最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

サッカーAFCアジアカップ2011決勝・日本 1:0 オーストラリア…ザックJAPAN、アジアカップ優勝でドラマ完結!!

アジアカップ決勝。

相手は、浦和レッズでACL制覇を果たした、ホルガー・オジェック率いるオーストラリア。

ここ最近、オーストラリアと戦って、いい思い出が少ない。

直近だと最終予選、メルボルンでのアウェーゲームだったが、あの時は田中マルクス闘莉王が先制しながら、あの天敵・ケーヒルに2ゴールで逆転負け。

横浜でのホームゲームも0-0のスコアレスドロー。

で、前回のアジアカップの準々決勝、1-1のドロー、PK勝ち。

そして、その前年のドイツW杯は…中村俊輔が先制しながら、天敵ケーヒル2ゴールにアロイージという痛恨の惨劇(三撃)。

そろそろ、オーストラリアから(コンフェデ日韓大会以来)10年ぶりの勝ち星を挙げたいところ。

日本としては、香川真司が不在なのは残念だが、せっかくここまでドラマチックに勝ち上がってきたわけだから、なんとか有終の美を飾りたいところだ。

で、試合。

今日は天敵ケーヒル封じに徹底してほしいところだが。

なんか前半はケーヒルとキューウェルを中心に攻め込まれている感があった。

日本はあまり攻め手もみられず0-0。

後半。

いきなり奇襲されるが何とか凌ぐ。

キューウェルに抜け出されるが川島永嗣が右足でブロック。

チャンスは作れど点は入らず延長戦へ。

なんか香川の穴が大きいような…。

危なっかしいプレーが続き、逆にチャンスも生んだが生かせず。

…と、ここで寝た方は、おそらく負け組だったでしょうね。

延長後半、遂にドラマが…。

長友佑都のサイドのクロスから、明らかにフリーの李忠成がカンフーボレー!!

ゴール!!!!

あれは、9年前の、レアルマドリード時代のジダンを思い起こさせるカンフーボレーだった。

まさか韓国の帰化選手の李が救世主になるとは…。

よくやった!!!!

終了間際のフリーキックも何とか凌いで…。

日本、2大会ぶり4回目のアジアカップ優勝!!!!

まさに、団結力の勝利、といっていいだろう。

終了時間は2:30…。

本当に、テレ朝は視聴率どれぐらいいったのでしょうか…。

まあ今回はドラマ続きだったなあ。

ヨルダン戦の同点劇。

シリア戦の10人での勝ち越し劇。

サウジアラビア戦の5連発。

カタール戦の10人での逆転劇。

韓国戦の前半後半延長120分+PK戦の大激闘。

そして、オーストラリア戦の決勝弾。

すべてが絵になった(DVD出たら買っちゃおうかな)。

足りない部分をみんなでフォローにいっているのも、このチームの長所であり、魅力だった。

まあこれで、この先のザックJAPANも楽しみになってきた。

アジア杯はもちろん、ブラジルW杯の準備大会であるコンフェデレーションズ杯への出場権も得た!!

けが人は目立ったが、収穫も大きな大会だった。

アジア王者として、特に夏場のコパアメリカ・アルゼンチン大会やブラジルW杯アジア予選で徹底マークされるだろうが、今後もアジア王者の名に恥じない試合を見守っていきたい。

2011年1月27日 (木)

mogura、インフルエンザで自宅療養中…。

いやあ、まさかmoguraがインフルエンザに感染してしまうとは…。

一昨日の昼に37.7度と発熱、いったんは36.7℃と下がったものの…。

昨日は朝38.7℃、昼37.7℃と一向に下がらず、病院でインフルエンザの検査(鼻につっこむやつ)をしてもらうも陽性反応…。

出勤停止を余儀なくされる。

おそらく、今週いっぱいは自宅療養だろう。

今は外も乾燥しているし、マスクは必需品だろう。

イソジンとかのうがいも、手へのアルコール消毒も、日頃からやるべきだ。

…と、発症してはじめて日頃のインフルエンザ対策を思い知らされることもある…。

たかがインフルエンザ、とバカにできないな。

皆様もお気をつけください…。

2011年1月26日 (水)

サッカーAFCアジアカップ2011準決勝 日本 2:2/PK 3:0 韓国…物凄く凄まじい激戦で決勝へ!!

アジアカップ準決勝の韓国戦。

まいどおなじみの日韓戦…というわけで、視聴率もおそらく箱根駅伝を越えそうな雰囲気ではあるが。

今回はいつものどうでもいい日韓戦ではなく、本当の意味での公式戦。

韓国とは、6年前、2005年の韓国での東アジア選手権以来、勝った試しがない。

2007年のアジアカップ3位決定戦では10人の相手にPK戦で敗れ、予選からのスタートを余儀なくされた。

2008年の東アジア選手権は1-1のドロー。

2010年は1分け2敗。

2月の東アジア選手権は逆転されて1-3で惨敗、5月の埼スタでの親善試合は0-2、10月の韓国での親善試合は0-0。

親善試合を除いても、この6年間勝っていない。

だから、moguraは試合前に叫ぶ。

とにかく勝て!!

試合。

前半23分、パク・チソンへのファールで与えたPKで先制される。

あれがPK?

なんか今日の主審、韓国びいきに見えなくもないが。

しかし日本はひるまない。

前半36分、前田遼一がゴール!!

崩しに崩した。

後半戦、点が入る雰囲気だったが・・・。

このまま膠着状態になり、延長戦へ。

そして延長戦前半…

岡崎慎司がペナルティエリアでファールを受け、PK獲得!!

これを本田圭佑が真ん中に蹴っていったんはブロックされるも、途中出場の細貝萌が決めて勝ち越し!!

しかし後半終了間際…。

もったいない失点だった。

ったく、本当に面倒くさいのう…。

なんか、韓国のGKがあの亀田家の次男・大毅に似てるわ…。

PK戦。

1人目、本田圭佑。

決めた。

韓国の1人目、川島永嗣が弾いた!!

2人目、岡崎慎司。

決めた。

韓国の2人目も、川島が止めた!!

3人目、長友佑都は、浮かせてしまった…。

韓国の3人目は、右へ外した。

4人目、今野泰幸。

決めた…!!

日本、決勝進出!!!!

GKの川島、なんという精神力!!

いつも思うが日韓戦は見ていて疲れる。

なんか今回はドラマばかりだ。

さあ、決勝はオーストラリアかウズベキスタンか!?(※)

※追記

もう片方の準決勝は、オーストラリアがなんと6-0という大差でウズベキスタンに圧勝!!

ということで、決勝は日本×オーストラリア!!

オーストラリアの監督って、あの浦和レッズも指揮していたホルガー・オジェックだよね!?

また凄まじい試合になりそうだ。

ここまできたら、優勝目指そうじゃないか!!

2011年1月22日 (土)

サッカーAFCアジアカップ2011準々決勝 カタール 2:3 日本…ホスト国相手に10人になってもベスト4へ!!!

いやあ、気がつけば1月ももう3週間過ぎてしまった…。

いつの間にか、間寛平のアースマラソンが終わっていた。

ニュース解説でおなじみの池上彰の番組も、今のうちにチェックしておかないと…。

そんなテレビ番組が乱立した今日…サッカーの日本代表は地元カタールとアジアカップの準々決勝。

カタールは、開幕戦のウズベキスタンには0-2と完敗も、その後中国に2-0、クウェートに3-0と快進撃中。

中東の笛もありうる試合。

まさに、完全なるアウェーゲームである。

試合は、まずカタールが先制。

ウルグアイの帰化選手・セバスチャンにオフサイドトラップを掻い潜られて…。

その後、香川真司が同点ゴール。

岡崎慎司がロビングして、香川がゴールへ突っ込んだ。

後半。

吉田麻也が警告2枚で退場。

その直後のフリーキックで勝ち越される。

ファビオ・セザールもブラジルの帰化選手なんだよね。

カタールのサポーターがウェーブを起こす中。

それでも、10人の日本が取り返す。

香川真司がまたも同点ゴール!!

これも岡崎が絡んで生まれた。

まあその後は、カタールも勝ち越しを狙って、意表をついたシュートでGK川島永嗣を脅かす。

で、後半44分…。

伊野波雅彦が勝ち越しゴール!!

これは、香川が攻めに入ってゴール前が混戦した中で伊野波が「漁夫の利」で決めたゴールで、事実上香川のアシストによるもの。

うわあ、こんなドラマが待っていたとは!!

この瞬間、カタールのサポーター大勢が沈黙。

そして、お約束?のロスタイム4分…っておいおい…。

何とか凌ぎきって、開催国カタールの快進撃を打ち止めにした。

平均視聴率25%の大台を超えそうな(もしかしたら箱根駅伝超えるか?)、なんともドラマチックな展開だった。

負けた時点で終了、そしてまた予選からやり直しになるが、よくぞ10人で踏ん張った!!

次は準決勝、相手はイランか韓国※になるが、どっちが勝ち上がってきてもまたすさまじい試合になるだろうね。

内容的にも、視聴率的にも。

moguraも、試合が続く限り応援していきますよ!!

※ 1/23 追記

イラン×韓国は、延長戦の末0-1、韓国が勝利。

結局、準決勝の相手は韓国となり、日韓戦となった。

個人的には、何かと面倒くさい韓国なんかより、イランの方がよかったなと思ったが。

今までのどうでもいい日韓戦とは違い、今回は公式戦である。

パク・チソンがいようがいまいが、とにかく勝たなければならない。

日本だったら…と楽勝面している韓国に勝って、「日本が強い」という現実を思い知らせてやれ!!

2011年1月18日 (火)

サッカー・AFCアジアカップ2011 日本 5:0 サウジアラビア…岡崎が、前田が大暴れ!!

まず、今日の試合、moguraはまた苦戦するだろうと思っていた。

2連敗でグループリーグ敗退したとはいえ、サウジアラビアにも意地があるはずだ。

サウジとは4年前、2007年の夏、ベトナムなど東南アジアでのアジアカップ準決勝で、2-3とズタズタにされた因縁の相手である。

今日も苦戦は必至だと、斜に構えて見ていた。

しかし…今日はそんな思いを吹っ飛ばすような試合展開で、なんか安心して見ていられた。

前半、岡崎慎司の2発に、前田遼一。

特に岡崎の先制ゴールは、あたかも曲芸を見ているような光景だった。

後半も、前田、そして岡崎のハットトリック!!

岡崎と前田が大暴れして、なんとサウジアラビアから5ゴール!!

今日は、シリア戦で退場処分となった川島永嗣が出場できず、代わりに西川周作がGK。

北京の時は全くぱっとしなかったが、今日の試合は無失点で切り抜けた。

5-0、4年前のアジアカップ準決勝で煮え湯を飲まされたサウジにリベンジ成功!!

松井大輔が故障で帰国というのは残念だが、この日本チームはまだまだできると思っている。

一方のサウジ。

なんか、9年前の札幌での対ドイツ戦を見ているような感じ。

あの時は、0-8と惨敗、やる気以前の問題だったんだよなあ。

サウジは、シリア戦の1敗だけで監督交代。

こうやって安易に監督を交代させれば、選手の士気も下がるだろうに。

準々決勝のもう1つの枠は、ヨルダンとシリアの直接対決を制したチームになるが、2-1でヨルダンが勝利した。

To Jordan, conglaturations!!

ヨルダンは、意外と強かったわけだ。

結果的に、日本とヨルダンは勝ち点7で並んだが、得失点差は日本が8-2=6、ヨルダンが4-2=2で日本が1位、ヨルダンが2位。

日本はこの試合の5ゴールが大きな意味を持った。

グループAは1位がウズベキスタン、2位がカタール。

日本はホスト国のカタールと、ヨルダンはウズベキスタンと、それぞれ準々決勝を対決することになった。

まさに、日本にとってはアウェーゲームである。

中国、ベトナムに続き、またもやアジアカップでアウェーゲームを経験するのである。

どんな試合になるんだろうか。

まず準々決勝、次に準決勝、そして決勝と、着実にどんどん前へ進んでいってほしい。

2011年1月14日 (金)

サッカー・AFCアジアカップ2011 日本 2-1 シリア…中東の笛もあってか10人でシリア狩り!!

いやあ、深夜だというのに物凄い試合を見たなあ…。

まず、正直な話をしよう。

ヨルダンもサウジアラビアに1-0で勝っちゃったという一報で、これは本当に勝たないとまずいな、と危機感をもった。

選手と同じ気持ちになっちゃったよ。

で、試合見ると、やはりシリアはモチベーションが高かった。

前半、やっぱり見違えるような動きをするシリアにタジタジ。

これはまずいな…と思った。

相変わらず、型どおりに針の目を通すことばかりやってどうするんだよ、と文句も言いたくなったが…。

前半35分、長谷部誠がゴール!!

本田圭佑がかく乱させて、その後香川真司が狙って、松井大輔が回して最後に長谷部。

で、後半もシリアがガツガツ来たからね。

まあ白熱した中で…水を差したのが、川島永嗣の退場。

おいイラン人審判、何でここで中東の笛なんだよ!?

(あとでスタッツ見たが…決定的なゴールチャンスの阻止か?)

mogura、深夜だというのに思わず絶叫してしまったよ。

もやっとした想定外の展開でPKを決められ、同点にされる。

しかし10人になっても日本は勝ちに行く。

後半37分、岡崎慎司がペナルティエリアで得たPKを本田圭佑が決め、勝ち越し!!

で、ロスタイムが…6分?

また嫌味ったらしいというか、笑うしかなかったな。

何とか凌いで、2-1でシリア狩り!!

勝つには勝ったが、中東の笛に退場にPK…もう何でもありの試合だったな!!

これでサウジアラビアにも勝って、しり上がりで準々決勝に進んでもらいたい。

もっと工夫が必要だな、ミドルシュートを打ちまくったりとか。

既にサウジはグループリーグ2連敗で敗退が決まっているが、サウジも勝ち点0のまま終わりたくないだろうから、かぶとの緒は締めて臨んでもらいたいものだ。

2011年1月10日 (月)

サッカー・AFCアジアカップ2011 日本 1−1 ヨルダン…最悪の結果は免れたが。

サッカー日本代表の今年の初陣は、いきなり、アジアカップサッカーである。

カタールの気候上、1月開催は致し方ないのかなと思うが、11年後、2022年のワールドカップもカタール開催なのである。

どうするんだろ?

で、初戦のヨルダン戦。

ヨルダンと言うと、ペトラ遺跡、死海、あとは肥料工場があるんだよな。

サッカーの記憶は、7年前の中国大会の準々決勝、1−1の後のPK戦…。

あの時はピッチ交代もあったんだよな。

そんな因縁もあって、今回もヨルダン相手に苦戦するだろうな、と。

中東だからどちらかと言うとヨルダンのホーム、日本のアウェーと言うイメージだろうか。

テレ朝の中継見てたけど、うーむ、なんだかなあ、な試合だった…。

前半終盤になって、ヨルダンに先制されちまったのだ。

シュートが吉田麻也の足に当たってそのままゴール…。

おーい…。

後半もなんとなくちぐはぐな試合展開だったが…。

ロスタイム、吉田がヘディングでゴール!!

最悪の結果だけは免れた。

まあ最後の最後で追いついたことは評価したいが、初戦はやっぱり難しいなあ。

あと2試合、シリアとサウジアラビア相手に、勝ち点は積み上げられるだろうか?

次のシリア戦は1/14(金)の深夜キックオフの試合だが、なんとか起きてチェックしていきたい。

<追記>

もう片方の試合、なんとシリアがサウジアラビアに2−1で勝っちゃった!?

やはりサッカーは何が起こるかわからないが…。

ザック、たった3試合で終了、だけは勘弁してくれ。

2011年1月 1日 (土)

2011年、ありえない年をスタートさせる!!

当ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。

ようやく連休の取れたmoguraです。

いよいよ、2011年がスタートしました。

皆様、どんな年にしていきたいですか?

ワタクシmoguraはというと、今年はいい意味で「ありえない」年にしたいと思ってます。

悪い意味でではありませんよ!!

あんなことも、こんなことも、やっていきたい、といろいろ企画してます。

また、自分としても「仕分けする」年にしたいと思ってます。

moguraも30代後半、そろそろ、自分の生き方を見直す時期に来ています。

そのためにまず、仕事というか勤務先も仕分けしようと思ってます。

人間性すら感じられない、今の会社はリタイアします。

今の会社は、給料面は悪くはないのですが、なんか声を掛けたらぶん殴られそうな殺伐とした雰囲気もあって、一生働きたいとは思いません。

できることなら履歴書から消したい会社なのです。

いつまでも、ただ命令されるだけの嘱託社員でいるつもりはありません。

これはもはや賭けです。

自分自身がどこまでやれるのか、を問う1年にしていきたいのです。

昨年は思うようなブログ更新はできませんでしたが、今年は時間があればどんどん更新していこうと思ってます。

今年も当ブログのご愛顧、よろしくお願いいたします!!

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »