。

南アフリカW杯も近づいてきて、そろそろサッカー熱が盛り上がってきた。

但し、日本代表は相変わらず…だが。

2010年4月28日 (水)

ブログが書けなくなった…。

どうも、moguraです。

最近、ブログ書いてませんね。

どうしちゃったんだろう、オレ?

…と、自問自答してみた。

しかし、一向に答えは出ない…。

いや、本当は書きたいこと、書いておきたいこと、書かなくては進まないこと、いろいろあるんだよ。

ただ、書きたいという気持ちにどうしてもなれない。

気がつけばいつも仕事に行かなければならない。

外出しても何の感動も覚えない。

そのためか、最近おでかけの記事は全くない。

最近は社会の出来事にも鈍感になってきた。

ゴールデンウィーク?

年中無休で操業している食品会社に勤めるオレにとっては憂鬱な日々でしかない。

ましてや、購買は…。

いよいよ、オレもやばくなってきたな…。

どうしようかな…。

…って、何気に記事になっているじゃん…。(苦笑)

2010年4月17日 (土)

ニュース備忘録…4月の雪。

41年ぶり?、この4月に埼玉県に雪が降った。

と言っても見たのは、志木市あたりだったかと思う。

それにしても寒かったな。

2010年4月14日 (水)

mogura的、音楽のサプリメント②―谷村有美に一時期魅せられた理由。

音楽に浸っていたあの頃を思い起こす、mogura的、音楽のサプリメント。

4回にわたって記事化いたします。

2回目は…いまやどこぞの社長夫人の谷村有美である。

随分前に自分の記憶から消えていたが、何ヶ月か前にMステの初登場シーンを見せる企画で、moguraの記憶がよみがえってしまったのだ。

高校~大学時代に、渡辺美里と並行してよく聴いたガールポップ系のアーティストである。

ハイトーンなクリスタルボイスが特長だった。

ミリオンセラーを飛ばすなどの派手さはなかったにしても、どこか気になる存在ではあった。

魅せられたきっかけは、やっぱりラジオから。

20年前、TBSラジオの「ポップン・ルージュ」で、随分キーの高い声で歌っているアーティストDJがいたので。

映像での本人は見たことなくて、どんな人だろうと気になっていたが。

春頃、ニューオーリンズで撮影されたという「バーボンストリート」というアルコールのCM。

そこで白のブラウス+ジーンズ姿で踊っていたのが谷村本人だと知って驚いた。

そして同時期に発売されたFM雑誌(週刊FM、FMステーション)の記事にも釘付けになった。

当時は他の女子アーティストもそうだが、この人も穴開きベルトを締めたワイルドなジーンズファッションが多かったので驚いた。

(…余談だが、moguraがスカートよりジーンズなどのパンツルックがいいと思うようになったのはこの頃―高校入学したての頃―からだ。)

それ以後、NHK-FMの「リクエストアワー」や「ミュージックスクエア」など、ラジオパーソナリティも自然体で随分とこなしていて、時に茶目っ気も見せるDJぶりにはまった。

あと、MDのCMにも出てたな…「今夜あなたにフラレたい」というキョーレツな曲で。

1993年夏の「愛する人へ」以後は本格的なシンガーソングライターに転身。

大人の恋愛事情的な歌が増えてきた感じもしていた。

つい最近になってライブDVDも7枚全部買いあさったが、キーボードやピアノを駆使した非常に魅力たっぷりのステージを披露していたようで。

特に、「ときめきをBelieve」や「好きこそものの上手なれ」の部分はなんとも感動した。

他にも、雨中のコニファーフォレストでの野外公演では渡辺美里みたく「雨のバカヤロー」と叫んだり、日本武道館でのコンサート途中で客席にインタビューしたり(これは特例だったとか)…名場面は多かったようだ。

あの時行きたかったなあ…(苦笑)。

エッセイ本も持ってます。

「愛は元気です。」と「愛は元気です。Ⅱ」。

なんか何気に、KANの「愛は勝つ」という曲を意識した感じがしなくもないけどね(笑)。

Sany0132

その後、マスメディアから消えたのを境にいつのまにか聴かなくなっていた。

1998年秋から長期休業していたけれども、2001年あたりに再びラジオに出てきたときは感動したね。

歌声は…随分変えてきたのかな。

で、翌年2月、朝のラジオ番組で、スポーツ紙で、どこぞの社長と結婚なんて知った時には…。

これ以上は言わないでおこう。

moguraの中ではあれ以来、時間は止まっている。

moguraの中で印象に残っている曲をいくつか紹介しておく。

『NOT FOR SALE』…「BELIEVE IN」「With」より。

デビュー曲で、PVでは男子に分身して「ボクはキミだよ」と。

『ガラスの午前4時』…「Face」より。

PV見たけど随分烈しいビデオだったな。

『がんばれブロークンハート』…「Hear」「With」より。

最初は引いたがだんだん応援ソングとして気に入った。

『明日の恋に投げKISS』…「Hear」「With」より。

TBSのドラマの主題歌だった。

『6月の雨』…「PRISM」「WithⅡ」より。

ハイトーンな歌声かつブラスバンドでかなり気に入った。

『パレード・パレード』…「愛は元気です。」「WithⅡ」より。

あの「バーボンストリート」のCMそのままであり、当然のことながら記憶に残っている。

『今が好き』…「愛は元気です。」「WithⅡ」より。

作曲があの伊秩弘将。いつかこう言えるようになりたいね。

『ときめきをBelieve』…「Docile」「WithⅡ」より。

キーが高いこともあってか、なんかこの曲は泣けてくる。

『最後のKISS』…「愛する人へ」「WithⅡ」より。

キャッチのいいブラスが利いている。

『好きこそものの上手なれ』…「愛する人へ」より。

コンサートの定番になっていることわざの曲。ライブDVD見たけどこれは感動したわ…。

『今夜あなたにフラレたい』…「WithⅡ」より。ソニーのMDのCMソング。

タイトルからしてサスペンスな、キョーレツな曲。

『あしたの私に会いたくて』…「幸福の場所」より。

以前のようにブラスは利いているが、だんだんしっとりした曲調になってきた感じかな。

『信じるものに救われる』…「圧倒的に片想い」より。

このあたりまでかな、メロディラインと歌詞がマッチしていた感じだったのは。

興味を持った方は動画サイト(ようつべ)などでチェックしてみてくださいな。

谷村はやっぱり、DVDやCDをコンスタントに出していた休業前(…さらに言えば1995年ぐらいまでか?)がよかったな…と、と自分の中で再確認しました。

ちなみに、オリジナルは「圧倒的に片想い」(1995年作品)まで持ってます。

ベスト盤「With」と「WithⅡ」は、Myストリームの楽曲集の一部になっております。

Sany0127 Sany0128

さて次回は洋楽です。

何気に茶目っ気のあるイギリスのテクノデュオです。

2010年4月13日 (火)

mogura的、音楽のサプリメント①―渡辺美里に一時期はまった理由。

音楽に浸っていたあの頃を思い起こす、mogura的、音楽のサプリメント。

4回にわたって記事化いたします。

1回目は、今年デビュー25周年の渡辺美里である。

80年代後半から90年代にかけて、ガールポップ、もとい、というよりはガールロック系のアーティストとして人気を集めた。

いわゆる「ロック姉ちゃん」だな。

特記事項としては、西武球場(西武ドーム)でのスタジアム公演を20年連続で開催したことかな。

デビューして、もう、あれから25年も…経つんだあ…。

TOKYO FMの「あ、安部礼司」で名前を聞いたりするけどね(テーマソングも作ったらしいけど)。

一時期はまった話を書いておきましょうか。

この人の曲は昔よく聴いたんだよなあ。

確か最初に聴いたのが、TBSラジオの「森田公一の青春ベスト10」という番組で「My Revolution」がかかった時である。

当時アイドルの歌ばかりがクローズアップされる中で、こんな情熱のこもった歌があるんだあ…と感心、記憶に残ったものである。

で、「BELIEVE」という曲も気に入った。

TBSのドラマ(「痛快!OL通り」だったか?)の主題歌だったのだが、これも情熱のこもった歌で記憶に残った。

2年後(1988年)に本人がCMに出てきたときはびっくりした。

UCCの缶コーヒーのCMだったんだけど、この年に出たCMソングはシングルカットされたわけで。

「恋したっていいじゃない」。

「センチメンタルカンガルー」。

「10 years」(これはカップリングだったかな?)。

ますます興味を持った。

結局CDアルバムを買ったのは高校生になってからなのだが、moguraはその間にTBSラジオの「スーパーギャング」や、FM東京の「風になれたら」(後の「虹を見たかい」)をチェック、一気に気に入ってしまった。

TBSラジオの「サーフ&スノウ」という深夜の音楽番組は、当時のパーソナリティが渡辺美里を随分と押していた。

「My Revolution」がラジオ番組でかかるたびに拍手。

「サマータイムブルース」や「夏が来た!」などがかかったときも拍手するが、特に「My Revokution」は自分にとって深い曲だからなおさら。

本も持っている。

ほとんどが写真集の「She Loves You Yeah! Yeah!」とか。

エッセイ本の「ロックのハート」とかね。

本当に、学生の頃ははまってたなあ。

当時金欠でLIVEには行かなかったけど。

で、社会人になってからはCDアルバムをじっくり聴く習慣がなくなってか、ほとんど聴かなくなったんだよなあ。

オリジナルは「ハダカノココロ」(1998年作品)まで持っているけど。

それでもベスト盤(「Sweet 15th Diamond」と「M・Rennaisance」)は買ったんだけどね。

いつの間にかラジオでたまにかかる程度になってしまったなあ。

LIVEの参加は、実は5年前の、2005年の西武ドーム公演V20だけ…><。

あの時は確か、「スタジアム伝説最終章」ということもあって、過去のヒット曲満載で、結構感動したんだよね。

その後、あのV20も含むライブDVD買ったんだけどさ、過去にもいろいろなことやってたんだよねえ…。

野外公演なだけに雨にたたられることも多くて、特に1989年のV4は雷まで鳴り出して打ち切られ、いわゆる「雨のバカヤロー」発言まで飛び出したわけで。

他にもね、和太鼓とか、オーケストラとか、野球実況とか、二胡とのコラボとか…いろいろな演出もあったんだなあ。

時々、思い出したときにチェックしたりしている。

Sany0130 Sany0131

お気に入りの曲を紹介しておこう。

「My Revolution」…「Lovin' you」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaisance」より。

TBS系の連続ドラマ「セーラー服通り」の主題歌だった。まさしく私の革命であり、moguraが初めて音楽を意識した楽曲。

「BELIEVE」…「ribbon」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

TBS系の連続ドラマ「痛快!OL通り」の主題歌だった。信じることがテーマだった。

「恋したっていいじゃない」…「ribbon」「She loves you」「M・Renaissance」より。

UCC缶コーヒーのキャンペーンソング。LIVEの定番曲で、西武ドームV20公演でもぐっさんこと山口智充とショータイムやってたな。

「10 years」…「ribbon」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

UCC缶コーヒーのキャンペーンソング。節目節目で必ずこの歌を聴いている。

「すき」…「Flower Bed」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

この歌はジーンと来た。

「サマータイムブルース」…「tokyo」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」より。

明治生命(当時)のCMソング。一時期、これを聴かないと夏が来た気がしなかったな。

「卒業」…「Lucky」「Sweet 15th Diamond」より。

明治生命(当時)のCMソング。この卒業は、卒業式ソングではなく、恋愛ソングだったようで。

「夏が来た!」…「Lucky」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

明治生命(当時)のCMソング。「サマータイムブルース」同様、この曲聞かないと夏が来ないと思っていた(笑)。

「JUMP」…「Lucky」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

なんか歌詞内容からして壮大な歌の印象があった。

「いつかきっと」…「BIG WAVE」「She loves you」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

シングルジャケット見たとき、一瞬誰かと思った…。ここである意味転機になったのかな。

「真夏のサンタクロース」…「Baby Faith」「She loves you」「M・Renaissance」より。

なんか聴いていて切なかったな。メロディも悲しげだったし。

「My Love Your Love」…「Spirits」「Sweet 15th Diamond」「M・Renaissance」より。

日テレのアトランタ五輪中継のテーマ曲。これはFM群馬のある番組でリクエストしたことがあるんだよなあ。

渡辺美里の登場で、自分の音楽観は大きく変わった。

学生時代に聴いた音楽は、今でも自分の記憶の中に残っている。

Myストリームの楽曲集に、15周年のときのベスト盤「Sweet 15th Diamond」の楽曲を入れております。

で、次回も学生時代にはまった女子アーティストですが、歌声はハスキーからクリスタルボイスへ、真逆の人になります(笑)。

2010年4月 7日 (水)

サッカー備忘録 日本 0:3 セルビア…惨敗で本当に大丈夫なのか、岡田JAPAN?

日本、セルビアに惨敗…。

仮想デンマークかオランダのつもりだったのだろうか。

国内組オンリー同士の対決だったので単純に比較はできないけれども、セルビアが格上であることを抜きにしてもホームゲームでこのスコアはいかがなものかと思ってしまうな。

0-1か0-2ならわかるけど、0-3かよ。

改めて思ったことは、国内組の日本は弱いということだ。

たとえて言うなら、2008年当時の浦和レッズみたいなもんだ。

ゴールできないようじゃダメだな。

3失点じゃ、ガードも弱いな。

ワールドカップの本番までに残された試合はあと3試合。

韓国戦(何でわざわざ日韓戦なんだ?)、オーストリアでのイングランド戦、スイスでのコートジボワール戦。

もう少し、期待もたせてくれないかな、代表よ…。

購買失格という、受け入れたくない現実。

オレは、昨日から今日にかけて、日本酒をがぶ飲みした。

本当に信じられなかった。

購買担当者が、新商品の献立に使う食材を発注し忘れる、というとんでもないミスを、とうとうオレが起こしてしまった。

夜な夜な何の電話かと思ったら。

もちろん、先週の棚卸でバタバタして…なんて言い訳をするつもりはない。

調理や加工などもはじめ、上層部から間違いなく、吊るし上げに遭うことだろう。

皆にお詫びしなければならない。

これで人生終わったなと言うつもりはないが、会社での立場が一気に危うくなってしまった。

汚名返上する気あるかって?

あんな雰囲気では、ないな。

というより、オレはこのままこの会社で購買やっていていいのか?と思ったりもした。

この会社、「転職を考えろ」などとリストラも示唆するような感情的発言も聞かれた。

何を考えているんだ。

オレがそんなこと言われたら翌日から本当に出社しないよ。

退職届、本気で郵送するよ。

相も変わらず威張っている連中も多い。

だから離職も多いんだよ。

会社行事の参加も強要しやがるし。

この会社は本当に体質が古い。

どやせば人は動く、そんな会社今時あるのかね?

電話口でもキンキンに大声出している会社は、正直なところオレには合わない。

オレ自身、もう限界まで来ている。

いよいよ、動かなければならないときが来たようだ。

2010年4月 1日 (木)

2010年度スタート、しかし…。

どうも、moguraです。

今日から4月ですね。

新年度のスタートですね。

しかし、なんかワクワクしないんだよねえ。

何でだろう?

やっぱり、あの会社では…。

ラジオもがらりと変わった。

TOKYO FMは「ONCE」も「DIARY」も昨日で終わってしまった。

結構選曲好きだったのに。

1995年から2004年まで9年も続いた「モーニング・フリーウェイ」以降、TOKYO FMでこれは、と思った番組が思い当たらない。

強いて言えば、2006年から始まって5年目に入った「あ、安部礼司」ぐらいか。

あれもさ、終了だ継続だでなんか聴取率操作しているような感じがして、個人的には(某テレビ局がやるような)ああいうやり方は好きではない。

ま、たまにお気に入りの懐メロもかけたりするので、その部分に限っては好きなんだけどね。

やっぱり、ラジオはJ-WAVEに合わせておこう。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »