最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

ロンドン五輪後の、この世界、この日本を憂う。

どうも、moguraです。

近頃、ブログを更新する気になれませんでした。

いったい、今の世界はどうなってるんですか?

ロンドン五輪が終わって間もなく、世界はまた大荒れ。

シリアは内戦が悪化中。

日本人女子記者まで犠牲になっちまうし。

アサドよ、こんなばかげた戦争、いつまで続けるつもりなんだ?

中国には怒りを覚える。

香港の自称活動家が尖閣諸島に上陸。

逮捕されても「尖閣諸島は中国の領土なんだから別に不法上陸とは思っていない」とうそぶく始末。

何なんだこいつら。

そしてそれに触発されるかのように、反日デモ。

駐中国大使の車を襲って、日本の国旗を奪った輩もいた。

バカじゃねーの。

当面、中国と香港には旅行しないことにする。

そして何より、韓国にも強い怒りを覚える。

竹島問題だ。

イミョンバク自ら竹島に乗り込んだ。

イミョンバクは、天皇陛下に「来韓の際は戦争責任について謝罪しろ」とまでぬかしやがった。

ロンドン五輪の男子サッカー3位決定戦で、「独島(日本で言う竹島)は韓国の領土」というプラカードを掲げていた輩もいた。

何なんだこの横暴っぷりは。

人の国でかたや韓流タレントを売り込んでおいて、かたや反日運動も忘れないっていうのか。

中国同様、韓国も許さない!!

だからはっきり言う。

大人の対応とかいい加減やめろ。

向こうは大人の対応と取ってくれるとは限らないぞ。

日本は韓国と徹底抗戦しろ。

もちろん、武力行使ではない。

経済制裁だ。

通貨スワップ協定とやらは即刻打ち切れ。

個人的には、これからスマートフォン買うにしても、ギャラクシー(サムスン)もオプティマス(LG)も買いません。

それに限らず、サムスン、LGの電気機器は不買。

ヒュンダイの車も不買(以前北京旅行でヒュンダイのワゴンに乗ったことがあるが雨漏りしてたぞ)。

韓国にはもっと強い姿勢で抗議しなければいけない。

そして、もはや日本の総理と呼べない野田佳彦に、今さらながら問責決議。

もはや日本の総理ではない、韓国に媚びを売っているだけの役人だ。

はっきり言って、野田が総理の座に居座る限り日本はますますダメになる。

自民党、同調が遅すぎだよ。

こんなのは、消費増税の手前でやるべきことだった。

無能な役人、無能な政治家、くだらない法案ばかりがまかり通っている現実。

もはや、民主党も自民党もダメ。

公明党もダメだけどね。

日本は本当にどうなってしまうのか。

日本のリーダーと呼べる人間は、本当に、本当に、本当に、いない。

2012年8月16日 (木)

サッカー・日本 1:1 ベネズエラ…野球の国相手にドロー!?

どうも、moguraです。

ロンドン五輪の閉幕とともに、サッカーの日本代表も再始動しました。

ロンドンから凱旋出場した吉田麻也には、無理すんなと言いたくもなりましたが。

今回のサッカーは、やはりと言いますか、TBSのLIVE中継を録画したものを見てます。

で、今回札幌ドームで対戦したベネズエラ。

以前西武ライオンズにいたカブレラを思い出しました。(笑)

それぐらい野球の国というイメージが強いんです、moguraの中では。

しかし、昨年アルゼンチンで開催されたコパアメリカ(南米選手権)で、ベネズエラは4位に入りました。

野球の国がサッカーで結果を出し、ヨーロッパに進出している選手も多いため、結構手強そうだなと予想しました。

で、試合ですが。

もっと決定力を挙げないと、という試合でした。

駒野友一→遠藤保仁の連携でのゴールはよかったです。

遠藤も最近ガンバが低迷する中での意地のゴールでした。

ところが、遠藤に続けとゴールが生まれない。

敵の好セーブは差し引いても、この辺は日本固有の課題だと思います。

逆に、後半に決められてしまいました。

決めたファドールというのは、スペインリーグ・リーガエスパニョーラのヘタフェでプレーしている選手。

うーむ、今日の試合は微妙ですね、1-1のドローというのは。

吉田麻也とのディフェンスライン、どうするんでしょう?

伊野波雅彦?

水本裕貴?

うーむ、どっちもねえ…。

槙野智章という手もなくはないけど…。

ザック、9月になる前に考えておいてください。

2012年8月14日 (火)

遂に100000アクセス達成!!

どうも、moguraです。

当ブログを開設して約7年。

遂に100,000アクセス達成。

そのほとんどは、不採用通知から入ったものと思われますが、一途に続けてきた成果かな、と思ってます。

今後も、世間で特にこれだけは言いたいこと、さらにスポーツ中継の観戦記録まで、言いたいことを述べていきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

ロンドン五輪閉幕。

どうも、moguraです。

ロンドン五輪が終わりました。

やっと寝不足から解放されます。

閉会式は時間がなくてあまり見てませんが、あのPET SHOP BOYSが被り物して「West End Girls」歌ってのには驚きました。

後で録画見ておこうっと。

個人的総括しておきますと。

日本は、素晴らしかった。

メダルの総数よりも、選手たちの頑張りでメダルを勝ち取れた瞬間が、素晴らしかった。

団体競技のメダルが多かったのも象徴的だった。

女子アーチェリー、男女の競泳メドレーリレーチーム、男子フェンシング、女子卓球、女子サッカー、女子バレー。

何年ぶりというのもすごかった。

体操男子個人総合は28年ぶりの金メダル。

女子バレーは28年ぶりの銅メダル。

ボクシングは48年ぶりの金メダル。

男子レスリングは24年ぶりの金メダル。

いやあ、映像集のDVD出たら即刻買いたいね。

ロンドン五輪は、感動と元気をくれたのだから。

だから、感動と元気をありがとう。

2012年8月12日 (日)

8/12の五輪…最終日もレスリングで金メダル!?

どうも、moguraです。

今回のロンドン五輪、最終日まで目が離せませんでした。

まあ男子マラソンは、NHKのLIVE中継をぼんやりと見てました。

どうせアフリカ勢独占だろ。

案の定、メダルはウガンダ、ケニア、ケニアとなったが、日本の中本新太郎が6位入賞。

これは予想外だった。

一方、TBSでLIVE中継していた男子レスリング66kg級。

まさか男子レスリングでソウル以来24年ぶりに金メダル取るとは。

米満達弘。

決勝でインド人選手を豪快に持ち上げて叩きつけたよな。

すごい。

最終日まで金メダル取れたのは嬉しい限り。

これでメダル合計38個。

金メダル7個、銀メダル14個、銅メダル17個。

アテネが合計37個だったので、これで更新したことになる。

ま、総括は、閉会式が終わってからにしよう。

8/11の五輪…28年ぶり銅の女子バレー、48年ぶり金のボクシング!!

どうも、moguraです。

男子サッカーのお口直しに、目玉2つ、見ての感想を述べておきます。

ちなみに目玉とは、女子バレーと、ボクシング。

女子バレー。

また今日も日韓戦でした。

なんか削り合いみたいな男子サッカーと違って、女子バレーは悠然と見ていられました。

これ、フジがLIVE中継していたんですが、実況がNHKのアナウンサーらしくいつもと違う雰囲気でしたね。

ブレークとかデュースとか、かなりバレー用語が飛んできました。

フジやTBSのバレー中継が選手たちをクローズアップしているのと違って。

韓国とは、キムヨンギョンとかいうでかい選手に翻弄されて予選で敗れているため、どうなるのかな、と言う心配もあったが。

結果は、地力で勝る日本が、セットカウント3:0と完勝。

ロサンゼルス五輪以来、28年ぶりの銅メダル!!

やったあ!!

28年前と言ったら、moguraは小学4年生だったぞ。

カール・ルイスが100mを9秒99で走りきるなど、初めてオリンピックを知った頃だ。

あのときに銅メダルを取ってから、フジやTBSなどでバレー中継やってて、段々メダルも取れなくなって。

シドニーには本選すら出場できなくて。

アテネ、北京は事実上出ただけに終わって。

それが、真鍋さんが司令官になって、一昨年の世界バレーで表彰台に上がってから、可能性を感じたね。

試合終了後、解説者の大林素子ももらい泣きしていた。

ちなみに、金メダルは、日本に準決勝で完勝したブラジル。

アメリカはそのブラジルに決勝で1-3で敗れ、銀メダル。

そんな強豪チームと明け方に表彰台に立っていたが、本当に嬉しい限りである。

そしてボクシングもびっくりである。

ボクシングと言うと、どうしても井岡一翔などプロ級ばかりに目が行ってしまうが。

この早朝6時頃にアマチュアボクシングで金メダルの瞬間を見られるとは!!

村田諒太。

ミドル級の決勝でブラジル人選手と対決。

NHKが急遽LIVE中継していた。

第1ラウンドは、5-3。

第2ラウンドは、4-5。

第3ラウンドは、5-5。

僅差ではあったが、東京五輪以来、48年ぶりの金メダルだとか。

日本の快進撃は見ていて楽しい。

…といってるうちに最終日。

最後にどんなドラマが待ってることやら。

2012年8月11日 (土)

8/10の五輪…見なかったが、言いたいことがある。

えーと、今日はほとんど見てません。

男子サッカーの3位決定戦?

日韓戦?

ロンドンまで来て罰ゲームですか?(笑)

はっきり言って見たくなかったね。

日韓戦やるとけが人が出る。

勝ったら見るけど、負けてるところ見たらうつになるから。

0−2か。

やっぱりね。

兵役免除がかかってるからねえ。

つまらんのう。

この3位決定戦だけ録画を消してしまおう。

むしろ見たいのは、決勝のブラジル×メキシコだよ。

で、明日も日韓戦あるのか、女子バレーの3位決定戦。

しかも何、中継局はフジテレビ?

嫌な予感…。

このテレビ局、ここ数年、上層部が韓国を優遇しすぎているところがあるからなあ。

(8/12 追記)

男子サッカーの3位決定戦、気丈にコメント残したが、実は相当ショックだった。

最後の最後で、メキシコ戦以上にワーストゲームになってしまったな、と。

まあ、グラスゴー→ニューカッスル→コベントリー→マンチェスター→ロンドン→カーディフと、6試合すべて移動で疲労がたまっていたのかもしれないが。

せめてホンミョンボをギャフンと言わせるゴールを決めないと、完封負けでは評価できない。

メダルを取れなかった悔しさはどこにぶつける?

まずは、間違いなくブラジルW杯だろう。

北京世代は、3戦全敗で惨敗という悔しさをばねに、本田圭佑や長友佑都や岡崎慎司など、南アフリカW杯で活躍、その後も世界の天辺に向かって日々精進しているのだから。

言い訳せずに、今後も韓国、いや世界をあっと驚かせるような活躍をしてほしい。

で、韓国については、実力がある点は認めるが、賞賛は絶対にしない。

試合終了後に、選手の1人が、「独島は韓国の領土」とかいう韓国語で書かれたプラカードを誇らしげに掲げやがったのだ。

韓国の大統領のイ・ミョンバクが、奇しくも男子サッカーや女子バレーの日韓戦の直前に竹島を訪問したのを受けたんだろうけど、全く理解できない。

神聖なオリンピックで、何で政治問題とか持ち込むんだよっ!?

IOCもFIFAもこの件については毅然と調査し対応するとのこと。

それにしても、何でこんな国を日本のマスメディアは優遇しているのか。

こんな、口を開けば被害妄想の塊みたいな国に媚びる必要は全くないと思うんだが。

2012年8月10日 (金)

こんな時期に消費税増税強行した政治家に宣戦布告する!!

全く、日本の政治家も品がない「国民の敵」としか言いようがない。

国民の目がロンドン五輪に目を向けている隙に、消費税増税を強行しやがったのだ。

もう、民主党も自民党も公明党も絶対に許さない。

オレは怒ってるぞ!!

財務官僚の勝栄二郎もだが、増税を提唱した野田佳彦、安住淳、谷垣禎一、山口那津男よ。

よくも理不尽なことしてくれたな。

今回、衆参で増税に賛成した議員連中は全員落選させてやるからな!!

覚悟しとけ!!

8/9の五輪…目玉は吉田沙保里となでしこJAPAN!!

どうも、moguraです。

この頃は、記事を書く前に時間切れ、なんてこともしばしばです。

さて、今日は、伊調馨に続こうと、吉田沙保里が3連覇に挑みました。

数ヶ月前、吉田は得意の高速タックルを逆に返され、ショッキングな敗戦を喫したこともありました。

それもあってか、慎重な試合運びになってましたが。

準決勝はその因縁のロシア人選手相手にリベンジ。

午前3時すぎにTBSでLIVE中継していた決勝は、アテネの決勝の相手、カナダ人選手の隙を突いて点数を奪い取り、そして終了!!

3連覇おめでとう!!

松本薫、内村航平の後、なかなか金メダルが生まれませんでしたが、やはり日本の女子レスリング3人娘が金メダルとは、恐れ入りましたわ。

えっ、1人忘れてるって?

浜口京子?

ああ、応援団の両親ばかり目立っていましたが?

初戦敗退だし、もう潮時じゃないの?

さて、NHKでLIVE中継していた、なでしこ×アメリカの決勝戦。

アメリカは濃紺、なでしこは真っ赤なユニフォーム。

しかし真っ赤なユニフォームは違和感ありありだな。

ここまできたら、金メダルを勝ち取りにいこうと意気込んでいたのですが…。

前半8分、サイド攻撃からゴール前での攻防で、走りこんできたロイドに奪われる。

その後日本も反撃に出るが、クロスバーに阻まれたり。

逆にオウンゴール、になりそうな危なっかしい展開もあった。

後半9分、ロイドに与えてはいけないゴールを奪わせてしまう。

なんかボールを奪いにいく執着心が見られなかったのが気になりました。

これでようやく目覚めたのか、12分に流れるパス回しから大儀見優季が意地のゴール!!

…しかし、反撃もここまで。

世界最強の試合巧者アメリカに1:2、逃げ切られて敗戦。

こうしてなでしこは散った。

まあなんか悔いが残るような展開だったが…。

銀メダル。

ま、これもサッカー、これもフットボールだ。

グッドルーザーとして、胸張って帰ってらっしゃい。

2012年8月 9日 (木)

8/8の五輪…売国政治家連中よ、レスリングの金メダル2個見たか!!

どうも、moguraです。

史上初とか何年ぶりの快挙とか、ロンドン五輪が盛り上がっている中で、その隙に増税法案をごり押して通そうとする売国奴政治家連中は何考えてるんだ、と糾弾したくもなりますが、それはまた別の記事で書きましょう。

で、売国政治家連中にもぜひ見てもらいたいものがあるんです。

それは、女子レスリング。

これ、4階級のうち2階級、日本勢が連覇しているんです。

55kg級の吉田沙保里と、63kg級の伊調馨。

その伊調が今日出場しました。

あと、48kg級は、吉田とも過去に因縁のあった小原日登美が出場しました。

で、決勝ラウンド、夜中の3時にNHKでLIVE中継やっていて、moguraは不覚にも居眠りしてしまいましたが…。

まず、3時15分頃だったか。

なんと、なんと。

レスリング女子48kg級、小原日登美が金メダル獲得!!

この人、苦労人なんだね。

ある観戦ガイドで知った話だが…。

51kg級で6回、世界選手権を制しながら、五輪で実施されないために、階級を55kg級に引き上げたものの、あの吉田沙保里にアテネ、北京と出場権を阻まれ、一度は現役を引退したとのこと。

しかし、48kg級で戦っていた妹が引退したことで、2010年に48kg級に階級を落として復帰し、世界選手権2連覇。

そして満を持してロンドン五輪に出場。

決勝では、北京銅メダルのアゼルバイジャン人選手相手に、第1ピリオドは逃したものの、第2、第3ピリオドは背後に回って点数を取り、このまま逃げ切った。

偉いわ。

で、これだけではないんです。

4時12分頃か?

伊調も金メダル!!

アテネ、北京に続く3連覇!!

過去2大会では、姉の千春とともに戦ってきたが、今回は馨1人の戦い。

決勝は中国人選手相手に、両足タックルで3点を奪うなど、磐石な戦いで金メダルを獲得!!

すげえな、伊調。

もっとも、伊調本人は今大会の自身のレスリングに満足していないとも話していたが、結果は結果。

3連覇なんて、柔道の野村忠宏ぐらいしか思い浮かばないから、偉業だよなあ。

2人ともおめでとう!!!!

吉田も続いてほしいね。

やい、政治家、特に野田に谷垣に山口、日本の底力がわかったか!!

五輪の影でこそこそとふざけた法案なんか通してる場合じゃねえぞ!!

日本のご祝儀に水を差さないように。

2012年8月 8日 (水)

8/7の五輪…逆襲の全日本女子バレー、快挙の女子卓球、メキシコに牙城を崩された男子サッカー。

どうも、moguraです。

今日は、団体競技を中心に見ました。

女子バレー、女子卓球、男子サッカー。

まず、NHKでLIVE中継していた女子バレーは準々決勝。

中国と対決。

フルセットの末、日本がセットカウント3:2で競り勝った!!

実は中国とは、28年前のロサンゼルス大会以降、五輪本選で勝ったことがない。

今回もここで負けて、アテネや北京同様、また事実上出るだけに終わるのかと思っていたが。

まさか勝つとは思わなかったなあ。

準決勝進出は24年ぶり(相手はブラジル)。

いよいよ、女子バレーの大逆襲が始まるのかな。

女子卓球。

福原愛、石川佳純、平野早矢香が団体戦に参戦。

まさか決勝まで進むとはねえ。

アメリカ、ドイツ、シンガポールと勝ち進んだ。

特にシンガポールに勝ったのが大きかったなあ。

決勝は、本場の中国と対戦。

さすがに0:3と完敗したが、日本の卓球史上初のメダルが銀メダル。

前回は4位だったので、進歩はあったね。

そして男子サッカー。

メキシコシティ五輪以来44年ぶりのメダル獲得をかけ、その相手となったメキシコと準決勝で対決した。

結果は、残念ながら、メキシコ相手に1:3と逆転負け。

大津祐樹の技ありミドルシュートでの先制ゴールは見事だったが。

前半のうちにコーナーキックからのヘディングで同点にされた。

さらに、後半は軽率なプレーからボールを取られて逆転ゴールを奪われ、終了前にも失点。

本選前に2:1で勝った時のメキシコと、準決勝でのメキシコでは、当然比較にならないぐらいモチベーションが高かった。

こりゃ、ブラジルW杯に出場したらまた手強い相手になるぞ、メキシコ。

日本の決勝進出を見たかったなあ。

それにしても、何でTBSがサッカーの日本代表の公式戦を中継すると負けるのだろう?

南アフリカW杯のパラグアイ戦といい、ブラジルW杯予選の北朝鮮戦、ウズベキスタン戦といい、偶然なのかもしれんが…。

というわけで、ウェールズの中心都市・カーディフで3位決定戦に挑むことになったが。

相手は、準決勝でブラジルに0:3と惨敗した韓国。

ええええええええええっ。

これって、罰ゲームですか?

韓国って、moguraが一番嫌いな国の1つなんですけどね(もう1つは北朝鮮)。

歴史を捏造しようとしたり、何でもかんでも日本のせいにしたり。

にもかかわらず、近頃の日本(のマスメディア)がこの国を優遇しすぎているところが気に入らなくてね。

ことに男子サッカーの行儀の悪さは、10年前のW杯でも明らか。

ポルトガルやイタリアやスペイン相手に、テコンドーサッカーのような反則プレーの連発。

あれ見てから一層韓国嫌いになりました。

事実、韓国はふざけたベスト4として、世界では全然賞賛されていなかったけどね。

そういえば、昨年のアジア杯で猿のまねをして物議を醸した奴が、のうのうとロンドンの舞台に立ってると聞いてますが、こんな連中に負けるわけにはいかない。

(8/12 追記)

決勝は、ブラジル×メキシコ、意外にも両国史上初の金メダルをかけたウェンブリー決戦となったが。

金メダルは、なんとメキシコが勝ち取った。

2:1、準決勝まで15得点と絶好調だったブラジルに完勝したのである。

メキシコ、出場すればブラジルW杯でもやってくれそうな気がする。

2012年8月 7日 (火)

8/6の五輪…なでしこ×フランス、カナダ×アメリカという強烈な女子サッカー準決勝。

どうも、moguraです。

いやあ、女子サッカーが熱かったですね。

今回は結局女子サッカーの準決勝しか見てませんが、なでしこ日本×フランス、カナダ×アメリカと、日テレは立て続けに物凄い光景を放映してました。

まず、ロンドンのウェンブリーで開催の、なでしこ×フランス。

前半32分、FKから抜け出した大儀見優季が強引にゴールへ!!

後半4分にも、阪口夢穂がFKからヘディングでゴール!!

しかしここからフランスが波状攻撃。

後半30分に1点返され、直後にPKを献上。

このPKは右へはずしたが、その後も日本は守勢に回る展開。

おまけにアディショナルタイム4分。(苦笑)

なんとか2:1で逃げ切り、薄氷を踏む勝利で決勝進出!!

ちなみに、シュートはフランス27本に対し、日本は4本。

決して日本が完勝したわけではなく、効率よくシュートを決め、後は守って勝ったという感じ。

それにしても、この後のマンチェスターでのカナダ×アメリカがまたとんでもない展開でした。

隣国同士とはいえ、男子サッカーではなかなか本選で見ることができない光景を、女子サッカーで放映していました。

カナダはエースのシンクレアがハットトリックを達成。

カナダが1点取ってはアメリカが追いつく、これが90分の間に3度も続く展開。

そのまま延長戦に突入、延長後半の終わりにモーガンが意地の逆転ゴール。

4:3、アメリカが決勝進出。

と言うことで、決勝は日本×アメリカか。

ドイツ女子W杯決勝の再現になるし、楽しみだな。

2012年8月 6日 (月)

8/5の五輪…女子マラソンまたも惨敗、でもハンマー投げは…。

どうも、moguraです。

相変わらず東京・埼玉は晴れて蒸し暑いというのに、ロンドンは大雨ですか。

今日はなんと言っても女子マラソンでしょう。

日本からは、横浜の覇者・木崎良子、大阪の覇者・重友梨佐、そして名古屋で滑り込んだ尾崎好美が参戦。

雨の中、イギリス時間の午前11時、日本時間で午後19時出走。

今夜は皆さんなんだかんだ言って、フジのLIVE中継見てたんじゃないでしょうか?

トラファルガー広場、ビッグベン、バッキンガム宮殿…。

…なんか、ニューカッスル出身のポップデュオ、PET SHOP BOYSの「West End Girls」のPV見ているかのような映像でした。

しかしレースの方は、後半あたりからアフリカ勢においていかれてしまった。

エチオピアのゲラナが2時間23分7秒で金メダル。

これぐらいのタイムで走らないとメダルは無理ということなのか。

日本勢は、木崎16位、尾崎19位、重友79位。

前回と違って全員がゴールはしたが、惨敗だな。

もはや日本の女子マラソンは完全に乗り遅れ、参加するだけの大会になってしまったなあ。

そろそろ駅伝重視するのやめませんか?

駅伝とマラソンとじゃ走る距離も違うし、ペース配分も違ってくるだろうに。

まあ成績はともかく、視聴率はよく22.5%(ビデオリサーチ)もとれたな、という印象です。

今時、裏の行列のできる何とやらでさえ常時こんなに高視聴率は取れていないので。

あと、テレ朝が中継していた陸上。

男子100m。

ボルト、相変わらず速いわ。

ハンマー投げ。

moguraと同い年の室伏広治。

結果は、記録はあまり伸びなかったが、銅メダル。

色はともかく、アラフォー世代でメダルは勝ち取れたのはすごいな。

室伏以上の日本人選手も、そろそろ現れてきてほしいものです。

2012年8月 5日 (日)

8/4の五輪…男子サッカーだ!バドミントンだ!競泳だ!

どうも、moguraです。

いやあ、今日のオリンピックもいろいろありましたね。

そろそろ、日本の底力をみせつけてやらないと。

そんな中、サッカーがずいぶん確率変動しております。

男子サッカーの準々決勝。

相手は、エジプト。

数ヶ月前のトゥーロン国際大会で2:3と競り負けている。

この本選でも、ベラルーシに競り勝って勢いをつけて準々決勝に進んでいる。

ちなみに会場は、マンチェスター。

それも、これから香川真司が参戦するマンチェスターユナイテッドの本拠地、オールドトラッフォードである。

試合は、エジプトに3:0で完勝!!

まず先制したのは、永井謙佑!!

清武弘嗣がうまい具合に抜け出して、見ていてすごかった。

但しこのあと負傷退場してしまったのが痛いが…。

代わって入った斉藤学。

前半のうちに相手のセンターバックを得点機会阻止で退場に追い込んだ。

後半、清武のフリーキックから、吉田麻也がヘディングで2点目!!

吉田は、タカのオレだオレだオレだパフォーマンスやってた。

そして大津祐樹がダメ押しの3点目。

守備の方も相変わらず安定し、4試合連続失点ゼロ。

日テレ、もしかしたらブラジルW杯最終予選のオーストラリア戦超えたんじゃないか、視聴率。

ちなみに準決勝の相手は、セネガルと120分の激闘の末、4:2で競り勝ったメキシコ。

そういえば、44年前の相手もメキシコだった。

前日の親善試合で勝てたからといって、次も勝てると考えない方がいい。

相手もメダルを取ろうと自信をつけてきているわけだし。

また、怪我人が多いのも気がかりだ。

永井に続いて東慶悟も負傷交代。

これが準決勝に響かなければいいが…。

バドミントンの女子ダブルス決勝。

NHKで0時過ぎからLIVE中継してた。

藤井瑞希・垣岩令佳ペア、いわゆるフジカキが出場。

オグシオやスエマエですらなしえなかったまさかの決勝戦に挑む。

相手は、世界ランク2位の中国人ペア。

さすがに金メダル候補なだけに、勝負への執念は相当なものがあったなあ。

第1セットは10:21と突き放された。

しかし第2セットは、23:25と大激戦だった。

しかも日本は、18点まではリードしていたのだ。

結局銀メダルではあったが、凄く感心したわ。

バドミントンでこんなに熱中するとは思わなかったな。

何せ、金メダルか銀メダルかの試合だったからというのもあるが、あれだけ烈しい試合してメダルだもの、すごいね。

あと、テレ朝でLIVE中継していた競泳。

最終日はメドレーリレーで締めくくる。

女子が銅メダル。

寺川綾、鈴木聡美、加藤ゆか、上田春佳の4人で挑み、シドニー以来3大会ぶりの銅メダル。

かたや男子は銀メダル。

入江陵介、松田丈志、北島康介、藤井拓郎の4人で挑んだ結果。

こちらは3大会連続のメダルだが、銀メダルは日本の五輪史上初めてらしい。

ここまで北島がメダルなしという状況の中、手ぶらで返したくないというチームメートの思いもあっての銀メダル。

いいね。

北島、最後に意地見せてメダル取れてよかったな。

競泳は、メダル合計11個。

欲を言えば、金メダルもほしかったなあ。

<追記>

男子サッカーの準決勝の組み合わせ、知ってますか?

片方は、日本×メキシコ。

もう1つは、ブラジル×韓国…………………………??????????

ブラジルはともかく、韓国はどうやって勝ちあがってきたのか。

10年前の醜態を知っている者としては、アジア最高の輝きと言われてもねえ。

もし決勝まで進んだら、ブラジルとやりたいです。(本当)

2012年8月 4日 (土)

8/3の五輪…残念すぎる柔道、女子バレーは意地を見せ、女子サッカーは王国に耐えて勝って準決勝へ!!

どうも、moguraです。

日本の柔道、最後の牙城だった最重量級の上川大樹も敗退し、大変残念な結果に終わりました。

もはや柔道は、ロシアやフランスなどのヨーロッパ勢、さらに韓国にまで負かされ、国技とはいえなくなりました。

男子は史上初、金メダルなしの惨敗。

もちろん、悪い意味での史上初である。

首脳陣もコーチも選手も、マイナスから出直せと言いたいですね。

女子は、松本薫だけ合格かな。

杉本美香も決勝まで進んだものの、金メダルに届かず。

決勝は守勢に回っちゃった印象があるなあ。

柔道という武道は、金メダルしか評価されないのが現実なんだから。

まあひとつ危惧していたのは、北京以降有望な若手が育っていなかったこと。

北京の金メダリストは、石井慧を除けば全員がアテネの覇者で、今回は1人も出ていない。

北京から出ていたのは、平岡拓晃、中村美里だけだったかな。

リオデジャネイロ五輪に向け、みんなこれからもっと強くならなきゃダメだな、日本の柔道は。

今日は、団体球技を中心に見た。

TBSでLIVE中継していた女子バレー。

まあロシアが強いことは、今までの試合を見ていてもわかる。

今回も負けた。

但し、セットカウントは1:3。

第3セットは粘って奪い取った。

まあ女子バレーは、ここ2大会は出場しても準々決勝止まりで終わっているので、グループリーグ最後のイギリス戦は勝利し、次へつなげて欲しいね。

そして、NHKでLIVE中継していた女子サッカー。

なでしこJAPAN×ブラジル。

ブラジルとは今年神戸で戦って、4:1で圧勝している。

だからと言って、弱くはない。

北京五輪の銀メダルチームだし。

試合は、ブラジルのスピーディーな展開に翻弄されはしたが。

前半27分に大儀見優季がゴール!!

後半28分に大野忍もゴール!!

男子もすごいが女子もすごいブラジル相手によくやったわ。

シュート数は、10:21でブラジルが多かったが。

2:0、日本が完勝して準決勝へ!!

準決勝の相手はフランス。

7月のアウェーゲームでは敗れており、最高のリベンジの機会となったな。

2012年8月 3日 (金)

8/2の五輪…見所は深夜の競泳とバドミントンだけ。

どうも、moguraです。

まず、もう日本の柔道は終わったようなもんですね。

レスリングもそうですが、格闘技系は勝者、つまり金メダルしか評価されない現実があるからね。

今の日本は、日本を勝たせない審判がどうのこうの以前に、勝負強さがちっとも感じられない。

特に男子、まだ勝ち取れていない。

やっぱりあれか、シドニーで金メダルを取れなかったのが監督やってたんじゃどうしようもないか。

もう頼みは、最重量級だけですね。

不名誉な結果を残さないように、悔いのない試合をしてもらいたいものです。

それにしても、TBSは何であんな長丁場な番組を編成したんでしょうか。

前回、テレ朝やフジが予選+決勝をセットで中継したら、決勝に日本の選手が出てこなかったというケースがありました。

そういうリスクも考えないとね。

まあ見所は、競泳とバドミントンだけでした。

競泳は、鈴木聡美と入江陵介が銀メダル.。

バドミントンは、藤井瑞希、垣岩令佳のペア、いわゆるフジカキペアが、準決勝のカナダのペアをフルセットの末破って決勝進出。

個人的には、TBSのバドミントンに熱中しちゃって、競泳見逃してしまいました。

バドミントンの女子ペアの決勝、土曜日の24時ちょっと前からですが、どこでLIVE中継してくれるのでしょうか?

この時間帯だとNHKぐらいしかとってない気がしますが、いろいろ物議を醸したバドミントンの金か銀かのメダルの瞬間、ぜひ見てみたいものです。

2012年8月 2日 (木)

8/1の五輪…さすがに昨日は男子サッカーより体操個人総合!!

どうも、moguraです。

いやあ、皆さん寝不足の人多いんじゃないでしょうか?

ちなみにmogura、昨日は帰ったのが午前1時前。

早速、NHKと日テレを頻繁にザッピングしました。

NHKが、男子サッカーの日本×ホンジュラス。

日テレが、あの内村航平が出場の体操男子個人総合。

裏同士、どっちも気になるからね。

サッカーは、既に決勝トーナメントは決まっていたというので、主力を何人か温存した。

攻撃面はいまひとつ。

しかし守備の方は、ピンチは招いても相手のゴールは許さなかったため安定。

一方の体操。

男子の団体総合はあんな出来ならメダルなしの方がよかったと思ったが。

個人総合は、さすが、内村は安定していた。

あん馬、吊り輪、跳馬、平行棒、鉄棒、床。

特に跳馬で16点とったのは大きかった。

サッカーメインで見ていたが、内村がトップを維持していたのを見て、ところどころで体操に切り替えてた。

男子サッカーは結局、ホンジュラス相手にスコアレスドローとなり、ともに決勝トーナメント進出。

負けるとあの百戦錬磨のブラジルが相手だということを考えると、負けなくてよかった。

引き分けか勝ちならエジプトが相手。

エジプトは、前のトゥーロン国際で競り負けた相手で、リベンジのチャンスである。

エジプトとの準々決勝は、土曜の20時。

なでしこよりかなり見やすい時間帯で、中継権を持ってるのはNHKではなく日テレ。

視聴率的にもかなり盛り上がることになるかもしれない。

で、NHKから日テレへチャンネルを回すと。

午前2時50分。

サッカーの試合終了とほぼ同時に、内村航平の金メダルが決まる!!

やったーーーーーーーーーー!!!!

内村おめ!!!!

ここまで起きていた甲斐はあったなあ。

まあ昨日は、柔道がまた銅メダルどまりだったり、卓球の石川佳純がメダルまでまだまだだったり、競泳の男子200m平泳ぎではいよいよ北島康介がメダルを逃すなど世代交代がささやかれたり。

そんな中、日本の2つめの金メダルは素直に嬉しかった。

内村には、残りの種目別も頑張ってもらいたい。

さあ次のヒーロー、ヒロインは!?

2012年8月 1日 (水)

7/31の五輪…なでしこはあれでよかったのか?

どうも、moguraです。

今日も柔道はダメですね。

上野順恵が気を吐いて銅メダルにはなりましたけど。

誰か、松本薫に続いてくれませんかね?

で、今日はなでしこ×南アフリカを観戦した。

TBSでやっていたのだが、メンバーを大幅に入れ替えた。

おいおい、こんなんでメダル取れるのか?

moguraの懸念は、現実となった。

丸山桂里奈、安藤梢は結果的にゴールを生み出せなかった。

守備を固める南アフリカ相手に、シュート8本。

結果的にはスコアレスドローで終了。

もし1位通過だと、G組の2位、つまりアメリカかフランスのどちらかになる。

2位通過だと、イギリスかブラジルのどちらかになる。

準々決勝がどんな相手でも、そう簡単な展開にはならないと思うのだが。

2位通過となって、ブラジルに決定した。

4月の親善試合のときのブラジルのように簡単に勝てると思わないように。

相手は、北京五輪のファイナリストなのだから。

(8/2 追記)

バドミントンの女子ダブルスで、故意に負けたということで、中国や韓国の4ペア8選手が失格処分となった。

あれはかなり露骨であった。

組み合わせを有利にしようとしたという意図があった。

IOCにはそれが無気力試合と映ったのだろう。

今回の日本の女子サッカーも、地元メディアから八百長ではないかと批判があって、このなでしこの件も同じように見られるかと思われたが、それはなかった。

IOCもFIFAも、不正や試合結果へのルールに反する影響はなかったという見解を示している。

Jリーグにベストメンバー規定とやらがあって、一部のサッカージャーナリストはあんな試合じゃフェアプレーに反するとか批判していたようだが。

いずれにしても、誤解を招くようなことは、しないほうがいいと思いますよ、佐々木さん。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »