最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

東京マラソン…明暗がわかれたが。

どうも、moguraです。

そういえば、昨日東京マラソンやってたんですよね。

実はmoguraも見てたんだけど、記事にするの、すっかり忘れてました。

マラソンというと、五輪と世界陸上以外はどうしても五輪出場選考レースしか見ないけどね。

実は昨年の女子の横浜も男子の福岡も見てたし。

今年に入ってからは女子の大阪も見てた。

もちろん、この男子の選考レースである東京マラソンも見てた。

まあ出場者の中には、福島県の南相馬市長や、日テレのヒルナンデスの出演メンバーなどもいたらしいが。

藤原新はすごかったね。

現在は職に就いていないが、2時間7分台で2位でゴール。

優勝したケニアのキピエゴに15秒差まで迫ったぐらいだし。

ゲブレシラシエも抜いたし。

いよいよロンドンが射程距離か!?

本選でも戦えるようにしてほしいね。

公務員ランナーの川内優輝はどうだっただろう。

福岡では日本人トップの3位でフィニッシュしたものの、タイムに満足できず、無謀にも今回の東京マラソンに挑戦。

今回は14位と結果が出ずに終わって、坊主頭にしてきたが、何も諦めることはないだろう。

まあ、こんな時もあるんだからさ。

ロンドンのメンバーに選ばれても選ばれなくても、走り続けてほしいわ。

さて、あとロンドン出場を決めるマラソンは2つ。

男子は、来週のびわ湖毎日マラソン。

これ、毎日新聞主催の毎日マラソンというぐらいだから、大阪のMBS(毎日放送)が中継するかと思ったら違ってNHKなんだよね。

昔の記録だと、ソウル五輪の選考レースで瀬古利彦が優勝しているんだよね。

今回は世界陸上テグ大会7位の堀端宏行とか、福岡4位の今井大介とか、リベンジ組が多い。

あとは、震災1周年の日に開催の名古屋国際女子マラソン改め、名古屋ウィメンズマラソンか。

これは出場メンバーがすごいから、注目する人も案外多そうだな。

渋井陽子に野口みずきに尾崎好美に赤羽有紀子。

思いっきり激戦区じゃん。

でもね、案外漁夫の利で大穴が優勝したりするんだよね。

それがあるから面白いんだけど。

2012年2月25日 (土)

日本 3:1 アイスランド…今まで見たことないスローインを見た…。

2月から3月中旬にかけて、日本サッカーはロンドン五輪世代やA代表、さらには女子代表(なでしこ)まで、チェックしておきたい試合が目白押し。

で、今日は日テレで、ザックJAPANの試合が大阪からLIVE中継された。

ザックJAPANの初戦の相手は、北欧の温泉大国・アイスランド。

確か日テレのイッテQだったか、カレンダープロジェクトでオーロラ撮影に行ったこともあったみたいで…。

数年前にはリーマンショックの影響で金融破たんしたこともあったなあ。

moguraのアイスランドのイメージは以上だが、閑話休題。

FIFAランク103位のアイスランドの、今の監督はラガーベック。

この人、かつてスウェーデンやナイジェリアの代表監督も務めていたから、知ってることは知ってる。

試合は3:1、まあ実力通りの結果だった。

前半早々に前田遼一、そして後半には藤本淳吾、槙野智章がゴール!!!

最後のPKは余計な失点だったが…。

アイスランドで目を引いたのはスローイン。

後半の7番の選手だったか、宙返りしてスローイン。

このたびに大阪の観客は沸きあがってたな。

ハンドスプリングスローというらしいが、これはmoguraも今まで見たことなかったぞ。

ある意味、面白く見た試合でした。

2012年2月23日 (木)

マレーシア 0:4 日本…そして日本は次節ドロー以上で本選へ!!

今日、仕事が終わったのが22時10分。

でその頃には、マレーシアでの五輪最終予選が始まっていたわけで。

柳瀬川駅近くで、あの柏レイソルの酒井宏樹の先制ゴールの瞬間を見ました。

もちろん、テレ朝のワンセグで。

あとの得点シーンは見逃してしまったが…。

まあ序盤はマレーシアもいい動きしていて、あわや先制ゴールか!?というシーンもあった。

しかしやはり日本、地力を見せました。

先制点が生まれたのが前半34分台。

うまいこと放り込んで酒井宏樹が押し込んで先制ゴール!!

2点目は、FKから大迫勇也がヘディングでゴール!!

後半は、あっという間に2点が入った。

原口元気の気持ちの入ったスライディングボレーで3点目。

さらに、扇原のミドルシュートをGKが弾いたところへ、斉藤学がゴール、4点目。

これで日本は最低限のノルマを達成。

やはり、日本には底力があった、ということだ。

で、どうしてもバーレーン×シリアを見たくて、某所のストリーム映像へアクセス。

見ることが出来ました。

結果は、バーレーン 2:1 シリア。

バーレーンが勝ちました。

前半10分に、なんとバーレーンが先制、1-0!!

その後、シリアの国旗?を持った輩がピッチに乱入(邪魔してんじゃねーよ…)。

後半の終盤になって、シリアがまたも技ありシュートで同点に追いつくも、その数分後にバーレーンが勝ち越しゴール。

結果、日本が勝ち点12でトップ、次点がシリアで勝ち点9のままで得失点差+3、そして同じく勝ち点9で得失点差-1のバーレーンが続く。

これで日本は、引き分け以上で本選出場が決まる!!

3週間後の東京国立でのバーレーン戦が楽しみだ!!

2012年2月12日 (日)

80000アクセス達成。

どうも、moguraです。

おととい、80000アクセスを達成しました。

ありがとうございます。

こつこつと見てくれればそれでいいのです。

まあ最近は、韓国やえーけーびーへのいい加減にしろ的なネタばかりですがね。

最近気になったニュース?

moguraは、どこぞの若者の出来ちゃった結婚(これは将来を考えると賛成できない!!)より、ホイットニー・ヒューストンの急死のニュースの方がさらにショックだったが。

ホイットニーと言ったら、映画ボディーガードの主題歌「I WILL ALWAYS LOVE YOU」がラジオでヘビーローテーションしてたことを思い出します。

それにしても48歳じゃ早いだろう…。

合掌。

2012年2月 9日 (木)

韓流亡国論…韓国は日本を乗っ取ろうとしているのか?

この際だからはっきり言いましょう。

moguraが今最も嫌いな国は、韓国である。

サッカーにしてもなんにしても、ダーティなイメージがぬぐえないからだ。

それだけではない、理由は後述しよう。

で、今回のタイトルだ。

我ながら実に過激なタイトルであるが、真面目な話、及び腰のマスメディアに代わって警告しておかないといけない。

最近、やれえーけーびーとやらだ、やれ韓国だ、テレビはそういう話題ばかりである。

えーけーびーも人気あるんだかないんだかさっぱりわからんが、何でそんなにごり押すんだ?

えーけーびーなんか実は誰も知らん。

知りたくないもことをごり押しされてもむかつくだけなのでチャンネルを変える。

何気に情報統制とかしているらしいが、何、人気が全国区でないってことか?

それは事実だけどな。

韓国ネタは論外。

何が韓流ブームだ。

現に、民放の韓国ドラマなど、低視聴率と聞いている。

(その例として、昨年秋にフジテレビが日曜のゴールデンタイムに放映した韓国ドラマは視聴率一桁と惨敗したらしい)

もう既に、「興味ない」を通り越して、「大嫌い」。

まるで韓国のテレビ局になったかのように、日本のテレビ局は落ちぶれてしまった。

そりゃ、テレビ不況にもなるわ。

円高や国際競争に負けていることだけが理由ではない。

いくら高性能であっても見たいテレビ番組が少ないからだ。

テレビ局が低予算を理由に、質の悪い番組を量産するだけではない。

やれ韓国ドラマだ、やれ韓国ネタをねじ込んだバラエティーだ、いかにも韓流ブームだなどと内輪だけで騒いでいる。

要は、日本人視聴者を韓国まみれに洗脳しようしているのだ。

正直、在京キー局はどこもそうだ。

BPOはふざけたバラエティの批判はするが、韓流まみれになっているという話は一切、しない。

結局、BPOは監視機能を果たしていない。

テレビに限ったことではない。

ラジオもいつの間にか韓国ネタが増えた。

最近はTOKYO FMはおろか(あ、安部礼司よ、お前もか)、J-WAVEもほとんど聴かなくなった。

何でこうなった。

雑誌も新聞も、いかにも媚韓な話題が目立つ。

その証拠に、韓国批判は見られず、見るのは韓国礼賛論ばかり。

何じゃそりゃ。

どこか、韓国に都合の悪い記事を書くマスメディアはないのか?

もしないなら、moguraが代わりに述べてやるよ。

他にも言いたいことはたくさんあるが、これまでにしておく。

最後に、moguraから警告しておく。

韓国は撤退しろ。

以上

2012年2月 5日 (日)

シリア 2:1 日本、男子の最終予選の4戦目はやはり鬼門だ…。

どうも、moguraです。

当ブログは、代表関連のサッカーになると俄然書きたくなるブログです。

まあしかし、シリアはあんなに政情不安だというのに、五輪に出て大丈夫なのだろうか?

それもあってこの4戦目はヨルダンの首都アンマンで行なわれた。

ヨルダンって言うと…確か全農などが合弁で設立した肥料会社があるところだな。

映像は、テレ朝もBS1もハイビジョンなのでドロー(笑)。

昨年A代表がタジキスタンに遠征に行ったときは、BS1よりフジの方が画質がよかったからねえ。

過去、アテネ、北京と最終予選6戦中の4戦目は実は日本にとっては鬼門なんだよね。

アテネのときは、確かバーレーンとのホームゲームだったが、0-1で敗北。

北京のときは、カタールとのアウェーゲームだったが、1-2で逆転負け。

あまりいい思い出がない。

ザッケローニが現地観戦したこの試合も、前半18分に山崎亮平が早くも故障。

代わって入った大迫勇也が、相手のFKをクリアしようとしてオウンゴール…。

先制点を献上してしまう。

おいおい…。

なんかパスもつながらないし、シリアに押されっぱなしだし、心配になってきたが…。

前半の終わりに、走りこんできた永井謙佑がうまい角度でゴールイン。

1-1の同点!!

さあ、日本のリズムも乗ってきたし、後半もこの調子で…と行きたいところだが。

シリアも必死だ。

後半の終盤になって、ミドルシュートを決められて勝ち越されてしまう…。

そんな技ありシュート、こっちが決めたかったのに…。

1-2で残念ながら敗戦…。

やっぱり鬼門だな、4戦目は。

残り2戦、どうするんだ、関塚さん?

マレーシアとのアウェーゲーム、バーレーンとのホームゲーム、なんとか2連勝で勝ち抜いてほしい!!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »