最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« mogura的、音楽のサプリメント①―渡辺美里に一時期はまった理由。 | トップページ | ニュース備忘録…4月の雪。 »

2010年4月14日 (水)

mogura的、音楽のサプリメント②―谷村有美に一時期魅せられた理由。

音楽に浸っていたあの頃を思い起こす、mogura的、音楽のサプリメント。

4回にわたって記事化いたします。

2回目は…いまやどこぞの社長夫人の谷村有美である。

随分前に自分の記憶から消えていたが、何ヶ月か前にMステの初登場シーンを見せる企画で、moguraの記憶がよみがえってしまったのだ。

高校~大学時代に、渡辺美里と並行してよく聴いたガールポップ系のアーティストである。

ハイトーンなクリスタルボイスが特長だった。

ミリオンセラーを飛ばすなどの派手さはなかったにしても、どこか気になる存在ではあった。

魅せられたきっかけは、やっぱりラジオから。

20年前、TBSラジオの「ポップン・ルージュ」で、随分キーの高い声で歌っているアーティストDJがいたので。

映像での本人は見たことなくて、どんな人だろうと気になっていたが。

春頃、ニューオーリンズで撮影されたという「バーボンストリート」というアルコールのCM。

そこで白のブラウス+ジーンズ姿で踊っていたのが谷村本人だと知って驚いた。

そして同時期に発売されたFM雑誌(週刊FM、FMステーション)の記事にも釘付けになった。

当時は他の女子アーティストもそうだが、この人も穴開きベルトを締めたワイルドなジーンズファッションが多かったので驚いた。

(…余談だが、moguraがスカートよりジーンズなどのパンツルックがいいと思うようになったのはこの頃―高校入学したての頃―からだ。)

それ以後、NHK-FMの「リクエストアワー」や「ミュージックスクエア」など、ラジオパーソナリティも自然体で随分とこなしていて、時に茶目っ気も見せるDJぶりにはまった。

あと、MDのCMにも出てたな…「今夜あなたにフラレたい」というキョーレツな曲で。

1993年夏の「愛する人へ」以後は本格的なシンガーソングライターに転身。

大人の恋愛事情的な歌が増えてきた感じもしていた。

つい最近になってライブDVDも7枚全部買いあさったが、キーボードやピアノを駆使した非常に魅力たっぷりのステージを披露していたようで。

特に、「ときめきをBelieve」や「好きこそものの上手なれ」の部分はなんとも感動した。

他にも、雨中のコニファーフォレストでの野外公演では渡辺美里みたく「雨のバカヤロー」と叫んだり、日本武道館でのコンサート途中で客席にインタビューしたり(これは特例だったとか)…名場面は多かったようだ。

あの時行きたかったなあ…(苦笑)。

エッセイ本も持ってます。

「愛は元気です。」と「愛は元気です。Ⅱ」。

なんか何気に、KANの「愛は勝つ」という曲を意識した感じがしなくもないけどね(笑)。

Sany0132

その後、マスメディアから消えたのを境にいつのまにか聴かなくなっていた。

1998年秋から長期休業していたけれども、2001年あたりに再びラジオに出てきたときは感動したね。

歌声は…随分変えてきたのかな。

で、翌年2月、朝のラジオ番組で、スポーツ紙で、どこぞの社長と結婚なんて知った時には…。

これ以上は言わないでおこう。

moguraの中ではあれ以来、時間は止まっている。

moguraの中で印象に残っている曲をいくつか紹介しておく。

『NOT FOR SALE』…「BELIEVE IN」「With」より。

デビュー曲で、PVでは男子に分身して「ボクはキミだよ」と。

『ガラスの午前4時』…「Face」より。

PV見たけど随分烈しいビデオだったな。

『がんばれブロークンハート』…「Hear」「With」より。

最初は引いたがだんだん応援ソングとして気に入った。

『明日の恋に投げKISS』…「Hear」「With」より。

TBSのドラマの主題歌だった。

『6月の雨』…「PRISM」「WithⅡ」より。

ハイトーンな歌声かつブラスバンドでかなり気に入った。

『パレード・パレード』…「愛は元気です。」「WithⅡ」より。

あの「バーボンストリート」のCMそのままであり、当然のことながら記憶に残っている。

『今が好き』…「愛は元気です。」「WithⅡ」より。

作曲があの伊秩弘将。いつかこう言えるようになりたいね。

『ときめきをBelieve』…「Docile」「WithⅡ」より。

キーが高いこともあってか、なんかこの曲は泣けてくる。

『最後のKISS』…「愛する人へ」「WithⅡ」より。

キャッチのいいブラスが利いている。

『好きこそものの上手なれ』…「愛する人へ」より。

コンサートの定番になっていることわざの曲。ライブDVD見たけどこれは感動したわ…。

『今夜あなたにフラレたい』…「WithⅡ」より。ソニーのMDのCMソング。

タイトルからしてサスペンスな、キョーレツな曲。

『あしたの私に会いたくて』…「幸福の場所」より。

以前のようにブラスは利いているが、だんだんしっとりした曲調になってきた感じかな。

『信じるものに救われる』…「圧倒的に片想い」より。

このあたりまでかな、メロディラインと歌詞がマッチしていた感じだったのは。

興味を持った方は動画サイト(ようつべ)などでチェックしてみてくださいな。

谷村はやっぱり、DVDやCDをコンスタントに出していた休業前(…さらに言えば1995年ぐらいまでか?)がよかったな…と、と自分の中で再確認しました。

ちなみに、オリジナルは「圧倒的に片想い」(1995年作品)まで持ってます。

ベスト盤「With」と「WithⅡ」は、Myストリームの楽曲集の一部になっております。

Sany0127 Sany0128

さて次回は洋楽です。

何気に茶目っ気のあるイギリスのテクノデュオです。

« mogura的、音楽のサプリメント①―渡辺美里に一時期はまった理由。 | トップページ | ニュース備忘録…4月の雪。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/47855359

この記事へのトラックバック一覧です: mogura的、音楽のサプリメント②―谷村有美に一時期魅せられた理由。:

« mogura的、音楽のサプリメント①―渡辺美里に一時期はまった理由。 | トップページ | ニュース備忘録…4月の雪。 »