最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« NOTICE!!今夜23時からパラグアイ戦!! | トップページ | 南アフリカW杯備忘録…ラウンド16 スペイン 1:0 ポルトガル。 »

2010年6月30日 (水)

南アフリカW杯ラウンド16 日本 0:0/PK 3:5 パラグアイ…120分の激闘+PK戦の末の、残酷な現実…。

みんなが楽しみにしていたパラグアイ戦。

TBSはBGMとして、TEARS FOR FEARSの「SHOUT」をかけていた。

まさに、「SHOUT」したくなるようなこの試合。

しかし、そのTBSが中継したこの試合で待っていたのは…。

試合のことを語る前に、初心者の方のために、ワールドカップの決勝トーナメントについて述べておこうか。

グループリーグは前半後半の90分でドローでも終了するが、決勝トーナメントは前半後半の90分で決着がつかなければ15分ハーフの延長戦、それでも決着がつかない場合はPK戦で終了するまでやる。

日本×パラグアイは、南アフリカ大会で初めて、PK戦にまでもつれ込んだ。

じゃ、閑話休題。

試合は、我慢比べのような展開で、見ていて疲れた。

眠気を催しさえした。

パラグアイは、今までの親善試合でも見られたとおり、とにかくガードが堅い。

攻撃がことごとく寸断される。

目立っていたのは、やはりGKの川島永嗣だろう。

やはり、失点をスナイデルの弾丸シュートと、トマソンのPKの流し入れの2失点で抑えているところは、特筆すべきところ。

で、日本としてはこの大舞台では初のPK戦。

実は、今日のクライマックスはここだったんだよね。

オシムだったら見るのが怖くて引っ込んでるだろうな。(笑)

まず、パラグアイが先攻、日本後攻。

1人目、エドガル・バレット、左へ決める。

遠藤保仁、ちょっと時間を置いて右へ決める。

2人目、バリオス、反応したものの右に決まる。

長谷部誠、左へ突き刺す。

3人目、リベロス、左へ決める。

駒野友一は、クロスバーを叩いた…。

4人目、バルデス、右へ決めた。

本田圭佑、落ち着いて真ん中あたりへ決めた。

そして5人目のカルドソ、決めた…。

6/30(水)、AM1:40。

涙目の日本。

歓喜のパラグアイ。

残酷な現実。

なんだかなあ、PK戦はつらいわ。

日本のW杯は、このパラグアイ戦の敗退を以って終了…。

悔しさ以上に喪失感が漂う。

駒野…も含めて、誰も責める気にはなれない。

なんだかんだ言って、サッカーの日本代表はよく頑張ったと思う。

事前の試合は本当に心配したが、南アフリカでの本選は見違えるほど成長した。

グループリーグではカメルーンに勝ち、オランダとは敗戦しながらも互角に戦った。

そしてデンマークにはフリーキックを決めるなど完勝、日本の力を見せ付けた。

そしてパラグアイとも120分間死闘を演じた。

ある意味、世界を驚かせたとは思う。

しかし世界をもっと驚かせるには、まだまだ改善していくべきところは多い。

まあもちろん、大会はまだ終わっていないのでこれ以後の試合もUPしていくつもりだが。

日本のベスト16敗退は、1つの祭りが終わった感じがして淋しいものである…。

« NOTICE!!今夜23時からパラグアイ戦!! | トップページ | 南アフリカW杯備忘録…ラウンド16 スペイン 1:0 ポルトガル。 »

サッカー」カテゴリの記事

日本代表」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144894/48754719

この記事へのトラックバック一覧です: 南アフリカW杯ラウンド16 日本 0:0/PK 3:5 パラグアイ…120分の激闘+PK戦の末の、残酷な現実…。:

« NOTICE!!今夜23時からパラグアイ戦!! | トップページ | 南アフリカW杯備忘録…ラウンド16 スペイン 1:0 ポルトガル。 »