最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

ブラジルW杯アジア3次予選、相手はウズベクにシリアに北朝鮮!?

ブラジルW杯の予選の組み合わせが決まったらしい。

ウズベキスタン、シリア、北朝鮮。

なかなか、侮れない相手が揃った。

相手の良し悪しだけでなく、きちんとホーム&アウェーで試合ができるかという不安もある。

ウズベキスタン。

今年のアジア杯ではベスト4入りした、成長著しいチームだ。

ウズベクとは、最近で言うと南アフリカW杯の大荒れ出場決定試合が記憶に新しい。

アウェーゲームで、序盤に岡崎慎司が形振り構わぬゴールを決めて1-0で勝ったのだが、それ以降防戦一方だったんだよなあ。

シリア人審判も不可解なジャッジしていて、長谷部誠は退場するわ、岡田さんも不可解な理由で退席食らうわで、まあ出場は決めたけど大荒れだったよなあ。

ウズベキスタンでも実は地震があった。

死者も出ているとのこと、なんとなく怖い。

シリア。

日本時間で真夜中の、アジアカップの死闘も忘れられない。

2-1でやっと勝ち越したんだよな。

相手も手ごわいが、ここはアウェーゲームが可能なのか疑問。

反政府デモが勃発していて、W杯2次予選は中立国のヨルダンで開催したほどだ。

そういえば、ロンドン五輪の男子サッカーの最終予選もシリアとやるんだよね。

いろいろな意味で厄介な相手だ。

北朝鮮。

え?

あの小坊主チョン・テセが主力の?

極東とやるの?

昨年の本選はブラジル・ポルトガル・コートジボワール相手に惨敗したが、これまた厄介な相手だ。

しかも、ホームゲーム初戦の相手。

拉致問題とかいろいろあるし、ピョンヤンで果たして試合できるか?

そうなったら視聴率上がっちゃうかも(笑)。

…え、来週の試合?

高岡某とやらが槍玉に挙げた(?)国との試合のこと?

あんな面倒くさい国なんかと何回試合したら気が済むんだ。

水曜日は忙しすぎるからどうせLIVE中継は見られない。

それにmoguraは随分前からアンチ韓流なので見ない。

いっそのことソウルか釜山に社屋移転すべき台場局が中継するとばかり思ってたけど。

赤坂局ねえ…水曜日はいつものように期待できない視聴率に終わるんじゃないのか?

これ以上韓流を付け上がらせないためにも、極力見ないことをおすすめします。

(宣伝したくないので国名は試合終了まで伏せさせていただきます)

<8/4 追記>

今、松田直樹の勇姿を、DVDで見ていた。

あるときは横浜Fマリノスのディフェンダーとして。

あるときは日本代表の一員として。

トルシエ時代の9年前の日韓W杯、3バックのあの時が一番輝いていたんだなあ。

今年からは、松本山雅FCでプレーしていたが…。

34歳、まだ現役でやれる年齢なだけに、なんか信じられない話だわ…。

2011年7月28日 (木)

70000アクセス御礼、そして自分の現状。

一昨日、70000アクセスを達成しました。

ご愛顧ありがとうございます。

地上アナログ放送も終了。

地上アナログテレビ内蔵のmoguraのストリームも、1週間前に地デジチューナーを取り付けた。

これで、心おきなく車内でテレビが見られる。

雇用促進住宅も、再契約が決定。

今、手続きをとっている最中である。

こんなmoguraに、ありがたいことである。

ひとつだけ、懸念事項がある。

それは、今の会社、今の仕事に嫌気が差していること。

仕事のモチベーションが、日を追うごとに低下していることだ。

組織だって意思決定だってコンパクトにできればいいのに、今の中央集権体制では全くできない。

こんなわずらわしい会社は、今の会社が初めてだ。

上層部は、社員が何時間働いていると思っているのか。

極端な話、労働基準法を明らかに超えているだろう。

仕事の鬼…いや、潔癖人間が罵倒ばかりしやがって、終電真際までこき使わせるのもいい加減にしろって感じ。

こんな会社にいたら、うつ病になる。

このまま続くのなら、今度こそ本気で考えるつもりだ。

あの潔癖人間が工場長にでもなったら…離職者続出するだろうな、きっと。

独裁体制でも敷くことになるだろう。

想像しただけでも恐ろしい話だ。

その前に本気で考えるつもりだ。

2011年7月18日 (月)

FIFA女子W杯決勝 日本 2:2 アメリカ…なでしこが激闘を制し世界一!!

ハイ、また早起きして見てました。

なでしこが、女子サッカー最強国アメリカと頂上決戦。

まあ、相変わらず上手い、速い、アメリカ。

男子で言うとブラジルかな。

こりゃ、今までのサッカーがやりにくいんじゃないか、と。

前半、やっぱりアメリカに押され、あわや失点というシーンも2度あった。

日本もチャンスは作れど、なかなかゴールは割れない。

後半、アメリカも足が止まる中、チャンスも多くなってきたと思いきや。

やはり、アメリカはアメリカ。

後半24分、縦からのカウンターでゴールされる…。

あきらめるな、日本。

そんな思いで見ていた。

そして、後半36分。

ゴールの前の競り合いの中、宮間あやが同点ゴール!!

1−1、このスコアのまま延長戦へ。

延長戦。

やはり仕留め切れないところが出てしまった。

前半14分、また勝ち越される…。

日本も動きが止まってきた。

しかし後半12分。

コーナーキックから、澤穂希が同点ゴール!!

このまま終わるかと思いきや。

岩清水梓、危険なタックル?で退場。

このゴール前正面のフリーキックは何とか凌いだ。

で、PK戦。

アメリカの1人目は、海堀が足でブロック。

日本の1人目、宮間あやは落ち着いて流した。

2人目はホームラン。

2人目の永里優季は、はじかれた。

3人目は、海堀がブロック。

3人目は、阪口夢穂は、キーパーがはじききれずゴールへ。

4人目、ワンバックには強烈に決められた。

そして4人目、熊谷沙希は…決めた!!

なでしこ、死闘を制し、世界一!!

おめでとう!!

いろいろと逆境はあったが、なでしこ、強い!!

なでしこ万歳!!

感動をありがとう!!

2011年7月14日 (木)

FIFA女子W杯準決勝 日本 3:1 スウェーデン…恐るべしなでしこ、決勝へ!!

ハイ、早起きして見てました。

なでしこが、表彰台をかけてスウェーデンと対決。

スウェーデンとは、アテネ五輪の女子サッカーで1-0で勝った記憶があるから、決して勝てない相手とは思わない。

ただ今回は事情が違う。

ここまで4戦全勝、その中にはなんと女子サッカー最強国のアメリカに勝っているのだから、かなり手ごわい相手だ。

舞台はドイツの玄関口、フランクフルト。

…moguraが6年前に訪問したスタジアムだな。

当ブログの要望が届いたのかどうか知らんが、準決勝のスウェーデン戦はフジテレビがLIVE中継に踏み切ったようだ。

てかフジ、緊急生中継って、ここまで中継してないなんてもったいねえぞ…。

試合だが、前半は澤穂希のパスミスからの失点以外は、まあ悪くない展開だった。

あの失点はもったいなかった。

しかし、川澄奈穂美がなりふり構わぬシュートで同点!!

ボール支配は日本が上回っていたから、スウェーデンもイラついていた様子。

後半、波状攻撃を繰り返す中、失点のきっかけをつくった澤がヘディングで勝ち越しゴールを決める!!

澤、取られたら取り返す、大和魂見せたな。

こうなると、スウェーデンが焦り出す。

そんな中、川澄がラッキーな技ありゴールで突き放す!!

キーパーが飛び出してきて、川澄が落ち着いてループシュート!!

3-1、表彰台・メダル確定、はっきり言って圧勝だった。

その証拠に、スウェーデンのシュートは、たった4本だけ…。

スウェーデンに試合をさせなかったなでしこ、恐るべし!!!

決勝は、フランスに3-1で勝ったアメリカが相手になるが、真っ向勝負を挑むんじゃなくて、相手をいなすような感じで戦ってほしいものだ。

こりゃ、月曜日も早起き決定だな。

2011年7月10日 (日)

なでしこ出場の女子W杯、地上波でのLIVE中継を求む!!

いやあ、なでしこ強え!!!!!!!

(!マークは今までのゴール数に合わせました)

ドイツで開催中の女子ワールドカップ。

グループリーグは、ニュージーランドに2-1。

メキシコに4-0。

澤穂希が、メキシコ戦でハットトリックを達成している。

イングランドには0-2と完敗も、初めて準々決勝へ。

そして準々決勝の相手が、2連覇中の世界王者で、今回のホスト国でもあるドイツ。

3年前の北京五輪の3位決定戦では0-2と完敗を喫している。

うわっ、また苦戦必至だろうな、と思っていたが。

前半後半90分でスコアレス、延長戦も後半に入って丸山桂里奈が難しめの角度からゴール!!

完全アウェーのドイツの牙城を崩し、準決勝に進出!!

FIFAのテキスト速報を眺めていたけど、いやあ、これは快挙だ!!

で、マスメディアにお願いしたい。

こういうのは、地上波でLIVEで放送してくれない?

BSだけじゃ、BS契約している人しか見られないし。

まあ、ドイツ戦はフジテレビが録画中継してくれるらしいが、今日の深夜じゃ遅いなあ。

準決勝、(日本が進めたら)決勝は、NHKでもフジでもいいからさ、ぜひとも地上波で中継を!!

そうすれば、(恐らく重視しているであろう)率も、取れるかもよ(笑)。

2011年7月 7日 (木)

7年後の冬季五輪、ピョンチャン開催での懸案事項とマスメディアへの苦言。

このほど、2018年の冬季オリンピックの開催地が、韓国のピョンチャンで開催されることが決まったらしい。

韓国での冬季オリンピック開催は初めて。

時差もないから、とんでもない時差調整はなく見られる。

ただ、moguraは韓国開催でいいのか?と勘繰ってしまう。

ソウル五輪は、ボクシングで八百長があった。

地元韓国が審判を買収してまで金メダルを取ったり、審判の判定を不服として競技妨害を行うなど、汚点を残した(詳細はこちら)。

日韓W杯は、審判までもが韓国勝利に加担した試合ばかりが目立ち、ヨーロッパ(特にポルトガル、イタリア、スペイン)から大いに反感を買った。

今でも思うが、当時の韓国にベスト4の実力なんかなかったと思っている(そのしっぺ返しがドイツW杯のスイス戦であったようだが)。

それゆえに、mogura的に韓国にはダーティなイメージしかない。

今度の冬季五輪は、不公平なジャッジなどがないよう、毅然とした運営を要請したい。

そしてついでに、日本のマスメディアにも苦言を呈したい。

別にカラ?とか何とか時代とやらを紹介したり推したりするのはかまわない。

しかし、ここは韓国ではなく日本であることを忘れてはだめだ。

最近、どこの国のマスメディアだ?と誤解されるような報道も目立つ。

フィギュアやサッカーなど、結局どこを応援しているんだ?という情報番組も目立つ。

ふざけるなと言いたい。

だったら報道拠点も根こそぎ韓国に移せと言いたい。

それが嫌なら韓国に媚びるな。

それぐらいの覚悟でやらないと、ピョンチャン五輪の報道は信用してもらえなくなるぞ、マスメディア。

2011年7月 3日 (日)

節電には外出が一番。

つらい暑さの夏。

節電の夏。

外出するのが一番いい。

電気を極力使わない。

家にいるとついついPCを使ってしまう。

エアコンは最初から設置しない。

扇風機で暑さをしのぐ。

moguraはこれで夏を乗り切る。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »