最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

会社に告ぐ、部下は上司の奴隷ではない!!

オレは毒moguraだ。

現実の話をする。

嘱託社員の契約更新を断ることにした。

つまり、やめることにした。

はっきり言う。

この会社は超最悪の会社だ。

労働ではなく、かといって朗働では全然なく、牢働させる会社だからだ。

牢働とは、あたかも刑務所の中にいるかのように働くこと。

いわゆる看守と囚人の関係だ。

以前は暴力的な工場長、それに迎合する上層部…と最悪の雰囲気で、今でも何人か横暴な奴らがいる。

感情的になればなんでも解決すると思っている奴もいる。

そんな奴らに絶対服従、要するに社員は奴隷扱いされているのである。

そこでは働く喜びなんか絶対に生まれない。

この1ヶ月間、なんか毎日のように怒号ばかり聞こえるし(オレをころす気か?)。

盗難事件も今年に入って頻発しているし。

結局、会社の雰囲気が悪いから、治安まで悪化してるんじゃねーのか、と言いたくもなるわ。

こんな環境では、仕事なんかできない。

こんな会社、リスペクトなんかしない。

特にこれといって誇れるものもないし。

もう何もいらない。

もうこんな会社にいたことは、黒歴史にしたい。

一言言っておく。

部下は上司の指示に従う。

これはごもっともだ。

しかし、部下は上司の奴隷ではない!!

社員を会社の消耗品としか思っていないような、そんな会社はいずれ潰れる。

他にも、システムが整備されていない(というより、本来専門家であるはずの本社のシステム担当者が尻込みしている)とか、内部の一体感がないとかいろいろあるけど。

このまま、そんな会社に勤めていていいのか。

人生を棒に振っていいのか。

オレは、次の一手を考える。

保証はないと思うが、別の会社で出直したほうが身のためだと思う。

2012年10月21日 (日)

川越まつり2012。

どうも、moguraです。

今年の川越まつりは、親族と行ってきました。

それも日曜の昼間に。

その写真をとくとご覧下さい。

Sany0205 Sany0206 Sany0207 Sany0208 Sany0209 Sany0210 Sany0211 Sany0212 Sany0213 Sany0214

Sany0215

来年は、夜の部も行きたいなあ。

2012年10月16日 (火)

サッカーの欧州遠征、日本 0:4 ブラジル…ポーランドで厳しいレッスン…。

どうも、moguraです。

今日もサッカーの話。

相手は、次の大会のホスト国・ブラジル。

やっぱり一度は、ホスト国と対戦したい。

まあブラジルといえば、言わずもがな、サッカー王国。

初対決は、記録によると23年前の1989年の南米遠征で、リオデジャネイロで対決(0:1)。

但し、当時の日本代表はイタリアW杯の予選に敗れていた。

次に、1995年6月にイギリス遠征で0:3、さらに8月に東京国立競技場でも対戦して1:5と惨敗。

1997年には大阪長居スタジアムで0:3、惨敗。

1999年に東京国立競技場で0:2、完敗。

2001年のカシマスタジアムでのコンフェデレーションズカップでは、2軍相手に0:0、スコアレスドロー。

そして2005年のドイツでのコンフェデレーションズカップでは2:2、もう少しで勝利というドロー。

で、最近で言えば、2006年のドイツW杯、玉田圭司が先制ゴールをお見舞いしたが、その後はロナウドなどの猛攻で逆転されて惨敗。

勝ったことがなく、苦々しい思い出ばかり。

アトランタ五輪の男子サッカーでは勝ってるけどね。

そんな中、今日ポーランドで、それもEUROのスタジアムで、ブラジルと対戦。

しかしポーランドもよくブラジル戦を招聘できたなあ。

サントスのネイマール、チェルシーのオスカル、ゼニトのフッキ。

そして何よりレアルマドリードのカカだ。

まずは、本田圭佑が日本のファーストシュートを放つも、GKのジエゴ・アウベスがガード。

その後、試合巧者のブラジルが牙をむいた。

コリンチャンスのパウリーニョのミドルシュートで先制される。

さらに、今野泰幸のハンドから献上したPKはネイマールに決められる。

うーむ、敵ながら天晴れ。

後半も、早々からネイマールに決められる。

CWCの柏×サントスのときも思ったが、ネイマールは本当にキレキレだった。

日本もゴールを狙うが、ことごとくジエゴ・アウベスに阻まれる。

カウンターからカカにも決められる。

久々に、もう早く終われよと言いたくなるような試合だった。

残念ながら、日本はゴール奪えず0:4と惨敗。

うーむ、欧州組を集めたザックJAPANをもってしてもブラジルに翻弄される現実。

ポーランドで苦々しい思い出を残すことになったわけで。

それにしても、フジテレビは両極端だな。

先日のフランスとのアウェーゲーム(1:0)や、ワールドカップ初勝利となったロシア戦(1:0)のような大勝利の試合を中継したかと思えば。

11年前のフランスとのアウェーゲーム(0:5)、あるいは今日のような試合のような惨敗も中継。

1ヵ月後にW杯予選、オマーンとのアウェーゲームが残っているが、大丈夫だろうか。

尾を引かなければいいが。

あっ、オマーン×ヨルダン、オマーンがリードしてるぞ…。

余談だが…TBSがスペイン×フランスのヨーロッパ予選を中継!?

それもLIVE中継!?

トヨタ・ホンダ・アウディ(日本代表サッカーのスポンサーに出稿)に対抗して、あの日産がスペイン代表のスポンサーになったからか、詳しいことはわからんが。

楽しみだな。

くれぐれも報道優先とか言ってぶった切らないでほしいが。

<10/18 追記>

オマーンがホームゲームでヨルダンに2:1で勝った。

オーストラリアが事実上のアウェーゲームでイラクに2:1で勝った。

(イラク国内での開催はいまだに危険なため試合はカタールで開催)

オマーンとオーストラリアが勝ち点5とした。

日本は次にオマーンに勝てばブラジルW杯に近づくか?

ただ、次はアウェーゲームである。

韓国がイランにアウェーゲームで敗戦した例もあるし(0:1)、うかうかしていられない。

あと、スペインのマドリード(サンチャゴ・ベルナベウではなくビセンテ・カルデロン)でのW杯予選、スペイン×フランス。

1:1のドロー。

セルヒオ・ラモスが先制ゴール。

またあのつまらんEURO準々決勝の再現かと白けて見ていた。

但し、前半は面白くなかったが、後半はフランスも押せ押せだった。

スペインが負傷者を出してしまったこともあるが。

後半ロスタイムのジュルのゴールにはしびれた。

先日日本にホームで負けたフランスだったが、まだまだ底力はあるなと感じた。

世界最強のスペインも、うかうかしていられんぞ。

2012年10月13日 (土)

サッカーの欧州遠征、フランス 0:1 日本…フランスにアウェーで初勝利とは!!

どうも、moguraです。

明け方からフジテレビは、フランス×日本というアウェーゲームをLIVE中継してくれました。

青と白、どっちがフランスでどっちが日本なのかわからなかったけど。

初対決は、17年前の1994年に東京国立競技場でのキリンカップだったのですが、これが1:4と惨敗。

また、2000年にはモロッコで対戦して、この時は2:2と健闘。

しかし、2001年、パリでのアウェーゲームは、ジダンやアンリのいたフランス相手に、なんと0:5と惨敗。

あの時は、中田英寿以外は全然ダメ、と言われてました。

その年のコンフェデレーションズカップの決勝でフランスと対戦、この時はビエラぐらいしか覚えていないが、0:1と完敗。

そして、2年後の2003年のフランスでのコンフェデレーションズカップでは、主力がピレスぐらいしか覚えてない中で、中村俊輔のフリーキックで1:2と、健闘はしたけど敗戦。

あれから9年。

フランスは、今暗中模索の段階かな。

ドイツW杯はジダンの活躍もあって準優勝したが、その2年後のEUROや、南アフリカW杯はグループリーグ敗退という淋しい結果。

今年のEUROも、ウクライナに勝った以外はぱっとしなかった。

あとは、スペインに惨敗したぐらいしか覚えていない。

そんなフランスが、今はデシャンが率いてブラジルW杯の予選を戦っている。

しかも、この試合のあとには、予選最大の敵、あのスペインとのアウェーゲームが待っている。

肩慣らしかどうか知らんが、今日のフランスはスタメンからしてあまり本気度は見られなかった。

リベリやエブラといった主力はリザーブかよ。

ベンゼマやメネスぐらいか、主力で先発出場してたのは。

フランスは強くないって?

そうでもないな、と思った。

ジダンがいた頃の迫力はないにしても、前半だけで日本はたった1本に対し、フランスはシュート14本…。

つまり、フランスのイケイケドンドンばかりが目立った。

裏を返せば、前半の時点で、日本はやりたいサッカーができていない。

ベンゼマのフリーキックを弾いたGK川島永嗣と、あとはDF吉田麻也ぐらい。

攻めのほうはどうやってもシュートまで至らない。

日本らしさが見られなかった。

ボクシングなら前半時点でフランスが優勢。

後半。

ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトで好調の乾貴士らを投入。

フランスも、満を持してリベリらを投入。

川島永嗣は枠内のシュートを弾きまくった。

時間が経つにつれ、日本もようやくらしい攻めが見られるようになった。

シュートも4本ぐらい打ったか?

そして終盤。

ピンチをチャンスに変えた理想的な瞬間。

攻め込まれていた日本が、今野泰幸のドリブルからカウンターを仕掛け、長友佑都へ、そして…ゴールを決めたのは、あのマンチェスターユナイテッドの香川真司だ!!

日本が、完全アウェーのパリで、フランスに初勝利!!

なんか、ロンドン五輪準決勝の、なでしこ×フランスを思い出した。

シュートはフランスが圧倒しながら、勝ったのは日本。

あれに似たような感じ。

まあ地元フランス人は呆然として、この先スペインとやるのにどうするつもりかと思ってるんだろうけど。

次はポーランドでブラジル戦だっけ?

まあ怪我のないように、玉砕覚悟でぶつかっていけばいいと思う。

2012年10月 8日 (月)

3年ぶりの運動会。

どうも、moguraです。

まあ昨日は、競馬の凱旋門賞で興奮しました。

ミスターサンデーでLIVE中継してました。

オルフェーブル、健闘しましたが距離をもう50m短くしてほしいなあ…と(苦笑)。

他に、丑三つ時にWOWOWがLIVE中継していたエル・クラシコ。

結局、メッシとクリスティアーノ・ロナウドという両エースが2点ずつ取り合ってドローという結果。

一度でいいから、スペインまで行って、バルセロナかマドリードでエルクラシコの雰囲気を味わってみたいですね。

で、本題。

午前中開催の自治会主催の運動会に、3年ぶりに出場。

まあ、自治会の役員を務めている関係もあるんだけどね。

本当は昨日開催の予定が、雨天のため今日の開催となった。

そのためか、参加者がいつもより少なかった。

やっぱり、日曜日じゃないと人集まらないからなあ。

だから、moguraは、風船割りゲーム、二人三脚、玉入れ競争、ボール送り競争、ゲートボール競走…といったプログラムに、強制参加(笑)。

結果、1等のトイレットペーパー1PK、2等のボックスティッシュ3PK、三等の洗剤1PK獲得。

まあたまにはいいわ、運動するのも。

今日休みにしてよかった。

2012年10月 5日 (金)

ソーシャルメディアが多すぎないか?

どうも、久しぶりです、moguraです。

日曜日に襲来した台風17号は、大変でした。

それは置いておいて、最近はさ、やれツイッターだ、やれフェイスブックだ、ソーシャルメディアが多すぎる気がする。

実は全部に登録したが、時間がなくて使いこなせていないのが現状。

あとね、今はスマートフォン、必要としてないなあ。

まだ買う予定はない。

どこでも使えるようになったら買いたいと思っている。

はあ、そろそろ自分の身辺整理をしなくてはな。

あんな乱暴な会社で年を越す気にはとてもなれない。

その話は、また日を改めて話そう。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »