最近のトラックバック

無料ブログはココログ

広告バナー

mogu-LIBRARY

moguraのチェックサイト

  • J's GOAL
    サッカー日本代表&Jリーグのファンサイト。moguraがテレビ中継を見られない時はここでチェックしている。
  • Pet Shop Boys : the official site
    moguraが個人的に好きなアーティスト。8年前の東京公演、6年前の新潟・苗場のフジロック、昨年のサマソニ大阪と、大いに楽しませてもらっている。

日本全国の天気

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

2014 FIFA WORLD CUP アジア地区最終予選 ヨルダン 2:1 日本…ヨルダンに初敗北、出場は6月に持越しへ…。

どうも、moguraです。

えーと、なんだかなあ、と疲れがどっと出た感じ。

何って、ヨルダン戦のことですよ。

例のようにテレ朝とBS1をザッピングして見てました。

FACEBOOK仲間の1人(浦和レッズサポーターでもある)が観戦していて、moguraもつられてコメントしてました。

この前に行われた、オーストラリア×オマーンが2:2のドローに終わったため、日本はこのヨルダン戦で勝つか引き分ければブラジルでの本選出場が決定するわけですが。

アウェーのヨルダンの首都アンマンでの日本代表は、なんからしくない試合してました。

1失点目は、終盤のセットプレーにしてやられました。

あそこは一番警戒しなきゃいけない時間帯だったのに。

2失点目は、左サイドの酒井豪徳の裏をつかれてドリブル突破され、そのままゴール。

おいおい、あんな失点の仕方は、日本らしくないな、と。

それでも、香川慎司が意地のゴール。

そしてPKのチャンスもあったものの、遠藤保仁のPKは、シャフィに弾かれました…。

ヨルダンに1:2、通算4戦目で初の敗北。

残念ながら、ここでのワールドカップ出場は、決められず。

勝てば官軍とばかりに、ヨルダンサポーターが稲葉ジャンプ(!?)してました。

やはり、6:0でホームで勝てても、アウェーではそうは問屋がおろさなかったようです…。

ヨルダンは、まあ勝つための試合をしていたようですが、レーザーポインターは持ち込み禁止にしてほしいものです。

まあ、6月で決めましょう。

ホームゲーム、埼スタでのオーストラリア戦で。

ホームで、ワールドカップ出場を決めちゃいましょう!!

2013年3月20日 (水)

WBCは準決勝敗退…。

どうも、moguraです。

すっかりご無沙汰してしまって申し訳ないです!!

WBC?

見てましたよ。

台湾戦に白熱し。

オランダ戦では2戦とも点が入る試合で熱狂しましたとも。

でもね、準決勝でプエルトリコに残念ながら1:3で完敗…、3連覇はなりませんでした。

まあおとといは8回しか見なかったけど、その8回裏がすべてでしたね。

1点取ったけど、後が続かなかった。

今回は、あの韓国が1次ラウンドで敗退し、あのキューバやアメリカが2次ラウンドで敗退し、なんとオランダが準決勝まで上り詰めるという意外な展開。

で、決勝はドミニカ共和国が8戦全勝で、プエルトリコに3:0で完勝。

まあ順当といっていいのかな。

ドミニカ共和国にFACEBOOKでCoglaturationsと言っておきました。

あ、ドミニカはスペイン語だからこれじゃ通じねーか…(苦笑)

2013年3月 3日 (日)

WBC開幕…初戦はサッカー大国にまさかの大苦戦!?

どうも、moguraです。

始まりましたね、ワールドベースボールクラシック、略してWBC。

日本シリーズとこういうときぐらいしか、野球を見ないという人も多いんだよね、ってmoguraのことだけど。

WBCって言うと、野球というよりは、どうしてもボクシングになってしまうけど。

メジャーリーガーの参加していない純国産の日本が、3連覇を目指せるか。

監督は、あのいい思い出のない北京五輪でコーチを務めた山本さん。

それにしても、サムライジャパンという言葉、なんか嫌だね。

侍じゃなくて寒来って当て字もついてしまうし。

どうせならサムライ日本にしとけって言いたいわ。(笑)

さて、相手は、ブラジル。

なんかどうしてもサッカーの国を思い起こしてしまうのだが。

予選でメジャーリーガーを数名擁するパナマになんと2度勝利。

そんな勢いに乗るブラジルに、まさかの大苦戦。

実はmoguraは仕事あって6回あたりから見ていたのだが、2:3のビハインドにはあ???と思ったのだ。

先発の田中将大は、初回にやはり先制されてしまった。

滑りやすいWBCの公式球と、相性が悪いのだろうか。

3回、糸井嘉男のタイムリーで同点。

4回、坂本勇人の犠牲フライで勝ち越し。

しかしその裏、2番手の杉内俊哉も粘るブラジルに手を焼き、タイムリーで同点にされた。

さらに5回には、3番手の摂津正も勝ち越し打を打たれてしまった。

このレジナットという選手、ただ者ではないな。

おいおい、サッカーだけでなく野球でも負けるのか…と不安になった8回。

山本さんが、代打を次々と送り込む。

まず、井端弘和が意地のタイムリーで同点。

そして、阿部慎之助はセカンドゴロにはなったが3塁ランナーは帰ってきて逆転!!

さらに、松田宣浩がタイムリーで5点目を挙げた。

その後は、能見篤史、牧田和久と継投、まあ粘るブラジル相手に冷や冷やしたがなんとか勝利した。

まあ、3連覇ということは考えずに、まず1試合1試合をどう攻略するかに集中してほしいわな。

それにしても、今回のテレ朝のアナウンサー、興奮しすぎだって。(笑)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »