最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

7/30の五輪…金メダル級の格好いい女子柔道、競泳も銅3つ。

どうも、moguraです。

いやあ、女子柔道なめてました。

こんな逸材がいたとはね。

松本薫。

柔道女子57kg級で、金メダル。

何より顔が特徴的だよね。

松岡修造みたいに闘争心を燃やしている顔がね。

NHKで準決勝と決勝だけ見ていたけど。

この人も一本を取りにいく攻めの柔道をやっていたので、好感が持てる。

とにかくおめでとう!!

かたや、中矢力は、決勝まで進んだのはいいが、ロシア人選手相手に力負け、銀メダルどまり。

男子も続いて欲しいが…。

次。

競泳もすごかったみたいね。

銅メダル3つ。

テレ朝で真夜中に中継していたが、全部見逃してしまった。

寺川綾、入江陵介、鈴木聡美。

いつの間に力つけてたんだ…。

体操の男子の団体?

これについてはコメントしたくない。

表彰台に立とうとカウントしたくもない。

なんか柔道といい、今回の審判団は、どうもおかしい。

クレームしたら認められるって、よくわからんわ、採点競技は…。

2012年7月30日 (月)

7/29の五輪…日本柔道は準決勝に阻まれるも、男子サッカーはシドニー以来の決勝トーナメントへ、そして…。

どうも、moguraです。

なんかいらいらしています。

女子柔道、弱い!!

晴れの決勝の舞台まで進めていない。

女子52kg級の、中村美里。

北京の銅でも悔し涙だったが、その因縁の相手となった北朝鮮のアン・クメ相手に初戦で優勢負けで北京以上の悔し涙という結果に。

おいおい、4年間かけて初戦敗退で惨敗って何やってるんだよ…。

かたや男子66kg級は、海老沼匡がどうにか準決勝まで進んだ。

予選はNHKだが、決勝ラウンドはTBSがLIVE中継もってたから、仮に海老沼まで負けてたらTBSは何を放送するんだ状態になったことだろう。

それにしても、準々決勝が酷かった。

韓国人との試合。

なんか日本勢を勝たせない圧力でもかかっているのか、審判団は延長戦での有効を取り消したのである。

そして最後の判定で、相手方に3つ。

はあ?????????

おいおい、審判団、日本になんか恨みつらみでもあるのかコラ!?と会場行ってたら叫んでいたことだろう。

その後、もう一度判定、日本の方に3つ。

これでなんとか海老沼は準決勝へ。

それで準決勝は、グルジア人選手に一本負け。

3位決定戦でポーランド人選手に一本勝ちしたが…。

日本の柔道に、金メダルの壁が立ちはだかっている。

次。

フジが中継していた、男子サッカーの日本×モロッコ。

(実況は、フジではなく、アジア杯決勝なども担当したテレ朝の進藤アナ)

手を焼いたねえ。

モロッコは意外とガツガツ来るし。

ボールへのチェックが速い速い。

ひやひやしたシーンもあったが、0−0で後半戦へ。

その後もひやひやの連続、もどかしい展開になったが・・・。

永井謙佑の技ありループシュートが決まり、1:0!!

お見事!!!!

決勝トーナメント進出も決定!!

そうなると、水曜深夜のホンジュラス戦はNHKだが、土曜の準々決勝は確か日テレだったよね?

時間帯によってはものすごい視聴率が出そうだ。

その合間に日テレに回して、アーチェリーの女子団体で初の銅メダルだって。

すごいね。

並びは、韓国、中国、日本。

またアジア勢じゃん。

で北島康介は…100m平泳ぎで5位…。

時代の流れかねえ。

次のメダルはどこだろう…!?

そろそろ金メダルが欲しいが。

2012年7月29日 (日)

7/28の五輪、なでしこ 0:0 スウェーデン、柔道は平岡拓晃が銀メダルどまり、そして重量挙げは銀メダルヒロインが誕生。

どうも、moguraです。

今日からは、実際のLIVE中継のテレビ局も記載し、日記形式で五輪のハイライトを書くことにします。

なお、仕事などもあって全部は見られないので、深夜帯などは有望なものだけ拾うことにします。

今日は、テレ朝とNHKでLIVE中継があった。

テレ朝が柔道の予選、NHKが女子バレー、女子サッカーと柔道の決勝。

女子バレーは、アルジェリアに完勝したが、まだまだ評価はしない。

もし強豪のイタリアとロシアに勝ったのなら、考えよう。

女子サッカー、第2戦の相手はスウェーデン。

お互いに手を知り尽くした相手である。

今までが女子W杯で3:1、アウェーゲームで1:0と勝っていて分がいいとはいえ、簡単に勝たせてくれる相手ではないと思っているが。

中2日とあってか、どうも動きが鈍いなあ、と感じた。

パスの精度も信じられないくらい悪く、簡単にカウンターされてしまう。

シュートを打ってもキーパーの真正面だったり…。

なんか真昼間だったからやりにくかったんだろうか。

女子も男子のように期待しているからか、つい「おいおい何やってるんだ」と檄を飛ばしたくもなる。

終盤になると足が止まって思うようなプレーが出来なくなり、スウェーデンに簡単にボールを取られて危うく失点なんてことも多々。

結局スコアレスドロー。

スウェーデンと得失点差で差をつけられているだけに、勝ちたかった試合だった。

第3戦は南アフリカ戦となるが、これでてこずってはいけない。

得点を稼いで失点は防いでいかなければ、臨むような結果は得られないぞ。

で、柔道。

これ、金メダル以外はあまりありがたくない種目なんだよね。

最軽量級の柔道は、実は女子サッカーと並行してワンセグで見ていたが、男女とも準決勝まで勝ちあがってきた。

女子48kg級、福見友子。

谷亮子に勝ってもなかなか表舞台に出られなかったが。

あれよこれよと準決勝まで上ってきた。

しかし…ルーマニアのドゥミトルに技あり1差で敗退…。

北京のときも準決勝で谷亮子を蹴落とした相手だった(そしてそのまま金メダルまで勝ち取った)。

ルーマニアに2大会連続負けかよ。

3位決定戦でもハンガリー人選手に延長戦で一本取られ敗退。

福見はまだまだ力不足だった、ということだ。

男子60kg級、平岡拓晃は、北京も出場したが初戦敗退という惨敗。

フランス人選手と戦った準々決勝が最も危なかった。

準決勝はイタリア人選手相手に技あり、一本勝ち。

しかし決勝はロシア人のガルスチャン相手に一本取られ、銀メダルどまり。

うーむ。

柔道やレスリングなど格闘技の種目は、金メダルしかありがたくないからねえ。

平岡も残念そうな顔でインタビューに応じてたようだ。

柔道は、できるだけ攻めの柔道を見たいね。

あと、これは途中で寝てしまったのだが、テレ東で重量挙げやってたな。

驚いたのは、女子48kg級で三宅宏実が銀メダルを取ったという!!

これは女子の重量挙げの快挙と褒められていい。

アテネ、北京でメダル獲得に失敗し、3度目の正直でメダルを勝ち取った。

44年前のメキシコシティ五輪で、おじが金メダル、父が銅メダルを取っており、重量挙げの家系が整ったな。

今朝方、NHKのおはよう日本で親子揃ってインタビューに応じていたが、親子の絆が感じられたな。

それにしても、金が中国、銀が日本、銅が北朝鮮って、アジア勢は重量挙げ強いのかな?

そして競泳の男子200m個人メドレーで、17歳の萩野公介が、あのフェルプスを破って銅メダル。

これの中継もテレ東だった、見たかったなあ…。

2012年7月28日 (土)

ロンドン五輪の開会式。

どうも、moguraです。

ロンドン五輪の開会式、途中で寝ちゃいました。

朝の5時から3時間40分ほどやってましたけど。

イギリスのロンドンでの五輪は、64年ぶり、1948年に開催して以来とのこと。

このとき日本は、出場を許されなかったんだよね。

戦争直後、ということもあって。

だから、事実上初めてじゃないかな、ロンドンでの大会に出場するのは。

まあ開会式はいつも流して見て終わるので、印象に残ったことをいくつか。

あのミスター・ビーンの俳優、ローワン・アトキンソンが出演したこと。(笑)

moguraはビーン、好きなんだよね。

劇場版も見てるし。

ポール・マッカートニーも出演した。

イギリスはアメリカに次いで洋楽の有名どころが多いからね。

聖火リレーは…デビッド・ベッカムは五輪に出たことなさそうだし、あまり目立たなかったな。

聖火は7人で点火。

そして全部が結集して1つの聖火に…。

もうロンドンは始まってるんだけどね、サッカーのある国にとってはね。

2012年7月27日 (金)

ロンドン五輪男子サッカー開幕…日本 1:0 スペイン!?…無敵艦隊が撃沈した日。

どうも、moguraです。

今日も見ました、男子サッカー。

モロッコ×ホンジュラスは2:2のドロー。

勝ち点1を分け合ってます。

いい傾向だ。

そして、日本×スペインですよ。

スペインというと、デルボスケ体制になってからサッカーの王道を極めてしまった国。

一昨年のW杯も、今年のEUROも勝ち取ったサッカー強国。

無敵艦隊という表現が、現時点ではよく似合う。

そんなイメージがU-23にもあったわけだが。

パスサッカーを主眼としているところはA代表と変わらない。

そんなスペインに関塚JAPANはいろいろとアイデアを凝らして攻めてみるが、なかなかシュートまで至らない。

と思いきや…扇原貴宏のコーナーキックから、大津祐樹がなんとゴール!!

ザックJAPAN入り確定だな。

そして前半のうちに、イニゴ・マルティンスが退場処分。

おそらく、永井謙佑の得点機会妨害だろうか。

前半はかなり善戦した。

後半。

スペインも覚醒して、かなり攻め立ててきたが、シュートまで打たせないようにした。

逆に日本は、シュートで応酬。

しかし、ダビド・デヘアにはじかれたり、シュートしても惜しいアングルで入らなかったり。

もっと点が取れたんじゃないか?

決定力に磨きをかけることも課題かな。

1:0だが、あの優勝候補のスペインを相手に、点差以上の完勝!!

個人的には0:2で完敗だろうな、と予想していたが、まさかこんな展開になろうとは。

まさに、無敵艦隊が撃沈した瞬間である。

これNHKかなりとっただろうな、視聴率。

NEWS WEB24に投稿しようとしたが、ツイッターもパンクしてるわ、今。

ただね、代償も大きかった。

大津祐樹も酒井宏樹も怪我で途中交代。

次に響かなきゃいいけど。

モロッコもホンジュラスもゴール2点ずつ取っているので、まだまだ侮れないぞ。

2012年7月26日 (木)

ロンドン五輪女子サッカー開幕…日本 2:1 カナダ!!

どうも、moguraです。

昨日までやれイチローのヤンキース突然移籍とか、やれ松井秀喜のリストラとか、野球ばかりでどうなってんの、と思いましたが(別に貶める気はありませんが)。

いよいよ始まりますね、ロンドンオリンピック。

4年に1度の祭典、もっとマスメディアも盛り上げなきゃダメです。

野球のないオリンピックなんて…って言ってはダメです。

オリンピック一辺倒になるのも考え物ですが、せっかく高い買い物しているわけですから、もっと盛り上げなきゃいけません(…聞いてるか、台場局の社長よ)。

閑話休題。

開会式の前に、なでしことU-23の試合があります。

moguraが今日仕事から帰ってきたら、ちょうど女子サッカーの時間でした。

なでしこ日本が初陣を切るわけです。

相手はカナダ。

男子は11年前のコンフェデで3:0と圧勝してますが、女子は公式戦だと8年前のアメリカ女子W杯以来になるでしょうか?

当時見てなかったのでよくわかりませんが、あの時は1:3で敗れたというデータがあります。

まあ当時はなでしこJAPANと呼ばれていなかった時代でしたが。

さて、試合の話。

LIVE中継はテレ朝とBS1、にもかかわらず実況アナは日テレ(…田辺アナだが、こないだフランスで出張実況してたな)という、オリンピックならではの光景。

前半、カナダは守りに入っていた印象を受けた。

というより、日本が攻撃の芽を摘んでいたわけだが。

そんな中、川澄奈穂美が、大野忍のヒールパスを受けて難しい角度からゴール!!

終了前にも、宮間あやがカナダのキーパーや選手が入り乱れる中でヘディングで競り勝ってゴール!!

前半で2:0。

後半は、課題もある。

相変わらず左サイドの裏…要するに鮫島彩があがった際の裏はウィークポイントである。

そこを狙われて失点したのだ。

タンクレディ?

ピンクレディーみたいな名前だな。

しかし試合は2:1のスコアのまま終了。

この初戦の勝利は大きい。

失点してからmoguraは、点を取れ、取られるな…と念を押してばかりいましたが。

好スタートです。

この後スウェーデン戦、南アフリカ戦とありますが、チャレンジャーのつもりで頑張って欲しい。

ある意味、視聴率も楽しみです。

深夜帯で11.8%(ビデオリサーチ調べ)というのは、ゴールデンタイムに換算すると2倍の23%ぐらいはいってるんじゃないでしょうか。

事実、moguraの親も見ていたようです。

但し関東のテレ朝より関西のABCのほうがちょっと高かったようですが(笑)。

これから終わるまで寝不足の日々が続きそうですね(笑)。

2012年7月22日 (日)

男女五輪代表サッカー、期待が一瞬逆転した。

どうも、moguraです。

このところブログをなかなか更新できませんでした。

記事にしたいことはいっぱいあるのにねえ。

ロンドン五輪はガンガン感想を更新しようと思ってます。

moguraが推したいのは、女子マラソンかな、やっぱり。

FNS27時間テレビで、8/5(日)にフジ系列でやるぞとしきりに宣伝していたようですが。

あまりメダルは意識しないで見るようにしようと思ってます。

だって、前回王者の北島康介や吉田沙保里や伊調馨にしても、ディフェンディングチャンピオンとしてではなく、チャレンジャーとして見るようにしたいから。

あとは言わずもがな、男女のサッカーです。

そんな中、サッカーも最後の調整試合を男女ともやりましたが、ここにきて期待が一瞬逆転しました。

まずは、女子サッカー、フランス 2:0 日本。

フランスとはなかなか対戦する機会がなかったが、パリでのアウェーゲームがやっと実現。

日テレでLIVE中継していたが、翌日moguraが早朝出勤だったこともあってか、先制された後寝てしまった。

ってか、フランスが青で日本が真っ赤!?

一瞬、韓国とやってるのかと思ったぞ。

フランスとのアウェーゲームは、男子で11年前に0:5と惨敗したようにいい思い出がないが、今回の女子も同じく完敗。

守備の隙、セットプレーから失点し、それも取り返せずに完敗。

なでしこは今、徹底マークされている。

グループリーグの相手も含め、超えなければならない本当の敵が増えたようだ。

アメリカ、ブラジルだけじゃなく、フランスも。

佐々木さんは悲観していないようだが、本選に向けて兜の緒を締めなければならない。

男子サッカー、日本 2:1 メキシコ。

イギリスのノッティンガムで、トゥーロン国際大会で優勝したメキシコ相手に競り勝った。

TBSでLIVE中継してたが、これはちゃんと見てました。

これも、日本が真っ赤なユニフォーム、韓国じゃねーんだよ、日本は。

まあメキシコにしてみれば仮想韓国のつもりだったからぴったんこだったのかもしれんが(笑)。

閑話休題。

開始1分も経たないうちに、大宮アルディージャの東慶悟がいきなり先制ゴール!!

これはパスの連携の乱れを見事に突いたものだ。

しかし敵メキシコもさるもの。

A代表経験のあるファビアンの豪快なミドルシュートで同点にされる。

後半、メキシコの猛攻を凌いで凌いで。

先日ベラルーシからゴールを奪った杉本健勇の投入直後。

大津祐樹の技ありボレーで勝ち越しゴール!!

本番でもこういう試合が出来るといいなあ。

これで運を使い果たしたなんて言われないように、まずグループリーグ3試合、きちんと決めてよ、関塚JAPAN。

最後に、テレビ中継の予定を日本時間をベースにして書いておこう。

男子サッカー。

 VSスペイン…7/26(木)22:45キックオフ、NHK総合でLIVE中継。

 VSモロッコ…7/29(日)25:00キックオフ、フジテレビ系列でLIVE中継。

 VSホンジュラス…8/1(水)25:00キックオフ、NHK総合でLIVE中継。

 これより先は、準々決勝が日テレ、準決勝がTBS or テレ朝、3位決定戦と決勝はNHK総合でLIVE中継予定だが、日本が進出したら考えよう。

女子サッカー。

 VSカナダ…7/25(水)25:00キックオフ、テレビ朝日系列でLIVE中継。

 VSスウェーデン…7/28(土)20:00キックオフ、NHK総合でLIVE中継。

 VS南アフリカ…7/31(火)22;45キックオフ、TBS系列でLIVE中継。

 これより先は、準々決勝がNHK総合、準決勝が日テレ、3位決定戦と決勝はNHK総合でLIVE中継予定だが、日本が進出したら考えよう。

個人的には、男女ともにまずグループリーグ突破、そしてベスト4、と徐々に目標を挙げて、メダル云々を言うのはそれからにしてほしい。

本選は何が起こるかわからないし、前回の北京の男子サッカーのように3戦惨敗という最悪の結果に終わることもあるのだから。

いずれにしても、いいところ見せてくださいよ、男女とも。

2012年7月12日 (木)

男女五輪代表サッカー…なんとかなりそうななでしこ、ブーイングされる関塚JAPAN。

どうも、moguraです。

なんかじめじめしてますね。

今日は雨風強いです。

で、昨日のなでしことロンドン世代男子のサッカー、フジテレビの5時間ぶっ通し中継を録画して見ていたんですけど。

なでしこの方は、興味深く見た。

相手は、ロンドン五輪本選進出を逃したオーストラリア。

序盤であわや失点という危ない場面もあったが。

宮間あや、PK落ち着いてたなあ。

永里改め大儀見優季、前半ロスタイムのゴールはどんぴしゃだったな。

澤穂希、先日のスウェーデン遠征のときはスーパーサブの方がよくね?と思ったが、まあ復調ぶりはアピールした感じだね。

3:0。

準備試合があと1試合フランスであるが、今のなでしこなら、やってくれるかもしれない。

かたや男子、関塚JAPANは、かゆい試合だったなあ。

かゆいというか歯がゆい。

相手はニュージーランド。

一昨年の南アフリカW杯であのイタリアからゴールを挙げたFWも出ていた。

大津祐樹のオーバーヘッドも含めて19分の1、はっきりいって決定力がない。

杉本健勇がゴールして、1:0で逃げ切れるか、と思いきや。

後半ロスタイム4分の、それも本当に終了間際に、つまらんミスから同点にされてしまった。

1:1、負けに等しいドローに終わっちまった。

おいおい、終了間際にミスで失点で、どういうオチだよ、村松大輔よ。

トゥーロン国際で7失点もしたにもかかわらず、肝心の守備はまだまだ改善されていない。

やっぱり吉田麻也というオーバーエージは必要だ、と思ったな。

なでしこと男子セットで見ていた国立競技場の観客がブーイングするのも無理もない。

とにかく男子はメダル云々より、まずグループリーグ突破を目標にしたほうがいい。

あの最強スペインにはドロー以上なら上出来。

その代わりモロッコとホンジュラスから勝利をもぎ取らないとダメだ。

準備試合、あと2試合あるけれども、くれぐれも北京のときみたいな醜態は、さらさないように。

2012年7月 2日 (月)

ユーロサッカー2012決勝…結論、スペインが強すぎた。

どうも、moguraです。

ユーロサッカーの決勝、TBSで見てました。

しかし後半は、寝ました。

だってスペインが強すぎるんだもん。

スペインが2点先制した時点で、どうせフランス戦のようにつまんね展開になるだろうと思った。

まるでサッカー界のセーム・シュルトだな。(笑)

それにしても、4:0かよ。

グループリーグであれだけ善戦していたイタリアが、決勝でまさかの惨敗とは。

ザックはこの試合見てどう思ったろうね。

と、イタリアをひいき目で見てみました。

ま、文字通りの無敵艦隊スペインには、悔しいけど連覇おめでとう、と言っておきます。

こうなったら、かつてのハンガリーのように、どこまで不敗を継続できるか、見てみようじゃありませんか。

アメリカとスイス以外で、公式戦限定でスペインを倒す国が現れるかどうか。

W杯予選とコンフェデ杯あたりで。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »