最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

JINS PC。

どうも、moguraです。

今日、川越市内で、テレビCMで話題のJINS PC買ってきました。

JINS PC、まあ眼鏡のことです。

何でって、こないだの健康診断の視力検査で、矯正後の視力が低下、金属疲労を起こしていたから。

これを機に、もっとおしゃれで機能性のある眼鏡を、と考えた結果。

JINS PCに決めました。

仕事やプライベートでPCに触れる時間も長く、ブルーライト対策も必要になってきたわけで。

これからお世話になります。

Sany0225_2

これで、FACEBOOKのセルフポートレートでもUPしようかと考えております。

実は今日、それを掛けて鏡に向かって撮ってみたんです。

なんか撮ったらね、moguraは相変わらず写真写り悪いなあ、と。

川越市内のあるショッピングモールで、人目を盗んで撮りました。

…いいや、これUPしようかな…。

これでmoguraでーす、とか、ちょっと子供っぽいかな、我ながら…(苦笑)。

2012年11月25日 (日)

小江戸川越マラソン。

どうも、moguraです。

今朝の川越は、賑やかでした。

なぜなら小江戸川越マラソンやってましたから。

川越まつりとならぶ、川越市の最大イベントです。

Sany0221 Sany0219 Sany0220

さすがに東京マラソンほどではありませんが、地元の大学生(東京国際、大東文化、城西など)からちびっこ、年配まで大多数の方が参加してました。

えっ、moguraは参加したかって?

参加してません。

持久力ないので。

2012年11月24日 (土)

FACEBOOKって、見るのが怖い。

どうも、moguraです。

今日は寒い1日でした。

2日後に小江戸川越マラソンが川越市で開催されますが、moguraは走りません。

見るだけにします(笑)。

タブレットも買ったことで、FACEBOOKも見るようになりました。

きっかけ?

以前、フジテレビのミスターサンデーで、FACEBOOKの特集やってたから。

先日、自分の名前を英字表記から漢字表記に切り替えたら、あるメル友が友達申請しました。

えっ、FACEBOOKやってたんだ。

あわててよろしくと返しました。

で、恐る恐る、出身地、高校、大学で検索してみると、どっかで見たような顔、どっかで聞いたような名前がたまにあるんですよ。

そのたびに発狂してます(笑)。

えーっ、この人って、○○さん??、と。

特に、小学校と高校で児童会の役員や学級委員を務めた経験があるmoguraは、その相方の女子の名前ははっきりと覚えてまして、ドキッとしました…。

京都の大学に進学した人。

ピアノ弾いてた人。

まあさすがにmoguraのような年になれば女子は苗字が変わってたり、既婚者も多いのですが。

なんかね、現実を映し出しているようで怖いんですよ。

自分のも公開してるけど、オレって中身ねーな、と思ってしまいます。

拷問のような会社生活で身も心もボロボロのmoguraにしてみれば、のんきにFACEBOOKに掲載していいのかと思ったりもします。

ま、人と比べてもあまり意味ないけどね。

かつてのmoguraを知っている人はいるのかなあ??

なんか怖い。

でも、検索してみるか。

でももし友達にでもなって、チャットになったらなったで、「mogura君は結婚しないの?」と聞かれるかもしれない。

であれば「ボクは人生迂回ばかりしてきたから…」と適当に返すつもりだ(笑)。

でもあんまり書くとmoguraのこのブログまでばれるかも…。

(以前、会社名を明かしたためか、電気屋にいた派遣にばれてしまったことがある…)

<追記>

現時点で、moguraはFACEBOOKとブログを並行してやってます。

FACEBOOKは建前の世界、ブログは本音の世界と解釈しております。

2012年11月19日 (月)

第3次転職活動再開へ…地元企業での面接は厳しいかも。

もしかしたら、第3次転職活動を始めるかもしれない。

今の会社には、もはや長居はできない。

最近、3社に履歴書を送付した。

1社は面接もなく返送されていたが。

今日、地元川越市の、自動車部品関連の会社に面接に行ってきた。

調達スタッフ…いわば資材購買の仕事である。

まあ自分の住処から25分ほどのところなので、それで声掛けられたこともあるかもしれない。

最初に、能力検査と、適性検査を受けた。

そのあと、管理課の幹部と、女性事務担当者との面接。

まあ、自己紹介とか、今までの会社の退職理由とかは当然聞かれた。

あとは、いろいろ揺さぶりの質問を聞かれた。

長野(たしか伊那だっけ?)まで出張もしくは赴任する覚悟はあるか?

あるいは、アメリカや中国やメキシコに赴任する可能性もあるとして、語学力はあるか?

調達の部署は初めての試みであるが、自身でゼロから作り上げていく覚悟はあるか?

など。

ただ、約1時間ほどの面接で思ったのは、やっぱりオレって面接が下手だな、ということ。

今までと違うのは、今の会社に宙ぶらりんの状態で面接しているわけだから、どっちつかずに取れそうな気がするのだ。

今度から、「嘱託社員の契約が切れそうだから」と答えたほうがいいかもしれない。

「嘱託社員じゃモチベーション挙がらない…」という答えは間違っているな、今思うと。

じゃああなたの転職の目的は何ですか?と繰り返し聞かれた。

正直なところ、期待はしていない。

なぜか。

まず、今までがそうだったのだが、適性検査を受けた会社は必ずアウトだというジンクスがあった。

さらに、今回応募者多数だと言うのだ。

仕入業者との価格折衝など、自分より経験している人間は多いに違いない。

改めて実感した。

応募書類が通っても、自分のような年齢にもなればさらなる能力を求められているということだ。

今の会社の一部の面々のように、悠長なことはしていられない。

さらなるレベルアップを目指すため、moguraは引き続き戦うつもりだ。

衆議院は解散したが…一体どこに投票したらいいんだ?

どうも、moguraです。

まあ何とも、遅きに失した衆議院解散でございましたね。

でもね、正直な話、総選挙はどこに投票したらいいかわからないんです。

民主党 、自民党、公明党、その他大勢の新党…はっきり言って何もかも見えてこないです。

投票へ行こうとは思ってますが、今のところこれからの政治を任せたいと思う党が見当たりません。

民主党は今まで何をしてきましたか?

野田佳彦、いや、ここは呼び捨てずに野田さんとしておこう。

事実上、消費税増税しかやってない気がする。

残念ながら、民主党は日本国民の怒りを買ってしまった。

自民党、消費税増税に加担しちゃったからね…。

原発もどうするんだろ。

公明党?

ああ、今の会社が応援している党だな。

…今の会社、もう辞めるつもりだけどね。

この党、人権擁護法とかいう、悪法中の悪法を推進してやがるのだ。

こんなのが通ったら、何でもかんでも差別扱いになっちまう。

公明党もダメだ。

第三極?

日本維新の会?

なんか、石原さんや橋下さんが政権を握ったら、事態がますます悪化しそうな気がする。

言論弾圧を平気で実行しそうな気がする。

このブログが閉鎖されちまう恐れがある。

ダメだ、日本維新の会も。

その他の党も、うーむ、考えてない。

moguraとしては、この人に、この政策に、と考えている。

しかし、それを明かしてしまうと、その気がないのに公約を織り込む候補者も出かねないので、今は明かさないでおこう。

約1ヵ月後、moguraから判決を出したいと思う。

あ、あと皆様に言っておきますが、TBSの情報番組や報道番組は、この先1ヶ月間見ないほうがいいですよ。

朝ズバとかひるおびとかサンデーモーニングとか。

なんか情報工作員使ってきな臭い世論誘導しそうだから。

2012年11月15日 (木)

2014 FIFA WORLD CUP アジア地区最終予選 オマーン 1:2 日本…オマーンで出場王手!!

どうも、moguraです。

森光子死去、野田佳彦の衆議院解散表明…いろいろと大ニュースが飛び込んできた今日、途中から、オマーンとのアウェーゲームを見ようとしたのですが。

AQUOS PHONEのワンセグ、つながりにくいです、正直。

ARROWSタブレットで試してみるか、今度。

というわけで、今日はテレ朝のLIVE中継を録画したものを見てます。

しかしこの時期でも35℃ってどんだけ暑いんだ、オマーンは!?

オマーン時間の夕方…よくこんな時間に持ってこられたな、テレビ中継(ってか電通)。

個人的には、よくてドローだろうな、と思っていた。

オーストラリアに3次予選で勝っちまうし。

ヨルダンにも勝っちまうし。

こりゃ日本もドローが精一杯だろうなあ。

勝手に思ってた。

香川真司も、内田篤人もいないと格が少し落ちるかな、と思ってたが。

寒い日本やヨーロッパから暑いオマーンで、体調崩したりしてないか、と勝手に思ってたが。

そんなことはなかった。

前半、ロンドン世代の清武弘嗣が代表初ゴール!!

ほう、そうきたか。

しかし後半。

オマーンも諦めていない。

ムバラクのフリーキック、そのままゴールイン。

タイスコアにされる。

発炎筒まで投げ入れられる。

オマーンサポーター総立ち。

このままドローかと思ったら、もう1つドラマがありました。

終盤、酒井豪徳→遠藤保仁のラインから、岡崎慎司が勝ち越しゴール!!

これは視聴率かなりいったかもね。

さすがにオマーンサポーターも呆然。

後半ロスタイムは4分残っていたが、このまま終了。

日本、ブラジルワールドカップへ、オマーンで王手をかける!!

で、もう1つ、イラク×ヨルダンがカタールでやってたけど、1:0でイラクが勝利。

なんとオーストラリア、イラク、オマーンが勝ち点5の大混戦。

ヨルダンだけが勝ち点4の最下位。

もしかして、来年3月のヨルダン戦、アウェーゲームで決まっちゃうのか!?

ロンドン五輪のシリア戦の例もあるし(内戦中のためヨルダンで開催)、21時頃から始めそうな予感がする。

そしてなんかあっという間に終わりそうな予感…。

日本代表、まだまだやってくれそうな気がする。

2012年11月11日 (日)

スマホ、タブレットついに入手…。

どうも、moguraです。

moguraもついに入手しました。

スマートフォンとタブレット。

スマートフォンはAQUOS PHONE。

最近元気のないシャープですが、がんばってくださいとしか言いようがないです。

タブレットは富士通製のARROWS。

なんか面白そうなおもちゃだな、と。

まあドコモは、どういうわけかサムスンのギャラクシーや、LGのオプティマスをしきりに売り込もうとしてましたけど。

確かに性能とかは悪くないんですが、日本製のものにしてくれと言っておきました。

大統領の竹島上陸や、ロンドン五輪の男子サッカーの公式戦にまで竹島問題を持ち込む韓国に徹底抗議する意味で、ギャラクシーもオプティマスも買わないことにしたのだから。

それにしても、ドコモさんよ、そんなにしきりに韓国製を推すってことは、日本製のは推す魅力がないと言ってるようなもんだぞ。

だからアイフォンも買う気が起こらなかった。

まあアイフォンはauかソフトバンクだろうから、自動的に却下だろうけど。

閑話休題。

しかしスマホの購入に3時間もかかるとはな。

料金プランも変わるし、性能も変わるからなあ。

使いこなすまでに時間がかかりそうだな…。

Sany0216

2012年11月 3日 (土)

東京と札幌での日本シリーズが終わった。

どうも、moguraです。

まあ今年の日本シリーズは、原辰徳率いる巨人と栗山英樹率いる日本ハムという、リーグチャンピオンがそのまま対戦しましたが、まあ長かったり短かったり、そんな感じでした。

東京ドームの試合はあっという間でした。

日テレの中継はかかって3時間半以内。

第1戦は8:1、巨人のワンサイドゲーム。

第2戦は1:0、投手戦となってあっという間に終了。

札幌ドームの試合は長く感じられました。

第3戦は7:3、ベテランの稲葉篤紀が口火を切って、日本ハムが圧勝。

テレ朝で中継してましたが、報道ステーションの枠にまで続きました。

第4戦は1:0、日本ハムが延長12回サヨナラ勝利。

フジが中継してましたが、4時間半も中継してまして、その影響でホンマでっか!?TVが2時間遅れの23時から放送してました。

第5戦、10:2、アウェーの巨人が完勝。

テレ朝が中継してましたが、またしても報道ステーションの枠まで続きました。

しかし、巨人の加藤健というキャッチャー、演技派ですね。

あれは危険球ではなくて、危険球のように審判を見せかけたようなものだ。

サッカー選手でたとえるなら、アルゼンチンのシメオネ。

大げさに演技して、相手を不利な状況に追い込む…よい子はまねしないほうがいいよ。

そして東京ドームに戻っての第6戦は4:3。

中田翔がようやく3点ホームランを打って、接戦かと思ったら、阿部慎之助が勝ち越しの一発。

あとはあっという間でした。

結局、巨人が3年ぶり22度目の日本一。

おめでとうございました。

何で淡々としてるかというと、moguraはセリーグよりパリーグ(オリックス除く)を応援しているから。

今回で言えば日本ハムだ。

今日はもうちょっと粘るべきだった、悔しいね。

それにしても、日テレはおいしいところ持ってくなあ…。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »