最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

テレビ備忘録…FNS26時間テレビ2010、また感動路線ですか!?

えーと、このあっつい中、フジの恒例の26時間テレビ見てます。

通常いつも見ているTBSのNキャス(情報7DAYS ニュースキャスター)とザッピングしながらでしたが。(笑)

で、2年連続のネプリーグVSヘキサゴンやりながら、24時間駅伝やっていて(マラソンに対抗して駅伝か…)、第1走者のつるの剛士がゴールしたシーンだが…。

ちょっと待てい!!

今度の26時間テレビ、なんか汐留化(もしくは麹町化)してないかあ!?

汐留化(もしくは麹町化)とは、言わずもがな、日テレの24時間テレビと似せたこと。

本家本元の24時間テレビもそうだけど、ああいう、感動路線に無理やり持っていくようなやり方では、個人的には感動しないんだよね…。

明日、炎天下の中で走る予定の出演者が心配である。

それに限ったわけではないが、熱中症にはお気をつけて…。

まあネプリーグは久々に見たけど、久々に見るとなんか新鮮に見えるなあ…。

ヘキサゴンもそうだがPaboが正解するとおやっ、と思ったりする。

さて…。

またこの夜更けにやるのでしょうか。

あの世界的な映画監督の、身体を張ったギャグ何連発だか。(笑)

2010年7月22日 (木)

最近のmogura。

どうも、moguraです。

この頃、ブログを更新する気がまったく起きません。

①単なるねた切れ。

②最近、砂漠のような暑さに脳みそバーン状態。

③最近は公休日は必ず仕事に拘束されている。

このうち①については、探せばいいのだが。

②は、今の時期は我慢するしかないんだろうね。

寝たいのに熱帯夜。

③については、もうどうにかしたいね。

今までこんなに働くことが苦痛に思った会社はないのだから。

次はいつ更新するかって?

未定。

2010年7月12日 (月)

南アフリカW杯決勝 オランダ 0:1 スペイン。

もしかして、皆さん起きてた?

決勝戦、見てた?

試合は、延長後半のイニエスタのゴールで1:0、スペインが初優勝を決める。

スペインか…。

予想はしていた。

ただね、以前も書いたけどゴールが少ない勝利というのは、ちょっと淋しかったな。

ドイツとかオランダあたりに優勝してほしかったな、という印象。

そう考えると、そのスペインにスイスが勝ったという実績は、ある意味凄かったということだな。

第22回参院選にモノ申す。

W杯で影が薄くなりそうな今回の参院選であるが、moguraももちろん投票に行きましたよ。

近場の小学校の体育館が投票先だったけどね。

しかし今回の結果は、なんか気持ち悪いと感じた。

自分が投票した人が落選したからではない。

それ以上にもっと不快感を覚えるようなことが起きているからである。

そこで、冷静に物申したい。

なんかどこもかしこもさ、この先の政治のことより、今回の選挙戦に勝つことばかり目が行っているような気がするんだ。

民主党は、とある柔道家を比例代表として擁立したり。

自民党は、W杯中継時にわざわざ谷垣禎一のドアップのCMを流したり。

これについては先日文句を言った。

仮にそれで自民党に政権が戻ったとしても、今までの自民党政権で露呈した失態を、どう処置していくのかがいまだに見えないんだよ。

公明党に至っては、テレ玉の選挙番組見てるとさ、なんか当選させて議席を確保することが目的のような発言してた。

さらに、この党の候補者を支援・推薦する会社が身近にあることを知って気持ち悪くなった。

moguraとしてはもうその会社から距離を置こうと検討している。

では、みんなの党はどうか。

moguraは新興勢力にはあまり任せたくないという思いがある。

なんか代表の渡辺喜美も含め、動向によってはまた自民党に戻りそうな感じに見えるし、微妙。

タレント候補にも言いたい。

柔道家も含め、元体操選手、女優などが出馬していたが、あなた方はいったい何がしたいのか。

だいたい、知名度で名前を書かせようとする、政治に対する安易な姿勢に見てとれるんだよ。

そんな考えなら政治家になるなと言いたい。

正直なところ、個人的には民主党に政権を続投してほしいと思っている。

鳩山さんが1年足らずで総理をやめた件、小沢一郎の周辺のカネの問題、確かに大きな減点対象ではある。

但し、まだ1年も経っていないのに、政権がころころ変わるのはおかしいと思っている。

それはわが国の政治的混乱を意味する。

国内だけじゃない、海外でも軽蔑されるだろう。

そんなことはmoguraは望んでいない。

選挙というのは、誰のための選挙なのか。

誰に向けて政治を行なうのか。

国民のための選挙であり、国民に向けて政治を行なうものだろ?

当選者の皆さんは、その辺をよく考えていただきたい。

選挙戦に勝つための、党のための選挙であってはいけない。

2010年7月10日 (土)

moguraがW杯期間中に書いておきたいこと。

実は、W杯期間中も、書きたいことはたくさんあった。

相撲界の賭博問題。

→こういうのは、徹底的に膿を出さなければダメだ。

 今回の名古屋場所で生中継をしないというが、本当は事実の全容が解明するまで、興行の開催は自粛すべきだったと思っている。

 白鵬よ、自分も花札に関与したゆえ、偉そうなことは言えないはずだ。

参院選の動向。

→どこに投票するかはまだ決めていない。

 しかし、どこに投票しないかは概ね決めている。

 総理は、今度の結果によらず、なりたての菅さんが続投した方がいいと思う。

…まあこれらは、moguraが語るとどうしても以上のような意見にしかならないから、ここまでにしておきます。

あと、書いておきたいことを1つ。

転職したい。

あのなんとか学会を支援する会社。

とある全国的スーパーの奴隷と化して、社員やパートなどを奴隷扱いする会社。

年中行事に強制参加させる会社。

言いたいことも、言うべきことも満足に言えない会社。

なんかあるとすぐ恫喝する会社。

いい加減にしてくれ。

そんな会社に嫌気が差しているんだ。

まもなく1年。

時間ばかりが経過して、本当にやるべきこともちっとも進んでいない。

いまや、目標もなくなってしまっている。

今まで生活のために我慢してきたが、これ以上我慢していいのか。

続けるかやめるか、自身は距離を置きながら、今後の人生を考えている。

2010年7月 8日 (木)

南アフリカW杯備忘録…準決勝 ドイツ 0:1 スペイン。

日テレで中継していたもう1つの準決勝。

ドイツ×スペイン。

これ、EURO 2008決勝以来のカード。

ドイツの雪辱か、スペインの返り討ちか。

結果は、スペインが1:0でドイツに勝利。

後半、プジョルが猛牛のごとくヘディングで突っ込んでゴール。

ドイツはミュラーを出場停止で欠いたのがねえ…。

スペインは初の決勝進出。

これで決勝のカードは、オランダ×スペイン。

ワールドカップでは初顔あわせとなった。

しかし今回のスペインは、ゴールが少なすぎないか?

ここまでで7ゴール。

もっと取っててもおかしくないんだけどなあ。

まあガードの堅いチームとばかりやっているからかもしれないが。

前回のフランスでさえ、準決勝までで8ゴール。

前回のイタリアだって、準決勝までで11ゴール。

それぞれ挙げているんだからさ。

まさか、これまで12ゴール挙げているオランダにも1:0で勝つつもり?

そうなったら、なんか淋しい感じがするなあ…。

せめて2:0か2:1、あるいは3:1か3:2ぐらいで…。

最後に余談だが。

スタジアムに乱入した輩は、迷惑極まりないからもう永久出入り禁止にしたら?

2010年7月 7日 (水)

南アフリカW杯備忘録…準決勝 ウルグアイ 2:3 オランダ。

準決勝。

ウルグアイ×オランダ。

36年ぶり、西ドイツ大会以来の対決。

この試合はお気に入り試合にカウントしてもいいぐらい、5ゴールが生まれる壮絶なゲームだったな。

前半。

ファンブロンクホルストがロングシュートでゴール!!

オランダ先制!!

しかし、フォルランもミドルシュートでゴール!!

同点!!

後半。

またもスナイデル、オランダの勝ち越しゴール!!

なんかファン・ペルシーが微妙な位置にいたけど。

そしてロッベンもヘディングでゴール!!

しかしウルグアイも粘る。

後半ロスタイム、マキシミリアーノ・ペレイラが短いフリーキックから左足でゴール!!

これで、1点差になるがここまで。

オランダ、アルゼンチン大会以来、32年ぶりの決勝へ。

そうか、日本は将来のファイナリストを相手に0:1だったのか…。

オランダの相手は、ゴールラッシュの目立つドイツか、それともゴールラッシュの目立たないスペインか…。

2010年7月 4日 (日)

南アフリカW杯備忘録…準々決勝 アルゼンチン 0:4 ドイツ!!!!パラグアイ 0:1 スペイン。

民放が中継した準々決勝2試合。

TBSのアルゼンチン×ドイツ、日テレのパラグアイ×スペイン。

アルゼンチン 0:4 ドイツ

TBSはまた名実ともにとんでもない試合を実況することになったようだな。

ドイツ大会と同様、準々決勝のカードだったわけだが。

だいたいさ、ドイツ強すぎ!!!!

前半早々からミュラー。

後半になってクローゼ、フリードリッヒ、クローゼ。

アルゼンチンは後半になってから守備が止まっていた感じがした。

4:0という衝撃的スコアでドイツが準決勝へ。

バロンドールを勝ち取ったメッシにとっては不本意な大会だったことだろう。

この5試合で自身のゴールがなかったから。

マラドーナ率いるアルゼンチンは、思わぬ惨敗で終了。

ドイツの快進撃、どこまで進むんだろ!?

パラグアイ 0:1 スペイン。

フランス大会や日韓大会でもグループリーグで戦っている。

フランス大会はスコアレスドロー、日韓大会は3:1でスペインが勝利している。

この試合はというと、ビジャの決勝ゴールよりも、その前のPK2つ失敗の方が印象に残った。

まず、パラグアイ。

カルドーソのPKは、カシージャスに止められる…。

次にスペイン。

シャビ・アロンソがいったんは決めたものの、やり直しとなってビジャールに止められる…。

その後ペドロのシュートの跳ね返りをビジャが決めて決勝ゴール。

スペインが難敵パラグアイに1:0で勝利し(スペインはこのパターン多いな)、準決勝へ。

それにしても、こんなにPK失敗する例が、いまだかつてあったかなあ?

結果準決勝は、ドイツ×スペインという、EURO2008決勝以来のカードとなった。

2010年7月 3日 (土)

南アフリカW杯備忘録…準々決勝 オランダ 2:1 ブラジル、ウルグアイ 1:1/PK 4:2 ガーナ。

準々決勝。

2試合ともすさまじい試合だった。

オランダ 2:1 ブラジル

公式戦ではフランスW杯準決勝以来、12年ぶりのオランダ×ブラジル。

前半、まずロビーニョのゴールでブラジルが先制。

しかしオランダも強かだった。

後半は、またもスナイデルが爆発。

オウンゴールを誘うクロスに、コーナーキックからのヘディングで2:1と逆転する。

これでブラジルは我を失い、オウンゴールを献上したフェリペ・メロがラフプレーで、日本の主審から退場処分を下される。

ドゥンガが今まで作り上げてきたチームは、そういう意味ではまだ若すぎたな。

カカにとっても不本意な大会に終わる。

結果、ブラジルが去り、オランダが残った。

スナイデル当たってるな。

ウルグアイ 1:1 ガーナ。

ムンタリのミドルシュート。

フォルランのフリーキックからのゴール。

この2つのゴールはいいんだけど。

個人的には、ガーナが勝ち上がってほしかったな。

そう思ったのは延長後半終盤。

ウルグアイのゴール前の攻防で、ゴールに入りそうなシュートを、あのスアレスがハンド。

何バレーボールやってるんだよって。

当然、スアレスは退場処分となり、ギャンがPKを蹴る。

しかし、クロスバーに弾かれる…。

で、PK戦、ウルグアイは1人だけ外したのに対し、ガーナは2人止められて涙を呑む。

結局ウルグアイが40年ぶりの準決勝へ。

別にウルグアイ嫌いじゃないけど、この試合はなんだかなあという感じだった。

あのハンドあっては、お気に入り試合に認定できないなあ。(苦笑)

結果、準決勝は、ウルグアイ×オランダとなった。

2010年7月 2日 (金)

休養したい。

祭りも終わったことだし、どこかで自分にストップをかけたい。

これ以上、いらぬことに巻き込まれたくないし、付き合いたくない。

だって、あの会社、入りたくて入った会社じゃねえから…。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »